デネブ 星座。 【中学受験】春夏秋冬、星と星座の覚え方。大三角形の語呂合わせも

デネブ

デネブ 星座

「あ!織姫様と彦星様だ! 9月の方が、天の川も よく見えるね。 」 小4の息子と夜の9時頃に 天体観測をしていた時のことです。 「そうそう、 夏の大三角って、 9月位が見つけやすいのよ。 この頃になると、子供が起きていられる 夜8時から10時くらいに、夏の大三角が 丁度真上に見えるの。 」 「夏の大三角って知ってる! デネブと、アルタイルと、ベガでしょ? でもこれって 織姫様と 彦星様とは別なの?」 どうやら、息子は星の名前と七夕の 整理がついていないようです。 そこで 3つの星の神話と、日本の七夕の 共通点について調べてみました。 3つの星の神話とは? 夏の大三角とよばれる三つの星。 はくちょう座のデネブ• わし座のアルタイル• こと座のベガ 夏に見られる三つの星を結ぶと、 丁度二等辺三角形に見えることから、 この様に呼ばれています。 その星にまつわる 神話が、ギリシャには 多く残されており、今に語り継がれて います。 はくちょう座のデネブ 十字型のはくちょう座。 この 白鳥の尾にあたる位置に デネブはあります。 デネブはアラビア語の語源で、 「めんどりの尾」を意味します。 この星座の数ある神話のうち、 最も有名なのが、 白鳥に変身した 大神 ゼウスの説です。 ゼウスがスパルタ王妃レダに 惹かれ、白鳥に変身してレダに 近づき誘惑しました。 その後、人妻である レダは、 4つ子を授かります。 何と、2つの卵から 男の子2人、女の子2人が 生まれてきました。 この双子の男子が、 ふたご座である、 ポルックス(神ゼウスの子)と カストル(人間のスパルタ王の子) だとされています。 わし座のアルタイル 翼を広げた わしの背中辺りで 光っているアルタイル。 アルタイルの語源は、アラビア語で 「飛ぶ鷲」だそうです。 この星の神話では、 ゼウスが 鷲に変身した説が有名です。 トロイの国に住む絶世の美少年 ガニュメデスに惹かれたゼウスは、 鷲に変身し、神々の山オリンポスで 給仕をさせるために、ガニュメデスを 連れ去りました。 神に仕えることを快諾した美少年 ガニュメデスも、父と母に 心残りが あったため、 ゼウスは、両親がいつでもガニュメデスを 見られるように、 水瓶をかついだ 本人の姿を星にした、というものです。 こと座のベガ ベガは、 こと(西洋の竪琴)が モチーフになっている星座の 星の一つです。 ギリシャ神話では、この琴の 持ち主である オルフェウスの 亡き妻に対する 愛のお話が有名です。 琴の名手であるオルフェウスの 最愛の妻が、森で毒蛇にかまれ 落命します。 悲嘆にくれ、妻を追って 冥途に来たオルフェウス。 冥途の王ハデスに、琴を奏でながら、 妻を返してくれるよう嘆願します。 琴の音に感心したハデスは、 オルフェウスの妻を 地上に戻すかわりに、 地上に出るまでは、決して 後ろを 振り向かない事を、オルフェウスに 約束させました。 いよいよ後一歩のところで 地上へ出る時です。 自分の後ろにちゃんと妻が 着いてきているか 心配になった オルフェウス。 ハデスとの約束を忘れ、後ろを 振り向いた瞬間に、妻は冥途へ 戻されてしまいました。 落胆するオルフェウスの悲しみは、 ついに自分の 身を川に投げるに 至ります。 川に流された琴を、ゼウスが 拾い上げて星にしたということです。 七夕との共通点 七夕の織姫と彦星、日本で馴染み深い この星について見てみましょう。 織姫がこと座のベガで、 彦星がわし座のアルタイルです。 天の川が二人の間に横たわっています。 年に一度の七夕の日に、 二人は会う事が許されます。 しかし、七夕の夜に雨が降ると 増水し、二人は会うことが できません。 悲嘆にくれる織姫でしたが、 沢山の カササギ 鳥 が飛来し、 天の川に翼を連ねて 橋をかけてくれたのです。 こちらは、織姫と彦星を逢せる かささぎの橋を盛り込んだ 短歌です。 かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける 現代訳: 織姫と彦星を逢せる為に、かささぎが 翼を連ねて橋を渡したという天の川。 天の川に 散らばる星(霜)の 冴えた白さに、夜が更けたのだなぁと 感じてしまう。 こちらは、『新・古今集』の 中納言家持(大伴家持)の歌です。 天の川で二人の渡し役となった かささぎ。 こと座とわし座の間にある白鳥座の 白鳥。 東洋と西洋で、同じ星の位置で、 種類は違えど同じ 鳥に思いを馳せたのは、 興味深い共通点です。 まとめ 「ギリシャ神話って、一つの星の神話から 別の星座にまで話がつながって、何だか スケールが大きいね。 西洋人も東洋人も、昔の人って、 空を見上げて、色んな想像を してたんだねぇ。 」 と星を見ながら感慨深げな息子。 「昔はテレビもスマホもないんだもの。 想像力が豊かになるはずよ。 神話しかり、短歌しかり、 想像力の産物よね。 」と私。 と、息子がぼそりとつぶやきました。 「はくちょうの 見渡す端に アルタイル 琴(こと)のベガ見て 夜ぞ減りにける」 「何? 家持短歌、パクったりして。 で、その『 減りにける』って何?」 と聞くと、 「腹だよ。 」と息子。 花より団子、月より団子、 星より食い気の息子です。

次の

はくちょう座デネブまでの距離は?色や大きさ、特徴を解説します

デネブ 星座

はじめに 夜空全天で88星座が空の地図をつくっています。 星座の多くは人(神も含む)動物、自然、生活用具など人々の生活に密着してきたものがほとんどです。 星座の名前は羽がある人、半身半獣も人と分類すると人型は多く、熊や獅子、犬など動物、また、伝説上の怪物というものもあります。 では鳥は…?鳥の星座と言えば「白鳥座」「わし座」有名ですが他には…からす、つる、ほうおう、きしちょう、ふうちょう、くじゃく、はと、と鳥の星座は全部で9つあります。 きちしょう?ふうちょう?初めて聞いた人も多いはずです。 これらは北半球では見られない、小さい星座や神話があまりない星座が多いのです。 鳥の星座の中で一番大きく、天の川の上をはばたく、鳥の星座の大将「白鳥座」のお話をいたします。 白鳥座はどんな星座? 白鳥座は夏の夜、天の川の上に大きな翼を広げています。 白鳥座のデネブ、こと座のベガ、わし座のアルタイル、この3つ星が「夏の大三角形」。 白鳥座はその3つの中でも一番大きく、分かりやすい十字型をしているので、南天の空の「南十字星(サザンクロス)」に対して「北十字(ノーザンクロス)」と言われています。 では、白鳥座を探してみましょう。 夏の夜、夏の大三角形を探してください。 デネブは天の川の中にありますが、余程、空が澄んでいる場所でないと天の川までは見えません。 デネブが白鳥の尻尾、アルビレオが嘴(くちばし)に位置します。 白鳥の胸の部分で、サドルの左右の2つの星を含め5つの星を繋ぐと翼を広げた白鳥の姿が十字型をつくっています。 厳密にはデネブとアルビレオの間や翼の先にも小さな星が幾つかあるのですが…この5つが白鳥座、北十字です。 白鳥座は夏の星座ですが、天頂に近いのでほぼ1年中昇ってきます。 白鳥座の星々の名前は、デネブには雌鶏(めんどり)のしっぽ、アルビレオには雌鶏(めんどり)の嘴(くちばし)、サドルには雌鶏(めんどり)の胸という意味があります。 では、白鳥座の神話についてご紹介します。 これはダメだよ~。 いくら息子の頼みでも。 太陽の馬車は朝から日暮れまで大地を照らす大事な馬車だ。 しかも、この馬は気性が荒く、オレしか扱えない。 他の誰かが乗れば大変な事になる。 一瞬だけ、オレと一緒に乗ってみる?でも今は夜だから、外は走らないよ。 馬は意外と大人しく、アポロンはそっと馬車に乗せてくれました。 夜明け前、ファエトンは一人でコッソリ馬車に近づき、馬の手綱を手にしてみると…突然、馬車が走り出しました。 最初はゆっくり日の出のように穏やかに走りましたが、どんどん上がるにつれ太陽の通り道を外れ暴走を始めました。 アポロンが言った通り、全く言う事をきかず、日輪の炎をあちこちに飛ばします。 おかげで森や草木は燃え、山は大火事、川や湖の水は蒸発し、時には動物たちまで焼き尽くします。 太陽が妙な動きをしていることに気づいた神の王ゼウスは… ありゃ~、何してんだ?オイオイ!これじゃ地上がメチャクチャだぁ~ と、緊急処置に馬車に向かって雷の矢を放ちました。 雷の矢はファエトンに直撃!馬車と共に真下に流れる大河に真っ逆さまに落ちて行きました。 すぐにファエトンの捜索は始まりましたが、何日捜してもファエトンは見つからず、とうとう捜索隊も打ち切りとなりました。 けれど、ただ一人、親友キュノクスだけは諦めず、その後も毎日、何度も大河に飛び込み捜し続けます。 しかし、身体の弱いキュノクスの体力はもう限界です。 それを陰から見ていたアポロンは息子の親友に深く感謝し、2人の友情に感動し「どうか、キュノクスだけでも助けて欲しい」とゼウスに頼みました。 水に飛び込んでは岸にあがる、何度もそれを繰り返すキュノクスの身体は いつしか水鳥(白鳥)となり、そのまま白鳥座となったといいます。 デネブは1等星ですが、夏の大三角形の中でベガは女王のように輝き、アルタイルも競うように輝いて、デネブは若干見劣りしてる気がします。 けれど「デネブ」は距離が遠いというだけで、もし3つを同じ距離に置いたら…ベガやアルタイルなど比較にならないほど巨大な星です。 ベガやアルタイルとの距離は約17光年。 デネブとの距離は1800光年と言われています。 そんな遠くにあっても、1等星として光が届くとは…相当大きな星なのですね。 デネブの付近には北アメリカとそっくりな形をした「北アメリカ星雲」。 ペリカンの姿によく似た「ペリカン星雲」があります。 どちらも赤味をおびた散光星雲です。 本来は1つで、その前に広がる暗黒星雲が2つを分けているのですが…どちらも地球に縁があるものにソックリとは、驚きですね。 肉眼では確認できませんが、双眼鏡や望遠鏡で覗くと二連星なのです。 オレンジとブルーの星が重なるようにあるのです。 白鳥座は天の川にあるだけで豪華なのに、よく観察すると、宝石箱のような素晴らしい世界が溢れています。

次の

はくちょう座

デネブ 星座

夏の星座一覧 おもに、6月〜8月頃にかけて、夜にみやすい位置にある星座のことを「夏の星座」と呼んでいます。 晴れわたる夏の夜空には、 天の川 ( あまのがわ )の流れにそって、や、、などを見つけることができます。 夏の大三角と七夕 夏の星座でぜひご覧いただきたいトピックをご紹介します。 夏の大三角 夏の夜空を見上げると、うっすらと白く輝く天の川の中に、明るい5つの星が 十字架 ( じゅうじか ) の形に並んでいるのを見つけることができます。 夏の星座の代表と言ってもよいです。 は、明るい星が多く形も分かりやすいため、夏の星座ではもっとも見つけやすいので、夏の星座探しはここからスタートすると良いでしょう。 はくちょう座から、天の川にそって南に目を向けると、明るい1等星が2つ、天の川をはさんで輝いているのが見えます。 の1等星アルタイルとの1等星ベガです。 7月7日、1年に1度だけ、 七夕 ( たなばた )の夜に天の川をはさんで愛し合う2人が会うことができるという 七夕伝説 ( たなばたでんせつ ) は、日本でもなじみの深い物語です。 七夕の主人公、「ひこ星」と「おりひめ星」は、それぞれアルタイルとベガと言われています。 近年は、旧暦の7月7日(8月13日頃)を 伝統的七夕 ( でんとうてきたなばた )と呼び、各地でイベントが 催 ( もよお )されるようになってきました。 夏休み中で晴れていることも多いため、夜空をながめる良いチャンスとなっています。 この2つの1等星との1等星デネブを結んでできる大きな三角形を「 夏の大三角 ( なつのだいさんかく ) 」と呼び、夏の星座のガイド役ともなっています。 天の川をはさんで明るく輝く3つの1等星の美しさは、夏の星座の最大の見どころと言っても良いでしょう。 夏休みの夜には、ほぼ一晩中楽しむことができますので、親子そろって夜空にうかぶ大きな三角形を探してみてください。 夏の星座で、もう1つ見どころをあげるとしたら、。 夏の夜の南の空低く、赤くあやしく光る星を見つけたら、それは、さそりの心臓にあたる1等星アンタレスです。 アンタレスは、直径が太陽の700倍以上もある 赤色超巨星 ( せきしょくちょうきょせい ) と呼ばれる星で、星の一生の最後に近づいている星と言われています。 赤く輝くの1等星も、せひ、ご覧ください。

次の