メディア リテラシー と は。 【酷い】左翼メディアとメディアリテラシーの重要性

ネット時代の著作権とリテラシー教育――松下孝太郎教授、山本光教授に訊く

メディア リテラシー と は

テレビ番組や新聞記事などメディアからのメッセージを主体的・批判的に読み解く能力。 というのは「」のことで、読む力と同時に書く力も含む。 情報をうのみにせず、どんなで作られ、送りだされているかを自分の頭で判断する。 そしてそれを通じて自ら情報発信する力を身につける。 そうした試みはなどでは早くから学校教育のに組み込まれているが、日本でも1990年代以降、全国に広がってきた。 教育界や放送界での取り組みも始まり、のネットワークも作られつつある。 背景には放送とに関する委員会の設置に至るような、子供やへの放送メディアの影響に対するの高まりがある。 隈元信一 朝日新聞記者 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 メディアの特性を理解して使いこなす複合的な能力。 これらのメディアの特性を知り,その情報を処理する新しい「読み書き」の能力が求められるようになった。 メディアからもたらされるさまざまな情報を主体的かつ批判的に受け止め読みこなす能力,電子メールやウェブサイトなどで発信する情報がもたらす影響を予測する能力,双方向コミュニケーションにおけるいろいろなトラブルを処理・回避する能力などである。 インターネット社会における悪意や犯罪の存在,それを防ぐためのセキュリティの知識なども必須である。 またそのような予備知識のない児童に対する適切な指導・教育も不可欠である。 ウェブ閲覧ソフトウェアに内蔵されている「ペアレンタル・コントロール(見せたくないサイトなどを排除する機能)」の利用などは,広い意味でのメディアリテラシーといえる。

次の

世界で叫ばれるメディアリテラシーの重要性――デジタル社会に振り回されないために

メディア リテラシー と は

高まるメディア・リテラシーの重要性 メディア・リテラシー(Media Literacy)とは、インターネットや新聞、テレビなどが発信する情報を見きわめ、理解・活用する能力のこと。 膨大な情報の中から必要なものを取捨選択するという観点から、広義には「情報リテラシー」を指す。 政府は、特に放送分野のメディア・リテラシーについて、「主体的に読み解く能力」と「メディアにアクセスし、活用する能力」「メディアを通じコミュニケーションする能力」の3要素による「複合的な能力」と定義している。 ITによる情報化やソーシャルメディアなどの登場により情報量は日々増え続けている。 容易に情報を手に入れることができるようになったが、その情報の正誤などを見極める難しさや、メディアの情報を鵜呑みにしないことの重要性は増している。 併せて、ブログやソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)などが活用できるようになり、手軽に情報を発信できるようになったことからも、メディア・リテラシーの重要性は高まっている。 「国際連合教育科学文化機関」(ユネスコ)は1982年、メディア教育に関する宣言を発表。 宣言は、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどのメディアが生活に身近になった一方で、メディア教育が進んでいないことを危惧し、メディア教育の必要性を訴えた。 ユネスコは2014年3月にも、メディア・情報リテラシーに関する行動計画・戦略を発表している。 国内では総務省が、2001年にメディア・リテラシーを向上するための教材を作成。 2006年度には、特にICTメディアの健全な利用促進を目的に、小学校高学年向けの総合的な育成プログラムを開発した。 このほか、中学・高校生向けの教材を公開しているほか、「子どもから高齢者まで」が学習できる教材も作成、同省で公開している。 また、に基づく「」では、「メディアにおける女性の人権の尊重」が掲げられ、「メディア・リテラシーの向上」が盛り込まれている。 具体的な施策として、メディアには女性の人権を尊重することを十分念頭に置いた基準を策定・順守することを要請。 メディアの健全な発達には、批判的な読者・視聴者の目に晒されることが不可欠とし、国民、特に青少年のメディア・リテラシーを向上することでメディア社会に積極的に参画する能力をはぐくむことも挙げた。 これらを受けて、地方自治体の中には男女共同参画の取り組みを紹介するホームページで、メディア・リテラシー等について解説している団体がある。 例えば、京都府精華町は、メディアが伝える情報が「いつもありのままの現実を表しているとは限りません」と強調。 「メディアから得る情報を無条件に受け入れていると、知らず知らずのうちにさまざまなイメージが刷り込まれてしまうことがあります」と注意喚起している。 メディア・リテラシーの功罪 1994年6月27日、マスコミによる報道被害例として教材にも取り上げられる「松本サリン事件」が長野県松本市で起きた。 オウム真理教による同事件では当初、事件の第一通報者で被害者でもある河野義行氏がマスコミ等に容疑者として見なされた。 事件を巡る報道のあり方などを受け、一般社団法人日本記念日協会は、毎年6月27日を「メディア・リテラシーの日」と制定している。 そのような中で当時の東京都副知事・猪瀬直樹氏は、「障害児童施設の園長である私の母が、その子供たち10数人と一緒に、避難先の宮城県気仙沼市中央公民館の3階にまだ取り残されています。 (以下続く)」との救助要請ツイートを目にし、その内容に間違いはないと判断。 東京消防庁のヘリ派遣を指示し、公民館屋上に取り残されていた446人全員を救出した。

次の

CiNii Articles

メディア リテラシー と は

高まるメディア・リテラシーの重要性 メディア・リテラシー(Media Literacy)とは、インターネットや新聞、テレビなどが発信する情報を見きわめ、理解・活用する能力のこと。 膨大な情報の中から必要なものを取捨選択するという観点から、広義には「情報リテラシー」を指す。 政府は、特に放送分野のメディア・リテラシーについて、「主体的に読み解く能力」と「メディアにアクセスし、活用する能力」「メディアを通じコミュニケーションする能力」の3要素による「複合的な能力」と定義している。 ITによる情報化やソーシャルメディアなどの登場により情報量は日々増え続けている。 容易に情報を手に入れることができるようになったが、その情報の正誤などを見極める難しさや、メディアの情報を鵜呑みにしないことの重要性は増している。 併せて、ブログやソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)などが活用できるようになり、手軽に情報を発信できるようになったことからも、メディア・リテラシーの重要性は高まっている。 「国際連合教育科学文化機関」(ユネスコ)は1982年、メディア教育に関する宣言を発表。 宣言は、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどのメディアが生活に身近になった一方で、メディア教育が進んでいないことを危惧し、メディア教育の必要性を訴えた。 ユネスコは2014年3月にも、メディア・情報リテラシーに関する行動計画・戦略を発表している。 国内では総務省が、2001年にメディア・リテラシーを向上するための教材を作成。 2006年度には、特にICTメディアの健全な利用促進を目的に、小学校高学年向けの総合的な育成プログラムを開発した。 このほか、中学・高校生向けの教材を公開しているほか、「子どもから高齢者まで」が学習できる教材も作成、同省で公開している。 また、に基づく「」では、「メディアにおける女性の人権の尊重」が掲げられ、「メディア・リテラシーの向上」が盛り込まれている。 具体的な施策として、メディアには女性の人権を尊重することを十分念頭に置いた基準を策定・順守することを要請。 メディアの健全な発達には、批判的な読者・視聴者の目に晒されることが不可欠とし、国民、特に青少年のメディア・リテラシーを向上することでメディア社会に積極的に参画する能力をはぐくむことも挙げた。 これらを受けて、地方自治体の中には男女共同参画の取り組みを紹介するホームページで、メディア・リテラシー等について解説している団体がある。 例えば、京都府精華町は、メディアが伝える情報が「いつもありのままの現実を表しているとは限りません」と強調。 「メディアから得る情報を無条件に受け入れていると、知らず知らずのうちにさまざまなイメージが刷り込まれてしまうことがあります」と注意喚起している。 メディア・リテラシーの功罪 1994年6月27日、マスコミによる報道被害例として教材にも取り上げられる「松本サリン事件」が長野県松本市で起きた。 オウム真理教による同事件では当初、事件の第一通報者で被害者でもある河野義行氏がマスコミ等に容疑者として見なされた。 事件を巡る報道のあり方などを受け、一般社団法人日本記念日協会は、毎年6月27日を「メディア・リテラシーの日」と制定している。 そのような中で当時の東京都副知事・猪瀬直樹氏は、「障害児童施設の園長である私の母が、その子供たち10数人と一緒に、避難先の宮城県気仙沼市中央公民館の3階にまだ取り残されています。 (以下続く)」との救助要請ツイートを目にし、その内容に間違いはないと判断。 東京消防庁のヘリ派遣を指示し、公民館屋上に取り残されていた446人全員を救出した。

次の