シチュー献立。 ビーフシチューの献立40選!付け合わせの副菜をご飯/パン別に紹介

牛タンシチューに「もう一品」副菜献立

シチュー献立

子どもが大好きなメニューのひとつに「シチュー」があるのではないでしょうか。 ママにとっては野菜もお肉もバランスよく食べてもらえるし、作り方もそれほど難しくないので嬉しいメニューですね。 ただ、シチューと主食だけでは少し物足りない、食卓が寂しい、という印象を持つ人もいるかもしれません。 ママたちのご家庭では食卓にシチューがのぼるとき、どのような「一品」が加わるのでしょうか? 『私はシチュー大好きで、微妙な感じが確かにしつつも一応おかずになり得るんですが、主人はおかずにならないみたいでシチューの日は毎回献立に悩みます。 スープ扱いにしてメインを別に作るか、かといって肉も野菜も入っているわけなのでシチューをメイン扱いにしてサラダと副菜などと合わせるか……。 皆さんはどうされていますか?』 シチューと並ぶメニューのダブル主演!揚げ物をプラスするママたち 『うちは昨日シチューしたけど、シチューとササミカツと生野菜にしました。 コロッケとかササミカツとか揚げ物を一緒に出します』 『家もコロッケ率高い。 あと唐揚げとか……。 揚げ物メインにすることが多いかな。 シチューの日は』 『今日シチューだよ! ささみチーズフライとサラダにした!』 ママたちからはシチューのおかずとして、揚げ物をプラスする、というコメントが寄せられました。 シチューも揚げ物もそれぞれが立派にメインディッシュとして成り立つメニューですね。 豪華な食事です! シチューはメインディッシュです!サラダとパンをプラスするママたち 『サラダとガーリックトーストくらい』 一方で、シチューをメインディッシュとしてとらえているママがいました。 メインディッシュとしてのシチューにサラダをプラスし、炭水化物はパンにする、という完璧ともいえる洋食メニューが用意されていました。 レストランのショーケースのようですね。 シンプルにいきます! パンだけをプラスするママたち 『うちはいろんな種類のパンを出して終わり 笑 』 『バゲットを出します』 シチューにはパンを合わせる、というご家庭は少なくないでしょう。 シチューの日はパンしか出さないというママがいました。 ただ、その「パン」ひとつとってもママなりのこだわりがあることがみえてきますね。 いろんな種類のパンを試してみるのも面白いかもしれません。 シチューをみると「家庭の味」が見えてくる?家庭ごとの「シチューの日」のこだわり 『にんじんとシーチキンとチーズのピラフ! シチューとの組み合わせがすき』 シチューの日はお気に入りのピラフを作る、というママがいました。 シチューと一緒に食べることが前提なのですね。 あとささみカツ、サラダ』 家族ひとりひとりのニーズに合わせた炭水化物を用意する、というママがいました。 男性、男子にとって米は、外せないのですね。 『ビーフシチューはカレーの仲間とみなす。 そのため、パンとサラダだけ。 クリームシチューは、味噌汁の仲間とみなす。 そのため、コメが食べられるおかずをつける』 シチューの種類によって出す炭水化物を変えるママがいました。 シチューの立ち位置をどのようにとらえるかによってこんなにもメニューにバラエティが出せるのですね。 天才です。 『旦那の実家はシチューにはハンバーグって決まっているみたいなのでシチューの時はハンバーグ』 ご主人が育った実家でシチューのときのおかずが決まっていた、というママがいました。 こうやって「家庭の味」は受け継がれていくのですね。 『うちではシチューの日はスパゲティーが定番。 夫は飲むからガーリックシュリンプとか作るよ』 シチューの日にはパスタを出す、というママがいました。 旦那さんにはまた別のおかずを出すとのこと。 パーティのようなメニューですね。 『我が家の定番はオムライスにハンバーグ、サラダかな? それかコロッケとかエビフライ揚げるか……。 基本的に手の掛かるスープ扱いだわ』 こちらもシチューの日はまるでパーティのようなメニューになってしまう、というママがいました。 シチューにオムライスにハンバーグにサラダとは……。 ママ自身もシチューを「手のかかるスープ」とおっしゃっていますが、まさにその通り! 3回分の夕食のメニューが入っているのではないでしょうか。 このメニューを作るにはかなりの労力と時間がかかりそう。 ママ、お疲れ様です。 シチュー、というひとつのメニューだけでも家庭ごとにこれだけの違いが出てくるのですね。 今回ご紹介したよそのご家庭の「シチュー御膳」を、次回のシチューのときに真似してみてはいかがでしょうか? いつもと違った新鮮な「シチュー御膳」が楽しめるはずですよ! 文・しのむ 編集・しらたまよ イラスト・.

次の

牛タンシチューに「もう一品」副菜献立

シチュー献立

まず紹介するのが、基本的なシチューのレシピです。 シチューには大きく分けて「クリームシチュー」「ビーフシチュー」の2種類がありますが今回紹介するのはより定番なクリームシチュー。 季節の野菜を入れたり、お好みの野菜を入れたりしておいしく仕上げてましょう。 【5人前】材料• お好みのお肉 250g• お好みの野菜 150g• 玉ねぎ 中1個• 牛乳 100ml• サラダ油 適量• 水 700ml シチューの定番のお肉は鶏肉ですが、ソーセージやブロックベーコンで作ってもお手軽に、おいしく仕上がります。 野菜は定番のじゃがいもに加え彩が良くなるにんじん、サヤエンドウ、アスパラガス、ブロッコリーがおススメ。 季節によってはカブやかぼちゃ、キノコを入れたりしても美味しく仕上がります。 シチューの作り方• 野菜とお肉をカットします。 食べやすい大きさにカットしてもおいしいですが、大きめにカットしてゴロゴロした具材のシチューが良い場合は火が通りにくいので3の工程を長めに行いましょう。 厚手のナベにサラダ油を敷き、お肉と火が通りにくい野菜・しっかりと煮込みたい野菜を炒めます。 焦げ目がつくとシチューの色が悪くなってしまうので注意が必要です。 水を加え具材が柔らかくなるまでアクを取りながらしっかりと煮込みます。 ジャガイモを入れる場合は荷崩れに注意しましょう。 具材が煮えたらあまり火を通さなくていい葉物の野菜を投入します。 火を弱火にするか止めてルーを溶かしましょう。 溶かした後は弱火で煮込みながら味の確認をして完成。 使用するルーを変えて、使うお肉を牛肉にすればビーフシチューに。 牛乳の代わりにワインを使えば大人な味わいに仕上がります。 完成した後に生クリームやコーヒーフレッシュをひとまわしすれば、更においしく高級感あふれる見た目に。 美味しいシチューのアレンジ方法・種類.

次の

シチューに合うおかず7選と副菜3選、おすすめ献立メニュー!|献立寺

シチュー献立

まず紹介するのが、基本的なシチューのレシピです。 シチューには大きく分けて「クリームシチュー」「ビーフシチュー」の2種類がありますが今回紹介するのはより定番なクリームシチュー。 季節の野菜を入れたり、お好みの野菜を入れたりしておいしく仕上げてましょう。 【5人前】材料• お好みのお肉 250g• お好みの野菜 150g• 玉ねぎ 中1個• 牛乳 100ml• サラダ油 適量• 水 700ml シチューの定番のお肉は鶏肉ですが、ソーセージやブロックベーコンで作ってもお手軽に、おいしく仕上がります。 野菜は定番のじゃがいもに加え彩が良くなるにんじん、サヤエンドウ、アスパラガス、ブロッコリーがおススメ。 季節によってはカブやかぼちゃ、キノコを入れたりしても美味しく仕上がります。 シチューの作り方• 野菜とお肉をカットします。 食べやすい大きさにカットしてもおいしいですが、大きめにカットしてゴロゴロした具材のシチューが良い場合は火が通りにくいので3の工程を長めに行いましょう。 厚手のナベにサラダ油を敷き、お肉と火が通りにくい野菜・しっかりと煮込みたい野菜を炒めます。 焦げ目がつくとシチューの色が悪くなってしまうので注意が必要です。 水を加え具材が柔らかくなるまでアクを取りながらしっかりと煮込みます。 ジャガイモを入れる場合は荷崩れに注意しましょう。 具材が煮えたらあまり火を通さなくていい葉物の野菜を投入します。 火を弱火にするか止めてルーを溶かしましょう。 溶かした後は弱火で煮込みながら味の確認をして完成。 使用するルーを変えて、使うお肉を牛肉にすればビーフシチューに。 牛乳の代わりにワインを使えば大人な味わいに仕上がります。 完成した後に生クリームやコーヒーフレッシュをひとまわしすれば、更においしく高級感あふれる見た目に。 美味しいシチューのアレンジ方法・種類.

次の