ヤリス gr スポーツ。 トヨタGRヤリス プロトタイプ(4WD/6MT)【試乗記】 トヨタは時々ヤリスぎる!?

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRスポーツモデルの発売日はいつ?価格&スペック・新型情報とは

ヤリス gr スポーツ

「電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル」の構造を見ることができる。 左が前輪側、右が後輪側 「東京オートサロン 2020」で世界初公開され、大きな話題となっているのがトヨタ自動車の新型車「GRヤリス」。 このGRヤリスのために作られた専用ボディを持ち、直列3気筒 1. ベースとなる新型車「ヤリス」は、トヨタが高効率を目指して作り上げた「M15A-FKS」型 1. 5リッター直列3気筒 ダイナミックフォースエンジンを搭載。 GRヤリスは、WRC(世界ラリー選手権)ホモロゲーション獲得モデルでもあるため、規定に合わす形で排気量を1. 6リッタークラスに拡大。 1618ccの排気量から、最高出力200kW(272PS)、最大トルク370Nm(37. 7kgfm)を発生する。 直列3気筒 1. 6リッター直噴ターボエンジン「G16E-GTS」の燃焼室まわり。 果たしてM15A型からどのようにして排気量を増やしたのだろうか? ちなみに記者はGRヤリス試乗時に、開発主査であるGAZOO Racing Company GRプロジェクト推進室 齋藤尚彦氏のふんわかとしたプレゼン資料から「車重は1200kg~1300kgの範囲にあり、パワーウェイトレシオは4. 5~5. トヨタは愚直な企業でもあるので、車重の中間値を1250kg、パワーウェイトレシオの中間値を4. トルクも370Nmとなっていることから、3. 7リッター自然吸気エンジンレベルのトルクをターボ過給によって叩き出している。 6リッターで3. 7リッターレベルのトルクを出すには、相当高い過給圧を実現しているとみるのが妥当だろう。 M15A型は80. 7ccになる。 3cc。 9mmとなる。 燃焼室の拡大、過給による圧縮比の低下などで完全新設計となることから、G型エンジンとなっているのかもしれない。 価格は発表となったものの、まだまだ謎の多いGRヤリスだ。 7mm。 1気筒あたりの排気量は計算上約539. 384cc、これが3気筒で1618. 1815ccということになる。 ダイナミックフォースエンジンは、ボアストローク比が1. 2のロングストロークを特徴としているが、このG16型は1. 025となり、ほとんどスクエア。 ストロークを短くすることで回転数限界も上がっていると思われ、ハイパフォーマンス系のデザインになっている。 7mmというストロークは、3S-Gよりも回転限界は上げにくいが現代の技術を考えると同程度の回転限界パフォーマンスはあるかもしれない。 圧縮比も10. 5と発表されており、これは500cc系ダイナミックフォースエンジンのガソリンモデルの13という数字と比べて低くなっているが、トルクも370Nmとなっていることから強大な過給を行なっていることは想像でき、10を超えているのは微少過給域でのドライバビリティを考えるとうれしいところだ。 7mm 圧縮比:10. これは排ガス規制の違いなどから来るものかもしれないが、いずれにしろ最高のパフォーマンスを持つGRヤリスは日本仕様になるわけだ。 欧州トヨタの発表では面白い数値もでており、パワーウェイトレシオは4. HPのままでkg、つまり車重を求めると4. 9kg。 これも仕向地で異なってくる数字なのでなんとも言えないが、この車重を日本仕様のPS馬力で計算すると4. 開発主査の齋藤氏はプロトタイプ試乗会のときに、パワーウェイトレシオは4. 5~5. この欧州トヨタのリリースには、ボディ構造は新型ヤリスのTNGA GA-Bプラットフォームをフロントまわりに、プリウスなどのGA-Cプラットフォームをリアまわりに採用とも記されており本当に興味深い。 GRヤリスが量産車という概念を超えた、化け物的なクルマであるのは間違いないだろう。 センターデフ「電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル」。 左が前輪側で、右が後輪側。 このGR-FOURシステムでは、前後のトルク配分を100:0~0:100まで可変できるポテンシャルを持ち、GRヤリスではノーマル(60:40)、トラック(50:50)、スポーツ(30:70)の3つのトルク配分を用意。 センターコンソールのボタンによって自由に切り替えることができる。 このシステムのキモとなっているのが、前後のトルク配分を行なう新開発の電子制御クラッチを用いたセンターデフ「電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル」(以下、電制センターデフ)になる。 そしてこの新開発の電制クラッチのカットモデルが展示されているのだ。 新開発の電制センターデフは、リアデフの直前に配置。 フロントエンジンというヤリスの前後重量配分の改善に貢献しているように見えるとともに、フルタイム4WDを基本とするシステムのため、より積極的に後輪(後軸)にトルクを持っていこうとの意思を感じる。 電制センターデフは、370Nmという強大なトルクに対応するためか、トルク配分を行なう湿式多版のクラッチプレートを12組+3組(に見える)という形で装備。 写真に写った3組のプレートのインナプレートの溝がそれほど鋭角ではないように見える。 ここまで書いて外れたら恥ずかしいが、そういった見方を楽しめるのもカットモデルのよいところだろう。 現場で齋藤主査にあれこれ聞いたものの、現状発表されている以上の情報はさすがに語っていただけなかった。 ただ、この新開発の電制センターデフのカットモデルは世界初公開とのこと。 現地に行ける方は、GRヤリスの各部とともに、この電制センターデフのカットモデルを確認するのがお勧めだ。 日本のトヨタのリリースでは、この電子制御カップリングを「電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル」と記しており、記事初出の部分ではセンターデフであるとした。 ところが欧州トヨタのリリースでは、センターデフ形式より軽くなると記してある。 いろいろ謎が深まった部分だ。 フロントにPTO(Power Take Off)を設けて電子制御カップリングを使う4WDシステムは、その構造上一般的に100:0から50:50(ここで直結ですね)までのトルク配分を行なう。 ところがGRヤリスでは、日本も欧州も「100:0から0:100が可能」としている。 まず、ここがこのシステムの疑問点になる。 おそらくその秘密は欧州トヨタのリリースにある、「フロントデフとリアデフのギヤ比を変える」という部分にあるのかもしれず、これにより30:70をベースとしながら、フロントへの駆動を「電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル」という装置で増やしていっているのかもしれない。 現時点で分かっていることをお届けしてみた。 日本のトヨタのリリース、そして欧州トヨタのリリースをプリントアウトして、東京オートサロンでスタッフに確認してみてほしい。 記者よりも詳しい話が聞けるかもしれない。

次の

トヨタ 新型 GR ヤリス フルモデルチェンジ 2020年9月発売

ヤリス gr スポーツ

1st Edition だけの特別な装い - 1st Edition - 特別仕様 フロントグリルとサイドのディフューザー、リヤスポイラー、リヤディフューザー は精悍なマットブラックに。 さらにRZ"High performance"ではアルミホイール もマットブラック*に。 *RZのアルミホイールは、標準仕様のブラックとなります。 Photo:GR YARIS - 1st Edition - RZ"High performance"。 予防安全パッケージ、マーブル柄カーボンルーフ、 シートヒーター(フロントシート)&ステアリングヒーターはメーカーオプション。 GR YARIS専用コックピット ドライバーズシートを中心に、スポーツ走行時の操作性にこだわった専用パーツで、スポーティーな操作フィールを実現しています。 ・専用ステアリングホイール• ・専用スモークシルバー加飾• ・専用6速マニュアルスポーツシフト• ・専用アルミスポーツパッド付ペダル• RZにメーカーオプション。 実際の走行状態を示すものではありません。 *1 ブレーキ性能を高めたため、ブレーキノイズやブレーキダストが出やすく、ブレーキパッドの寿命が早い傾向にあります。 また、パッドの貼り付きが発生することがあります。 スポーツ走行を重視した設計のため、低温、雪、水などの影響で効きが低下する場合があります、あらかじめご了承下さい。 *2 セットでメーカーオプション。 *3 エモーショナルカラーを選択した場合、シート、ステアリング、シフトブーツ、パーキングブレーキレバー/カバー各ステッチのシルバー色が赤色に、シートのスウェード表皮(ドット部分)がシルバー色から赤色になります。 *4 予防安全パッケージ選択時に装着。 *5 コンフォートパッケージ選択時に装着。 の商標です。 その他、「GRパーツ」の展開も予定しています。 先行予約申し込み後、グレードの変更は可能? A. 先行予約対象グレード間の変更は可能です。 先行予約期間中に変更が決まった場合GRヤリス先行予約事務局までご連絡ください。 そのため、デポジットの返金額が9万5000円となり、納期も後ろずれいたします。 toyotaconnected. jp Q. 法人(含む業販)でも購入は可能? A. 可能です。 ただし、サイト上の入力項目は個人のお客様を前提としておりますので、WEB上では、代表者様などの個人名でお申込みください。 申込後、変更後の名義を事務局までご連絡ください。 toyotaconnected. jp Q. カタログはありますか? A. カタログは9月ごろ販売店到着を予定しております。 (時期は前後する可能性がございます。 ) 現状車両の最終仕様が未確定のため、カタログをご用意できていない状況です。 現時点での仕様はDHもしくはToyota Gazoo Racing 公式HPの【主要装備一覧】をご確認ください。 受注が大量にあった場合は先行予約の期間が予定よりも早く終了するのか? A. 先行予約を早期終了する予定はなく、先行予約期間にご注文いただいた分はすべて生産する予定です。 ただし、先行予約数によっては納期が長期化する可能性がございます。 1st Editionは先行予約期間後も購入可能? A. 1st Editionは先行予約期間のお申込みが前提となりますので、先行予約期間以降の申込や購入は不可となります。 先行予約期間に、登録した販売店を別の販売店に変更することは可能? A. 可能です。 変更手続きは以下連絡先にメールでお伝え願います。 GR YARIS 1st Edition デポジット受付事務局 :gryaris mail. toyotaconnected. jp また、ご連絡の際にはオーダーID、お客様名をメールに記載頂きますようお伝え願います。 クレジットカードがないと先行予約の申込みができないのか? A. Gazooショッピングと同様、クレジットカードがない場合、申込不可となります。 注文してる際にエラーが出た場合や、注文が完了しているかの確認はどこに問い合わせしたらいいですか? A. 問い合わせは以下連絡先にメールでお伝え願います。 GR YARIS 1st Edition デポジット受付事務局 :gryaris mail. toyotaconnected.

次の

注目のGRヤリスはCVTモデルもある?! 【東京オートサロン2020】

ヤリス gr スポーツ

3ドアボディのヤリスはワイドトレッド化! 2020年2月14日(金)より16日(日)までインテックス大阪で開催中の「第24回大阪オートメッセ2020」。 5号館にブースを構えるトヨタガズーレーシングは、発表から2週間で約2000台もの先行予約を得るなど大きな注目を集めている「GRヤリス」をメインステージに展示している。 GRヤリスはGRスープラに続く、トヨタガズーレーシングが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第2弾。 そして、2017年より参戦復帰したWRC(世界ラリー選手権)のノウハウを注ぎ込み、その絶対王者となるべく豊田章男社長自らが開発の命を下した、新たなWRCマシンのベース車となるホモロゲーションモデルだ。 エンジンは専用開発のG16E-GTS型1. 6リッター直列3気筒ターボで、272馬力&370N・mを発揮。 これに6速MTと、電子制御多板クラッチで前後駆動力配分のきめ細かな制御を可能にした新開発のフルタイム4WD「GR-FOUR」を組み合わせて搭載。 リヤサスペンションはダブルウイッシュボーン式に変更されており、これに伴い、現状では新型ヤリス唯一となる3ドアボディも、5ドアに対しワイドトレッド化された。 なお、フロントフード、左右ドア、バックドアはアルミ製、ルーフはCFRP(炭素繊維強化樹脂)製として軽量化。 バッテリーをリヤに配置するなど前後重量配分にも配慮している。 さらに、このGRヤリスを機に、元町工場内に専用ライン「GRファクトリー」を新設。 少量多品種生産に対応するとともに、スポーツカーには不可欠な高剛性化と高精度な組み付け作業を可能にしている。 2020年1月10日に先行予約受付を開始したのは、いずれも先行予約限定モデルだ。 「RZファーストエディション」は、カタログモデルの「RZ」をベースに、マットブラック塗装のラジエターグリル、フロントサイドディフューザー、リヤスポイラー、リヤバンパー、デュアルエキゾーストパイプを装着。 「RZハイパフォーマンスファーストエディション」はさらに、前後トルセンLSD、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラー、BBS製鍛造アルミホイール、ミシュラン・パイロットスポーツ4S(RZファーストエディションはダンロップSPスポーツMAXX 050)などを装着し、走りのポテンシャルをより一層高めている。 今回のオートメッセでは、このGRヤリス「RZハイパフォーマンスファーストエディション」を、「エモーショナルレッド2」のボディカラーでメインステージに展示している。 これは、ガズーレーシングのイメージカラーが白・赤・黒の3色であることを示す狙いがあるとのこと。 またこの「エモーショナルレッド2」は、黒みが強く抑制の効いた赤であるため、先行予約された約2000台の中では比較的高齢なユーザーにも人気があるようだ。 このほか、車高調整式サスペンションやダート用タイヤ、ロールケージ、フルバケットシート、四点式シートベルトなどを装着した「GRヤリス ラリーコンセプト」も展示。 この車両では左右ドアトリムにもCFRPが採用されており、自動車メーカーならではの本気度を感じる仕様になっていた。 開発スタッフに聞けば、このラリーコンセプトは「GRヤリスのポテンシャルを評価するために作られたもの」とのこと。 また「GRヤリスには、WRCのホモロゲーションモデルを第一義としながらも、サーキットレースを含めた他のモータースポーツやスポーツドライビングでも勝つことができ、楽しめるクルマとして提供することも大きな使命となっている」ため、さまざまなチューニングパーツや競技用部品の販売も「検討中」というから、今後の幅広い展開を大いに期待したい。 このGRヤリスは予約順に生産されるとともに、2020年6月30日までの先行予約者特典として、 1)WRCジャパンのチケットや特別応援席など特別な体験 2)メールアドレス登録で、開発秘話など納車待ちの間にスペシャルコンテンツを配信 3)GRヤリス オリジナルミニカープレゼント が用意されている。

次の