簿記 2級 通信。 簿記の通信講座(通信教育)を比較!

簿記2級、通信講座のおすすめ5選

簿記 2級 通信

簿記2級の試験は、社会人の受験が多いため、通信講座の種類が豊富です。 通信講座は、空いた時間を利用してマイペースに進められるので、 仕事をしながら、効率的に勉強できるというメリットがあります。 ここでは、たくさんある簿記2級の通信講座のなかから、 人気の高い5社をピックアップ。 「合格率」「料金」「教材の内容・質」「サポート体制」などから、 わかりやすく比較します。 ・広告宣伝費を抑えて実現したらしい、リーズナブルな受講料が魅力的でした。 ・テキストがフルカラーで、重要項目、頻出問題も明示されています。 ・自分に合った勉強計画が、コンピューターで瞬時に割りだせます。 ・メール(無料)で質問・相談ができるなど、サポート体制が万全。 ・マイ相談ルームがあり、一人でも学習を続けられる。 ・アウトプット重視の学習なので、効率よく勉強ができる。 ・質問電話、質問カードなど、さまざまなフォロー制度が充実しています。 ・直前期にTACの学校で行われる講義を無料で受講できます。 ・Mac、Windows、スマホ、タブレット端末からも受講できます。 5回の添削指導があります。 質問は電話、メール、郵送、ファックスでOK。 講座申込みから追加料金無しで12カ月間サポート。 教材到着後でも、8日間以内なら返品OK。 どうでしたか? 表を作るのが苦手なので見にくかったらごめんなさい。 >< 簿記2級の勉強法は、生活スタイルや性格によって、合う合わないがあるので、 自分に一番合う方法を見つけてくださいね~。 というわけで次は、「簿記2級合格者の勉強法」をご紹介します。

次の

簿記1・2級 コース一覧

簿記 2級 通信

簿記2級に必要な勉強時間(学習時間)を教えて!? 簿記2級の勉強時間は? 簿記3級保持者が、2級に合格するまでに必要な勉強時間は、 独学なら4~6カ月(250~350時間)、 通学・通信講座なら2~4カ月(150~250時間)といわれています。 ですが、勉強時間には個人差があり、「使用する教材」や「勉強の質」によって大きく変わってきます。 前述の勉強時間は一つの目安として捉え、できるだけ余裕のある学習計画を立てるようにしましょう。 簿記3級+2級の勉強時間は? 簿記初心者が、簿記2級に合格するまでに必要な勉強時間は、 独学なら6~8カ月(350~500時間)、 通学・通信講座なら3~6カ月(250~350時間)といわれています。 学習の流れとして、まず簿記3級で基礎を固めたあと、2級の学習を行うスタイルです。 勉強時間は、3級で1~2カ月(100~120時間)、2級で2~4カ月(150~250時間)が目安となります。 簿記1級の勉強時間は? 簿記1級の勉強時間は 2級レベルの知識がある人で500時間~700時間といわれています。 これまでの試験科目は、3級が商業簿記、2級が商業簿記・工業簿記でしたが、1級は商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4教科です。 圧倒的なボリュームとなるため、1年ほどかけてコツコツと知識を深めていく方法が最適です。 簿記2級、独学に必要な勉強時間は? 簿記未経験者の場合 簿記初心者が独学で2級に合格するには、前述したように 6~8カ月(350~500時間)かかります。 独学では「教材(テキスト・問題集)の選び方」や「勉強の進め方」の良し悪しによって、勉強時間が左右されるため、事前にしっかりと情報を集め、正しい勉強法で進めることがポイントです。 また、独学では疑問点に直面した場合、自分で調べ解決しなければなりません。 もし周囲に簿記経験者がいればアドバイスをいただくことも可能ですが、それが難しい場合は、説明が丁寧な教材や用語集を取りそろえ、学習がスムーズに進められる体制を整えておきましょう。 簿記3級保持者の場合 簿記3級保持者が、2級に独学で合格するまでに必要な勉強時間はおおよそ 4~6カ月(250~350時間)です。 すでに簿記の基礎知識はあるため、を参考に、自分に合った学習ペースで進めていけば、無理なく合格が狙えるでしょう。 ですが、簿記2級では新たに工場で使われる簿記「工業簿記」が試験範囲に加わります。 工業簿記は、体系的に理解をしていくことが大切なので、初心者がつまずきやすい論点をしっかりとカバーしているテキストを選ぶようにしましょう。 簿記2級の独学は教材(テキスト・問題集)選びがポイント 簿記2級の独学では教材(テキスト・問題集)選びが、合否を分ける大きなポイントとなります。 でも詳しく書いていますが、自分に合ったテキストを選ぶときポイントは、以下の5点です。 自分のレベルに合っていて、読みやすくわかりやすい• 頻出ポイントに絞った、なるべく薄いもの• 難しい用語にフリガナがふってあり、解説がついている• イラストや表でわかりやすく説明している• カラーで見やすい そして問題集を選ぶときのポイントは以下の3点です。 平成28年6月以降の過去問をなるべく多く収録している• 解説が丁寧なもの• 試験によく出る問題に印がついている このとき、気をつける点は「合うテキスト・合わないテキストは人によって異なる」ということです。 インターネットの口コミ情報だけで決めるのではなく、実際に大型書店へ足を運び、自身で教材を見比べてから購入するようにしましょう。 簿記2級の勉強時間、社会人は「数分単位のスキマ時間」がポイント! 毎日、仕事や家事で忙しい社会人が、簿記2級合格を目指す場合は、勉強時間の確保がとても大切です。 1日2時間、机に向かって勉強をすることは難しいので、通勤時間・お昼休み・休憩時間・待ち時間などのスキマ時間を学習にあてるようにしましょう。 人の脳は、数分単位の学習を繰り返すことで、短期集中の神経回路が鍛えられ 「すぐに集中できる脳」へと変化していきます。 電車の移動時間や、病院の待ち時間、仕事や打ち合わせの合間など、ちょっとした空き時間は、1日に何度も訪れます。 スキマ時間を上手に使って、勉強時間を稼いでいきましょう。 簿記2級、勉強時間とスケジュールの深い関係 簿記2級に合格するためには、ただがむしゃらに勉強をするのではなく、しっかりとしたスケジュールの作成が必要です。 実際にどのようなスケジュールを立てるかは、「1日に確保できる勉強時間」「勉強量」「試験日までの日数」「勉強法(独学・通学・通信講座)」によって変わってきます。 簿記の知識は「〇時間やれば身につく」というものではありません。 大事なのは「勉強量」。 つまり「どのくらい進み、理解したか」です。 学習スケジュールを作成する際は、「今日はテキストを30ページ読む」といったようにまずは勉強量を決め、次に「だいたい〇時間かかるだろう」と勉強時間を考えるようにしましょう。 社会人にとって、簿記2級は「試験1週間前」が大事! 「日商簿記試験まであと1週間」を控え、忙しい社会人にとってこの直前期の「過ごし方」はとても重要になります。 試験1週間前に行うことは、以下の5つです。 過去問演習を中心に行う。 実際に時間を計り、試験の時間配分をしっかりと身につけておきましょう。 新しい教材に手を出さない。 新しいテキストに手を出すと、これまでにインプットした知識が混乱してしまう可能性があります。 使い慣れたテキスト・問題集で総仕上げをしましょう。 難しい問題に手を出さない。 睡眠をしっかりとって体調を整える。 仕事量を調整し、体調を崩さないよう気をつけましょう。 特に睡眠は大切です。 交通手段・所要時間・持ち物を確認する。 余裕をもって早めに確認をしておきましょう。 まとめ 今回は「日商簿記2級」の試験勉強を始める前に、知っておきたい勉強時間(学習時間)についてご紹介しました。 忙しい社会人が、効率的に学習を進めるコツは、しっかりとした勉強スケジュールをつくり、 頻出問題にポイントを絞った密度の濃い学習と、 スキマ時間を上手に使うことです。 無駄を省いた勉強法で、最短&一発合格を目指しましょう!•

次の

【簿記】2級3級がセットになってる通信講座おすすめ5選

簿記 2級 通信

いくつもある簿記の通信講座でも、「通信講座専用」で撮影された講義映像は数少ないです。 最新型の機材を使って授業が撮影されており、音質や画質もクリアでリアリティのある講義となっていて、講義の内容に集中できるように配慮して撮影されています。 フルカラーテキスト フォーサイトのテキストは、フルカラーとなっています。 カラーテキストの方が、白黒テキストに比べて、重要な部分が一目でわかり印象に残りやすいという効果があります。 また、白黒テキストよりも、集中が途切れにくく、楽しみながら勉強できるというメリットもあります。 例えば、効果的な学習プランやスケジュールを、自分の判断で考えるのは容易ではありません。 データベース化したフォーサイトの過去数万人の受講生の指導実績をもとに、試験日までの学習プランを提案します。 合格というゴールまでのペース配分を教えてもらえることは、少なくとも自分で考えるよりも効果的ですし、この時期までにこの部分まで学習を終えておけばいいんだと思えると、最後まで試験勉強を続ける上で励みとなります。 合格率が高い フォーサイトの簿記2級講座は、全国平均と比較して合格率が高いです。 日商簿記の合格平均は、2級の場合20%~40%程度となっています。 因みに、2017年11月の日商簿記2級の合格者の全国平均は21. 2%でしたが、フォーサイトの受講生に限って言えば、2017年11月の日商簿記2級の合格率は59. 52%で、 全国平均の約2. 81倍となっています。 このような高い合格率となっていることを考えると、これまでご紹介してきた、カラーテキストや講義映像、eラーニングシステムなどが、勉強をする上で効果的な役割を果たしていることを裏付けていると言えます。 フォーサイトのデメリット 受講料が高め フォーサイトのデメリットは、この記事でご紹介している他の通信講座と比較すると金額が高めです。 ただ、大手と比べると割安ですし、質の高い講座であることは間違いありません。 バリューセット1・2の講座は、教育訓練給付制度対象講座ですし、サイト内でクーポンが発行されることもあるので、その場合はさらに安く受講できますよ。 まとめ 金銭的な余裕がある場合は、フォーサイト が一押しです。 質の高い通信講座であることは、合格率の高さが証明しています。 合格したら、期限内にアンケートと合格体験記を書くと、最大で1,500円分のamazonギフトコードが貰えます。 スタディング(通勤講座) 通勤講座 日商簿記2級 講座内容 簿記2級合格コース[2019年11月~2020年2月検定対応版] 簿記3級・2級セットコース[2019年11月~2020年2月検定対応版] 教材 ビデオ/音声講座:標準版・1. スタディングは、スキマ時間を有効活用して学べるよう配慮されたシステムとなっていて、勉強はしたいけど忙しくてまとまった時間が取れないという方にピッタリな講座です。 電車で移動中、病院の待ち時間、家事や育児の合間など、細切れの時間を効率よく勉強に当てることができるよう配慮されています。 ネットが繋がる環境であれば場所を選ばず、パソコン、タブレット、スマホなどで勉強ができます。 料金が安い スタディングは、ご紹介している通信講座の中で、一番料金が安いです。 簿記2級合格コースであれば、 税込み 17,800円で学ぶことができます。 しかも、日商簿記2級に合格したなら、 「合格お祝い金制度」を利用することで、3,000円を受け取ることができるので、実質14,800円の費用で済むことになります。 更新版コース もし、試験に1回で受からなかったとしても、更新版コースを活用すれば、割安の料金で最新の内容の講座を受講することができます。 例えば、簿記2級合格コースを受講していて、1回目の試験に落ちてしまった場合は、税込み5,480円の追加料金で、最新の講義を受講することが可能です。 もし、一回で受からなくても、割安な料金で再トライできるのはありがたいですね。 スタディングのデメリット ネット環境がないと使えない オンラインで学習できる事自体はメリットだと思います。 しかし、スタディングの場合、印刷・製本されたテキストや問題集、講義のDVDなどはありません。 ですから、ネット環境がないと勉強ができません。 ただし、テキストや音声講義に関しては、事前にダウンロードしておけば、オフラインでも利用することができます。 音声に関しては、パソコンでしかダウンロードできないですのでご注意下さい。 また、講義の動画については、ダウンロードすることができません。 まとめ スタディング は、低価格な料金で簿記の勉強ができるのが魅力です。 忙しい方が、スキマ時間を有効活用して勉強するのに最適な通信講座です。 その1年間の間に、サポート体制の利用も可能です。 追加料金なしで、試験後も1年間学べサポートも受けられるのはかなりのメリットです。 勿論、1回で合格するつもりで試験は受けますが、万が一受からなかったり受験できなかった場合の保険になります。 非常識合格法 クレアールは、非常識合格法といって、簿記検定に合格するために必要な範囲に絞って学習する方法を採用しています。 簿記検定の「検定試験出題区分表」を網羅的に学ぼうとすれば、相当な時間がかかります。 クレアールの通信講座は、日商簿記2級の範囲を完璧に学ぶというよりは、合格に必要な箇所に焦点を合わせてしっかり理解できるように工夫されています。 クレアールのデメリット 効率よく簿記の勉強ができますし、1年間は追加料金無しの保険もついているので、メリットの大きな資格スクールです。 デメリットを上げるとすれば、この記事でご紹介している中では一番料金が高くなっています。 ただし、割引ありと書いているように、定期的にクレアールのサイトでは割引価格が提示されています。 通常の料金と比較して、1万~2万ほど安くなることも多いです。 ですから、通常価格でなければ料金面がデメリットとは言えませんし、仮に通常料金で受講しても大手と比べると割安です。 まとめ 限られた時間で効率よく学びたい方や、自分のペースで受験したい方にもクレアールはお勧めの通信講座です。 とくに、検定目標月プラス1年間保証制度は、他の通信講座にはないポイントだと言えます。 資格スクエア 資格スクエア 日商簿記2級 講座内容 全38回 商業簿記22回:全12時間 工業簿記16回:全15時間 教材 商業簿記:テキスト1冊・問題集1冊 工業簿記:テキスト1冊・問題集1冊 *答練・模擬試験は含まれておりません。 *テキスト発送に1週間前後お時間を頂く場合がございます。 講師 国見 健介 開講時期 随時 受講料 19,440円(税込) 受講期間 決済日から6ヵ月(月中で決済した場合でも、その日から1ヵ月が起算されます。 問題演習機能を使って復習する際には、あなたが問題を解くごとにそのデータが人工知能に蓄積されて、 あなたにとって重要な問題が優先的に出題される仕組みとなっています。 最新の技術が、資格取得の勉強に応用されていて効率良く学べるようになっています。 21段階の倍速機能 講義を視聴する際に、21段階の動画倍速機能を備えています。 これだけ細かい再生設定ができるのは、資格スクエアのみとなっているので、ご自身の視聴しやすい速度に調節して講義を聞くことで、時間を効果的に使って学習を勧めていくことができます。 100講義が無料で見放題 資格スクエアはすることで、最大100講義を無料で視聴することができます。 自分の興味のある資格にチェックを入れると、その資格の無料講義を見ることができますので、実際に簿記の無料講義を視聴してみて、学びやすいかどうかを確認するのが一番確実です。 資格スクエアのデメリット ネット環境がないと使えない これは、通勤講座と同じなのですが、オンライン学習をメインとした講座となっていますので、ネット環境がないと資格スクエアをフル活用することができません。 ただし、通勤講座と違ってテキストと問題集が、商業簿記・工業簿記それぞれ1冊ずつ送られてきますので、ネットが使えない場所でも、紙のテキストや問題集を使って勉強することができます。 まとめ 資格スクエアは、オンラインで効率的に学ぶ上で優れた通信講座です。 金額も2万円を切っており良心的な価格設定になっています。

次の