大阪 王将 メニュー 持ち帰り 関西。 【2020年6月最新】餃子の王将の割引クーポンまとめ情報

大阪王将 近鉄八尾駅前店

大阪 王将 メニュー 持ち帰り 関西

2018. 大手飲食チェーン店ちょい飲み歩きシリーズ102弾!番外編でお送りします。 今回は大阪王将のお弁当をお持ち帰りして、晩酌を楽しみました^^• 単品をいろいろお持ち帰りすると、やっぱりソコソコお財布に響きます。 そこで、良いのがあるんですよ!(ふふ) これは、大阪王将の舞子店の店頭です。 お持ち帰り弁当の一番上をご確認下さい。 「王将弁当」そのままの名前ですね 笑• 餃子1人前• 鶏の唐揚げ2個• キムチ• ポテトサラダ• 焼きめし これで税込み 850円です。 こう言うのはありがたい。 別にびっくりするほど美味しくなくて良いから、箸休め・目先変え的に副菜はあった方が、弁当晩酌が楽しいですね。 レモンとかライムとか味無し…アルコールの味だけ 笑。 おっちゃんにはこれが美味しいのです。 しかし添付の塩コショーをつけると更に美味しいですな! 正直、業務用をそのまま絞り出しただけだが、居酒屋ではないのでOK!でしょう。 良い箸休め的働き^^ さぁ、そろそろフィニッシュ!といきましょうか。 ぜひ試して頂きたいのが、鶏の唐揚げが2個なので添付のマジックパウダーが余ります。 これを、焼きめしに振って食べて欲しいのです^^この時、再度レンジUPをして頂くと更に美味しいです。 850円と家のストックドリンクで、ずいぶん楽しんでしまいました。 王将のお持ち帰り弁当、ぜひお試しください。 このブログ「おしょぶ~の~と」は、食レポを中心にした雑記ブログとして運営しております。

次の

【テイクアウト】大阪王将 京田辺店のテイクアウト・デリバリー情報|京都のテイクアウト(持ち帰り)・デリバリー情報サイト

大阪 王将 メニュー 持ち帰り 関西

以前株も持ってたほど(今も情報収集のために株式報告書目当てで1株)の「 」ファンのわたしが今年も来年用 「2019年度 餃子倶楽部会員カード」を先月7月に早々手に入れたよ(50ポイントでもらえる時計もね)。 カードを毎年入手するようになってから7~8年くらいになるかな?それだけわたしにとってなくてはならないお馴染みのチェーン店。 今年は正直スタンプカードのポイント集めも済んでもう必要ないのだが、いつもお世話になっている王将リピーターなわたしが王将に何か出来ることは無いのか?そう思ったわけですよ。 で、そう言えば王将によく行く割には全メニュー注文したことがないと気づいた(だいたいいつも同じやつを注文)。 お店で注文するのは何かいつも通りだし、かといってお店のメニューは非常に多すぎる。 あえて仕事で疲れたときにのんびりテレビ見ながらゆっくり食べたいことってあるよね!それに気が付いたわたしは、割引券やくじ引きでお馴染みの、「ペルゴ」のお持ち帰りメニューを元にテイクアウト(ナーホー)メニュー表を作っていこうと思った。 このメニュー表は神戸より西の地域のを利用されている方にはお馴染みのやつだね。 関西でも大阪の方ではまた違うと思う。 何せわたしが現在住んでいるところには、幸運にもに恵まれていて4件は頑張ればなんとか行ける場所に立地されている。 他のブログ等で料理の写真は見かけるが、一つ一つを紹介してくれている親切なブロガーがいない[ぺルゴ系で]。 そして参考の為に他のメニューを探すのも面倒。 一ページのみで全部把握したい 自分の為にも。 これは絶対わたしがどげんかせんといけん! とりあえず能書きはいい。 という事で、この記事に、ひたすら、お持ち帰りメニュー 表 、に書かれている 全メニューを追記して行くよ! 何カ月か時間がかかるかもしれないけど。 また、このちらしに書かれていない店のお持ち帰り弁当は載せない。 あくまでもペルゴのチラシに対応している店舗のみ。 購入する順番はバラバラ。 2018年9月8日にお持ち帰りメニューが一新しているが、内容は変わらないのでこのブログの一番下に載せておく。 実はわたし残念なことに、ニラレバが本当に本当に嫌いです。 今では考えられないけれど、幼稚園や小学校時代にどうしても食べられず無理やり食べさせられて泣きながら 居残り給食させられていました。 もう、大人になった今でもトラウマになっているレベル。 今じゃ教育上大問題になるいい時代ですがね。 ちなみになぜ嫌いなやつから入ったかというと、コンプリート出来ず最後で頓挫する可能性があるからですね。 なので、あえて食べられないであろうものからスタートしたよ。 見た目の方は、王将のわりにはまあまあな色合わせ。 もやし・ニラ等野菜もあるしバランスはいい。 唐揚げと揚げシュウマイもいい箸休めかな。 味の方は、とりあえず恐る恐るレバー食べてみたが、食べれないことはないが正直苦手かな~。 普通にモツ系の食感。 だけど、レバー特有のあの生臭さみたいなのが弱い気がするので、調理処理された王将のレバニラは食べれるよ!って人もいるんじゃないかな?好きな人は好きな一品。 本当に久しぶりに注文したよ。 餃子が9個入り でお店によるのか1個か2個餃子のたれをつけてくれる弁当です(餃子1. 5人前の弁当)。 なぜ注文しないのかというと、私の場合欲張りなので、餃子は別物(別腹)と考えちゃうんですよね。 なので、正確に言うと、他の弁当+餃子2人前を注文する事が多いかな~。 餃子弁当にしたら、餃子+餃子になっちゃうので・・・。 それなら他のおかずで注文する方がいいじゃん。 これとエビチリ弁当は値段が他の弁当より高いので、頼もうかどうしようか考えていつも他の安い弁当を買っちゃう。 チンジャオロース久々食べたけど、 めっちゃうまいわ~、ごはんと合いまくる!これついでにごはん大盛で注文した方がいいやつやで。 そこそこコッテリしたソースやけど、ピーマン・タケノコ・肉のバランスが良すぎる。 値段うんぬんの前に絶対また今後も注文していくやつやわ。 ざっといつも通りのおかずでメインのおかずだけが違うのだけど、単品メニューの中華飯と味違くね~?なんかさっぱりした八宝菜だったんよね。 というのも中華飯の時は結構味が濃い感じですごく苦手だった(わたし食べれるけど、八宝菜系が基本無理なので)。 作り手によって若干の味付けが変わるのだけどこれは食べやすかった。 野菜シャキシャキだし、やエビのみで嫌いなホタテが入っていなかったしね。 それに出汁が、お正月に食べるお雑煮の味をベースにとろみをつけられている味つけだったよ。 関西に住んでいながらたこ焼きとごはんってどうよ?とか思ってしまうのに、焼きそばっておかずじゃないよね!そんなへんてこな組み合わせのそば弁ですが、 組み合わせが変だけど、やはり食べてみても、確かに美味しいのよ焼きそば・・・は!でも・・・わたし的にごはんとは合わないかな~。 焼きそばが若干油があるのでそれをおかずに頑張れるかも。 これ注文すると、おかずを餃子単品の追加注文したい所。 嫌いじゃないけど、 ぷりぷりのエビとエビチリの下にひいてある(写真左上のポテトの下にひいてある)フライのぱりぱり感とチリソースが夢のドリームマッチ状態に感じてきたよ。 めちゃ旨い。 今後もお店でも弁当でも単品でも注文するで~。 なぜかと言うと、酢豚って一般的な中華料理屋で頼むと一品当たり結構値段が高かったりするし、作るのも面倒やしね。 王将のすぶた弁当は弁当シリーズの中で一番が高い気がする。 しかも、ご家庭用のスーパーでよく売っている酢豚の素が残念ながらたいがいまずい。 王将の酢豚のたれは結構美味しい。 酸っぱすぎず味が濃すぎず、ごはんがススム君。 わたしはこれだけでは物足りないので、いつも酢豚弁当+餃子2人前で注文してるのは内緒だよ。 ちょうど閉店間際で間に合うかな~なんて焦って購入したんやけど、余ってたのかどうなのか小さい唐揚げを2個いれてくれてるやん。 ラッキー。 それに、わたし大好きなキャベツいっぱい入れてくれて2重にラッキー。 お肉と味噌とキャベツのハーモニーがたまらない王将のメニューだけど、弁当で持って帰るといつもご飯に汁がかかってしみ込んでいたりする残念なやつだけど、今回は綺麗に入れてくれているのでよかった。 とても美味しいので食べたことがない人はぜひ食べてほしい一品。 この弁当の特徴はやはり他の弁当に比べて、 味も控えめながら低カロリーだという事が一番好感が持てるんよね。 ニラ玉のさっぱりとした味がごはんとよく合う・・・と言いたい所やけど、わたし的には物足りん。 ガッデム。 ニラ玉単品ならまだしも、ごはんと合わせるのは難しい。 このおかずでは、ごはんが余る。 なので、わたしおすすめ的には餃子や麻婆豆腐を追加で注文してこの弁当をより堪能して欲しいかな。 ニラ玉と同じく王将のメニューにしてはガッツリ感のないさっぱりとした印象やけど、 ニラの香りとやや強めの生姜風味が絶妙にマッチしている一品かな~。 わたしは何度でも言うが、マイルドな風味のニラ玉が一番おすすめだけど、中には玉子が苦手って人もいると思う。 それなら、ニラレバかニラ肉しか選択肢がないので、レバー食べれない人は必然的にニラ肉に絞られる。 ニラじたいは好きなんだけどな~って人は、3つも選択しがあるのですごく有難いんよ。 そんなニラ弁当3兄弟の一つやわ。 というのも、他のお弁当と違う点はこの鶏のから揚げ弁当のサブおかずが「野菜炒め」になっている。 他では、全部サブおかずが鶏からとシューマイなので、メインが入れ替わったら値段的に野菜炒めを入れるしかなかったんかな?けど、鶏からの油っぽさを箸休めできるいいおかず。 あえて他のお弁当もこの野菜炒めに変えてほしいんやけどね。 あと、もう一つ言えることは、王将マジックパウダーが付属するので、この 王将マジックパウダーを野菜炒めに少しかけて食べると少しピリッと辛い美味しい野菜炒めになるのでお試しあれやで。 見た目がなんかええ感じやで。 昔はかに玉を注文すると甘酢味のたれをかけられているので、わたしはそれ以降注文せんかったんよね。 すぐにわかる酢の風味がする酢があまり好きではないんで。 今回注文したものは、にかかっているタレがそのままかかっているよ。 カツ丼とごはんとおかずが別々に盛られているカツとじ定食の関係と同じような感じなんかな?まあ、これやったら全然いけるし、ちょくちょくお弁当で注文してもええかなって思うよ! これで最後のお持ち帰りお弁当やね。 メニュー表 裏verも終え、ようやく表 verも完了したよ。 約1ヶ月長かったようで短かった。 なんか寂しくもあるけど、これからもちょくちょく王将にお世話になるよ!でわなっ! スポンサーリンク お持ち帰りメニュー(表)が途中で新しくなったが、料理の写真が更新されているものがあるぐらいかな。 とりあえず新しいverのちらしも載せておくよ。

次の

【テイクアウト】大阪王将 京田辺店のテイクアウト・デリバリー情報|京都のテイクアウト(持ち帰り)・デリバリー情報サイト

大阪 王将 メニュー 持ち帰り 関西

餃子の王将は世界一美味いんじゃないかと食べるたびに感激しているコウカです。 珉珉の方が上だという声もありますが、王将の方が家から近いので王将の勝利です。 僕が芸人なら『アメトーーク! 』 の『』に出演していたこと間違いなし。 それくらい王将の味を愛して止みません。 そんな僕に、久しぶりに会った従姉妹がこんな発言をするので驚愕しました。 『餃子の王将(京都王将)』と『大阪王将』の歴史や因縁についてはよく知らない人も多いでしょうが、2つが別物であることすら認識していない人がいるとは。 しかも京都人に。 両社の違いは既にいろんなサイトでまとめられていると思いますが、これを機会に、王将ライターと名乗ってもいい僕もまとめてみたくなりました。 大阪王将は、創業者・加藤朝雄氏の親類がのれん分けという形で大阪に立ち上げたのが始まり。 京都王将と同様に人気を博し、フランチャイズなど順調に店舗拡大を進めていましたが、古巣の京都にまで乗り込んで行ったのでモメました。 サービスの異なる「王将」が2つもあるのはお客様に誤解を招く!と裁判沙汰にまで発展し、結果、『餃子の〜』『大阪〜』と区別することで和解したわけです。 袂を分かってからは互いに独自の道を走ってきましたが、お互い意識し合っていることは間違いありません。 最近は、大阪王将が関東方面での勢力を伸ばしているそうです。 なお、餃子の王将の本店について勘違いしている人が多いですが、京都市山科区には本社があるだけで、山科店が本店というわけではありません。 表のとおり、発祥の地は中京区の四条大宮です。 ……本社といえば、昨年12月に本社前で起きた大東隆行社長の射殺事件は衝撃を受けました。 《2016年3月30日追記》 例の200億円流出問題で、王将フードサービス株の売りが殺到したようです。 社長射殺の背景に暴力団の影がハッキリくっきり見え出し、もはや真っ黒に近い。 客足にも影響が出そうです。 お店の雰囲気と接客 餃子の王将 お馴染み、ホワイトベースに赤が映える看板が目印。 どこにあってもすぐに目に入ります。 平均的な店内のレイアウトは大体こんな感じ。 オープンキッチンで店員が近く、カウンターに座ると調理している様子がよく見えます。 そして良くも悪くもガチャガチャしているイメージ。 狭いスペース、壁などに張り倒してあるポップ、所狭しと並ぶお皿や調理具。 小洒落た感は一切ありません。 時代に流されない大衆中華料理屋さんです。 注文したものを 「王将用語」と呼ばれる不可解な中国語で厨房に伝えてくれるのもポイント。 何度も通いつめている人なら大体覚えるでしょうが、王将用語で注文(ソーハン[焼飯]ください等)すると非常にウザがられるので止めましょう。 【参考】 大阪王将 一方の大阪王将。 何店舗か行ったことがありますが、小ざっぱりしていて少しオシャレ?な印象を持っています。 照明が薄暗く、中華料理屋というより居酒屋っぽい。 昼ご飯を食べに来たのに角ハイボールなどで一杯やりたくなる感じです。 従業員も、餃子の王将のような体育会系はおらず、オーダーのオウム返しもフツーです。 「へいらっしゃい!!」的な雰囲気を期待すると肩透かしを喰らいます。 まあ、このあたりは、店舗やそのときの店員さんによるのでしょうが。 メニューや価格など 麺もの、丼もの、一品ものなどを壮大に比較してみたかったのですが、両社とも店舗ごとに違いがありすぎるため、本社を置く関西エリアの比較のみに留めます。 その他の地域は公式サイト内の各地域をご覧ください。 ざっと抜き出しただけですが、餃子の王将より大阪王将の方がメニューが豊富であることが分かります。 王将の「顔」的存在である餃子をとっても、大阪王将には、京都王将にはない水餃子があります。 白飯とガッツリいきたいときには物足りませんが、もちもちしてして上品な味です。 なお、大阪王将の焼き餃子は、ニンニクの臭いを約80%も抑えているとかで、食べてもあまり臭わないのが売り。 京都王将の餃子は、1日半くらい口臭がニンニクに支配されますから、これはなかなか嬉しい工夫です。 ただ、ニンニクを抑えている分、良くも悪くもさっぱりめの味です。 王将に来ました感をガッツリ味わいたいなら、やっぱり京都王将の焼餃子!です。 関西の、いや国民の味といっても過言ではないでしょう。 興味ないでしょうが僕は必ず2人前食べます。 そしてタレなしで食べるのが大好きです。 大阪王将ならではのメニューとして大好きなのが、ふわとろ天津飯。 これはなかなかの味です。 余計な創作すんなよ!なんて天津飯好きの僕は思っていたのですが、食べてみたら全部許せるデカイ男に生まれ変わっていました。 もちろん、餃子の王将の天津飯も王道で文句なしに美味い!何度食べても飽きない味なので、長く食べ続けられるのはこちらかもしれません。 少まとめとして、メニューの多さや創作性は大阪王将の勝ち。 お値段は、餃子の王将が一部値上げしたものの、全体的にはリーズナブルです。 味は……まあメニューにもよりますが、そこまで差はないので互角としておきます。 営業方針・目標など 餃子の王将 で述べられている渡邉社長の言葉を僕なりに要約すると、• 手作り料理と個店のニーズを柔軟に取り入れた店舗経営• 1000店舗達成を目指して東日本地区に殴りこみ• 「安い&多い料理」から「付加価値の高い料理と利便性」を目指す• 職員のワークライフバランスを追求しブラック企業とは言わせない こんな感じでしょうか。 「2」は、 大阪王将はもちろん、関東に拠点を置く中華料理チェーン店との戦いが楽しみです。 「3」で仰っていることは、分かるようで分かりません。 「4」は、やたらに「従業員の幸せ」が強調してあったので、例の新人研修等でこびりついた黒いイメージを払拭したいのかなと。 《追記》女性をターゲットにした新店舗が2016年3月にオープンしましたね。 これが当たったら関東をはじめ都市部を中心にガンガン攻めていきそうです。 大阪王将 企業理念の大見出しには、 時代の変化を的確にとらえ 夢と楽しさと命の輝きを大切にし 食文化の創造を通して 生活文化の向上に貢献します とありますが、ピンとこないので同じく代表のお言葉を拝読。 僕なりに要約すると以下のような感じです。 安全・健康促進・環境問題など総合的な観点から食を考える• さいごに 以上、簡単ですがまとめてみました。 京都人の僕はやっぱり餃子の王将派ですが、大阪王将も好きなので、どっちも頑張れという思い。 本当は1つになって「王将」の名を世界に轟かせて欲しいんですけどね。

次の