折り紙 春の 花。 折り紙で季節の花折り方まとめ!簡単立体平面タイプの色んな作り方

簡単折り紙「花」の折り方39選|平面から立体まで!バラ、あさがお、ひまわり、コスモスなど

折り紙 春の 花

簡単折り紙「花」の折り方39選 1. ガーベラ 折り紙1枚で出来ますがお世辞にも簡単とは言えない難易度。 折り紙経験が少ない人は苦に感じるかも。 ガーベラの花の色はピンクや青の他にも黄色、白、オレンジ、赤など豊富。 ヨーロッパで品種改良されて4月~11月に旬なお花。 冬にはほとんど見ることが出来ないですね。 SPONSORED LINK 2. 菖蒲(あやめ) アヤメは5月中旬から下旬にかけて毎年乾いた所に育つお花。 外花被片に網目の模様があるのが特徴。 折り紙でもそれが上手く再現されている。 北海道にはあやめヶ原、福岡には戸畑あやめ公園など、全国に数か所あやめを堪能できる植物園も存在している。 花の色は基本的に紫か白なので、動画では分かりやすく青、赤が使われていますが、合わせていきたいところ。 SPONSORED LINK 3. 立体的!角香バラ 数多く花の種類があると言えど、薔薇を知らない人はいないですよね?日本国内限定のお花ではなく北半球、ヨーロッパ、北アメリカなどにも自生している。 ちなみに南半球には自生しているバラはないらしい。 世界に120種類以上あり、日本国内で見ることが出来るのはほんの一部のみ。 折り紙の難易度は高いですが、作り終わった時の達成は最高。 立体的なので玄関にアクセントとして飾っておくと綺麗にまとまります。 SPONSORED LINK 4. 朝顔(あさがお) アサガオは日本でも代表的なお花ですよね。 その一番の理由は小学校の夏休みに育てる経験をした人が多いからだと思う。 もしかしたら、ちゃんと育てることが出来ずに枯らせてしまった人もいるんじゃないかな?日本で最も発達した園芸植物であり、世界的にもその発達具合は異質なんだとか。 動画は立体ではなく平面の折り方になります。 SPONSORED LINK 5. 向日葵(ひまわり) ヒマワリは高さ3メートル前後まで生長し夏に大きな黄色のお花を咲かせるのが特徴的。 原産地は北アメリカ大陸西部であると言われている。 ヒマワリも日本発祥って感じがしちゃいますよね。 アメリカさんごめんなさい。 折り紙で折る際には、黄色と茶色2枚必要になります。 それ以外の色を使うとおかしくなりそうだね。 作り馴れると10分弱で完成できます。 折り紙とは思えないほどのボリュームにびっくりするかも。 SPONSORED LINK 6. 菊 少なくとも日本では菊をプレゼントとして渡すのは縁起が悪いと言われています。 こんな難癖つけられて菊はたまったもんじゃないですね(笑) ただ、お正月、お月見、七五三などめでたい時にも多用される場面があるので、人間関係が絡むと難しいところです。 折り方は今回紹介する39種類のお花の中でもトップクラスの難しさです。 最初は出来上がってもバランスが悪かったりして納得がいかないこともあると思いますが、何度も作っていく内に形が整うようになってきますよ。 ハスの花 日本ではあまり知られていませんが、ベトナムではハス茶として飲用することもあります。 日本では煮物の材料として使っている人もいるんじゃないかな。 今回の動画は音声での説明もあるため、動作だけではちょっと分かりにくいって人でも安心して作業を進めることが出来る。 ハスはピンク以外にも白色の花もあるのでピンクと緑、白と緑の2種類の組み合わせで折ってみましょう。 SPONSORED LINK 8. 鈴蘭(すずらん) すずらんはとっても美しい花なんだけど毒性が強いことでも知られている。 特に花や根などに多く含まれていて、活けていた水を飲んで命を落としてしまった例もあるくらい。 そんなすずらんだけど、折り紙なら毒はないので安心。 しかも製作時間は5分前後と簡単な部類。 花色は白が一番多く、桃色や紅色も存在する。 コスモス コスモスは秋に咲く桜として有名で花の色は桃色、白、赤など。 熱帯アメリカが原産ですが、明治時代に渡来して来て以来、今では全国にその名は広まり秋の季語としても用いられることも。 折り方は複雑で細かい部分もありますが、慣れれば誰でも綺麗に作れますよ。 ベルフラワー Wikipediaで調べたら、ベルフラワーがアメリカ合衆国の都市という意味合いでしか出てこなくて本当に存在するお花なのかな?と小一時間悩んだ。 ベルフラワーは一般的にオトメギキョウのことで3月~6月で主に春に見どころのお花。 紫色に咲いた姿はとても綺麗で名前の通りベルの形をしているのが特徴。 立体的なお花を簡単に折りたいって人におすすめですよ。 花の中心がぽっかり空いているので小さな小物であれば入れることも出来る。 ただ奥が深いので取りにくいです。 SPONSORED LINK 11. 立体カーネーション カーネーションと言えば母の日が必ず絡んできますよね。 5月~6月の梅雨時に見どころのお花で夏以外であれば丈夫に育つのが特徴。 花は真っ赤な色をイメージされると思いますが、ピングやオレンジに近い色もあるんですよ。 動画では4つの折り紙を組み合わせて立体的なカーネーションの折り方を紹介している。 梅の花と枝 梅の旬は1月~3月。 育てやすい代わりに害虫が多いという難点。 管理するのが苦手って人には向いていないお花ですね。 恥ずかしい話、昔梅と桜を間違えていた私がいます。 動画では梅の花と枝をセットで折る方法が紹介されている。 冬の時期はもちろんのこと、節分の装飾にもぴったり。 切るだけでも出来るんじゃない?ってツッコみはなしで。 SPONSORED LINK 13. ユリの花 ユリは主に5月~8月に見ることが出来るお花。 ただし種類によって見どころが違うので注意。 どの種類のユリも寒さに強いのが特徴。 花期が短いので個人的にちょっとレアな印象。 ユリは白だけではなく先がピンクになっているものや、オレンジ色が主体のものもあります。 一般的な白色のユリはオリエンタルハイブリット系と言われている。 睡蓮(すいれん)の花 スイレンは初夏から夏にかけて5月~10月が旬のお花。 日当たりの良いところで育てないと花が咲き開くことはありません。 動画はたまにぼやけていて少し見にくい部分もありますが、手順は簡単なので初心者向きですよ。 個人的に鶴を折るより簡単でした。 椿(つばき) 椿は真冬から春、12月~4月が旬のお花。 とても丈夫なので育てやすいですが、毛虫がたまに出るのが最大の難点。 和風の庭に良く合いますよ。 平面の折り方になりますが、とてもシンプルなので気軽に作れるのが嬉しい。 SPONSORED LINK 16. 水仙(すいせん) スイセンは椿と同じく、12月から4月が旬のお花。 とても丈夫ですが毛虫が出やすい。 ホント見た目以外は椿にそっくりですね。 色は黄色と白のもの、黄色だけのものがあります。 折り紙で折る場合は白と黄色2種類が必要ですよ。 ちょっと難しい部類に入ります。 花の風車 作った後に上から息を吹きかけるとクルクルと回転する。 小さな子供に作ってあげたら喜んでくれそうだね。 立体チューリップ チューリップは3月~5月、見頃は1~2週間とめちゃくちゃ短い。 立体の折り方は沢山あるけど、チューリップの立体は簡単。 必要な折り紙は赤色と緑色の2枚。 動画内ではグラデーションを使ってるけどこれも中々良いね。 クレマチス クレマチスは5月~10月、春から秋まで。 一部冬に咲くものもあります。 あまり知られていないお花ですが、綺麗で丈夫、害虫に悩まされることも少ない。 折り紙で作る場合は1つ5分弱で出来るパーツを8個作ってのりづけしていく。 意外と簡単だけどこれもユニット折り紙の一種なのかな。 桜の花びら 桜の原産地はヒマラヤ近郊と言われていますが、今では日本だけではなく、ヨーロッパ、中国、アメリカなど広い地域で多くの人に愛され続けている。 花びら1つを作るのは簡単ですが、1つではどうしても魅力に欠けてしまうため。 いくつも作るのが前提になると思う。 キキョウ キキョウは6月~8月が旬。 とっても短くはかないお花だね。 花色は青紫が一般的ですがピンクや白もある。 万葉集の中では秋の七草としても知られている。 折り紙で折る場合は2枚必要になります。 少し難しいですが作り応え抜群。 ダリア ダリアは5月~10月に旬のお花。 お手入れが大変なのに独特の存在感からガーデニングする人は後を絶たない。 折り紙の作り方は簡単ですが、平面なので本物と比べて存在感が足りないのが残念。 立体的なダリア 平面では満足できないという人は立体のダリアを折ってみましょう。 少し手の込んだ折り方なので作り慣れていても完成までに10分前後かかります。 ナデシコ ナデシコは4月~11月、主に秋と春に旬のお花。 花の色は赤、ピンク、紫、白がメイン。 動画は音声付きなのでとても分かりやすいですし、折り方もめちゃくちゃ簡単です。 たんぽぽ 可愛らしい見た目からは想像できない生命力。 アスファルトの裂け目から生えてくるところを目撃したい人は多いと思う。 折り方は簡単ですがはさみが必要になるので必ず準備してください。 パンジー パンジーは11月~5月が旬のお花。 とても丈夫で育てやすいことから国内でも良く見かけますよね。 花の色も赤、ピンク、紫、オレンジなど多彩で見て楽しむのに適している。 動画はノイズが入っているので音量を大きくし過ぎたり、ヘッドホンで視聴している人は注意してください。 紫陽花(あじさい) 紫陽花は5月~7月に旬のお花。 実は紫陽花の種類によっては毒性があったりなかったり、身近なお花だけに取扱いには十分注意した方が良さそう。 折り紙1枚で作れるのに20分前後時間がかかる高難易度。 でも綺麗に作れたら絶対かっこいい。 蓮華 れんげ レンゲとはつまりハスの花のことです。 7個目に紹介しましたが折り方が全く違うので、是非両方とも挑戦してみてくださいね。 四つ葉のクローバー 三つ葉のクローバーが一般的でまれに見かけるのが四つ葉のクローバー。 偶然見つけた人にはもれなく幸運が訪れるらしい。 さらに、五つ葉のクローバーもあるらしい。 見つけたらお願いしたくなるよね。 折り方は簡単で不慣れな人が作っても形が大きく崩れることはない。 クリスマスローズ クリスマスローズという名前から惹かれてしまう人も多いはず。 ただ、多くの品種は春ごろ開花するらしく名前とは少し矛盾しているような気もする。 夏は実質呼吸をしているだけの状態。 英語の動画になりますが、ゆっくりと作業を進めてくれているため、停止しながら見ていけば誰にでも作れるレベル。 形を固定するためにテープやホチキスも必要になります。 マーガレット マーガレットは4月~7月に旬のお花。 環境次第では秋から冬にかけて咲くこともあります。 つまり1年中咲いているところを見ることが出来る。 折り方も難しくない。 色合いが水仙と一緒ですね。 中心に使う黄色の折り紙は小さめの3. 5㎝を使用しています。 シンビジウム シンビジウム?シンビジューム?どっちが正しいという訳ではなくどちらも間違いではありません。 あまり知らない人も多いと思いますが、2010年以降広く出回るようになっているので、折り紙の折り方を覚えておいて損はないです。 葉っぱ 様々なお花と組み合わせて折ってみてください。 1つだけでは物足りないので何枚も折ることをおすすめします。 また、緑色だけではなく赤や茶色で折り、枯れ葉のようにしてみるのも良いでしょう。 マリーゴールドの葉 マリーゴールドの見どころは5月~11月。 お花部分ではなく葉っぱ部分の折り方になります。 葉っぱが食われやすかったり、ナメクジやハダニが発生したりと管理が大変。 ポインセチア ポインセチアはクリスマスの時期のお花の大定番。 ただし0度以下の場所に長く放置しておくと葉が落ちてしまうので、こまめな管理はかかせない。 屋外よりも屋内向きだね。 実は小さな花が数個集まっているだけなのにそれが固まって大きな花のようにも見える。 クリスマスローズとセットで折って欲しい。 可愛いハイビスカス ハイビスカスという名前の響きが良いよね。 5月~10月と長い間咲いているお花ですが、真夏の暑さと寒いのにはとことん弱いので室内で育てた方が安心です。 動画では実物よりも若干丸く可愛いハイビスカスの折り方を紹介しています。 難しいハイビスカス 先程に続いてこちらもハイビスカスの折り方の動画。 ただし難易度が上がるので、出来れば可愛いハイビスカスを完成させてからチャレンジしてみましょう。 1枚で折れるのと、実物に限りなく近い形をしているので、個人的には難しいハイビスカスの方が好きです。 五月ツツジ ツツジは4月~5月の春先が旬のお花。 丈夫ですが害虫がつきやすいので子供から避けられやすいイメージ。 基本的に危険性はないですが、レンゲツツジには毒性があるので注意しましょう。 折り紙で折る場合は8~10分ほどで完成できます。 ピンク以外のも白色や赤色もツツジの定番色なので是非3つ揃えてみてください。 ジャスミン ジャスミンはアジアからアフリカの熱帯または亜熱帯地方が原産です。 暑い地域に生息しているお花なんですね。 皆さんご存知の通りジャスミン茶や香水の原料としても使われいる。 作り方は比較的簡単で、初心者の方でも形が崩れにくいので、不器用な人でも積極的に挑戦してみてね。 最後に 今回はせっかくの機会なので折り方の動画だけではなく、お花の特徴なども合わせて紹介していきました。 私の人生はまだほんの30年弱ですが、まとめていく中で知らないお花や実際に見たことないお花も沢山ありました。 知っている花を改めて折ってみるのも良いですが、せっかくの機会ですし知らないお花を折ることで、知識を増やしていくのも良いんじゃないでしょうか。 暇な時に折っていると、いつの間にか部屋の中が折り紙だらけになってしまうこともあるので、個々で調整しながら楽しんでくださいね。 SPONSORED LINK.

次の

折り紙で花の折り方まとめ!簡単な作り方から立体までを解説!

折り紙 春の 花

1折り紙を桜の5枚の花びらに折る印をつける 最初に折り紙を三角形に折りたたみましょう。 今回は色がわかりやすいように色を表に出して折っていますが、実際に作る時は後で書く下線が隠れるよう、色面を内側にして折りたたんでください。 三角形にしたら5枚に折りたたむための目印をつけます。 2折り紙の点と線をあわせて折る 次に、折り紙を桜の花の5枚の花びらに折りたたんでいきます。 3折り紙の線と線をあわせて折る 次に写真の赤線で示した左側の底辺と、右側の斜辺を重ねて折ります。 折り紙の厚さは商品によってさまざまですが、厚手の折り紙は繰り返し重ねて折るとずれやすいです。 きれいな桜の花を作るためにも、折り紙は一回折るたびにしっかり折り目をつけましょう。 5折り紙に桜の下線を描いてハサミで切れば完成! これで折り紙が桜の5枚の花びらの形に重なりました。 折り紙の輪になった部分を中心にして、花びらの半分の形で下線をかきましょう。 写真左側はプレーンな桜の花を、右側は中心が透けたスケルトンの桜の花のモチーフになります。 下線に沿ってハサミで折り紙を切り、破らないように丁寧に広げれば、桜のモチーフのできあがりです。 平面の桜モチーフが立体に見える!折り紙の花びらをふっくらさせる折り方 次は先程作った平面の桜モチーフにもう一工夫し、立体感のある桜の花にする折り方です。 材料は切り絵風モチーフと同じく折り紙とハサミ、鉛筆のみ。 平面のモチーフは折り紙の折り方さえ知っていれば幼児でもできますが、桜の花びらに立体感がでる折り方をプラスすることで、同じようで同じではない雰囲気に「ママってスゴイ!」と家族に驚いてもらえるはず。 1折り紙の桜の切り絵風モチーフをジャバラにたたむ 最初に切り絵風桜モチーフの作り方を参考にして、プレーンな桜モチーフを1枚作り、切り抜いたモチーフを一度開きます。 今度は1枚の花びらの形になるようにモチーフをジャバラにたたんでいきましょう。 このとき色面は、内側に入れてください。 2折り紙の桜モチーフに折り線をつけて開けば完成! 桜の花びらは全部で5枚ですから、折ったモチーフも片側が2枚、反対側が3枚重なります。 赤い線で示した花びらの左右の横辺を、2mmぐらいの幅で互い違いに細く折りましょう。 右側の辺を山折りして後ろに倒し、左側の辺はすでに折ってある花びらの付け根ごとねじって谷折りにして、前のほうに折ります。 爪を使ってしっかり折り目をつけたら、折った部分を花びら1枚ずつに分け、花びらの付け根のねじれをとらないようにそっと開いてみてください。 開いた内側からもう一度折り目をつけて完全に開かせれば、折り紙の桜のできあがりです。 立体の桜の作り方!折り紙1枚で花2個が作れる量産向きの折り方 次は折り紙で立体的な桜の花と葉の折り方です。 立体的な花は人気がある反面少し難しそうですが、以前と同じで、意外と簡単に作れます。 今回紹介する折り方で桜を作ると、折り紙1枚から2個の桜の花が作れるので、量産したい人におすすめです。 折り紙で立体的な桜を作る際に使う 材料は折り紙の他にハサミと鉛筆、ホッチキスとのりが必要なので、手元に用意してから始めましょう。 1半分に切った桜の花用の折り紙をジャバラにたたむ 桜の花用の折り紙1枚を半分にカットして2枚の折り紙を作り、色面が内側になるように半分の長さに折り、さらに半分もう一度半分と丁寧にジャバラ折り、一度開いてから縦半分に折って折り目をつけます。 写真のように中央を下から半分より0. 5cm手前まで切り、右に向かって折れ線2つ分切り、さらに上に真っすぐ切って2分割します。 写真の左側の折り紙を再びジャバラにたたみ、中央をホッチキスで止めてください。 ホッチキスはジャバラ中央ではなく白地の輪が重なるほうに寄せて止めると、あとでのりをつけやすくなります。 2折り紙に桜の花の下線を描いて切る 中心で折り畳んだ和の反対側に写真のように桜の花びらとめしべを表す半円を描き、下線が掛けたらホッチキスで止めた部分を中心に半分にたたんで、下線に沿ってハサミで余分な部分をカットします。 3折り紙を開いて桜の花びらをのりで接着する ジャバラに折った折り紙を、ゆっくり丁寧に広げましょう。 桜の花びらの先端を外側に向けて折りたたむようにすると、ふっくらと花びらが開きます。 ある程度形が整ったら、ジャバラの端にのりをつけて接着し、丸く整えれば立体的な桜の花の完成です。 4緑色の折り紙を使って桜の葉を作る 折り紙で桜の花を立体的に作れたら、次は葉を立体的に折ってみましょう。 バランス的には葉は桜の花の半分以下のサイズがベストです。 小さいサイズの折り紙を使うか、大きな折り紙しかない場合は4等分して使ってください。 最初に色面を内側にして三角形に折り折ったら、頂点の部分を0. 5cm程度それぞれ外側に折り曲げておきます。 あとはランダムでかまわないので、0. 2mm程度の細い幅にジャバラ折りをして、しっかり折り目をつけておきましょう。 ジャバラを軽く開いて、三角形の頂点の左右をさらに外側に折り曲げ、葉の丸みを作ります。 最後に三角形の底辺を赤線のように斜めに細く折って開けば、桜の葉の完成です。 折り紙の桜で部屋を飾ろう!春色インテリアへの3つのアレンジ 折り紙で桜の花を使ったらメッセージカードやプレゼントに貼り付けて活用してもいいのですが、折角なら室内へのアレンジを楽しみませんか? 桜のような季節の花飾りは短期間しか使わないので、厚紙や折り紙で手作りするのが一番。 日本では昔から折り紙や千代紙で作った平面の桜を障子の穴隠しに張り、家の中で春の花が楽しまれていきました。 海外でもを、アメリカやカナダでは納屋にブリキのバーンスターを飾る風習があり、。 折り紙でつくった桜も壁面飾りやリースなどのアレンジにアレンジし、部屋の中に春を呼び込みましょう。 1折り紙の桜を使った障子の穴隠し!花を使えば補修がスピーディー 昔からある、折り紙の桜のオーソドックスな活用法です。 子供が障子紙を少しだけ破ってしまったとき、1枚分だけ張り替えるという選択肢もありますが、折り紙で桜の花のモチーフを作って穴の上からペタリとのりで張り付ければ、簡単に補修ができます。 しかも破れが隠せるだけでなく部屋の中が華やかな印象に。 部屋の雰囲気にもよりますが、白い障子紙を使っている場合は薄いピンクや、パステル調の色のほうが邪魔になりません。 折り紙の桜を障子に貼りつけると、厚みが出るので日の入り方で影ができるのも素敵。 真っ白な折り紙をの桜を貼ると、スタイリッシュな雰囲気になります。 2折り紙の花で気軽に模様替え!折り紙桜の壁面飾り ふっくら可愛い立体的な工夫を施した折り紙の桜を使った壁面飾りもおすすめ。 小学校や幼稚園などでお馴染みですが、いつも通りのありきたりなインテリアを気軽に変えることができて便利。 特に折り紙の桜なので人や風の出入りによってひらひらと揺れ、より桜らしい春の花の雰囲気を演出できます。 桜の枝は折り紙で作ってもいいのですが、ニトリや100均ショップなどで販売しているツリー型のウォールステッカーを使うと簡単。 緑の葉の入った木目調のものを使えばナチュラルな印象に、モノトーンのシルエットステッカーを使うとスタイリッシュな雰囲気に模様替えができます。 3立体的な折り紙の桜を使えばリースも簡単!部屋のワンポイントにおすすめ 立体的な桜を使って折り紙の桜リースを作るのも素敵。 底が平らなのでボンドなどを使えば平面曲面を問わずに取り付けられます。 100均ショップなどで売っているリースベースを使ってもOK。 今回は折り紙で作ったリースをベースに使っていますが、 桜の花のピンクは茶色とも相性が良いので、段ボールをドーナツ状に切抜いたものに直接フラット桜をのり付けしてもいいでしょう。 リースはクリスマス飾りの定番といったイメージがありますが、丸い形から「永遠」や「神の愛」、「魔除け」などの意味があり、欧米では玄関にリースを飾って家族が外出先から無事に帰ってこられるようにと願いを込める家庭が多いです。 折り紙で作った桜を飾ればピンク色の働きで家族の気持ちを和らげられる 折り紙で桜の花を折りたくなる春先は、人事異動や進級進学でパパも子供もピリピリしがち。 新しい環境に慣れずに不安を抱え続けないように、家の中を折り紙の桜で明るくリラックスでき空間にしましょう。 優しいピンク色には緊張をやわらげ、心を穏やかに安定させる働きがあると考えられていますので、インテリアに取り入れれば家族仲も円満に落ち着き、気持ちが前向きになることで仕事や勉強などがスムーズに進みやすくなるでしょう。 また 桜の葉を折り紙で作って一緒に飾れば、緑色の持つ癒しの働きも同時に味わえますので、桜は花だけでなく葉も作るのがおすすめです。 季節の飾りには折り紙が大活躍!桜でリビングや寝室を飾ろう 折り紙で作った桜をインテリアに使う場合、おすすめなのは家族が集まるリビングやリラックスしてゆっくり過ごしたい寝室です。 特にリビングは華やかになるためお客さんのおもてなしにももってこい。 平面の桜モチーフを折り紙ではなく厚紙で作ってふっくらさせれば春らしい素敵な桜の箸置きになり、春先のおもてなしにピッタリです。 気持ちを穏やかにして学習能力を高めるという意味では、子供部屋に折り紙の桜のインテリアを取り入れるのも良いでしょう。 手作りした折り紙の花飾りは芸術性を磨くと共に、季節を自然な形で学べる知育にも一役かってくれます。 犬や猫などを折り紙で作り、裏にシールを貼って子供に飾らせれば、プチ箱庭のように楽しむこともできます。 とはいえ子供部屋に折り紙の桜を飾る場合、薄いピンクではなくラフルな強い色を使ったほうが可愛いのですが、色が多すぎるとゴチャゴチャして集中できなくなるので、 色調を全体的にそろえて、統一感を出すことをおすすめします。

次の

折り紙の桜インテリアは映える!春の花の簡単な折り方3選

折り紙 春の 花

折り紙で作ろう!3月・4月・5月に咲く春の花 ぽかぽか暖かな春の陽気とともに顔を覗かせる春の花、みなさんいくつご存知ですか? 桜や桃の花をはじめ、春に咲く花はふんわり愛らしい色合いの可愛い種類がたくさん! 出会いと別れの季節、入園入学シーズンでもある春にぴったりの花を折り紙で作ってみましょう。 保育園や幼稚園の飾り付けはもちろん、色紙などのプレゼントに添えてみたり、折り紙リースの素材にしたり。 3月・4月・5月に咲く花の花言葉とともに、折り紙で作る春の花の折り方をご紹介します。 桜の折り方 桜の花言葉 日本の春、といえば真っ先に浮かぶのが桜。 ソメイヨシノをはじめ、300以上もの品種があるんです! お花見はもちろん、サクラサクの合格祈願や、入園入学などのお祝い事のモチーフとしても人気ですね。 桜の花言葉は 「精神の美しさ」「優美な女性」など、気高い美しさを象徴したものとなっています。 簡単で可愛い桃・桜・梅の花の折り方【立体】 同じ折り方でも花びらの形を変えれば、桃・桜・梅の花を表現できます。 桃の花は花びらの先を尖らせて、桜の花はギザギザに、梅の花は丸く。 型紙に合わせて色紙を切るだけで簡単に作れるので、はさみを使えるようになったお子さんとチョキチョキ手作りしてみるのもいいですね。 おうちに飾るなら額縁に入れたり、お子さんが描いた絵に飾りつけても素敵です。 kimie ganiの 桜の壁面掲示 型紙付き 型紙のダウンロードはこちらから。 桃の花の折り方 桃の花の花言葉 華やかで可憐な桃の花。 日本ではひな祭りに飾る花として有名ですね。 冬から春にかけて、梅、桃、桜と咲き、どれもインテリアやディスプレイとして人気です。 「私はあなたのとりこ」「チャーミング」「気立ての良さ」と、印象通りの愛くるしい花言葉。 切り紙で簡単!桃の花の作り方 正方形の折り紙を半分に切って使います。 折り紙というよりは切り紙に近いですが、簡単に可愛い桃の花が作れますよ。 折り紙 桃の花 作り方(niceno1).

次の