ミュゼ vライン 脱毛。 ミュゼは痛い?脱毛の痛みに関する口コミ(脇・Vラインなど)

【2020年版】VIO脱毛のビフォーアフター写真・体験談まとめ

ミュゼ vライン 脱毛

ざっくり言うと• 除毛クリームとは 除毛クリームとは、毛を溶かす成分を配合したクリームのことで、薬局・スーパーなどで手軽に買うことができます。 メンズ 男性 用は除毛力が高く、レディース 女性 用は美肌にこだわったものが多いです。 女性が男性用を使っても問題はないので、自分の毛に合ったものを使用しましょう。 使用できる部位は? 顔以外の全身に使用できる メーカーや商品によって、使用できる部位は異なるので、自分が処理したい部位に使えるのか購入前にチェックが必要です。 デリケートゾーンとも呼ばれるVIOは、低刺激のVIO専用除毛クリームなどが販売されています。 顔はクリームが誤って目に入ると失明の危険などがあるため、使用できません。 顔の毛の処理に悩んでいる人は、美肌効果も期待できる脱毛サロンを利用するとよいでしょう。 また広い面に使用すると、除毛クリームを大量に使用することとなり、コストがかかります。 コストと手間を考えると、顔も含めて安い全身脱毛サロンに通うのも1つの方法だと思います。 除毛クリームなら、毛先が尖らないのでチクチクすることはありません。 肌を痛めにくい カミソリでのムダ毛処理は肌トラブルの原因になります。 除毛クリームを使用すれば、カミソリ負けで肌を痛めることがなくなります。 ただし「除毛クリーム=薬品」なので、肌に合わない場合、肌荒れを引き起こす恐れはあります。 そのため、使用前には必ずパッチテストを行い、肌に合うものを選びましょう。 口コミで人気の「おすすめ除毛クリーム」8つ+PR商品1つ 除毛クリームの価格は、700~3,000円程度。 「除毛クリームの効果が知りたい」 「ちょっと試してみたい」 という人は、ドラッグストアなどで1,000円以下で買えるveetやエピラットで十分だと思います。 もし普段の処理で定期的に使いたい人は、多少高くても自分の肌に合うものや肌に優しいものを選ぶ必要があります。 1位「ムーモ(moomo)」 SNSで最近流行りの超・強力除毛クリーム「ムーモ(moomo)」は一瞬でムダ毛を処理することができました。 少し肌に赤みが出ましたが、全く気になるほどではなかったです。 どうしても「スグ」肌を見せないといけない時に重宝するクリームです。 剛毛な人やガッツリ脱毛したい人にはオススメできませんが、ささっと産毛を処理したい。 ちょっと生えてきた毛をササッと処理したい人にはジョーモがオススメです。 濃い毛や太い毛は完全には除毛できませんでしたが、細かい毛、生えかけの毛はかなりの脱毛効果を感じました。 さっと塗って、さっと除毛した方、ミュゼの製品なら使ってみたい方にオススメのクリームです。 ヒザ下の黒ずみやワキの埋没毛などは、長期的に使用しないと効果実感が難しいようです。 1番効果が実感できたのは二の腕。 さらに「自己処理による赤み(炎症)が引いた」「乾燥して粉吹いていた肌が、しっとりした」 といった効果を感じました。 詳細なレビューはコチラで解説しています。 天然保湿成分を配合したナチュラルズシリーズ• シャワーしながら使えるバスタイム除毛クリームシリーズ など、veetの除毛クリームにはいくつか種類があるため、自分の肌に合うものを選びましょう。 6位「エピラット」 価格:700~800円前後 日本人女性の肌に合わせて作られた除毛クリームです。 バレリーナのパッケージは、誰しも1度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 市販されている除毛クリームの中では、veetと同じくらい出回っていて人気が高いです。 エピラットは除毛クリームだけでなく、脱色クリームや脱毛ゼリーなども販売しています。 パッケージは全てバレリーナなので、購入間違いに気をつけましょう。 7位「Null」 価格:200g 3,000円前後 楽天ランキング1位! 男性の濃い毛でも簡単に除毛できる、高い除毛効果が人気です。 メンズ専用となっていますが、女性も使用することが可能です。 保湿成分が配合されているため、処理後に肌がツルツルになります。 8位「パイナップル豆乳除毛クリーム」 価格:100g 2,600円 「市販の除毛クリームでは肌荒れしたけど、パイナップル豆乳除毛クリームは大丈夫だった」 という口コミが多く、肌の弱い人でも使える除毛クリームとして人気です。 使用後は少し毛が柔らかくなったと感じる人もいるようです。 ただし内容量が100gと少なく、料金は他の除毛クリームに比べると高めです。 PR「口ひげ」対策ならNOISU(ノイス)がオススメ ヒゲ(口周りの産毛)にお困りならオススメしたいのは、抑毛クリームのNOISU(ノイス)です。 しかし「安心して使いたい」「顔は肌荒れしたくない!」 そんな場合は顔専用のクリームを試してみて下さい。 除毛する箇所の汚れや水気などを拭きとる• 除毛クリームを塗る• パッケージに記載されている時間放置する• クリームを洗い流す• 保湿ケアを行う 使用方法は非常に簡単です。 放置時間は除毛クリームの種類によって異なるため、説明書をしっかり読んで確認しましょう。 クリームを上手く塗る時のコツ 除毛クリームは商品によって、クリームの硬さが違います。 塗り方のコツを抑えておきましょう。 クリームが硬めのもの・・・トントンと叩きながら伸ばす クリームが柔めのもの・・・優しくなでるように伸ばす 初心者には硬めのものが扱いやすいと思います。 パッチテストのやり方 パッチテストは生理前を避けて 除毛クリームを使用する際には、必ずパッチテストを行いましょう! 除毛クリームはタンパク質を溶かす成分が配合された薬剤です。 体質や体調によっては肌が荒れたり、ブツブツができてしまうなど、肌トラブルを起こす危険性もあります。 安全に使用するために、必ずパッチテストを行って、自分の肌に合うか確かめましょう。 女性の場合、肌が敏感になる生理前の使用は控えることをおすすめします。 パッチテストの手順 今回は脇とvラインとiラインを処理するため、ワキとvラインの近くでパッチテストをしました。 少量のクリームを、除毛したい場所に塗る• パッケージに記載されている時間の間放置する• 水などで洗い流す• 24時間様子を見て、異常がでないか確認する 腫れやかゆみ、赤みなどがないかを確認します。 もしパッチテストの途中で、異常を感じた場合にはパッチテストを中断しましょう。 腫れや赤みなどの症状が引かないときには、使用した除毛クリームを持って医師に相談に行きましょう。 参照元: veetでデリケートゾーンを除毛した手順 今回は「veet(ヴィート)バスタイム除毛クリーム(敏感肌用)」を使用してvラインとiラインの処理をしました。 さすがにiラインの画像は載せられないので、vラインの画像で解説していきますね。 Vラインは下着からはみ出すエリア、iラインはすべて処理 vラインの処理前の状態 今回vラインは下着からはみ出す不要なアンダーヘアだけ、iラインはツルツルになるように全部処理します。 処理前の毛の状態はvラインの毛は1. 5cmくらい、iラインの毛は2~3cmくらいでした。 除毛力を確かめたかったので、あえてiラインは毛が密集した状態のまま使用しました。 塗るときは付属のスポンジに少量ずつクリームを出して塗っていきました。 今回使用した「veet」はクリームが硬めなので、スポンジで撫でるように塗るとキレイに広がらなかったです。 トントンとたたくようにして「クリームを置く」感じで塗っていくと上手く塗れました! iラインはしゃがんで塗る vラインに除毛クリームを塗った状態 vラインは自分から見えるので簡単に塗ることができました。 ただiラインは塗るのが難しかったです。 私がiラインに除毛クリームを塗ったやり方は、以下の通りです。 鏡を床に起き、和式トイレを使用する時のようにしゃがむ• 鏡を見ながら付属のスポンジでトントンとたたくようにクリームを塗る 付属のスポンジは幅が広いため、iラインの狭い範囲は塗りにくかったです。 陰部につかないように気をつけてはいましたが、数カ所ついてしまったので、その都度すぐティッシュで拭き取りました。 アイスの棒のような、平たくて固い棒があると塗りやすいかもしれません。 10分後にスポンジで取り除く そしてクリームを塗った状態で5分放置しましたが、痛み・異常は全くありませんでした! そこでパッケージに記載してある放置時間の最大10分まで、放置を継続。 10分たってからスポンジでクリームを取り除いていきます。 iラインはスポンジだけでは除去しづらい ただ取扱説明書に書いてある「優しく円を描くように」してもなかなか毛は取れず。 少し強めに毛を狙ってゴシゴシすると取れました! iラインは毛が密集していたので、スポンジでこすっても上手く毛が取れていない感じがしました。 しかし最後に水またはお湯でしっかり洗い流す時に、残っている毛を手でこすってみるとポロポロ取れました! 事前にムダ毛を整えておくのがオススメ vライン処理後の画像 ただvライン・iラインともに赤丸で囲んでいる途中で切れたような短い毛が残っていました。 特にiラインに関しては、もう少し 毛の量を少なく整えてから除毛クリームを塗った方が、まんべんなく塗れて効果をしっかり得られたのではないかと思います。 veetで脇を除毛した手順 ワキを処理する前 脇の除毛にも「veet(ヴィート)バスタイム除毛クリーム(敏感肌用)」を使用しました。 毛は長いもので1cm、短いもので1mmくらいの状態です。 前回面倒くさくてカミソリで処理したら、埋没毛になってしまって、一部赤みがあります。 汚いワキで、お目汚しすみません。 ワキもvライン・iラインと同様に、スポンジでトントンとたたくようにクリームを塗りました。 優しくこするだけでムダ毛が取れる 除毛クリームを塗った状態 ワキも5分放置してみた所、痛み・異常全くなかったので、そのまま10分まで放置しました。 毛が短く、量も少なかったため、優しく円を描くようにスポンジでこするだけで毛も一緒に取れました! 水でしっかり洗い流して、痛みなどもなく無事終了。 チクチクせず肌もスベスベに 処理後のワキの状態 赤丸で囲んでいるところは、短い毛が残ってしまった部分です。 短い毛は残ってしまいましたが、毛先は溶かされた状態なのでチクチクしませんでした。 また肌がスベスベになって、さわり心地がよくなりました。 他の黒い点々は肌表面の毛自体は処理できているけど、毛根部分が肌に透けて見えているものです。 除毛クリームは毛根からの処理ができないので、これは仕方ないかなと思います。 この黒い点々もなくしたいなら、脱毛ワックスを使用するか、脱毛サロンに通うしかないですね。 veet除毛クリームの体験レビュー 効果 密集していたiラインの毛もほとんど除毛できたので、除毛効果は高いです。 短く残ってしまう毛も少しありましたが、毛先がチクチクしないので私は許容範囲かなと思います。 ただし、仕上がりはあまりキレイではありません。 肌荒れは全くなかった 「使用した後、肌が荒れる」 という口コミを見て心配していたのですが、肌荒れなどは全くありませんでした。 むしろ使用した後は、肌がツルツルになって触り心地抜群! カミソリの処理では、この肌触りは手に入らないからメリットだと思いました。 肌の下の毛が黒いブツブツに見える ただ肌表面に出ている毛しか処理できないので、肌の下に潜んでいる毛が透けて、黒いブツブツに見えてしまいます。 そのため、仕上がりの見た目は悪いです。 コスパ 費用は年間「約8,400円」 今回ワキ・Vライン・Iラインと狭い範囲にだけ使ったので、全容量の6~7分の1しか使ってないです。 1本700円前後で手に入る市販品なので、1回100円くらいと考えられます。 ただ除毛クリームはカミソリで処理した時と同様、また毛が生えてきてしまいます。 そのため、少なくとも週に1回は使用すると考えれば、1本が2ヶ月もちません。 もし他の部位にも使用したい人は、1ヶ月に1本以上消費することとなります。 ワキとVラインだけならミュゼの方が安い場合も 一方脱毛サロンのミュゼでは「両ワキ+Vライン」のリーズナブルなプランがあります。 少額の投資でその後「ワキ」と「Vライン」の処理が不要になっていくと考えると、 ミュゼの方がコスパが良い場合もあります。 ヒリヒリしてくる感じさえなかったです。 処理中より処理後の痛みが気になる ただ処理した後、トイレに行って用を足した時に 「ひっっ!」 と声が出るくらい痺れるような痛みを感じました。 原因はiラインにクリームを塗る際、陰部についてしまったクリームです。 すぐに拭き取ったのですが、尿があたるとかなりの痛みでした。 痛みが消えるのに3時間以上 3時間後くらいにトイレに行った時はまた痛みを感じ、7時間後に行った時はもう痛みはありませんでした。 特に肌がデリケートなiラインとoラインの粘膜部分は、クリームがついてしまうと痛いので、注意しましょう。 またカミソリで毛を剃ってから日が浅いと、肌表面が傷ついている可能性があり、痛みを感じやすい場合があります。 使いやすさ 硬めのクリームで使いやすい クリームが硬めなので伸びにくいですが、叩くように塗れば問題かったです。 柔らかいクリームだと塗った後たれてしまったりするので、硬いクリームの方が扱いやすいと思いました。 お風呂で使える 口コミでは「ツーンとしたにおいがする」という人もいましたが、私は気になりませんでした。 私としてはロイヤルジャスミンの香りがしっかり感じられて、いいにおいだなと思いました。 バスタイムにも使える商品ということで、時間を置くとクリームがさらに固まって、他の部位についてしまうこともほとんどなくて使いやすいです。 除毛クリームをオススメ出来る人・出来ない人 オススメ出来ない人• 肌が弱い人• 1本も残った毛がない状態にしたい人• 継続的な効果が欲しい人 口コミを見ていると、肌が弱い人は赤みが出たり、ブツブツが出るというものが多いです。 化粧品などでかぶれた経験のある人は使用を避けた方がよいでしょう。 また肌表面の毛しか処理できないため、肌の下に潜んでいる毛が透けて見えるなど、キレイには仕上がりません。 そしてカミソリ同様、数日したら毛が生えてきてしまうので、処理の手間はずっと必要になります。 「仕上がりはキレイに!処理の手間も省きたい!」という人は、安い脱毛サロンを利用した方がよいでしょう。 肌がある程度強い人• 多少短い毛が残るくらいなら気にならない人• 旅行などのイベントで2~3日処理できない人 私はブリーチを2回連続しても、ほとんど痛みを感じないくらい肌が強いです。 そのため、今回は異常や痛みはほぼありませんでした。 仕上がりとしては短い毛は何本か残ってしまいましたが、触った感じ毛先がチクチクせず、肌もツルツルになりました。 そのため 「触り心地>見た目の仕上がり」という人にはおすすめです。 また2~3日であれば処理した状態が維持でき、生えてきたとしてもチクチクしません。 旅行前などに使用すると、旅行中にムダ毛の心配をする必要がなくなるので便利ですね。 まとめ veetの「バスタイム 除毛クリーム 敏感肌用」を使ってみて感じたことは• クリームが硬めで、初めて使う人でも扱いやすい• 痛み・肌荒れはなかった• またすぐ生えてくるため、日頃の処理に使用するとコスパはよくない• 肌触りがよくなるので、旅行など特別な時にだけ使用するとよい という感じです。 処理した後がチクチクせず、肌もツルツルになるので、彼と会う前などに使用すると喜んでもらえるかもしれませんね! ただ仕上がりのキレイさや、手入れの手間を省くことは、除毛クリームに求められません。 長期的な効果がほしい人は、除毛クリームを何個も何個も使うより、ミュゼなどの安い脱毛サロンを利用した方が結果安く済むと思います。

次の

ミュゼプラチナムの口コミ・料金・体験レポートまとめ【完全版】

ミュゼ vライン 脱毛

ミュゼの公式アプリは以下のページに移動してダウンロードできます。 ミュゼプラチナムVIO脱毛の料金詳細 ミュゼのVIO脱毛の料金は以下のとおり。 また見ての通り、デイプランの方が 6,000円~9,000円安くなるので、 平日のお昼~夕方に時間がある方はデイプランがベター。 土日や 平日の夜など、休日や仕事帰りに脱毛したい方はレギュラープランを選びましょう。 ミュゼには初めての方限定で Vライン 両ワキ付 6回100円のコースもあります。 まずVラインだけ試してVIO脱毛を検討してもいいでしょう。 「どこよりも安く、広範囲でアンダーヘアをお手入れしたい!」という人には、間違いなくミュゼのVIO脱毛がおすすめです。 ミュゼの無料カウンセリング予約はコチラから! カウンセリング予約ページの「 ご希望部位」で「 その他」を選択してね。 来店時には VIOコース希望であることを伝えるとスムーズだよ。 追加で脱毛するならSパーツ脱毛もアリ ミュゼには、へそ下やVラインなどのパーツごとで脱毛ができる Sパーツ脱毛のプランもあります。 たとえば「トライアングル上だけ脱毛」、「I・Oラインだけ脱毛」のような脱毛したいパーツ数に合わせて脱毛が可能です。 ただ4パーツ以上脱毛する場合は、普通にVIO脱毛コースを追加するほうが料金的にお得です。 ミュゼプラチナムVIO脱毛の効果は8~10回で実感できる ミュゼのVIO脱毛は 8~10回で毛が抜けてくるのを感じます。 効果実感が やや遅めなのは、ミュゼの扱う SSC脱毛という脱毛方法の特徴。 参考ページ 弱めの光を照射し、じんわりと毛根に作用していく仕組みなので 即効性は感じにくいようです。 とはいえミュゼのVIO脱毛は、毎回の 施術後2~3週間で毛が抜け落ちるので、「毛が抜けた!」という感覚は 脱毛1回目からでも味わえます。 びっくりさせるな?? でも1週間〜10日で効果でるって、けっこう良くない?? 下着の魔法使い lingerie1108 毛は自然に抜けるので、中には「パンティライナーに毛が付いてた」という人まで…! ただVIOの毛は生命力が強く、1度抜けて また生えてくることも珍しくありません。 最低でも 5回以上は回数を重ねる方がいいので、ミュゼでは6回45,000円 アプリダウンロード価格 あたりのプランで様子をみるといいですね。 回数ごとの効果実感はVライン周りとI・Oラインで少し違う ミュゼのVIO脱毛は、IOラインの方が少しだけ効果実感までに時間がかかります。 Vライン周り:8回目~• I・Oライン:11回目~ 回数 Vライン周り I・Oライン 1回 (1ヶ月) ほぼ変化なし 変化なし 2~4回 (2~4ヶ月) 細く柔らかくなる ほぼ変化なし 5~7回 (5~7ヶ月) 毛量が減る 細く柔らかくなる 8~10回 (8ヶ月~ 16ヶ月) 全体的にスッキリ 毛量が減る 11回~ (19ヶ月~) ほぼ生えてこない 全体的にスッキリ Vライン周りは 2~4回目には毛質の変化がありますが、IOラインは4回目まで ほぼ変化なし。 ただ 8回~10回もすればIOラインも全体的にスッキリするので、焦らず脱毛をつづけましょう。 参照元: ミュゼプラチナムVIO脱毛の痛みはほとんど感じない ミュゼのVIO脱毛は ほぼ痛みを感じません。 さらに抑毛・減毛効果のあるジェルを塗ることで 肌が保護されるのも魅力の一つ。 ミュゼの回し者というわけじゃないんだけど脱毛ってほんとに痛くない。 痛みを一切感じない。 つまり「痛みが少ない=ライトが当たっていない」という訳ではありません。 冷やしながらやって頂いたけど — Aya. 特 Iラインの粘膜近くは痛みを感じやすい部分。 もちろんスタッフに相談すれば 冷やしながらの施術も大丈夫なので、痛みが不安な人でも安心できます。 参照元: ミュゼプラチナムでVIO脱毛するときの一連の流れ・体勢を公開! 初めてVIO脱毛をする人は、 「自己処理どうしよう……」「VIOを見られるのが恥ずかしい」と不安な方も多いはず。 そんなモヤモヤを解消するために、ここではミュゼで VIO脱毛するときの一連の流れを紹介していきます。 ステップ1:前日に自己処理をする 施術の前日までに Oライン以外の全脱毛範囲を自己処理しましょう。 ミュゼは Oラインのみ無料シェービングサービスがありますが、それ以外の剃り残しは 避けて照射or施術自体NGとなるので注意が必要です。 毛量を減らしたい人も 1~3回目まで全剃りが基本。 4回目以降からスタッフと相談して、処理範囲を調整するのがおすすめです。 ショーツは脱ぎ(ブラは着用したままでもOK)、 専用のガウンと 紙ショーツを着ましょう。 紙ショーツは使い捨てなので衛生面も問題ありません。 ステップ3:肌状態をチェックしてジェルを塗る 着替えが終わったら、出力の強さを調整するためミュゼスタッフが 毛・肌状態をチェックします。 状態チェック後、脱毛箇所をきれいに拭き取ったら 専用ジェルを塗ってくれます。 ステップ4:VIO脱毛がスタートする 照射の光から 目を保護するゴーグルを着用して、VIO脱毛開始! -料金-• 脱毛範囲:へそ下からV・I・Oまでの7パーツ• 脱毛効果:Vライン周りは8~10回目 I・Oラインは11回目~• 痛み:感じにくい ミュゼのVIO脱毛のいちばんの魅力は VIO脱毛6回45,900円~という値段の安さ。 他サロンと比べても10,000円以上も安かったです。 効果はゆっくりめですが、回数を重ねればツルツルも目指せることは確証済。 脱毛範囲も広くて 料金・効果・痛みにも抜かりなしなミュゼで、さっそくVIO脱毛をスタートしましょう! ミュゼの無料カウンセリング予約はコチラから!.

次の

ミュゼのvライン脱毛の範囲と料金について

ミュゼ vライン 脱毛

ミュゼの脱毛方式は、光を毛に対して照射して反応させる事によって脱毛するのですが、 この反応が強く出る部分、つまり、 毛が太い部分や、毛が密集している部分で、 痛みを感じやすい傾向があります。 ただ、 反応が強く出て痛みを感じやすい部分ということは、 脱毛の効果が出やすい部分、ということでもあります。 最初は痛みが強いけど回数を重ねると痛みは軽くなる そのため、毛が太い部分や、毛が密集している部分(要は、毛が濃い部分)は、 最初の1,2回目ぐらいは痛いですが、早い段階で、毛が少なく、細くなるので、 回数を重ねるごとに、劇的に痛みが軽くなっていきます。 また、デリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)などの肌が敏感な部分は、 痛みを感じやすいです。 さらに、デリケートゾーンは、毛が濃いので(個人差はありますが)、 そういった意味でも痛みを感じやすい、ということになります。 (先ほど書いたように、脱毛の効果が出やすい部分、ということでもありますが。 ) また、脱毛の痛みは施術を担当するスタッフさんの技量などによっても変化します。 もちろん、技術の高いのベテランのスタッフさんの方が痛みは軽減されます。 肌の状態をチェックする 状態に合わせたお手入れをするため、肌の状態や毛の状態をチェックします。 ジェルを塗る 制毛成分を配合した専用ジェルを塗ります。 光を照射する 光から目を保護するゴーグルを装着し、光を照射します。 (光の照射時間は、ワキなら両ワキ合わせて3分程度です。 ) 4. 肌を冷やす ジェルをしっかりと拭き取り、光を照射した後の肌を冷却パッドでクールダウンします。 トリートメント 仕上げのトリートメントには、ミュゼ独自開発のプラセンタエキス配合のミルクローションを使います。 お肌にうるおいをプラスして、美肌効果も期待できます。 という流れになります。 ミュゼでの脱毛にかかる時間は、脇脱毛の場合 1回あたり30分程度です。 (なお、施術箇所や施術する範囲によって、時間は大きく変わります。 例えば、全身脱毛であれば、もっと長い時間がかかる事になります。

次の