かつて 英語。 「かつて~だった」に関連した英語例文の一覧と使い方

かつて? かって?

かつて 英語

昔、駿台の市ヶ谷校で奥井潔先生にChoiceの講義を受けた者で、タイトルが懐かしくて購入しました。 全部を読んだわけではないですが、一つの優れた英文をじっくり読んで、単純に辞書にある意味だけでは、おかしな日本語になるところを、言葉を選んで日本語の正しい文章に訳す、意訳ではなく、単語一つ一つをおろそかにせず、訳していくという手法はChoiceの講義に似ていると思いました。 現代の大学入試では構文などテクニカルに処理する風潮があると聞きます。 この本は知識の幅(量)を増やすのではなく、深さ(厚み)を付けてくれる、良質かつ貴重な書物で、大学受験生だではなく、一般に名著を英語の原文で味わってみたいと感がいえている方にもためになる書だと思います。 本の使用法にまず文章を何度か読んで辞書を引かずに考察するようにと書かれていました。 辞書で引く未知の単語に複数の意味がある場合、前後関係からどの意味がを選び出す過程で、思考力が訓練される。 孤独な自室でこの努力をどれくらい行ったかにより、本質的な思考力と表現力が培われる。 自分の訳文と全訳を比較し、全文を深く味わい、時に行間に隠れている意味にまで立ちは入り、究極において文の伝えている内容に対して、自分はこう思うと判断するところまで進んでもらいたいとありました。 斉藤先生と奥井先生のアプローチの仕方は少し異なるようですが、本質的には同じものを目指しているものと感じました。 斉藤先生の本書は、貴重な優良書籍だと思います。 続編も購入させて頂きました。 著者の斉藤先生は私にとって予備校時代の恩師である。 英文は単語、文法を知っていれば理解できるものではなく、その背景、思想を考えること、「解釈」しようと試みることで初めて理解できるのだということを学んだ。 思えば英語教育は日本の近代化の中、いかに西洋の思想を理解し、自分たちに取り込むかというところから出発している。 英会話の運用能力ではなく、英語の書物の裏側に横たわるその思想を理解することが重要だったのだ。 この本はその英語教育の正統を継ぐ、深みのある英文を収録し、それを先生の同じく深みがあり、それでいて楽しい解説で講義してくれている。 最後に収録されている『月と六ペンス』は、先生の生徒に送るメッセージが詰まった選択のように思った。 予備校時代は遠い昔となったが、改めて自分らしく生きろと先生から背中を押されたような気がした。 駿台昼に二年間通いました。 中でも奥井先生の授業は、物理の坂間先生の授業とともに、20年近く経った今でも強烈な思い出として心に残っています。 とにかく知的に面白かったのです。 奥井先生の、気がついたら海に浮いていたという、あの話は、今でもたまに思い出したりしています。 そんな奥井先生の授業テキストをもとにした、この本が売っていたので買いました。 で、読み始めましたが、わずか十数ページ読んだところで、「intrest」、「medisine」という、あわてて辞書を引いたけど載ってない単語が出てきました。 もちろん、interest、medicineなのはわかっています。 ですが、たった十数ページでこんなミスがあるなんて、先が思いやられます。 あ、持っているのは初版です。 この程度のミスなど気にせず読み進めばいいのかもしれませんが、どうしても雑さというか、本づくりのいい加減さにイライラしてしまいます。 本当にもったいないと思います。 本当はこの本をじっくり読みたかったのですが、日本語部分を中心にサラッと匂いを嗅ぐ程度にしたいと思います。 そして、偶然、近場の書店で見つけた『英文読解のナビゲーター』をじっくり読みたいと思います。 今後の増刷での修正を心より願っております。 チョイスの復活は何にも増して素晴らしいことです。 できれば全英文を復刻してもらいたいと思います。 ところで、「前書き」を読むと、鈴木長十先生、奥井潔先生等当時の名教員の名が見えます。 ここでちょっとストップ。 駿台といえばあの人、伊藤和夫先生の名が全く出てこない。 チョイスに関わっていない筈が無いのに。 そして、おそらく伊藤先生に連なる人脈である(と思う)筒井正明先生に至っては、「『全訳』を執筆なさいましたが、残念ながら多くの誤訳があり、…」などとかなり辛らつな扱い。 両先生の授業のレベルの高さを知る者としては、そこまで言われる要素があったとは思われず、英文解釈の「正しさ」についての尺度の違いなのか、はたまた予備校の中でも様々な人間関係があったのかななどと、下衆な勘繰りをしてしまいました。 駿台講師にありがちな左翼思想、構文主義への露骨な批判、そして何より、「自分は『本質』を教えている」というおごりが各所に見られる、不愉快な参考書でした。 例えば奥井師が、チョイスを通して単なる英文解釈を超えた、人生の役に立つ話をなさっていたのは確かです。 本書はチョイスのこのような部分を取り上げようとしたのだと思われます。 ですが残念ながら本書は、奥井師らの講義とは異なり、著者が知識をひけらかすためだけの参考書に留まっています。 もっともこの方の本ですのでお好きに書けば良いのですが、その内容はいわゆる「信者」がそのまま予備校講師になって書いた、奥井師らの授業とはかけ離れたものであることには間違いありません。 本書を「チョイスの例文を取り上げている」というだけでこのような題にするのはいただけません。 チョイスの文章は確かに精選されていた。 ただ、チョイスを神聖視し、昨今の教材を蔑視するかのような著者のスタンスには違和感を感じる。 現在の難関校受験生はこの本よりも伊藤氏の「ビジュアル英文解釈」をやった方が有意義だと思う。 そうでない以上、駿台の授業の再現に近いビジュアルを読んだ方がよい 実際の伊藤氏は駿台の大部分の期間、東大等の最難関クラスのみを担当されたため、易しいレベルの授業を受けられるのはビジュアルの紙面上のみである。 斉藤氏の「考察」が好きな人は本書や続編を読むといい。 純粋に格調の高い英文を味読したい人は本書よりも「英文標準問題精講」や「英文をいかに読むか」がコスパが良いし、誤植もない。 私の記憶では、この2冊はさほど数は多くないがチョイスと重複した英文があった。 チョイスと同等以上の難度の高い英文を読みたい人はオリオン添削多田氏の「思考訓練の場としての英文解釈」や鬼才佐々木高政氏の「英文解釈考」がオススメだ。 *追記 「思考訓練~」は出版社が倒産したため、絶版となりました。 残念です。

次の

used to.../didn't used(use) to(昔は○○だったけど今は違うの!)

かつて 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 5• 研究社 新和英中辞典 5• Weblio Email例文集 6• Weblio英語基本例文集 6• 浜島書店 Catch a Wave 16• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 1• 日本語WordNet 4• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 9• 日本法令外国語訳データベースシステム 1• FreeBSD 1• JM 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 61• 官公庁発表資料• 財務省 1• 特許庁 42• 経済産業省 3• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• JACK LONDON『影と光』 1• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 2• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 4• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• John Stuart Mill『自由について』 2• Robert Louis Stevenson『宝島』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• 電網聖書• This applies worldwide. 原文:「The Moon-Face and Other Stories」所収「The Shadow and the Flash」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net. This applies worldwide. C 2000 katokt 本翻訳は、この版権表示を残す限りにおいて、訳者および著者にたいして許可をとったり使用料を支払ったりすることいっさいなしに、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められる。 (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはもちろんダメ) プロジェクト杉田玄白 正式参加予定作品。 genpaku.

次の

今日の英語: かつては○○していた

かつて 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 5• 研究社 新和英中辞典 5• Weblio Email例文集 6• Weblio英語基本例文集 6• 浜島書店 Catch a Wave 16• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 1• 日本語WordNet 4• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 9• 日本法令外国語訳データベースシステム 1• FreeBSD 1• JM 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 61• 官公庁発表資料• 財務省 1• 特許庁 42• 経済産業省 3• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• JACK LONDON『影と光』 1• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 2• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 4• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• John Stuart Mill『自由について』 2• Robert Louis Stevenson『宝島』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• 電網聖書• This applies worldwide. C 2000 katokt 本翻訳は、この版権表示を残す限りにおいて、訳者および著者にたいして許可をとったり使用料を支払ったりすることいっさいなしに、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められる。 (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはもちろんダメ) プロジェクト杉田玄白 正式参加予定作品。 genpaku. This applies worldwide. 原文:「The Moon-Face and Other Stories」所収「The Shadow and the Flash」 翻訳:枯葉 プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト。 upp. so-net.

次の