カリモク キャット タワー。 KARIMOKU CAT(カリモク キャット)|ペット用品|インテリア・家具の通販|サンワカンパニー

ニューペントハウスⅡ(据え置き型)| キャットタワー| ペット用品の通販サイト ペピイ(PEPPY)

カリモク キャット タワー

上下運動が大好きな猫の欲求を満たしつつ、インテリア性も高いキャットタワーをセレクト。 MY ZOO/キャットウォークシリーズ(壁掛け・右) 蜂の巣モチーフの六角ハウス。 床置きでいくつか並べて使用することも可能。 5cm 各11,000円(サラサデザインストア)。 MY ZOO/キャットウォークシリーズ(壁掛け・中) 他の商品と組み合わせるのにちょうどいい形。 スペースに応じて自由に配置できる。 ZONE ステップ左高W74. 5cm 10,000円(サラサデザインストア)。 MY ZOO/キャットウォークシリーズ(壁掛け・左) インテリア性の高いおしゃれな壁付けタイプのキャットステップ。 オーエフティー/necobacoT(床・右) 空間や猫の体格に合わせて、支柱にステップを自由に差し込んでアレンジを。 W74. 5cm 72,425円(オーエフティー TEL 0120 101 925)。 カリモク キャット/キャットツリー(床・中) プロダクトデザイナーの小宮山洋によるどんな空間にも合うデザイン。 WEB限定発売。 設置場所に合わせて自在にアレンジ可能。 orneko. comより順次販売(オルネ ド フォイユ)。

次の

「猫が美しくなるキャットタワー」とは?カリモクが創る本気の猫家具【KARIMOKU CAT】

カリモク キャット タワー

猫だって、ホンモノを使いたい。 こんにちは。 の中の人 philo です。 ネコ派とイヌ派の諍いを横目にYouTubeでほっこりする猫動画・犬動画を眺めながらストレスを霧散させる日々を送っています。 以前、当ブログでというプロダクトをご紹介したのを覚えていらっしゃいますでしょうか? 上記のような小型のペット用ソファやベッドも可愛らしくていいのですが、やはり猫家具の定番といえば キャットタワーでしょう。 高いところが好きな猫の習性を生かしたキャットタワーは、 上下移動を繰り返すことによって運動不足を解消し、肥満などを防止する効果もあるのだとか。 しかし、いざキャットタワーを自宅に導入してみると、様々な問題が発生します。 置き場所に困る• 子猫用のサイズは大きくなってからは使いづらい(逆のケースも然り)• 爪とぎに使ってしまい、すぐにボロボロになる• 木製家具は粗相をしてしまったときなどの掃除がし辛い ぱっと思いつくだけでも、これだけあります。 中には使い勝手が良いものも売っているのですが、そういった商品は 利便性重視でデザイン的にいまいち・・・ということも多いのが悩みどころ。 リビングでそれなりの存在感を主張するキャットタワーは、インテリアにこだわっている人ならソファやテーブルなどと同様か、それ以上に見た目も意識したいものです。 そういったニーズに 120%のチカラで応えてくれそうな新ブランドが誕生しました。 その名も、です。 愛猫の健康的な成長を促進しつつ、その姿も美しく映える。 まさに 内側と外側の両方から猫が美しくなるキャットタワーというわけです。 永く愛用できる絶妙サイズ 子猫から高齢猫まで使用できるように、サイズは 124cmとちょうどよいサイズに設定。 子猫が成長するごとにキャットタワーを買い換えるのはコストもかかってしまいますし、何より猫ちゃんも 使い慣れたものをずっと使い続けたいと感じるのではないでしょうか。 すべりにくく、メンテナンスしやすいステップ 猫が怪我をしにくいよう、ステップは 角のない楕円形に設計されています。

次の

キャットタワーのおすすめ20選。愛猫の運動不足解消グッズ

カリモク キャット タワー

猫だって、ホンモノを使いたい。 こんにちは。 の中の人 philo です。 ネコ派とイヌ派の諍いを横目にYouTubeでほっこりする猫動画・犬動画を眺めながらストレスを霧散させる日々を送っています。 以前、当ブログでというプロダクトをご紹介したのを覚えていらっしゃいますでしょうか? 上記のような小型のペット用ソファやベッドも可愛らしくていいのですが、やはり猫家具の定番といえば キャットタワーでしょう。 高いところが好きな猫の習性を生かしたキャットタワーは、 上下移動を繰り返すことによって運動不足を解消し、肥満などを防止する効果もあるのだとか。 しかし、いざキャットタワーを自宅に導入してみると、様々な問題が発生します。 置き場所に困る• 子猫用のサイズは大きくなってからは使いづらい(逆のケースも然り)• 爪とぎに使ってしまい、すぐにボロボロになる• 木製家具は粗相をしてしまったときなどの掃除がし辛い ぱっと思いつくだけでも、これだけあります。 中には使い勝手が良いものも売っているのですが、そういった商品は 利便性重視でデザイン的にいまいち・・・ということも多いのが悩みどころ。 リビングでそれなりの存在感を主張するキャットタワーは、インテリアにこだわっている人ならソファやテーブルなどと同様か、それ以上に見た目も意識したいものです。 そういったニーズに 120%のチカラで応えてくれそうな新ブランドが誕生しました。 その名も、です。 愛猫の健康的な成長を促進しつつ、その姿も美しく映える。 まさに 内側と外側の両方から猫が美しくなるキャットタワーというわけです。 永く愛用できる絶妙サイズ 子猫から高齢猫まで使用できるように、サイズは 124cmとちょうどよいサイズに設定。 子猫が成長するごとにキャットタワーを買い換えるのはコストもかかってしまいますし、何より猫ちゃんも 使い慣れたものをずっと使い続けたいと感じるのではないでしょうか。 すべりにくく、メンテナンスしやすいステップ 猫が怪我をしにくいよう、ステップは 角のない楕円形に設計されています。

次の