ジフェニドール。 該当成分の製品(後発品) & 薬価

セファドール(ジフェニドール)の作用機序:めまい治療薬

ジフェニドール

ジフェニドール塩酸塩錠25mg「タイヨー」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1錠(ジフェニドール塩酸塩として25mg)健康成人男子に絶食単回経口投与して血清中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について統計解析を行った結果、両剤の生物学的同等性が確認された。 6 43. 4 2. 9 5. 6 標準製剤(錠剤、25mg) 25 210. 6 40. 8 2. 6 5. 3 血清中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 溶出性 改訂履歴 2012年4月 改訂 2016年10月 改訂(社名変更等に伴う改訂) 第9版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。 武田テバファーマ株式会社 453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号 0120-923-093 受付時間 9:00〜17:30(土日祝日・弊社休業日を除く) お問い合わせ先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。

次の

セファドール錠25mg セファドール顆粒10%

ジフェニドール

効能 [ ] の循環を改善し、椎骨動脈の血流障害を起こした部位の緊張を緩解し、血流量を増加させるとともに、のひとつである神経路の調整作用を有する。 主に塩酸塩(塩酸ジフェニドール)の形で、としては内耳障害によるめまいやの抑制、および外傷性頭位眩暈症患者の抑制を効能として承認されている。 としてはとして配合されている例が見られる。 ジフェニドール塩酸塩の1日最大量は医療用150mg、一般用75mgである。 めまいの改善効果は、末梢性めまいで58. 副作用 [ ] ジフェニドールには、があり、上昇を起こすことがあるため、患者は服用前に医師へ相談することが望ましい。 同じく抗コリン作用によって、困難を引き起こす可能性があるため、に伴う排尿障害を抱えている患者も服用前に医師へ相談することが望ましい。 他に口の渇き、不振、などの症状の他、浮動感、顔面の火照り、などの副作用が見られる。 また、ジフェニドールは血液脳関門を通過し、眠気を催すことがあるため、自動車等の運転は注意が必要である。 さらに、高度のがあるとジフェニドールの排泄が滞り、副作用発現の可能性が上がるため、重篤な腎障害のある者への投与は禁忌とされている。 出典 [ ]• 2参照)• 参考文献 [ ]• 齋藤洋、福室憲治、武政文彦著『一般用医薬品学概説(第2版)』、2006年。 この項目は、に関連した です。

次の

トラベルミンR|製品情報|エーザイのセルフケア製品情報

ジフェニドール

効能 [ ] の循環を改善し、椎骨動脈の血流障害を起こした部位の緊張を緩解し、血流量を増加させるとともに、のひとつである神経路の調整作用を有する。 主に塩酸塩(塩酸ジフェニドール)の形で、としては内耳障害によるめまいやの抑制、および外傷性頭位眩暈症患者の抑制を効能として承認されている。 としてはとして配合されている例が見られる。 ジフェニドール塩酸塩の1日最大量は医療用150mg、一般用75mgである。 めまいの改善効果は、末梢性めまいで58. 副作用 [ ] ジフェニドールには、があり、上昇を起こすことがあるため、患者は服用前に医師へ相談することが望ましい。 同じく抗コリン作用によって、困難を引き起こす可能性があるため、に伴う排尿障害を抱えている患者も服用前に医師へ相談することが望ましい。 他に口の渇き、不振、などの症状の他、浮動感、顔面の火照り、などの副作用が見られる。 また、ジフェニドールは血液脳関門を通過し、眠気を催すことがあるため、自動車等の運転は注意が必要である。 さらに、高度のがあるとジフェニドールの排泄が滞り、副作用発現の可能性が上がるため、重篤な腎障害のある者への投与は禁忌とされている。 出典 [ ]• 2参照)• 参考文献 [ ]• 齋藤洋、福室憲治、武政文彦著『一般用医薬品学概説(第2版)』、2006年。 この項目は、に関連した です。

次の