鍋万能。 これさえあれば何もいらない?!万能調理道具「中華鍋」おすすめ10選

LITHON

鍋万能

ボン・ボネール 1個 【特長】ボン・ボネール鋳物ホーローシリーズ 熱伝導に優れた厚手のホーローならではのムラの無い熱まわりと保温性の良さ。 重い蓋が素材から出る水気を逃さないから少量の水分で素材本来の深い味わいを存分に引き出します。 食材から出る水分を逃さず循環させるおいしさを閉じ込める魔法の鍋。 200V電磁調理器をご使用の際は急激な加熱を避け、火力は中程度でご使用ください。 優れた密閉性内圧がかかりやすく熱や蒸気を逃がしにくくするために蓋は重めに設計されています。 そのため少ない水分でも調理ができ食材の旨みや栄養素を保持した料理を実現します。 内側には焦げ目もしっかり付けられるマットホーロー加工を施してあります。 焦げ目を付けたあとにしっかり煮込めるのでいつもの料理がさらにおいしく仕上げられます。 旨みの秘密は蓋の突起に重い蓋に閉じ込められた蒸気は食材の旨みを残したまま鍋の中で対流します。 突起はこの蒸気を受け止め水滴に変えて旨みを鍋に戻します。 シーズニング 慣らし 不要です。 IH対応、食洗機使用可能。 三ツ星シェフが大絶賛ストウブ社の製品は独自の黒マットエマイユ加工により、さらに使いやすさがアップします。 従来のホーロー加工とは異なり、ザラザラ感を出しています。 油が馴染みやすく焦げ付きません。 しかも、使用方法やお手入れ方法は簡単で、食物の酸にも負けません。 また、厚みのある鋳鉄は熱を均一に伝えます。 熱が逃げにくく、風味やビタミンも逃しません。 《セルフ・ベイスティング・システム》。 加熱した材料から出た蒸気は、蓋の内側のスパイク 突起 から、均一に滴となって戻ってきます。 そのため、旨味を逃さない無水料理が可能です。 テーブルにお鍋のままお出しいただくと、お料理が冷めにくく温かい状態を保ちます。 また熱伝導が優れているので、必要最低限の熱で調理が可能です。 鍋全体で熱を伝え、エマイユ加工が保温性を高めます。 無加水調理ができる一般的な鋳鉄製品と比べ半分以下の重さを実現しました。 鍋本体とふたの間に蒸気の膜を作り、うまみを含んだ蒸気を閉じ込め、さらにふたの裏側の凸部が効率よく蒸気を循環します。 アルミダイキャスト製法と厚底設計に加え、セラミックコーティングを施すことにより、丈夫で長くご使用頂けます。 ガス火、IHどちらにも対応しています。 無加水調理を楽しめるレシピブック付きです。 衛生的…カビ・臭いがつきにくく洗浄時間も短縮! 一般の土鍋より施釉面積が広く、吸水率が大幅に低くなりました。 清潔な上、メンテナンスにかける時間も短縮できます。 耐久性…ひび割れしにくく、とても丈夫! 吸水率の低下により、ひび割れが発生しにくくなりました。 また耐熱性に優れた底面転写の開発でこれまでにない耐久性を実感していただけます。 収納性抜群!!

次の

【口コミ】栗原はるみ「万能鍋」でご飯を炊いてみたらいきなり大成功!

鍋万能

中華料理は、取っ手の形は違えど高台のない強大なお椀のような形をした中華鍋からあらゆるメニューが生まれます。 炒める、揚げる、焼く、蒸す、茹でる、燻す…まさに調理のあらゆるシーンをこなせてしまう万能の調理器具です。 この中華鍋を一つ手に入れることで、きっとお料理の幅がぐんぐん広がります。 中華鍋ビギナーにぴったりのものからプロにも不足のない逸品まで、おすすめ10アイテムをご紹介します。 中華鍋にはスタイル別に3種類があります。 一つは片手の中華鍋。 北京料理で主に使わていたことから「北京鍋」と呼ばれています。 二つ目は鍋の両側に取っ手がついているもの。 「四川鍋」と呼ばれています。 火鍋料理に使われるのがこのタイプです。 三つ目は「広東鍋」で、これも両側に取っ手がついたものですが、四川鍋より深さが少ないのが特徴です。 中華鍋を初めて使う、という方には一般的に片手の北京鍋が良いでしょう。 あなたは鉄派?それともチタン派? 鉄製といえば重さが気になりますが、使い始めに油なじみを良くしてしまえば中華の命である高温でのハードな調理に末長く答えてくれます。 さて、もうひとつのチタン製は、信じられない軽さが最大の武器!よく料理人は手首や腰を痛めたりするケースがあるようですが、チタンならその心配は無用となります。

次の

[レビュー]一人暮らしでストウブ鍋(18cm)を購入して2年!炊飯から調理まで万能

鍋万能

中華料理は、取っ手の形は違えど高台のない強大なお椀のような形をした中華鍋からあらゆるメニューが生まれます。 炒める、揚げる、焼く、蒸す、茹でる、燻す…まさに調理のあらゆるシーンをこなせてしまう万能の調理器具です。 この中華鍋を一つ手に入れることで、きっとお料理の幅がぐんぐん広がります。 中華鍋ビギナーにぴったりのものからプロにも不足のない逸品まで、おすすめ10アイテムをご紹介します。 中華鍋にはスタイル別に3種類があります。 一つは片手の中華鍋。 北京料理で主に使わていたことから「北京鍋」と呼ばれています。 二つ目は鍋の両側に取っ手がついているもの。 「四川鍋」と呼ばれています。 火鍋料理に使われるのがこのタイプです。 三つ目は「広東鍋」で、これも両側に取っ手がついたものですが、四川鍋より深さが少ないのが特徴です。 中華鍋を初めて使う、という方には一般的に片手の北京鍋が良いでしょう。 あなたは鉄派?それともチタン派? 鉄製といえば重さが気になりますが、使い始めに油なじみを良くしてしまえば中華の命である高温でのハードな調理に末長く答えてくれます。 さて、もうひとつのチタン製は、信じられない軽さが最大の武器!よく料理人は手首や腰を痛めたりするケースがあるようですが、チタンならその心配は無用となります。

次の