歯磨き 指導 保育園。 【後編】小児歯科専門医が解説!年齢別・保育園での歯磨き指導のポイント|保育士・幼稚園教諭のための情報メディア【ほいくis/ほいくいず】

保育園での歯みがきについて質問です。全国で歯みがきの事故が多く、保育園での歯みがきがなく…

歯磨き 指導 保育園

歯と口の健康週間~歯磨き指導編~ みなさん「歯と口の健康週間」って御存知ですか? 6月4日~10日を「歯と口の健康週間」としていますが、 これは、歯の衛生に関する正しい知識を国民に対して普及啓発すると共に、 併せてその早期発見、早期治療を励行することにより、 歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進を寄与することを 目的としているものなんです。 ちょっと難しいですが、簡単に言うと 歯を含めたお口全体の健康を見直そうという物なんです。 もともと6「む」4「し」と読めることから、 6月4日を「虫歯予防デー」としたのが始まりなんですよ。 二俣川園でも、6月1日~8日までを「歯と口の健康週間」として、 給食やおやつでも、歯に良いメニューを提供したいと思います。 そして今日はにじぐみさんと一緒に、 歯磨き指導のエプロンシアターを行いました。 「あーん」 「どうぞ」 でもたっくんはまだお腹がいっぱいになりません・・・ そこで、たっくんの大好きなデザート登場。 アイスクリームと飴 大好きなアイスクリームは、舌でペロン。 「子どもの歯(乳歯)は生え変わるから特にケアしなくても大丈夫」 とお考えの方いませんか?それは間違いです!! 乳歯の虫歯を放っておくと、 生え変わる永久歯も虫歯になりやすくなってしまうだけでなく、 歯並びにも悪影響を及ぼします。 小さいうちから口腔内ケアには気を配ってあげる必要があるのです。 ご家庭でも、歯磨きを習慣づけるように、心掛けてみて下さい。 栄養士 ゆうこ先生.

次の

保育士さんなら知っておくべき歯と口の健康習慣とは?その由来と園児に伝えたい歯磨き指導のアイデア

歯磨き 指導 保育園

おおよそ3歳くらいで歯が生えそろい、上下のかみ合わせができあがります。 この頃になるとチョコレートやラムネなど、おやつのバリエーションも広くなりますよね。 最初に生えそろうのはもちろん乳歯ですが、「乳歯は永久歯に生え変わるから大丈夫」という安易な考えは禁物です。 乳歯は永久歯よりも虫歯の進行が早いため、治療せずに放置するとすぐに痛みが出て悪化してしまいます。 虫歯が長引くと生え変わりや永久歯の歯並びにも影響します。 さらに歯並びは輪郭や咀嚼する食物吸収にも影響してくると考えれば、その重要性が分かりますよね。 さらに、乳歯の時に虫歯が多かったお子さんは、口腔内に虫歯菌が多い状態になり、永久歯に生え変わっても虫歯にかかりやすい傾向が続くと言われています。 将来生えてくる永久歯を守るためにも、乳歯からの歯磨きは必須なのです。 好きなキャラクターの歯ブラシを用意することで、歯磨きに興味を持たせることができます。 保護者の方に歯ブラシをお持ちいただく場合は、歯磨きがニガテなお子さんにはキャラクター歯ブラシの購入をお願いしてみましょう。 歯磨き習慣は虫歯予防だけでなく、歯を通じた健全な成長にとってかかすことができません。 特に保育園では、これから歯が生えてくるお子さんをお預かりしています。 保育士さんとしては、歯磨きを始める前の準備をお手伝いすること、歯磨きの必要性を伝えること、楽しんで歯磨きしてもらうこと、そのすべてが大切な役割になります。 お子さんたちが自発的に歯磨きをしたくなるように、保育士さんもその大切さをあらためて認識していただいて、子どもたちの歯磨き習慣をサポートしてあげてください。

次の

保育園での歯磨き指導はどう行う?子どもと楽しく歯磨きを

歯磨き 指導 保育園

おおよそ3歳くらいで歯が生えそろい、上下のかみ合わせができあがります。 この頃になるとチョコレートやラムネなど、おやつのバリエーションも広くなりますよね。 最初に生えそろうのはもちろん乳歯ですが、「乳歯は永久歯に生え変わるから大丈夫」という安易な考えは禁物です。 乳歯は永久歯よりも虫歯の進行が早いため、治療せずに放置するとすぐに痛みが出て悪化してしまいます。 虫歯が長引くと生え変わりや永久歯の歯並びにも影響します。 さらに歯並びは輪郭や咀嚼する食物吸収にも影響してくると考えれば、その重要性が分かりますよね。 さらに、乳歯の時に虫歯が多かったお子さんは、口腔内に虫歯菌が多い状態になり、永久歯に生え変わっても虫歯にかかりやすい傾向が続くと言われています。 将来生えてくる永久歯を守るためにも、乳歯からの歯磨きは必須なのです。 好きなキャラクターの歯ブラシを用意することで、歯磨きに興味を持たせることができます。 保護者の方に歯ブラシをお持ちいただく場合は、歯磨きがニガテなお子さんにはキャラクター歯ブラシの購入をお願いしてみましょう。 歯磨き習慣は虫歯予防だけでなく、歯を通じた健全な成長にとってかかすことができません。 特に保育園では、これから歯が生えてくるお子さんをお預かりしています。 保育士さんとしては、歯磨きを始める前の準備をお手伝いすること、歯磨きの必要性を伝えること、楽しんで歯磨きしてもらうこと、そのすべてが大切な役割になります。 お子さんたちが自発的に歯磨きをしたくなるように、保育士さんもその大切さをあらためて認識していただいて、子どもたちの歯磨き習慣をサポートしてあげてください。

次の