コロナ ウイルス 高血圧。 高血圧治療薬が新型コロナウイルスを治療できる可能性

新型コロナウイルスの重症化を予防する『血圧リセット術』、たちまち重版決定!!:時事ドットコム

コロナ ウイルス 高血圧

新型コロナウイルスは細胞の表面にあるACE2(エースツー)という酵素に結合して細胞内に潜入しますが、ACE2と同じ働きをする酵素を微生物中に日本人が発見しました。 それが新型コロナウイルスの重症化を防ぐ可能性があるかもしれないので、そのニュースをお伝えします。 後半では前回に引き続きサイトカインストームのお話です。 ACE2はレニン-アンギオテンシン系という血圧を調節するシステム中に働く酵素ですが、このシステムはサイトカインと関係しているので、炎症性サイトカインが増えてサイトカインストームの危険が出てきます。 今回の新型コロナで高血圧の方がACE阻害剤を飲んでいるにもかかわらず(ACE阻害剤はサイトカインストームを抑えるかもという研究もありますが)、サイトカインストームが多いという逆のデータも中国から出ているようですのでご紹介します。 ACE2と同じ働きをする微生物の酵素の分離に成功 新型コロナウイルス受容体ACE2と同じ機能を持つ微生物酵素B38-CAPを発見 弊所の今井由美子プロジェクトリーダー ならびに秋田大学大学院医学系研究科の久場敬司教授は、国際農林水産業研究センター、秋田県総合食品研究センター等と共同で、白神山地の土壌から分離した微生物の産生する新しい酵素B38-CAPがヒトのアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)蛋白質の構造とよく似ており、生体内でACE2と同等の薬理活性を示すことにより心不全や高血圧の症状を改善することを明らかにしました。 また、最近ACE2は現在流行している新型コロナウイルスの受容体であることが報告されましたので、B38-CAPには、ACE2同様に新型コロナウイルス感染に対して、特に心不全などの基礎疾患を有するヒトの重症化阻止効果のあることが期待されます。 本研究成果は2020年2月26日午後7時(日本時間)に国際科学雑誌『Nature Communications』の電子版に掲載されました。 医薬基盤研究所 NIBIO のお知らせ, より この新しい酵素はアンギオテンシンIIを切る働きがあるということで、サイトカインストームも抑えられる見込みがでてくると考えられます。 アンギオテンシンIIが増えると炎症性サイトカインが増えるので、アンギオテンシンIIが切れて減ってしまえば、サイトカインが減るだろうということです。 複雑なシステムですが、 ACEのところだけ簡単に書くとこんな感じです。 ) レニン-アンジオテンシン系とサイトカインストームの関係 レニン-アンギオテンシン系はサイトカインと関係があるので、サイトカインストームに降圧剤が使えるかもしれないというのは理論的に合っていますが、 ACE阻害薬や アンジオテンシンII受容体拮抗薬 ARB が、 重度のインフルエンザによるサイトカインストームの治療に有効である可能性があるという直接的な証拠は示されていません。 ただしこれらの薬はアンジオテンシンIIによって引き起こされる 炎症反応を抑え、 急性肺損傷のいくつかの実験モデルでマウスの生存率を上げることが示されています [ ]。 さらに臨床試験では、これらの薬剤が 肺炎および肺炎に関連する死亡のリスクを軽減できることも確認されました[ ]。 🔵 アンジオテンシンIIもサイトカイン関連肺障害に関与していることが示されており[]、ACE阻害薬が有用である可能性が示唆される。 🔵 ACE阻害薬と ARBをサイトカインが関連する多くの炎症性病態に用いた結果のレビューが公表され、ACE阻害薬およびARBは 理論的にもサイトカインストームを抑制し得るとされた[ ]。 (ウィキペディアより抜粋「 」) ACE阻害薬はサイトカインストームに悪い? ACEの阻害効果のある「薬剤」を高血圧の治療に処方されている方は、逆に新型コロナウイルスで重症化しやすく、サイトカインストームを発症する確率が高いという一件矛盾したデータもあるようです。 これはもともと高血圧のような基礎疾患があるからとも考えられますが、抗炎症作用のある鎮痛剤「イブプロフェン」で重症化するというフランスからの報告からも、 抗炎症作用のある薬剤 が原因なのかもしれません。 ・ACE阻害薬を処方している高血圧患者の方が新型コロナウイルスで重篤になるケースが多いというニュースがありました。 参考にした2つのニュース: 🔵 新型肺炎、高血圧が最も危険(米国の大手通信社より)() 🔵コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表 [Yahooニュース]( ) どうやら降圧剤の服用でサイトカインストームを治そうとするのは難しいかもしれませんね。 また免疫系の活力を下げるような対症療法(イブプロフェンやコルチゾン)の多用はサイトカインストームを起こす原因になっているかも知れませんね。 追加情報がありましたらまたお伝えします。 コメント:•

次の

【新型コロナウイルス】「ピラティス」が糖尿病や高血圧の人に良い 室内で続けられる運動

コロナ ウイルス 高血圧

こうした状態で新型コロナウイルスに感染すると、肺がダメージを受け、全身に十分な酸素が行き渡らなくなってしまいます。 すると、すでに弱っている臓器にさらに負担がかかってしまいます。 もちろん、動脈硬化のある方が全員、重症化するわけではありません。 しかし、リスクが高くなる可能性は知っておいてください。 高血圧とその薬 リスクは? があると、新型コロナウイルスに感染しやすいのではないかと心配する方もいます。 しかし、現在のところ高血圧の患者さんが新型コロナウイルスに特に感染しやすいとは言えない、というのが専門家の見解です。 高血圧の治療薬 動脈硬化の方の多くは、高血圧の薬を服用していると思います。 現在のところ、高血圧の薬が新型コロナウイス感染症を悪化させることを示す臨床データはありません。 動脈硬化の人が、こうした薬を中止してしまうと、心臓や脳の血管に重大なダメージを生じるおそれがあります。 処方されている薬は必ずこれまでどおり使い続け、自己判断で中止しないようにしてください。 治療を継続しよう 動脈硬化や高血圧がある方が、 や などの薬を服用している場合、継続が必要です。 さらに、心臓病、脳梗塞、腎臓病をすでに起こしている場合は、その治療も大切です。 動脈硬化・高血圧の方へ 新型コロナウイルスに関する注意点 新型コロナウイルスの感染予防• 手をよく洗う• 手や指を消毒する• 外出をできるだけ控える• 人混みを避ける 動脈硬化がある方は、こうした新型コロナウイルスへの対策を人一倍気をつけて行ってください。 適度な運動 外出を控えている方が多いと思いますが、適度な運動が大切です。 家の中でこまめに体を動かす、人の少ない場所で運動するなど、工夫してください。 医師からのメッセージ 皆さんを支えるため、私たち医療関係者も精一杯努力しています。 この大変な時期を、どうか一緒に乗り越えていきましょう。 そのほかの基礎疾患をもつ方へ医師からのメッセージ.

次の

【新型コロナウイルス】「ピラティス」が糖尿病や高血圧の人に良い 室内で続けられる運動

コロナ ウイルス 高血圧

こうした状態で新型コロナウイルスに感染すると、肺がダメージを受け、全身に十分な酸素が行き渡らなくなってしまいます。 すると、すでに弱っている臓器にさらに負担がかかってしまいます。 もちろん、動脈硬化のある方が全員、重症化するわけではありません。 しかし、リスクが高くなる可能性は知っておいてください。 高血圧とその薬 リスクは? があると、新型コロナウイルスに感染しやすいのではないかと心配する方もいます。 しかし、現在のところ高血圧の患者さんが新型コロナウイルスに特に感染しやすいとは言えない、というのが専門家の見解です。 高血圧の治療薬 動脈硬化の方の多くは、高血圧の薬を服用していると思います。 現在のところ、高血圧の薬が新型コロナウイス感染症を悪化させることを示す臨床データはありません。 動脈硬化の人が、こうした薬を中止してしまうと、心臓や脳の血管に重大なダメージを生じるおそれがあります。 処方されている薬は必ずこれまでどおり使い続け、自己判断で中止しないようにしてください。 治療を継続しよう 動脈硬化や高血圧がある方が、 や などの薬を服用している場合、継続が必要です。 さらに、心臓病、脳梗塞、腎臓病をすでに起こしている場合は、その治療も大切です。 動脈硬化・高血圧の方へ 新型コロナウイルスに関する注意点 新型コロナウイルスの感染予防• 手をよく洗う• 手や指を消毒する• 外出をできるだけ控える• 人混みを避ける 動脈硬化がある方は、こうした新型コロナウイルスへの対策を人一倍気をつけて行ってください。 適度な運動 外出を控えている方が多いと思いますが、適度な運動が大切です。 家の中でこまめに体を動かす、人の少ない場所で運動するなど、工夫してください。 医師からのメッセージ 皆さんを支えるため、私たち医療関係者も精一杯努力しています。 この大変な時期を、どうか一緒に乗り越えていきましょう。 そのほかの基礎疾患をもつ方へ医師からのメッセージ.

次の