海外挙式 ランキング。 モルディブ&タヒチ 結婚式・挙式|HISで海外ウェディング

海外挙式が安い国おすすめ5選!お金がかかるポイントや平均費用も解説

海外挙式 ランキング

この記事の目次• 海外挙式にかかる平均費用は172万円! ハナユメの調査によると、海外挙式にかかる費用の平均はおおよそ172万円なっています。 海外挙式を叶えるために必要な費用ですが、少しでも節約したいと思う方もいるはず。 そこでそれぞれの項目に対して費用を抑える方法をご紹介します。 旅費を抑える方法 海外挙式にかかる費用として大きな割合を占めるのがこの旅費になります。 少しでも抑えることで、他に費用を充てることもできるので、ぜひ知っておきましょう。 予約する日程を調整する ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの旅行のハイシーズンを避けることも節約につながります。 金曜の夜出発よりも日曜日出発、朝出発よりも夜出発の方が安くなることありますので、シーズンだけでなく曜日や時間を選ぶのも良いでしょう。 旅行の手配会社を比較検討する 旅行代理店でもし旅費の手配を行うのであれば、1ヶ所で決めてしまうのではなくいくつか同じ日程、日数で比較してみることをおすすめします。 代理店によっても費用は異なるため、費用を抑えたいのであれば少し手間ではありますが調べてみましょう。 また、最近では旅行の比較サイトもあるためネットでも簡単に比較することが可能です。 挙式料の費用を抑える方法 続いて、海外挙式の費用を抑える方法についてです。 海外挙式の手配先を比較し、できるだけ持ち込みを検討することで費用を抑えられるケースがあります。 詳しく見てみましょう。 海外挙式の手配先を比較する 同じチャペルの同じプランでも、依頼する手配会社によって金額が異なることがあるため、海外挙式を手配する際は手配先を比較検討することが重要です。 式場側が提示する額は変わらないのですが、手配先によってマージンが発生しておりその料金設定が異なるため金額に差が生じることもあります。 また、他社との差をつけるためにそもそも同じ内容のプランを設定していないケースも。 念のため金額の差だけでなく、プラン内容もチェックするようにしましょう。 できるだけ持ち込みを検討する ドレスやタキシードなどの衣裳、ブーケやペーパーアイテムやなど、結婚式で使用するアイテムをできるだけ持ち込みにすることで費用を抑えられるケースもあります。 ただし、式場によっては持ち込みができない場合もありますし、持ち込み料がかかるケースもありますので事前に確認が必要です。 また、式場提携のドレスショップで衣裳を用意する場合は手配や準備などすべてお任せで当日を迎えることができますが、衣装を持ち込む場合は現地までの持ち込みなどの準備を自分たちで行う必要があります。 この場合、結婚式直前にドレスのシワや汚れに気づいたとしても対応できないこともあるため注意が必要です。 パーティー・会食にかかる費用を抑える方法 3点目は、パーティーや会食の費用を抑える方法です。 挙式は紹介会社に依頼し、パーティー会場は自分たちで、旅行については別の会社でなど、手配先を分けることもコストを抑えるの1つ方法です。 パーティー会場を自己手配する 海外挙式の紹介会社が手配するパーティー会場は、マージンが発生するなどの理由から費用が高くついてしまったり、選べるも会場も限られているため好きな会場を選べないケースもあります。 カジュアルな雰囲気でOKなど、形式にこだわらないならば自己手配することで費用を抑えられるでしょう。 ただし、万が一のトラブルに対応できない、介添えなどのスタッフがいないなどのデメリットもあるので何を優先するかはしっかり決めておくといいでしょう。 ツアーの申し込みも別で手配する 海外ツアーに申し込む際、飛行機やツアーを格安旅行会社などを利用して手配することも費用を抑えることにつながります。 また、それだけでなく日程を変更や短縮することも少しの費用節約に繋がるでしょう。 この章では、海外挙式の平均費用と、費用を抑える方法についてご紹介しました。 次に、海外挙式の人気スポットやエリア別の平均費用についてみていきます。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 海外挙式の人気No. 1はハワイ!人気エリア別の平均費用 同調査によると、海外挙式を行った人気エリアNo. 1は 「ハワイ(63. 6%)」でした。 次いで 「グアム(22. 7%)」、 「バリ島(ビーチ含む・6. 8%)」となっています。 では、人気エリア別に平均費用を見てみましょう。 ・ハワイ:平均165. 3万円 ・グアム:平均159. 3万円 ・アジア バリ島含む :平均137. 5万円 海外挙式の人気エリアであるハワイやグアムでは、挙式の費用に大きな差はありませんが、日本から距離が遠くなる分やはり旅費におおきな差がでてきます。 また、グアムよりも旅行へ行く人が少なく、距離のあるバリ島は、旅行代金が割高になる傾向があります。 しかし、ハワイやグアムに比べると比較的物価が安い国が多いため、有名リゾートホテルやチャペル付きの貸し切りヴィラなど、豪華な海外ウエディングをリーズナブルにできるケースもあるでしょう。 ちなみに、人気エリアとして割合は少ないヨーロッパでは平均費用237. 5万円です。 やはり距離が遠い分旅費が高くつくことがわかります。 国ごとにかかる旅費や現地での物価なども異なってくるため、費用が気になる方は海外挙式以外にかかる費用も頭に入れておくといいでしょう。 では次は、気になるゲストの旅行費用について紹介します。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ ゲストの費用負担は3パターン!負担しなかった人は59. 同調査によると、先輩カップルは「新郎新婦がすべて負担する 22. 2%」「新婦新婦が一部負担する 18. 5%」「ゲストがすべて負担する 59. 3%」でした。 それぞれ詳しくみていきましょう。 ゲストがすべて負担する ゲストが旅行費用を全額負担する割合は全体の59. 3%と最も多くなっています。 この場合は、旅費の負担ができないことを伝えた上で、結婚式に参加してもらえるかどうか確認するようにしましょう。 また、結婚式後の観光やアクティビティの費用などを新郎新婦が負担し、結婚式以外でもゲストに楽しんでもらえるような配慮が大切です。 旅費を負担しないとはいえ、できる限りゲストが楽しめるようにしましょう。 新婦新婦が一部負担する ゲストの旅費の一部を負担したカップルは18. 5%います。 一部負担の方法として、ゲストに旅行費用の支払いを求める際に「フライト代は負担するので宿泊代のみ負担してほしい」と伝えるケースが多いでしょう。 ゲストにとっては一部でも費用負担があると、海外挙式であれ参加しやすくなるはずです。 新郎新婦がすべて負担する 新郎新婦がゲストの旅行費用をすべて負担したと回答したと答えたカップルは全体の22. 2%です。 結婚式に参加するのは新郎新婦のほかに両家両親や家族・近しい親戚だけなど、ゲストの人数が少ない人の場合に新郎新婦が全額負担するケースが多く見られるでしょう。 また、今まで育ててくれた家族へ感謝の気持ちを込めて旅行としてプレゼントするというのも素敵ですね。 結婚式に参加するゲストの旅行費用負担についてみてきましたが、ご祝儀をもらうか貰わないかも気になるところですよね。 先輩カップルはどうしているのでしょうか。 ゲストからご祝儀はもらう?もらわない? 旅費がかかる海外ウエディングの場合、旅費を新郎新婦が負担する場合はご祝儀を受け取り、旅費を負担しない場合はご祝儀を辞退するカップルがほとんどです。 旅費を払って結婚式に参列するにもかかわらず、ご祝儀までいただいてはゲストの負担が大きくなってしまいますよね。 ゲストからのご祝儀をもらうかもらわないかは、旅費を誰が負担するかによって決めるとよいでしょう。 ここまで海外挙式ならではの、ゲストの旅費やご祝儀についてみていきました。 続いて、海外挙式にかかる費用を少しでも安くするためのコツをご紹介します。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 海外挙式で少しでも安く抑えるための3つのコツ ここでは、海外挙式の費用を少しでも安く抑えるためのコツをみていきましょう。 時期や日程をオフシーズンにする 結婚式の時期や日取りにこだわりがない場合は、結婚式のオフシーズンを選んで予約しましょう。 結婚式までの準備期間が短いなどの理由から予約が入りづらい直近の日取りの場合、割引プランが多くつくために費用が安くなることもあります。 仕事を休める、ゲストに影響がないなど条件が揃ったらこういった割引を活用するのも一つの手です。 どうしてもこの日でなければいけないなどのこだわりがない場合は、日取りは柔軟に対応するとよいでしょう。 オプションの演出も本当に必要かどうか相談する 見積もりに含まれているオプションの演出が、本当に必要かどうか見直してみるのもよいでしょう。 フラワーシャワーやバルーンリリースなど費用の発生する演出でなくても、海外ならではの演出であるファーストダンスやラストダンスなど、費用を掛けなくてもできる海外ウエディングならではの演出に変えてみるのもおすすめです。 ペーパーアイテムなど手作りアイテムを増やす 国内挙式でも同様のことが言えますが、結婚式に使用するアイテムは業者に手配するよりも自己手配や自分たちで手作りするほうが少しでも費用を抑えられます。 見積もりの中から手作りできそうなアイテムをピックアップし、DIYにチャレンジしてみるのもおすすめです。 最近では手作りキットなども手軽に販売されていますので、様々なアイテムを簡単に作ることができます。 ペーパーアイテムは最小ロットが指定されているケースもあります。 ゲストの少ない海外挙式ならなおさら、ペーパーアイテムは手作りするのがいいでしょう。 旅費やスケジュールの都合上、どうしても参加するゲストが少なくなりがちな海外ウエディングの場合、先輩カップルは友人などにどのようにお披露目をしているのでしょうか。 最後に帰国後パーティーの実施についてみていきましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 海外挙式後の帰国後パーティーには4つのスタイルがある! 家族のみで海外挙式を行った場合、その後に帰国後パーティーを行うカップルもいることでしょう。 では、どのようなパーティーがあるのかそれぞれ見ていきましょう。 帰国後パーティーの4つのスタイル 帰国後パーティーには、「披露宴」「1. 5次会」「2次会」「食事会」の4つのスタイルがあります。 それぞれについてご紹介します。 披露宴スタイル 披露宴スタイルは、国内で結婚式を行う場合と同じスタイルのパーティーのことです。 会場には結婚式場を選び、ご祝儀をいただくケースが多いため、ゲスト側からすると挙式がないだけで通常の披露宴と同じだと感じる人も多いでしょう。 また、挙式を多くの人にお披露目したいなどの理由から、披露宴のオープニングムービーとして海外ウエディングの様子を上映したり、披露宴と一緒に挙式を行うカップルがいるようです。 披露宴の流れについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 食事会スタイル 新郎新婦だけ、もしくは家族だけで海外ウエディングを行ったカップルで、派手なパーティーはしたくないという場合は、親族のみを集めた食事会スタイルを選ぶとよいでしょう。 レストランの個室やホテルの小さめのパーティー会場などを利用して、食事を楽しむとともに結婚の報告とお披露目を行います。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ まとめ いかがでしたか。 今回は海外挙式の費用についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・ ・海外挙式にかかる平均費用は172万円 ・海外挙式の場所人気No. 1はハワイ ・海外挙式の費用を賢く抑えるためには覚えておきたい3つのコツがある この記事を参考に、素敵な海外挙式が叶えられると良いでしょう。

次の

ハワイ挙式おすすめ会社10選!海外挙式の手配会社の違い【比較表】

海外挙式 ランキング

海外挙式は費用がかかりそうだけど グアムだったら旅費もハワイよりは かからないから手が届きそうな 気がしますよね。 碧い海、白いビーチ、揺れるヤシの葉… 開放感あふれる南国リゾートの結婚式は 憧れますよね。 グアムは 日本から距離も比較的近く 時差も少ないことから、最近特に 参列者も同行して海外挙式を希望する カップルに人気の海外挙式エリア。 でも、ハワイに比べるとどんな挙式会場が あるのか、情報がイマイチ少ない のがネック。 グアム挙式の人気会場ランキングTOP5! グアムで海外挙式をする日本人カップルが 利用できる挙式会場は とてもたくさんあります。 ただ、チャペルの数が多くて 違いが分からなかったり 実際に現地へ見学にも行けなかったりするので どこがいいか分かりませんよね。 そんなあなたに ランキングにまとめてみましたので ぜひ、参考にしてください。 天井には スワロフスキー製の クリスタルの シャンデリアが煌めき ダイヤモンドカットの祭壇からは グアムの海を一望することができます。 ジュエル・バイ・ザ・シーで挙式をした人の 口コミも気になるところですよね。 スタッフの方々の気づかい、進行もスムーズであり、皆様の温かくアットホームな雰囲気が、今回の私たちの挙式のテーマに合ってたのもあり大満足です。 想像以上の大満足!のコメントが 大変多く見られます。 絶景のチャペルでの挙式後は ビーチでの写真撮影やバルーンリリースなど ゲストと共に楽しむことができます。 まさに宝石のような素敵な思い出が作れ そうなジュエル・バイ・ザ・シーの 詳しい情報はハナユメでcheckできます。 ハナユメを利用して予約をすると 高額商品券をもらえるお得なキャンペーンも 開催されていますのでお見逃しなく。 挙式後に行う パーティーはホテル内にある リゾート感溢れるパーティ会場で ホテルの美味しい料理を味わえますよ。 見晴らしの良い丘に佇む、 豊かな南国の緑と目の前に広がる美しい海 石や木も取り入れた自然色豊かな グアム随一と言われるのチャペルです。 恋人岬やタモンビーチといった グアムを代表する美しい自然が目の前に広がる 全面ガラス張りの開放感にあふれた グアムらしい雰囲気が特徴的です。 プロメサチャペルで実際に挙式をした人の 口コミも見たいところですが 新しくオープンして間もないチャペルなので… 今後の口コミ投稿を楽しみにしましょう! プロメサチャペルの詳しい情報をcheck するにはゼクシィがオススメです。 チャペルの細かな設備についても とても詳しく説明が掲載されているので 参考になりますよ。 挙式スタイルは人前式。 グアムの挙式場のほとんど多くは 教会式なのですが、プロメサチャペルは この素敵なチャペルで人前式行えます。 ふたりらしさのあるアットホームな結婚式が 叶えることができるうえに、 教会式よりも 比較的リーズナブルに挙式できます。 挙式後は、 ガーデンやチャペル前のビーチで ゲストと一緒に写真撮影を楽しむことも できます。 チャペルと邸宅スタイルのパーティ会場 フォトスタジオ、ウエディングサロンが 一体となったウエディング・ヴィレッジは プライベート感たっぷりの贅沢な空間です。 クリスタルチャペルで挙式をした人の 口コミも気になるところですよね。 アクアシンフォニーチャペルの基本情報 【所在地】 185 Gun Beach Road, Tumon,Guam 96913 ロッテホテルグアム敷地内 【アクセス】グアム国際空港より車で約10分 【バージンロードの長さ】 約8M 【挙式収容人数】 約50名 【使用言語】 英語 グアム挙式の会場選び!失敗しないためのポイント 結婚式は一度きり。 「失敗しちゃったなぁ…」 では 取り返しがつきません! せっかくグアムまで行って結婚式を 挙げるのですから、式場選びは 絶対に失敗なんてしたくないですよね! グアム挙式の会場選びをする際に 気を付けるポイントって何でしょう? 失敗しないグアム挙式の式場選びの 3つのポイントをお伝えします。 1.宿泊予定のホテルとセットで考える グアム挙式の会場のほとんどは タモン湾沿いに並ぶ リゾートホテルの敷地内 に併設されています。 単独の挙式会場で行う場合は近隣で 滞在するホテルを別途探す必要があります。 挙式を含めた グアム滞在中の満足度は ホテルによるところが大きいものです。 挙式会場だけでなく、その式場で挙げる際に 宿泊予定のホテルのグレードや内容についても しっかりと確認して選ぶことが大切です。 2.実際の結婚式の写真や映像を見せてもらう 海外挙式の場合は、国内挙式と違って 実際の会場を見て選ぶことは難しいですね。 パンフレットやWEBサイトの写真は あくまで「イメージ」。 自分たちが想像していた挙式会場と なんだか違う…なんてことにはしたくない ですよね。 実際に会場を見学できないのであれば できるだけ、自分たちが当日行う結婚式に 近いイメージの写真や映像を見ておくことが 失敗しない会場選びには不可欠です。 手配会社で相談をする際に 先輩カップルの実際の結婚式の写真や映像 を見せてもらうのが一番良いでしょう。 3.現地グアムの気候をチェックする 南国のグアムは日本とは気候が異なります。 中でもベストシーズンは 12月から5月ごろ の乾期で南国らしい心地よい時期です。 6~11月は雨季にあたります。 屋外での写真撮影や、挙式会場とホテル間の 移動など、 天気や気候と結婚式の印象は 大きく関係します。 結婚式を行う時期が雨季にあたる場合は 雨の際に写真撮影を行う場所や 挙式会場への参列者の移動方法などを 事前に確認しておくようにしましょう。 そうはいってもやはり 具体的にどのぐらいの費用がかかるのか 気になりますよね。 下記の記事では、 グアム挙式の費用について 詳しく解説していますので、合わせて 参考にしてくださいね。 グアム挙式の式場探しを無料で相談できるサービスとは グアムは小さな島ですが、 ステキな挙式会場が数多くあります。 結婚式を初めて挙げる二人にとって 多くの式場から一つだけ選ぶ式場探しは 不安もありますよね。 しかも、グアムで海外挙式の式場探しは 実際に見学することはなかなかできないので 自分たちの理想のイメージや条件に合う 式場を探すのは 想像以上に大変です。 グアム挙式の式場探しを 無料で、何度でも プロに相談できるハナユメをご存知ですか? ハナユメなら、自分たちの理想のイメージや 希望の条件を元に結婚式の プロにサポートして もらいながら式場探しが行えます。 遠方に住んでいて近くにサロンがない! という場合など メールでも相談できる ので気軽に利用できますね。 ハナユメで式場探しをする人だけが 利用できる 大幅割引プランもありますから 予算にゆとりが持ちたい人は必見です! まとめ グアム挙式で特に 人気の式場を5か所 ご紹介しましたが、いかがでしたか? 今回ご紹介した記事がグアム挙式の式場選び に少しでもお役に立てばうれしく思います。 グアムは淡路島ほどの小さな島ですが 美しい海や自然、ショッピングや アクティヴィティなど 南国リゾートの良さ がギュッと詰まった魅力的な場所。 海外旅行に不慣れな人でも、安心して 過ごせますから、家族や親戚も同行した 海外挙式にも最適ですよね。 グアム挙式の式場を探す際は 手配会社が開催している ブライダルフェアや 相談会を利用するのがオススメです。 フェアの参加者だけがもらえる 特典や 衣装の試着などの催しも開催されていて 結婚式場探しをするなら見逃せません! しかも、式場探しサイトを通して ブライダルフェアの予約をすると 数万円分もの高額な商品券がもらえます! 下記の記事でブライダルフェアの予約で 商品券が貰える 選りすぐりのキャンペーン をご紹介していますので、ぜひcheckして みてくださいね。 せっかく式場探しをするなら お得なチャンスはお見逃しなく! 割引や特典で浮いた予算で グアム挙式のアフターウエディングも 楽しめちゃいますね。 あわせて読みたい 憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、 ・忙しく式場を探す『余裕』がない ・気に入った式場が見つからない ・見積もりが高く貯金が足らない などの悩みはありませんか? そんなあなたには 完全無料の 割引サービスHanayume(ハナユメ)がオススメです。

次の

海外ウエディング会社10選!費用&口コミを徹底調査

海外挙式 ランキング

世界中の花嫁に愛されるガラスのチャペル 華やかなシティと、ダイナミックな自然、海のリゾート、山のリゾート……様々な表情を持つ国、アメリカとカナダ。 挙式できる場所もその都市によって異なりますが、多彩です。 人気の1位はラスベガスの「べラジオ・ファウンテン・ウェディング」。 美しい噴水をバックにロマンティックなウエディングが実現します。 2位はロサンゼルスにある「ウェイフェア・チャペル」。 モデルの平子理沙さんと俳優の吉田栄作さんが挙式したことでも有名なガラスのチャペルです。 カナダでは赤毛のアンの舞台、ナチュラルで美しい場所、プリンスエドワード島での挙式も叶います。 また、ディズニーウエディングもアメリカならではですよね。 どこにしようか迷っているなら、アメリカ・カナダを目指せば、きっと好みのスタイルがみつかるでしょう。 ビーチリゾートの美しいチャペルや、森の中のかわいい教会など幅広い式場がラインナップされています。 なかでも人気ナンバー1は「アンサナ・グレートバリアリーフ・チャペル」。 白を基調としたチャペルは、太陽の光が降り注ぐ温かい雰囲気。 祭壇からはガラス越しに180度のパノラマオーシャンビューが広がります。 グレートバリアリーフを望んで愛を誓うなんて素敵ですよね! 2位はゴールドコーストの「サンクチュアリー・コーブ・チャペル」天井まで届くガラスの窓からキラキラ輝く運河を目前に挙式が可能。 挙式後にいろんな都市を周遊できるのもこのエリアの魅力のひとつです。 ダントツ人気はバリ島の「ティルタ・ウルワツ」。 壮大なインド洋を一望できる100mの断崖に位置しています。 パリの大聖堂で神聖な雰囲気のなか愛を誓って イギリス、フランス、イタリア、スペイン、スイス……歴史あるヨーロッパの都市を挙式の舞台に選ぶカップルは少なくありません。 宮殿や古城など、ロマンティックな絵になるプレイスでセレモニーができるのはヨーロッパならでは。 人気の1位はパリの「アドベンティスト教会」。 ゴシック建築の格調ある教会で、パイプオルガンが奏でる迫力ある音色、ステンドグラスからから降り注ぐ優しい光が魅力です。 また、 2位のオーストリア「ミラベル宮殿」は映画、サウンドオブミュージックにも登場する上品で華やかな宮殿。 世界遺産のひとつとしても有名な場所で永遠の誓いを立てることができます。 生涯ふたりの忘れられない思い出に。 短期間で旅行を組める上、旅費が他のエリアに比べるとリーズナブルなため、ゲストに声をかけやすいのが大きなメリット。 ランキングトップ3はグアムのチャペル。 1位は「ジュエル・バイ・ザ・シー」。 シャンデリアが美しく輝くかわいいチャペル。 ハイアットホテルのオンザビーチで真っ青な海を目前にセレモニーが叶います。 2位は「ザ・シーサイド・スイート アット ヒルトン・グアム アクアステラチャペル」恋人岬がふたりを祝福する絶景にたつ聖堂さながらの白亜のチャペルです。 3位は「シェラトン・ラグーナ ホワイトアロウチャペル」。 羽根を用いる幻想的な儀式が個性的で趣があります。 大勢のゲストの祝福を受けたく、国内と海外で迷っているなら、「安・近・短」のグアムは視野に入れてみてはいかがでしょう? 第1位 ハワイ ハワイらしさを感じる椰子の木が迎えてくれる教会 栄えある1位は、もちろんハワイです。 私も何年もかけて通い続ける魅惑のアイランド。 海が見える教会やチャペルはもちろん、ホテルのガーデンや邸宅、ビーチサイドなどで、シンプルにもゴージャスにも、思い思いのウエディングが叶います。 人気式場の1位は「セントカタリナ・シーサイドチャペル」オアフ島の東に位置する絶景チャペル。 2位はオアフ島で最も古いフォトジェニックなホテル、ウエスティン・モアナサーフライダーに今年オープンした「ザ・モアナチャペル」。 3位はオアフ島で唯一海を望む日本人の挙式が可能な本物の教会「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」。 女優の伊東美咲さんが挙式したことで有名な教会です。 ハワイは、ワイキキのあるオアフ島に滞在すれば、23時までヴィトンもプラダもシャネルもオープンしていて買い物が楽しめる賑やかなシティと、野生のウミガメにも出会えるノースショアの海岸などののんびりとした自然、両方のお楽しみが短期間で手に入るので、ゲスト連れの旅にも最適。 「親孝行」をテーマにオンザビーチのホテルに滞在する旅行をプレゼントするカップルもしばしば見られるます。 以上、に聞いた、2010年5月~10月の人気エリアランキングでした。 いかがでしたか? ぜひ、挙式エリア選びに参考にしてください。

次の