くるむ サンパ 店。 くるむ サンパ店 (新宿区) 最新のレストランの口コミ(2020年)

くるむ サンパ店(地図/写真/大久保/韓国料理その他)

くるむ サンパ 店

ブロ友さんのえりぃちゃんが東京に来てたので、一緒にランチ。 店選びをお任せしたところ、新大久保で韓国ランチは如何ですかとのこと、もちろんOK!! えりぃちゃんご推薦のお店は、牛のサムギョプサルが食べられるという「」。 いいね サンパってのはご飯を包むとかいう意味らしくて、今では野菜でごはんや味噌を包んで食べるものをサンパ とかサンパブとか いうそうです。 合ってる? そういうことか。 新大久保にサンパって地名があんのかと思っちゃった。 サンパ店とかいうから。 えりぃちゃんが数日前に予約の電話を入れたら当日は予約席はいっぱい、でも開店の11時ちょっと前に来れば待たずに入れるでしょう、と言われたらしいので、そのくらいの時間に店の前で会お、とお約束。 しかしお店に向かう電車の中でクチコミやブログを読んでいたら、開店5分前に行ったら超行列で1時間は待ったとか書いてある。 なんと!! お店は2階にあるので建物の外階段を上がったらお待ちのお客さんは2組。 よーーし、セーフだ。 ウエィティングリストは3番目。 すぐにえりぃちゃんも到着。 相変わらず可愛らしい 5分ほど経ったらもう階段が埋まるほどの行列が出来ていてびっくり。 いやー危ないところだった。 果たして開店と同時に無事、窓際の角の席に案内していただけた。 よかったよかった。 店内は打ちっぱなしの壁に白と茶でシックにまとめてあって落ち着くー。 韓流スターのサインとかポスターとかベタベタ貼ってないのがイイ。 テーブルには既に鉄板や取り皿、2種類のたれなどがスタンバイ。 足元に置かれた荷物用のボックスにバックなどをしまっているうちに、どんどんお惣菜が運ばれてくる。 まだ注文もしてないのに~。 で、ここに来たらおおよその人が注文するであろうシグニチャーメニューの「ヘルシーランチメニューセット」1,580円をわたし達もオーダー。 以下のものがセットになっている。 1 野菜皿 2 14種類から選べるお肉 3 12種類から選べるお料理 4 日替わりおかず 5 ネギサラダ 6 酢漬け大根 7 当店自慢のカンデンジャン ラインナップをみただけで、お得さが実感できちゃう。 えりぃちゃんと吟味相談のうえで、お肉・お料理別々のものを注文。 こちらはオーダー前に既に運ばれてきていた、かぼちゃのお粥。 甘さが絶妙でとーーーってもおいしい。 芋栗南京系に興味がないわたしですが、これは好き!! 白玉みたいなのも入っていて食感もグー。 5 ネギサラダと、6 酢漬け大根、もやしナムルとキムチは4 の日替わりおかずにカウントされるのかな? あれ、それじゃあさっきのお粥は何? このコースの、お肉に並んで二枚看板と言って過言ではない野菜皿。 いろんな葉野菜がたっぷり!! 15種類の野菜の名前と効能が書かれた紙もいただけてフォローも万全。 15種のうち、6種が韓国より空輸もの。 そうこうしている間に、店員さんがお肉のスタンバイ。 選んだのは、お薦めマークの付いた「ウサムギョプサル」 左:牛バラ肉 と「極上サムギョプサル」 右:豚バラ肉。 カンデンジャンはぐつぐつに煮えた状態で持ってきてもらえた。 店員さんが時々やってきて、肉をひっくり返したりハサミでカットしたりと世話を焼いて下さるので我々は小皿をつつきつつおしゃべりして待つのみ。 この店の唯一の難点は、排煙用のダクトが目の前にドーンと降りてきているので、おしゃべり相手がそれに隠れてしまう事 笑。 でもケムいよりはいいか。 これのおかげでほとんどケムい思いをしなかったことだし。 「ハイ、できましたドウゾ~」の声でいただきまーす ンー!! おいしーい。 野菜を2種類ほど重ねた上にお肉とキムチ、お味噌などのタレをのせて一口でほおばると幸せなおいしさ。 えりぃちゃんは牛肉派 でしたが、わたしは豚肉派。 ネギサラダをのせたり、野菜の組み合わせを変えたりと味チェンのバリエーションも多彩。 このボリュームの野菜、絶対食べきれないわー、とか最初は言ってたけど、ほとんど食べきった。 バラ肉相手でも、これだけの野菜を一緒に食べると罪悪感もだいぶ薄れるし、最高だねコレ。 選べるお料理より、わたしチョイスの「ふわふわケランチム」登場。 もこもこに膨れ上がっております!! ご説明書きには「ふわふわ韓国風の茶碗蒸しです。 海老の塩辛で味付けしています。 ケランチムは初めて食べたー。 一度食べてみたかったんだ。 んーおいしい。 茶碗蒸しとオムレツのいいとこどりみたいな感じ。 塩気はやや強いかな、と思ったけど許容範囲内。 もう1品はえりぃちゃんご希望の「涙のニラチヂミ」。 韓国好きさんのブログ等でも評判のチヂミだそう。 「辛くありません。 完成した時スタッフが泣いた一品。 」とのご説明書き。 確かに全然辛くなーい。 たれをつけても辛くない。 ぎっしりのニラが、表面パリッと中はしっとり焼きあがっていて確かにおいしいよ~。 皿数は多いし量もたっぷりで、楽しく忙しくて嬉しい。 食べる前は、最後にチャーハンを追加したいねーなんて言っていたけど全然無理。 すんごいお腹いっぱーい。 空いたお皿はどんどん下げて下さって、お肉がなくなったら鉄板も撤去。 と同時に少し残したお野菜の皿も下げられるのだけどその際、「ジュースにしてお持ちしますか? 大して何も考えずお願いしまーすと言ったらば、 このような青汁的なものが!!! 見た目のみどりみどりさから、苦そう~な感じがしたけど実際は全然!! むしろ甘い!! 梨かなんかのジュースで割ってるのかなぁ。 すんごい飲みやすい。 こんな青汁ならば毎朝飲みたい。 わたし達が残した程度の野菜ではこんなに濃いジュースはできる筈ないから多分もともと作ってあったものだと思うけど。 それにしても最後までこんなサービスがあるとは。 感涙ですよ。 このボリュームとサービスで1,580円は超破格。 何を食べてもおいしくて、このお店を選んでくれたえりぃちゃんに超感謝。 ちなみにおトイレも清潔で綿棒や楊枝、マウスウォッシュの用意もあって非常に気が利いておりましたよ。 ごちそうさまでした 満足のランチを終えたらコリアンタウン散策。 今いる大久保通りと職安通りを行ったり来たりして韓国気分満喫。 散歩でなんとか小腹を空かせたら、どうしても食べておきたいホットクの屋台に立ち寄り。 ここ「ポポホットク」は以前にも来たことある。 お客さんひっきりなし。 常に店の前には人だかり。 券売機で「はちみつホットク」200円のチケットを買って、待つこと数分。 熱々のホットク!! ハチミツホットクと言っても実ははちみつは入ってないんですって。 黒砂糖、シナモン、ナッツ入り。 火が通るとお砂糖が溶けてはちみつみたいになるからこう呼んでるんだそうですよ。 シナモン風味がイカすホットクはおいしい。 ジャンキーな甘さは、ホットクだから許せる感じ。 いやー、コリアンタウン満喫したよー。 この後は東京駅まで移動して、えりぃちゃんの新幹線の時間ギリまでお茶しながらおしゃべり。 あー楽しかった。 かなり充実の日曜日なのでした。 記事を気に入ってくれたらクリックをお願いします。 コメントなどをもらえたらとても嬉しいです。

次の

くるむ サンパ店(クルム)|新大久保・コリアンタウン情報ならWOW新大久保

くるむ サンパ 店

周辺のお店• 周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】美容・癒し・健康情報を探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

くるむ サンパ店(クルム)|新大久保・コリアンタウン情報ならWOW新大久保

くるむ サンパ 店

友人に誘われて、新大久保にサムギョプサルを食べに行ってきました。 コリアンタウン化しているという新大久保。 実は、ゆっくり歩いてみるのは、はじめてだったのです。 行ってみたら、そこは、韓国で感じたことがある、あの雰囲気! なんだ、こんな近くに「韓国」があったのか。。。 と実感したのでした。 ソウルに何度も行くなら、新大久保にも1回くらい行っておけば良かった(笑) 訪れたのは、新大久保駅から5分ほど歩いたところにある、。 1階に明洞コスメが入っています。 こちら、ディープでローカルな雰囲気のお店が並ぶ、新大久保の中では、 かなりオシャレできれいめなお店。 いきなり新大久保の雰囲気になじめない、 ちょっと不安。。。 というひとでも、安心して利用出来そう。 安心して利用出来るのはお店の雰囲気ばかりではなくて。 どうしても、お肉中心になりがちな焼肉メニューの中で、たっぷりお野菜が 摂れるのです。 その名も「15種野菜韓国焼肉セット」!!! こちらをオーダーすると、「くるむ野菜皿」が運ばれてきます。 お野菜は、その日の入荷状況によって変わるそうですが、 定番の青サンチュ、サニーレタス、ロメインレタス、エゴマなどのほか、 ケールやレッドマスタード、ワサビ菜なども。。。 香草もありました。 野菜の種類は、入荷状況によって変わるそうです。 国産野菜と、珍しいものは韓国からの空輸で仕入れているのだとか。 こちらに、16種類から選べるお肉と、日替わりおかず、ネギサラダ、酢漬け大根、 当店自慢のカンデンジャンが付いて、1人前セット料金1,980円です。 お肉は、友人オススメの「ウサムギョプサル(醤油ベース)」と 1日限定5食の「驚きの松坂豚サムギョプサル」(+300円)を選びました。 ウサムギョプサルは、牛のサムギョプサル。 醤油ベースの特製タレに漬け込まれています。 松坂豚は、松坂牛を認定する松坂食肉公社より「松坂豚」として認定された 品種なのだそう。 くるむ独占供給のお肉と言われれば、食べたくなります。 お肉は店員さんが、焼いてくれました。 焼肉って、どうしても焼くのと食べるのに忙しくなってしまいがちだけれど。 ここでは、焼きは店員さんにオマカセ。 食事と共に、心置きなく会話を楽しむことが出来ました。 お店の名前にある「サンパ」とは、葉野菜で包んで食べる料理のことだそう。 要は、葉っぱでお肉を「くるむ」スタイルのことですね。 オススメの食べ方は、2種類以上の野菜に焼けたお肉と、 焼き味噌orサムジャンorゴマ塩油のいずれか、 ネギサラダor大根or醤油漬け野菜のいずれかをのせて包むもの。 これがさっぱりして美味しー! 複数の葉野菜を選ぶことで、野菜の味も広がりを高めます。 単品だとクセがあったり、苦味が強い野菜もアクセントに。 ネギサラダはしっかり味がついていて、これが調味料の代わりにもなる感じでした。 お肉を焼き終わると、キムチも焼いてくれたりします。 豚肉の油で焼いたキムチって美味しいよね。 つまりは、豚キムチ! マヨネーズが欲しくなってしまいます(笑) お肉は、醤油ベースのウギョプサルが食べやすくて。 おつまみ感覚で最後までだらだらと口に入れていたほど。 松坂豚は、豚肉の旨みそのものがしっかり味わえる味でした。 「ザ・豚肉」的な味わいが好きなひとにオススメしたいです。 この日のワタシのドリンクは、チルソン・サイダー。 韓国版三ツ矢サイダーみたいなものですが、ワタシはコレが好きです。 メニューも見ずに「チルソン・サイダー、ありますか?」と聞いたら 「あります!」と出てきて、嬉しくなってしまったという。 焼肉以外にオーダーしたのは、チャプチェ、キムチチーズチヂミ、コムタンスープ。 コムタンには、韓国茶碗であるノックルに入ったご飯が付いて来ました。 ステンレスのあの入れ物(ノックル)に入ったご飯、久々に見たー! 韓国に行った気分になり、なんだかテンションがあがります。 くるむ サンパ店のメニューには、「ケジャン」も載ってまして。 ケジャン好きのワタシとしては、ぜひぜひ食べたいところ。 なかなか、ケジャンが置いてあるお店って少ないしね。 でも、この日は、ケジャンの入荷がありませんでした。 聞けば、状態があまり良くないから、入れていないのだそう。 くるむ サンパ店では、冷凍のケジャンは使っていないということです。 状態が良く、美味しく提供出来ると判断したときだけ仕入れるケジャン。 そんなことを言われたら、ますます、くるむ サンパ店のケジャンが 食べたくなってしまいます。 ケジャンの時期は、まさに今ということ。 今度は、ケジャンがあるときに来たい!と強く思ったのでした。 そして、一通り食事をして落ち着いたころには。 あちこちのテーブルに運ばれていて気になっていた緑の液体がやってきました。 包むための葉野菜が余ったら、スムージーかジュースにしてくれるのです。 ワタシたちがお願いしたのはスムージー。 葉物野菜のスムージーってどうなの?と思っていたら、梨が加えられているらしく すごく飲みやすくて、美味しかったです!スムージーに梨、超飲みやすくなる発見。 最後まで、野菜を美味しくいただくことが出来ました。 シメのデザートは「パッピンス」で。 ワタシ、「パッピンス」を食べたの、はじめて。 ふわふわしっとりのミルクカキ氷に、きなことあずきのトッピングです。 友人に「日本のカキ氷とは全然違うよ」と言われて、口にしたのですが、 本当に新食感の食べものでした。 ふわふわのミルクカキ氷、美味しいね! 本場じゃなくて新大久保で、体験しちゃった。 想像以上に、韓国が味わえる場所だった新大久保。 中でも、くるむ サンパ店は、オシャレにヘルシーに、本場感が楽しめる お店だと思います。 韓国を一緒に旅した友人にも教えてあげたい! 一緒に来たら面白いだろうな〜と。 ケジャンも、食べに行かなきゃだしネ。 また行ってきます。 163• 154• 604• 111• 117• 139• 100• 100• 138• 191• 139• 109• 110• 109• 140• 193• 209• 255• 104• 138•

次の