クリーニング 代 勘定 科目。 クリーニング代の勘定科目は?

クリーニングの勘定科目/税理士が教える経理処理

クリーニング 代 勘定 科目

経理の担当者にとって会社支給の作業服の購入の勘定科目は悩むという場合も多いといわれてします。 会社から従業員に作業服を支給した場合、この費用がどのように扱われるのかよくわからないということがあるといえます。 作業服の購入費用の勘定科目をどこに分類するかということについてご紹介してみたいと思います。 どれに当てはまる? 経理を担当しているという場合、よく悩むといわれているのが消耗品費と福利厚生費と雑費の3つで、どれにも当てはまりそうということがその理由といわれたりしています。 この費用は福利厚生費として考えられることが多いと一般的にいわれます。 この点については、この費用は消耗品費でもよいということなのですが、福利厚生費として統一するとわかりやすいということが挙げられます。 社員への衣服の支給といってもいろいろな種類のものがあります。 例えば、事務服や作業服、社内サークルユニフォームなどです。 これらの衣服を一つ一つの種類について別々に勘定科目に分けていくと実務的な点から不具合があるといわれているからなのです。 これらの衣服が全て同じ勘定に分類されるという場合は、全て消耗品費としてもいいということなのです。 そして、福利厚生の衣服が支給される対象は社員なので、福利厚生費は雇っている人がいない個人の事業者の場合は、例え自分が使うために作業服を購入下という場合でも福利厚生費として分類するということはできないといわれています。 そして、その場合には消耗品費に分類されるといわれているため、この点は注意点といえます。 作業服をクリーニングした場合は? では作業用の服をクリーニングした時のクリーニング代はどの勘定科目になるのでしょうか。 この点については業着に依頼して行ってもらったクリーニング代金も購入の時と同様に福利厚生費に入るといわれています。 全てのスタッフの作業用服をクリーニングに出すということは、社員たちが働きやすい状況になるということになるため、そうした費用は福利厚生として妥当なのです。 しかし、あまりにも多くの金額をクリーニング代とすると適切な金額でないということになったりするのです。 そして、福利厚生費と認められるためにはまずは全従業員が対象になっているということが必要なのです。 そして、その金額が適切なものだということが必要といわれているのです。 もし、一部の人たちだけの作業用服だけをクリーニングに出すというケースだと福利厚生費としては認められないということになってしまうのでこの点は注意が必要ということなのです。 しかし、全ての作業着のクリーニング代は福利厚生費という項目に当てはまるといえますが、基本的にはそれぞれの費用を何のために使っているのかという点から経費なのかよく確認するということが必要ともいわれています。 作業用の服をクリーニングに出したからといって、どの業種でもそれが全て福利厚生費になるというものでもないということなのです。 例えば、お客様のために行われるクリーニングであれば衛生費に分類される場合もあるといわれます。 例えば、フランチャイズの向上で、これから工場を開きたいというお客様が溶接の技術を学びに来た時に着ていただく作業服は衛生費になる可能性もあり、年に数回しか発生しない少額のクリーニング代なら雑費に入ることもあるといえます。 作業服の分類について 作業用の服の購入代やクリーニング代の勘定科目はどのような理由でその科目になっているのかということから考えていくということがポイントだということになります。 また、福利厚生費にするという場合も細かな規定などがあり、業種や状況などによって分類なども異なってくるといわれていますので、一概に必ずこうであるという子とは言い切れないものもあるのです。 勘定科目の見極めはとても難しいということなのです。 そうした場合、適切なのは顧問の税理士に聞いてみるということが一番納得いくところといえます。 そうすることで、この場合どうなるのかといった点について具体的な説明を受けることができるといえます。 スタッフの作業用の購入代金についても、ある会社では福利厚生費に分類されていたけれども、別の会社では消耗品費として扱われているということはあるのです。 経理の業務はある程度の共通性がありますが、例えば、別の会社から移ってきたといった場合などは、これまでその会社で行われてきた分類の方法で行っていくということが大切になるといえます。 同じ会社で前の年の経理と今年度の経理の仕分けの仕方に違いがあると不具合などが生じたりする場合もあるのです。 そのため、その会社での経理の方法は毎年同じ科目で分類するということは大切であるといわれているのです。 このように、作業用の服をどのように分類するのかという点については基本的には福利厚生費として考えるということが一例といえます。 しかし、その状況などによって異なってくる場合もあります。 けれども毎年同じ科目で分類するということは基本といえます。

次の

入居時の経理処理について

クリーニング 代 勘定 科目

クリーニング代の勘定科目は? クリーニング代の経理処理は、以下の3パターンに分類され、それぞれ異なる勘定科目を使用します。 そのため、従業員を雇っていない個人事業主のかたは、「福利厚生費」勘定は使用することが出来ません。 また、従業員を雇っている場合であっても、福利厚生費として認められるためには、全従業員を対象として、社会通念上認めらる金額である必要があります。 したがって、特定の従業員のクリーニング代を負担している場合には、税務上その従業員に対する給与として認定される場合もありますので、注意が必要です。 <具体例・仕訳> ・美容室で使用するタオルをクリーニングにだし、その代金3,240円を現金で支払った。 借方 金額 貸方 金額 摘要 衛生費 3,240 現金 3,240 タオル・クリーニング代 ・従業員の制服をクリーニングにだし、その代金1,080円を現金で支払った。 借方 金額 貸方 金額 摘要 福利厚生費 1,080 現金 1,080 制服・クリーニング代 まとめ いかかでしたでしょうか? クリーニング代を支払った場合に使用する勘定科目は、「衛生費」・「福利厚生費」・「雑費」とケースバイケースで異なります。 また、福利厚生費として認められるためには、細かな要件があるので注意しましょう。 なお、個人事業主が青色申告をする場合に使用する、代表的な勘定科目を()としてまとめましたので、参考にしてみてください。 クラウド会計ソフトを使えば、 銀行口座やクレジットカードの情報を取り込み、 自動で 会計帳簿を作成できます。 もう、通帳やカード明細を一つ一つチェックして、入力する必要はありません。 利用者数が多いクラウド会計ソフトの中では、「 MFクラウド確定申告」と「 freee」が人気です。 どちらも、 無料お試しが用意されているので、まずは 無料登録して、実際に体験してみることをオススメします! 詳しく入力したい!現金取引が多い方はこちら とにかく簡単に確定申告をしたい方はこちら 各会計ソフトの詳細については、下記のランキングに記載してありますので、参考にしてみてください。 確定申告はお任せしたい!自分に合った税理士を探したい方へ めんどうな確定申告の手続きは、税理士にすべてお任せしたい! そんな方には、税理士紹介サービスの がオススメです。 「税理士ドットコム」は上場企業・弁護士ドットコム株式会社が運営しているので、個人情報等のセキュリティーは万全ですし、強引な勧誘等も一切なく安心して利用できます。 税理士コーディネーターに希望の条件を伝えると、その条件に合う税理士を探しだし、 何度でも無料で紹介してくれます。 また、 24時間年中無休の電話窓口があるので、気になる事はすぐに相談することが出来ます。 なお、税理士ドットコムの評判等についてはこちら()に記載していますので、こちらも合わせて参考になさってください。

次の

雑費の例や勘定科目・消耗品費などとの違い

クリーニング 代 勘定 科目

クリーニングをした場合の勘定科目は、 福利厚生費か衛生費になります。 従業員の制服をクリーニングに出している場合であれば、 従業員に対する福利厚生ということで福利厚生費になります。 もちろん、全従業員対象とする必要があり、 個別にクリーニングをしているような場合は給与と認定される可能性があります。 正確に言いますと、男性はスーツで女性は制服の場合、 女性の制服だけクリーニングを会社負担でしているのであれば、 それは女性社員に対する給与とされる可能性があります。 結構やっている会社もあるかと思いますので、ご留意下さい。 恐らく、税務調査でも否認されないのではないかと思いますが、 福利厚生の考え方からしますとちょっと外れている気もします。 また、店舗のマット等のクリーニングの場合には、 衛生費勘定を使用しているところが多いようです。 店舗のマットですと福利厚生ではありませんので、衛生費になるんですね。 参考) 例) 制服のクリーニング代300を現金で支払った。 (福利厚生費)300 (現金)300.

次の