ありがたい限り 類語。 「ありがたい」の意味と敬語、語源、類語「ありがとう」との違いを例文付きで解説

「助かります」は上司への敬語として失礼!正しい言い換え表現を紹介

ありがたい限り 類語

「ありがたい」とは 「ありがたい」の漢字表記は「有り難い」「有難い」 「ありがたい」の漢字表記は「有り難い」または「有難い」です。 ただし、ひらがな表記する方が一般的です。 「今日は(こんにちは)」「今晩は(こんわんは)」「御免なさい(ごめんなさい)」など挨拶等で使用する表現はひらがな表記が一般的です。 「ありがたい」の語源は古語「有り難し」 「ありがたい」の語源は古語「有り難し」です。 現代では形容詞の原型は「い」で終わりますが、古語では「し」で終わります。 「有り難し」は漢字を見れば分かる通り、「有ることが難しい」という意味で、原義は「存在することが稀」「生存しにくい」になります。 ただし、現在はその意味で使うことはほとんどありません。 身にしみて嬉しい という意味で使います。 「ありがたい」が変化して「ありがとう」 「ありがたい」と同語源の言葉には「ありがとう」があります。 「ありがたし」の連用形「ありがたし」がウ音便化し「ありがとう」に変化しました。 「ありがとう」の語源をポルトガルの「オブリガート(Obrigato)」とする説もあるが、 ポルトガルとの貿易を開始する前から「ありがとう」という大和言葉が存在していたことから、 この説の信憑性は薄いでしょう。 「ありがとうございます」は古くは「有り難ふ御座りまする」と言っていました。 「ありがたい」の使い方と例文 「ありがたい」はお礼・依頼で使うが、ビジネスでは使わない 「ありがたい」は感謝と依頼をする時に使うことができる表現です。 感謝の意を伝える時は「ありがたいです」と単体で使い、依頼表現では「ご連絡いただけると、ありがたいです」などといったります。 しかしすでにお伝えした通り、「ありがたいです」という表現は稚拙な響きがあるためビジネスシーンではあまり使われませんので注意しましょう。 「ありがたい」は「尊い」の意味ならビジネスで使用可 「ありがたい」を「尊い」という意味で使い、他の敬語表現と一緒に使えば、ビジネスシーンでも使うこともできます。 「ありがたい」は名詞を修飾します。 「ありがたいお言葉」などと、敬語の接頭語「ご」「お」と一緒に使うとよいでしょう。 「ありがたい気持ち」とした場合は、「ありがたい」は「尊い」という意味ではなく「感謝」の意味なのでここでは当てはまりません。 例文 ・ありがたいお言葉を頂戴し、感銘を受けました。 ・会長からありがたいお話をしていただきました。 ・お客様のクレームはありがたい教えだと認識しましょう。

次の

「助かります」は上司への敬語として失礼!正しい言い換え表現を紹介

ありがたい限り 類語

「有り難い言葉」という表現は、通常、「有り難いお言葉」と使用される場合が多く、「自分に関して称賛してくれる相手の言葉に対して謙遜した表現」ということができます。 相手が自分のことをほめてくれていると感じたときに、「恐れ多い」、「とんでもない」、「もったいない」と思った時に相手に返す言葉として使われます。 例を挙げてみましょう。 Aを褒める側、Bを褒められる側と想定します。 <例文1> A:「この絵はこれまでの作品で最も素晴らしい出来栄えですね」。 B:「恐れ入ります。 有り難いお言葉ありがとうございます」。 <例文2> A:「先日はお疲れさまでした。 今後もプロジェクトの中心的役割を果たしてください」。 B:「こちらこそありがとうございました。 有り難いお言葉に感謝いたします」。 有り難いです! この「有り難いです」という表現も日常よく使う言葉です。 通常は、この言葉の前に相手の言動があって、それに対して「有り難いです」という言葉を返すという使い方をします。 したがってこの場合は、「~していただいて感謝します」、「~していただいて幸せに思います」などの意味を持ちます。 例を挙げましょう。 <例文1> A:「今夜飲みに行きませんか」。 B:「お誘いは有り難いですが、先約がありどうしても行くことができません」。 <例文2> A:「必要だと思われる資料を集めておきました」。 B:「時間がなくて困っていました。 有り難いです。 ありがとうございます」。 ただ、「有り難いです」という言葉だけではカジュアルすぎ、目上の人に違和感を感じさせる危険性があります。 そのため、目上の人には「有り難いです」という表現は避け、「とても有り難く感謝しています」などの表現をするのが無難でしょう。 有り難い限り! 次に「有り難い限り」という言葉について見ていきましょう。 この言葉も相手に対する感謝の気持ちを表現したものですが、「限り」という言葉が付いています。 「限り」には「それだけ」、「それしかない」という意味があるので、「感謝の気持ちしかない」という意味になります。 例文を挙げましょう。 <例文1> A:「明日のランチ、お店に予約を入れてました」。 B:「人気店なので簡単に予約が取れないのです。 有り難い限りです」。 <例文2> A:「あなたの案を優先的に推薦します」。 B:「チーム全体で仕上げたものです。 有り難い限りです」。 有り難いの意味のおさらい! いかがでしょうか。 「有り難い」は、「人の行為に対する感謝の気持ち」、「物事が都合よく進み、嬉しく思う気持ち」、「もったいないという謙遜の気持ち」を表す言葉であるということが分かりました。 そのため、ビジネスの場面で使用しても不適切な言葉ではありません。 しかしながら、目上の人や使う場面においては、注意して使わなければならない言葉でもあります。 「有り難い」の敬語は? 次に、「有り難い」の類語や言い換えの表現について見ていきましょう。 「有り難い」の類語は? まず。 「有り難い」の類語にはどんな言葉があるのでしょうか。 「有り難い」は、「人の行為に対する感謝の気持ち」、「物事が都合よく進み、嬉しく思う気持ち」、「もったいないという謙遜の気持ち」を表す言葉であることは先に見ました。 そこで、「感謝」、「嬉しい」、「尊い」の意味ごとに分類して類語を整理しましょう。 1.感謝 「感謝したい」、「恩に着る」、「好意的な」、「好ましい」、「助けになる」 2.嬉しい 「幸いな」、「思いがけない」、「好都合な」、「願ってもない」、「喜ばしい」 3.尊い 「恐れ多い」、「身に余る」、「もったいない」、「頭が下がる」、「神聖な」 また、古い言葉としては「かたじけない」がありますし、文章でよく使用する表現として「幸甚」という言葉もあります。 TPOに応じて使い分けましょう。 「有り難い」を言い換えて表現すると? さて、お示しした類語を下に、「有り難い」という言葉を別の言葉に置き換えて表現してみましょう。 ・恐れ多いお言葉、誠にありがとうございます。 ・恐れ多いご厚意に恐縮しております。 ・身に余るお言葉に恐縮いたしております。 「有り難い」のメールでの使い方は? 「有り難い」という言葉は主に口語で使用します。 「有り難い」は、感謝の気持ちや嬉しい気持ちを表しますが、少しカジュアルでフランクな感は否めません。 したがって、メールや文書では言い換えた表現がふさわしい場合があります。 ・有り難いご厚意、感謝申し上げます。 ・恐れ多いご厚意に感謝しております。 ・身に余るご厚意をいただき光栄に存じます。 「有り難い」の語源は? 仏教の中に? 「有り難い」という言葉は、仏教と深い関わりがあります。 「有り難い」の語源とも言われる、有名な話をご紹介します。 あるとき、お釈迦さまが阿難(あなん)という弟子に、 「そなたは人間に生まれたことを、どのように思っているか」 と尋ねられました。 「たいへん、よろこんでおります」 阿難がそう答えると、お釈迦様が、重ねて尋ねられました。 「では、どれくらいよろこんでいるか」 阿難は答えに窮します。 すると、お釈迦様は、一つのたとえ話をされます。 「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。 その亀は、百年に一度、海面に顔を出す。 広い海には一本の丸太が浮いている。 その丸太の真ん中には、小さな穴がある。 丸太は、風に吹かれるまま、波に揺られるまま、西へ東へ、南へ北へ、と漂っている。 阿難よ、百年に一度浮かび上がるその目の見えない亀が、浮かび上がった拍子に、 丸太の穴に、ひょいと頭を入れることがあると思うか」 阿難は驚いて、答えます。 「お釈迦様、そのようなことは、とても考えられません」 「絶対にない、といい切れるか?」 お釈迦様が念を押されると、 「何億年、何兆年の間には、ひょっとしたら頭を入れることがあるかもしれません。 しかし、『ない』といってもいいくらい難しいことです」 阿難が答えると、お釈迦様は、 「ところが、阿難よ、私たち人間が生まれることは、 その亀が、丸太棒の穴に首を入れることがあるよりも、難しいことなんだ。 有り難いことなんだよ」 と教えられたのです。 人間に生まれる有り難さ! 地球上には、哺乳類や鳥類、爬虫類など、すべて合わせると150万種の生物が存在すると言われています。 現在、世界の人口は60数億ですが、生物全体から見ればほんの一部にすぎません。 また、人が生まれてくる確率は諸説ありますが、天文学的な数字であることは間違いありません。 私たちが、生物ではなく人間として生まれてきたこと、さらに、何兆分の一の確率で存在しているという難しさを、お釈迦様は「盲亀浮木の譬え」で教えられたのです。 「有り難い」にはこのような語源があります。 日頃何気なく使っている言葉ですが、語源を知るとその言葉に気持ちを込めなければと気が引き締まります。 「有り難い」の反対語や対義語は? 「有り難い」の反対語や対義語について見ていきましょう。 「有り難い」は「有ること難し」=「あること自体がまれである」という意味でした。 その反対語は「あって当然」=「当たり前」になります。 日頃私たちは、たくさんのことを「当たり前」として何気なく過ごしています。 今、自分が生きていることや好きな人といること、健康でいること、ご飯を食べること、布団で眠ることなど、全て特別なこととは感じずに生きています。 皮肉にも「有り難い」という心が起こるのは、それが「当たり前でない」状態になった時です。 それでも立て直しが図れるならばいいのですが、場合によっては取り返しのつかないことになることも少なくありません。 正に「後悔先に立たず」です。 「当たり前」と思っていることは、実は「当たり前」ではなく「有り難い」ことであると、感謝や畏敬の念を持って生きることができれば、より充実した人生になるでしょう。 「有り難い」の正しい送り仮名は? 日常的に使われている「有り難い」という言葉について、意味や使い方、語源などをお示ししました。 世の中の全ての人に好かれる人はいません。 ましてや会社では、顧客が自社の商品やサービスを選んでくれることは絶対ではなく、感謝すべき稀なことです。 また、自分が思うように都合よく物事が進んだ場合も、そこには自分だけの力ではなく、多くの人の協力や好条件があってこその結果です。 「当たり前」といった傲慢な態度ではなく、「滅多にないことと感謝する」気持ちを忘れてはなりません。 「滅多」という言葉には「並大抵、ごく当たり前」とという意味があります。 したがって、「滅多にない」とは、「並ではない、当たり前ではない」という意味になり、これが「存在しがたい」や「珍しい」という言葉に派生します。 私たちは他者や周囲の良好な環境に支えられて生きています。 それを当たり前ではなく「有り難い」と感じながら生きたいものです。

次の

恐縮です の例文10パターン(意味と類語)

ありがたい限り 類語

「ありがたい」とは?意味や漢字は? 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味する 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味します。 コミュニケーションにおいて感謝の気持ちを相手に対して表すことは、良好な関係性を築くことに繋がります。 「ありがたい」という言葉を使いこなすことで、様々な人とのコミュニケーションが良い形で取れるようになることでしょう。 人が誰かから感謝されるということは、多くの人が生き甲斐の一つだと言えるかもしれません。 家族が感謝してくれる、恋人が感謝してくれる、友達が感謝してくれる、同僚が感謝してくれるということが生きるモチベーションに繋がっているはずです。 それを形に表すのが「ありがたい」という言葉なのです。 「ありがたい」の漢字は「有難い」 「ありがたい」の漢字は「有難い」と書きます。 これは「想像できない」という意味合いから、受けた行いに対して「想像ができないくらいうれしい」ということを表している表現になっているのです。 だからこそ漢字では「有難い」と書き、それが感謝を表す言葉として使われるようになったのです。 ちなみに現代においても「有難い」という漢字の表現も決して間違いではないのですが、何か漢字で書く特別な意図がない限りは基本的にひらがなで「ありがたい」と表記するのが一般的になっています。 もしもビジネスにおける書類に漢字で記すと修正を受ける可能性が高くなっているので基本的にはひらがなで書きましょう。 この表現については感謝の気持ちが強い時に使われる表現になります。 そのため、あまりに多用すると感謝の気持ちが伝わらなくなってしまうリスクがありますので、ここぞという時だけの使用に留めましょう。 感謝の気持ちの度合いだけで言えば「有難い限りです」という表現は最上級の言葉になります。 そのためここぞという時に「ありがたい限りです」を使うと深い感謝の気持ちが伝わりやすい表現です。 ここから感謝の気持ちを伝える他のワードのパターンも紹介していきますのでそちらも参考にしながら使い分けていってください。 ここまで期待を裏切り続けてきた私に対してこんなにも温かくアドバイスをいただけるなどと思ってもいませんでした。 本当に有難きお言葉です。 今後はご期待に添えますように心を入れ替えて精進して参ります。 この言い回しは先述の2つの比べると非常に使いやすい言い回しです。 ビジネスのシーンにおいては使わない日がないくらいの表現かもしれません。 ビジネスにおいて多用されている非常に重要な表現と言えます。 ビジネスにおいて「ありがたく存じます」という言葉は依頼事項の後に使う表現になります。 似たような表現には「幸いでございます」という表現がありますが、ビジネスメールにおいては依頼をするシーンは非常に多くなっているので使う機会は断然多くなります。 ビジネスに欠かせない表現になるので覚えておきましょう。 明日までにご返信いただけましたらありがたく存じます。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しは、いい提案をもらった時の返答として使う言葉になります。 例えばビジネスパーソンとして引き抜きの話を受けて好条件をいただいた時の返答として使うことは十分にあり得る表現です。 この言い回しは前向きなニュアンスを感じさせる表現ではあるものの、はっきりと「YES」を相手に伝えない点で非常に使い勝手のいい言葉になります。 例文のように返事を保留したい時に相手方のメンツを潰さないようにうまく切り抜けるために使うこともできます。 覚えておくといつか役に立つ表現です。 私のようなものをお誘いいただくなんて、本当にありがたいお話です。 今の会社も20年勤めていますので、そちらにも筋を通したいので来週にもう一度お話できたらうれしいです。 この言葉はその場に身を置いている状態で使うのではなく、一旦その場を離れて振り返った時や、第三者的に、客観的な視点で見る時に使う言葉になります。 比較的使用頻度が高い表現であると言えます。 「ありがたいことです」という言い回しも「ありがたい言葉です」という言い回しと同じように、その話に関して完全に肯定している表現ではありません。 しかしながらポジティブなニュアンスをしっかり出しつつも冷静な視点を残している表現になりますので、賢明なビジネスパーソンであれば駆使したい表現になります。 この度はプロジェクトを無事完遂させることができました。 これもひとえに関係者各位の努力の賜物と認識しております。 厚く御礼申し上げます。 この表現は「ありがたく存じます」という表現と同じように使える表現であり、ビジネスのシーンにおいてよく見かける言い回しです。 取引先や目上の方に何かを依頼する際に「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたら幸いでございます」とワンクッション置くことで柔らかく感じる言い回しになりますので、相手方も気持ちよく依頼を引き受けることができるでしょう。 お忙しい中恐れ入りますが、本日中に資料のご共有をいただけましたら幸いでございます。 未完成でもかまいませんので一度資料の方を確認いたしたく存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 感謝の気持ちを示す文章を作る際には、微妙な表現の違いを言い換え表現も駆使しながら出すことができます。 「ありがたい」という言葉だけでは表現できないものを相手に伝えることができるようになるのです。 「ありがたい」という言葉を文章の中で繰り返すことで、語彙力の不足が露呈した感謝の気持ちが伝わらない文章だと相手方が感じてしまう可能性があります。 せっかくメッセージを送ってもそうなってしまっては本末転倒です。 「先日の件に関してとてもありがたい気持ちで一杯です。 どんなに素敵な文章で感謝を述べたとしても、気持ちが込められていなければ、その文章で相手方に感謝が伝わることはないでしょう。 感謝を伝えるにはまずは気持ちが一番大切です。 それに類語や言い換え表現も含めた言葉遣いのテクニックが伴えばスマートに気持ちを伝えることができるのです。 下記の関連記事も参考になるかと思いますので、この記事と併せて参考にしてみてください。

次の