鬼滅の刃182話フル。 鬼滅の刃第54話ネタバレ考察と感想「こんにちは煉獄さん」(7巻収録)

【ジャンプ50号感想】鬼滅の刃 第182話 激怒 : ジャンプ速報

鬼滅の刃182話フル

スポンサーリンク 自分を責める輝利哉 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 表紙は鬼殺隊士が一瞬にして大勢殺されてしまった事実を目の当たりにして茫然としている輝利哉です。 自分が采配をしくじったせいで無惨が復活してしまったと思っています。 みんなが何百年も今日のために準備してきたこと、無惨を倒すためにしてきたことが僕のせいで無駄になってしまった・・・ かなたとくいなは何度も輝利哉の名前を呼びます。 しかし自分を責め続ける輝利哉には妹たちの声が耳に入りません。 突如、かなた(くいな?)が輝利哉の頬を思い切り叩きます。 叩かれた衝撃で倒れ込む輝利哉。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 「しっかりなさいませお館様!! 早く次のご指示を!! 戦いはまだ終わっていません!!」 輝利哉はハッと目を覚まします。 「お館様」と呼ばれたことで自分の立場と使命を思い出したのです。 父上もお爺様も、みんな自分と同じような重圧と苦しみに耐えてきた。 冷静な自分を取り戻し再び指揮を執りはじめます。 輝利哉の指示は柱をはじめ隊員全てを一か所に集結させるというものでした。 戦力を一処に集めることで総力戦に持ち込む狙いです。 そして、かなたとくいなに「ありがとう」と伝えます。 自分に当主としての自覚を思い出させてくれてありがとう、といった意味でしょうか。 妹二人は「はい」と静かに涙を流します。 輝利哉をはじめとした産屋敷家の子供たちもまた、生まれた時点で逃れることのできない宿命を背負っているのです。 残された産屋敷家の三人のためにも無惨を何としても倒して欲しい! スポンサーリンク 鳴女との戦いは膠着状態 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 場面は変わり上弦の肆・鳴女と恋柱の甘露寺蜜璃、蛇柱の伊黒小芭内の戦いです。 久しぶりの登場ですが相変わらず鳴女に決定的な打撃を与えることができず膠着状態が続いています。 鴉からの伝達で無惨の復活と柱の集結の指示を知る二人。 伊黒は、上弦の壱との戦いで霞柱の時透と玄弥が死んだことを思い出し、命をかけて戦って上弦の壱を倒した二人に比べて自分はまだ何もできていないと感じています。 鳴女の血鬼術はやっかいで殺傷能力が高いわけではないけれど延々といたちごっこをさせられ決着がつかないのです。 他の柱たちと合流したくとも、どの道鳴女に阻まれてしまうだろう・・・ どう現状を打破しようかと考えをめぐらせます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 一方甘露寺も鴉の指示にとまどっています。 あの琵琶の人は放って集まったほうがいいの?と鴉に訪ねています。 そのとき甘露寺の背中をガッと引っ張る人物が・・・ スポンサーリンク 炭治郎、無惨と対面!! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 そして逆方向にいたはずの水柱の冨岡義勇&炭治郎と無惨がいきなり無惨と対面します。 恐らく鳴女の血鬼術によって引き合わされたのでしょう。 炭治郎はついに見つけた無惨の姿を見て怒りを露わにします。 殺された母や弟妹たち、鬼にさせられた禰豆子、そして鬼との戦いで命を落とした仲間たち・・・ それらが頭をかけめぐり感情を抑えることができない炭治郎に、義勇は「落ち着け」と声をかけます。 が、その義勇の顔も怒りで歪んでいます。 義勇も同じように死んだ家族や仲間を思い出したのではないでしょうか。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 そんな二人に無惨は一言 「しつこい」 と言います。 本当にしつこい、飽き飽きする、心底うんざりだ。 口を開けば親の仇、子の仇、兄弟の仇と馬鹿の一つ覚え。 お前たちは生き残ったのだからそれでいいだろう、殺されなかった自分は幸運だったと思って元の生活をすればよい。 スポンサーリンク 「鬼狩りは異常者である」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 無惨は続けます。 自分に殺されることは大災に遭ったのと同じだと思え。 天変地異に復讐しようと思う人間がいないのと同じように、死んだ人間が生き返ることはないのだから日銭を稼いで静かにくらせばいい。 ほとんどの人間はそうしている。 何故お前たちはそうしないのか? 無惨はその理由はひとつだと言います。 鬼狩りは異常者の集まりだから。 ・・・ 無惨の表情は冷めています。 炭治郎たちの殺気立った顔とは対照的です。 そして、異常者の相手は疲れたからいい加減終わりにしたいとうんざりした様子で語ります。 炭治郎の顔から表情が消えました。 「無惨お前は 存在してはいけない生き物だ」 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 181-182 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 無惨と鬼殺隊の温度差、そして無惨の考えが初めて本人の口から語られました。 家族や仲間を思う気持ち、人に対する慈しみが根本的に欠如しているため人の命など何とも思っていないのです。 また、今回の無惨の言葉と表情が真実なのだとしたら、彼は鬼殺隊を恐れてはおらずただ面倒臭い存在と位置づけているようです。 鬼殺隊を「異常者の集まり」とし、まるで大人が子供に言い聞かせるような口ぶりで自分の正当性を語りました。 しかしその理屈は到底納得できるものではありません!! 次回は炭治郎がヒノカミ神楽で無惨に戦いを挑むのでしょうか? あれだけ大勢の一般隊士が瞬殺された事実を考えると、炭治郎が柱に近い実力に到達しているとはいえ義勇と二人だけでどこまで通用するのか非常に不安です。 しかも、鳴女の血鬼術で柱の集結も簡単にはできないのでは? 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」181話より引用 また恋柱の甘露寺の背中を引っ張った人物が今回はわからないままでしたが、一体誰なのでしょうか。 隊服を着た人物のようでしたので鬼ではなさそうですが、こちらも気になります。 しかし逆方向にいた炭治郎たちがいきなり無惨と対峙したのは驚きでした。 一番遠いところにいたようだったので、最後に到着するとばかり思いましたが・・・ 上弦の壱の黒死牟との戦いのとき、輝利哉は鬼殺隊の勝利を確信していましたが今回はまだそういった描写がありません。 今後は一体どうなるのでしょう? ますます目が離せない展開です!!.

次の

【鬼滅の刃】第70話「人攫い」確定ネタバレ感想&考察・評価など!

鬼滅の刃182話フル

鬼滅の刃182話で無惨が縞の羽織の柱は死んだと語る! 早速、鬼滅の刃182話をみながら考察していきましょう! 無惨と炭治郎の勝負の行方はどうなっていくのでしょうか!? 炭治郎の成長は著しいですが、とても無惨に勝てるほどの強さではない気がします。。 >> >> >> 鬼滅の刃182話ネタバレ:炭治郎の覚悟 炭治郎は圧倒的な悪である無惨を前に、腹の底から憎悪が湧いていた。 しかし炭治郎は、今までにない怒りを覚えながらも、冷静に今の状況を分析。 無惨は首を飛ばしても死なない。 今のところ、無惨を殺す唯一の方法は太陽の光に当てること。 他の柱が来るまでに生き残り、無惨に関する有益な情報を得て、皆んなに伝える。 それまでは死ねない。 そして太陽の光を無惨に当てる。 炭治郎は、ここから本当の戦いが始まることを覚悟した。 鬼滅の刃182話ネタバレ:上弦の鬼と比較できないほど攻撃範囲が広い無惨 無惨は涼しい顔で、右手を振る。 すると右手が伸び、飛ぶ刃のように炭治郎と義勇を襲う。 その右手の攻撃範囲はあまりにも広い。 そして、あまりにも速い。 目で無惨の攻撃を追っていては、とてもじゃないが対応できない。 そのため炭治郎は、感覚を頼りに無惨の攻撃をかわしていった。 そしてついに、無惨の懐に飛び込むことに成功した炭治郎! 一撃を食らわせることができる!と思った瞬間、どこからか無惨の攻撃が飛んできた。 それにより、右目を斬られる炭治郎。 炭治郎は、どこから攻撃されたか分からない状態だった。 そこを危機一髪、義勇が救い出した。 無惨は、どの上弦の鬼とも比較できないような距離で戦うことができる。 どこに逃げても、どこに行っても無惨の射程圏内だった。 鬼滅の刃182話ネタバレ:上弦の肆を通して縞の羽織の柱は死んだと伝える無惨 ここで無惨は、全力で向かってこない炭治郎と義勇を前に、二人は太陽が上ってくるまで時間稼ぎをしていることを悟る。 そして、他の柱の登場を待っていることも。 しかし無惨は、残酷な状況を伝える。 「 縞模様の羽織を着た者と女の柱は死んだぞ」 無惨は、 肆である鳴女を通して状況を見ることができる。 鳴女には、蛇柱の伊黒と恋柱の甘露寺が死んでいる状況が見えていた。 つまり、 縞の羽織の柱とは甘露寺でしたね。 炭治郎と義勇の狙いがわかった無惨は、益々攻撃を仕掛けてくる。 炭治郎は、左目だけで無惨の攻撃を交わしているため、距離感が掴みにくい。 しかし、どうにかして義勇を危険にさらさないように逃げていた。 しかしあまりにも速すぎる無惨の攻撃に、炭治郎の呼吸がもたない。 炭治郎の呼吸が解け、壁に激突する。 そして無惨の攻撃は、炭治郎にあと一歩のところまで届いていた。 鬼滅の刃182話ネタバレ:甘露寺と伊黒の登場 無惨の攻撃が炭治郎を貫こうとしたその時! 「やめなさい!!!!」 と、天井を突き破って甘露寺が登場した。 死んだと思っていた甘露寺の登場に、無惨も思わず目を丸くする。 義勇も甘露寺の登場に安堵した様子。 甘露寺の攻撃が無惨を襲う。 ・・・しかし、無惨には全く効いていない様子。。 そして蛇柱の伊黒も登場し、炭治郎の安全を確保していた。 「お前は邪魔だ、どいてろ」 と炭治郎に言う伊黒。 鬼滅の刃182話ネタバレ:何をしているんだ!鳴女! この状況に一番動揺しているのは無惨。 「何をしているんだ!鳴女!!!」 無惨は激おこぷんぷん丸です。 鳴女のそばに出てきたのは、なんと愈史郎だった。 鳴女の目を札を貼り、鳴女が見ているものを操っていた! >> 愈史郎は、無惨が珠世を殺したことに涙し、復讐心に燃えていた。 愈史郎の力により、無限城が崩れ出した。 >> ーーー次回183話に続く.

次の

【ジャンプ49号感想】鬼滅の刃 第181話 大災 : ジャンプ速報

鬼滅の刃182話フル

鬼滅の刃(きめつのやいば)第54話「こんばんは煉獄さん」(2017年3月18日発売の週刊少年ジャンプ16号掲載)のネタバレや感想をご紹介していきます! なお、こちらの記事では鬼滅の刃最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。 鬼滅の刃最新話第54話「こんばんは煉獄(れんごく)さん」のネタバレ はじめて見る汽車に、伊之助がぷるぷる身を震わせて威嚇をし、炭治郞はこの土地の守り神かもと二人してあさってな事を言い出すので、唯一汽車を知る善逸に 「人を運ぶ乗り物だ」とあきれ顔で教えます。 ですが、強大な敵かもしれないと思っている伊之助は、汽車の車体に頭突きをかまします。 そんな騒ぎを起こしてしまい、駅員達が警笛を鳴らしてやってきます。 「あっ、刀持ってるぞ!! 警官だ警官を呼べ!! 」 炭治郞達3人の帯刀を目撃してしまい、騒ぎが大きくなる前に、呑気な炭治郞と無頓着な伊之助を抱え、一番世間に慣れている善逸が焦ってその場から逃げ出します。 「一生懸命頑張っているのに…」としょんぼり顔の炭治郞をなだめ、善逸は刀は背中に隠すようにと指示します。 「 『無限列車』ていうのに乗れば煉獄さんと会えるはずなんだけど…すでに煉獄さん乗り込んでるらしい」 炭治郞の目的がその人に会うことと知り、3人は切符を買って車内に乗り込みました。 駅弁をものすごい数を食べている男性…煉獄さんがそこに居ました。 「あの人が炎柱…?ただの食いしん坊じゃなくて?」 「うん…」 あまりの食いっぷりに、善逸は炭治郞にそう耳打ちしますが、特徴と鼻がきく炭治郞にはその人が煉獄さんだとわかります。 おそるおそる声をかけ、煉獄さんにヒノカミ神楽と父のことを訪ねます。 「うむ!そういうことか!」 と勢いよく聞いてはくれますが とばっさり終了させられ、さすがの炭治郞もギョギョッとします。 「俺の継子になるといい面倒を見てやろう!」 と、話も飛ぶし視線もどこを向いて話しているのかな煉獄さんに戸惑う炭治郞でしたが、お構いなしにおもむろに炎の呼吸の話を始めます。 「炎と水の剣士はどの時代でも必ず柱に入っていた。 炎・水・風・岩・霞が基本の呼吸だ。 他の呼吸はそれらから枝分かれして出来たもの。 霞は風から派生している!! 」 と、呼吸の歴史を話してくれた煉獄さんに、炭治郞は刀の色を聞かれ、『黒』と答えます。 煉獄さん曰く 『黒刀の剣士が柱になったのを見たことがない。 さらにはどの系統を極めれば良いのかもわからないと聞く』と言われます。 少なからずショックを受ける炭治郞に『俺の所で鍛えてあげようもう安心だ!』と提案する煉獄さんに、あっけにとられながらも面倒見の良さを感じます。 ほどなく動き出した列車に、おバカ丸出しではしゃぐ伊之助にツッコむ善逸でしたが、煉獄さんは『いつ鬼が出てくるかわからないから危険』と忠告します。 短期間のうちに40人以上の行方不明者を出しているのがこの汽車で、送り込んだ剣士も皆消息を絶ったので柱である煉獄さん自ら来たそうです。 鬼が出ると知るや善逸がものすごい顔芸で泣きながら降りると騒ぎ立てますが、そんな中異様な雰囲気の車掌さんが登場しました。 炭治郞は『嫌な匂いがする』と感じます。 煉獄さん気配を感じ取ったのか車掌を下がらせます。 すると、背後から現れたのは恐ろしい姿の鬼でした。 「その巨軀を!! 隠していたのは血鬼術か。 気配も探りづらかった、しかし罪なきひとに牙を剥こうものならば」 「この煉獄の赫き炎刀が、お前を骨まで焼き尽くす」 いうなり煉獄さんは動きます。 炎の呼吸・壱ノ型 不知火 鮮やかな剣筋で、鬼の首が飛ばされて、鬼は絶命します。 嘘みたいに格好良すぎる煉獄さんの鬼退治に、炭治郞や善逸・伊之助までが「すげえや兄貴! 見事な剣術だぜおいらを弟子にしてくださえ!!」 「煉獄の兄貴!」 と盛り上がっている所で…… コレは夢落ちだと知ります。 車内の乗客が皆眠らされていました。 「夢を見ながら死ねるなんて幸せだよね」 この前無惨に血を与えられた下弦の月の鬼が、皮肉たっぷりの笑みを浮かべて、無限列車の上に立っていました。 と、いう所で第54話は終わります。 さて、どこからが夢だったのでしょうね?? 鬼滅の刃最新話第54話「こんばんは煉獄(れんごく)さん」の感想 今回も炭治郞が可愛くて、ギャグが多めの回でしたが、煉獄さんの人の話を聞かない兄貴キャラは結構好みですww 敵の術にはまってしまいましたが…そんなに簡単に死ぬわけ無いと思います、多分。 善逸の顔芸は秀逸ですし、彼がいるから鬼滅の刃は面白いと思います。 天然かわいい系イケメン?の炭治郞のアクのなさを、彼がいるから引き立つってなもんです。 面白かったです。 週刊少年ジャンプ2017年16号の掲載順をご紹介 16号はこのような掲載順になっていました。 ・ぼくたちは勉強ができない ・約束のネバーランド ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・U19(アンダーナインティーン) ・青春兵器ナンバーワン ・腹ペコのマリー ・ポロの留学記 ・左門くんはサモナー ・銀魂 ・磯部磯兵衛物語 作者コメント欄 で、20作品になっています。 鬼滅の刃の掲載順は6番目になっています。 新連載を除いて考えると大体アンケート順位も5番目くらいの、上位ランカーになっていますね。 過去5週の掲載順は『3番・5番・9番・10番・10番』となっています。 じわじわ右肩上がりで順位が上がっています!! 看板になる日も近い…!? まとめ ギャグ多めで、善逸の顔芸も伊之助のおバカ行動も面白く読めました。 炭治郞はどこまでも癒やし系でかわいいです。 下弦の月の彼の力はどこまでパワーアップしてるのか、先が気になりますね!!.

次の