この よう に 類語。 古文辞書

「無理しないで」を敬語に直すと?「体を大事に」目上への言い方は?

この よう に 類語

Weblio古語辞典は、古文に登場する古語について調べることができる無料のオンライン古語検索サービスです。 約23000語の古語が登録されおり、古文の助動詞の活用や古典の用例の訳をはじめ、様々な古語の意味を調べることができます。 古文辞書の主な特長• 古語・古文の「 意味」を調べられます• 古語の「 品詞」が分かります• 活用する古語の場合、その古語の「 活用形」および「 活用の種類」が分かります• 活用する古語については、その古語の「 語幹」を調べられます• 古典作品における古文の「 用例」が表示されます• 古文の用例の「 出典情報」や「 現代語訳」を調べられます• 古語・古文の「 成り立ち」が分かります 古語辞書の中で、古文の解説をする際に、下記のようなラベルを利用している場合があります。 活用 … 古語が、活用形ごとにどのように活用するかを表す• 分類 … 古語・古文のカテゴリを示す• 出典 … 表示されている古文の用例の出典元を示す• 鑑賞 … 古典文学や和歌などの古文作品の背景を解説する• 語法 … 古語が、古文の中でどのような使われ方をするかを示す• 品詞分解 … 古語が、複数の品詞から成る場合に、品詞を分解して示す• なりたち … 古語が、複数の品詞から成る場合に、語の構成を解説する• 語の歴史 … 歴史的にその古語がどのような変遷を経て来たかを解説する• 参考 … 古語・古文を理解する上で、参考になる情報を示す• 注意 … 古語・古文についての注意事項を解説する.

次の

「お楽しみください」の意味と使い方・類語・敬語|引き続き

この よう に 類語

1 比況、すなわちある状態や事柄を何かにたとえる表現には、助動詞「ようだ」「みたいだ」がある。 それぞれの例文 1 が比況の例である。 「ようだ」と「みたいだ」にはほかに、例示 それぞれの例文 2 、不確かな断定 推量 それぞれの例文 3 の用法がある。 2 「ようだ」は、文章や会話の別なく用いられる。 「ようだ」にはほかに、「ように」の形で目的 例文 4 や、願望・依頼・軽い命令 例文 5 を表わす用法、「ように」「ような」の形で指示 例文 6 を表わす用法がある。 3 「みたいだ」は「見たようだ」が変化した語で、主に会話の中で用いる。 「ようだ」にくらべるとくだけた表現なので、文章中や慣用化された比喩 ひゆ 表現では用いにくい。 「竹を割った ような性格」に対し、「竹を割った みたいな性格」は言いにくい。 「まるで王子様 みたい」のように、「みたい」という語形も女性がよく用いる。 また近年、「みたいに」と言うべきところで、「お父さん みたくなりたい」のように、「みたく」という語形が用いられることがある。 これは、「みたい」を形容詞と取り違えて活用させたもので、本来誤用である。

次の

敬語「以後気をつけます」のビジネスでの使い方や類語・言い換えまとめ

この よう に 類語

誰かの仕事を手伝いたい、誰かの力になりたい、ということを伝えたい場面は、仕事をしている中で多くあります。 このようなとき、敬語ではどのようにいうのでしょうか。 この記事では、「力になる」の敬語の表現についてご紹介します。 記事を読んで誰かに一声かけたい時の参考にしてみてください。 丁寧語では 敬語の丁寧語で「力になる」を言い表すと、「お力になる」と言い表すことができます。 これは「力になる」という言葉の「力」に、敬語の丁寧語で美化語(お茶の「お」など言葉の前について、その言葉を丁寧にする言葉)にあたる「お」をつけて、「力」という名詞を丁寧語に直した表現です。 「力になる」の「なる」も敬語に直すことによって、「お力になります」や「お力になれると考えています」というように使うことができます。 尊敬語や謙譲語では? 丁寧語以外にも敬語には尊敬語や謙譲語という種類の敬語があります。 それでは、この2種類の敬語で、それぞれ「力になる」と言いたいときにはどのようにいうことができるのでしょうか。 まず尊敬語で「力になる」と言い表すことはできません。 これは尊敬語が自分のことを話す言葉ではないからです。 「力になる」という言葉は、「『力になる』と言っている人自身が、誰かのために動くこと」ですので、自分のことを述べる言葉です。 ですので、尊敬語では「力になる」とはいえません。 「力になりたいと言っていたよ」という形であれば、「力になりたいとおっしゃってました」ということはできます。 一方、謙譲語は「自分のことをへりくだって言う言葉遣い」であるので、「自分が力になる」と言い切ることはできません。 ですので、「力になりたいと思っています」とい言うことになり、この場合、「お力になりたく存じます」と言い表すことになります。 「力になる」の敬語での使い方 「力になる」の敬語での使い方を考える前に、敬語の種類についておさらいしておきましょう。 これを抑えておくと、どのようなときにどんな風に「力になる」と言えるかが分かります。 上記でも少しご紹介したように、敬語には「丁寧語」、「謙譲語」、「尊敬語」があります。 それではそれぞれの敬語について、詳しく見ていきましょう。 敬語の基本「丁寧語」 「丁寧語」は「誰に対しても失礼なく使える単に丁寧な言葉遣い」のことです。 「丁寧語」に当たる言葉の例には、「美化語(お菓子の「お」やご馳走の「ご」など)」や「ですます調」といった言葉が挙げられます。 この項のタイトルで言っているように、「丁寧語」は「誰に対しても使える言葉遣い」なので、敬語の基本と言えます。 敬語で話すと言ったなら、「丁寧語」で基本的に話しつつ、場合によってこれから説明する、「謙譲語」や「尊敬語」を使い分けて話す、といって良いでしょう。 自分について述べる言葉「謙譲語」 「謙譲語」は「自分や自分に関わるもの、こと、人、動作に対して、あえてへりくだって言い表す言葉遣い」のことです。 「へりくだる」とは「自分の立場を低く見せること」です。 この「謙譲語」に含まれる言葉には、「いただく」や「拝見する」などの言葉があります。 「自分の立場を低く見せることで、相手が自分より高い立場にいると捉えている姿勢をとって、敬意を示す言葉遣い」であるため、目下の人や同じ立場の人には使いません。 また目上の人に関係することを「謙譲語」で言い表してしまうと、「目上の人を低い立場にいる人だと見なしている」ことになり失礼にあたります。 こうしたことから、「謙譲語」はあくまでも「自分について述べるときに使う言葉」であるといえます。 目上の人について語る「尊敬語」 「尊敬語」は「目上の人や目上の人に関係すること、もの、人、動作について語るときの言葉遣い」のことです。 「お納めになる」や「ご覧になる」などが「尊敬語」にあたる言葉です。 「謙譲語」が「目上の人に対して自分について話すときの言葉遣い」であるのに対して、「尊敬語」はその逆の言葉遣いであるといえるでしょう。 目上の人に使う言葉なので、「尊敬語」も「謙譲語」と同じように、目下の人や同じ立場の人には使いません。 敬語での「力になる」の使い方 敬語の種類について確認したところで、各敬語での「力になる」の使い方について考えましょう。 まず、尊敬語は「目上の人について話す言葉遣い」であるのに対して、「力になる」は「自分に関係すること」なので、「力になる」は尊敬語では言い表すことはできません。 それでは、丁寧語と謙譲語ではどうでしょうか。 丁寧語は「単に丁寧な言葉遣い」であるので、もちろん「力になる」ということができます。 「お力になる」という形で使い、「お力になります」や「お力になりたいです」というように使います。 ですので、「力になれたらを思ってます」と謙遜して言い表すことになります。 具体的には「お力になれればと存じます」などと言います。 メールでの使い方 メールでも、上記で説明したような方法で「力になる」という言葉を敬語で言い表すことができます。 ただし、メールは文章なので、「力になる」という言葉が、何に対しての言葉であるかを明確にする必要があります。 例えば、ビジネスの場面で「あなたの会社の社会貢献活動を助けたい」というときに、「貴社のお力になりたく存じます」と書いてしまうと、「あなたの会社全体の力になる」という意味になってしまい、本来の意味が伝わりません。 ですのでこの場合は、「貴社の社会貢献活動のお力添えになればと存じております」と書くべきであるといえます。 このように、「力になる」をメールで使う場合には、相手にとって「何の力になると言っているのか」を明確にする必要があるといえます。 ビジネスでの使い方 先ほど「メールでの使い方」の項で、ビジネスメールでの例を取り上げましたが、「お力になりたく存じます」と謙譲語を使いました。 なぜ丁寧語ではなく謙譲語を使うのか、この理由は2つ挙げられます。 1つ目は丁寧語で「貴社のお力になります」と表してしまうと、「力になる自信がある」ということになるからです。 「お力になります」と表してしまうと「なります」という言葉が言い切る言葉なので、まるで「力になれるに決まってる」かのようになります。 売込みの表現として使うのなら問題ありませんが、そのほかの場面では避けた方が良いでしょう。 2つ目はビジネスの場面では相手を常に敬う姿勢を持つのが基本だからです。 このときに自分に関わることを丁寧語で表すのは、敬意不足になります。 ですので目下の人や同僚にならば「お力になります」でも良いですが、それ以外の人には「お力になりたく存じます」を使った方が良い、と言えます。 「力になる」を敬語表現するときの例文 お力になりたく思います 「力になりたいと思っている」という言葉を、丁寧語で言い表した文章です。 「お力になります」よりも謙遜した言い方であると言えます。 丁寧語の表現なので、同僚や目下の人にも使えるフレーズです。 お力になりたく存じます 「お力になりたく思います」を謙譲語に言い換えた表現です。 「存じます」が「思います」という意味の謙譲語です。 ビジネスシーンでは特によく使える表現であると言えるでしょう。 上司や取引先の方、お客様に対してなどに使えます。 お力になれれば幸いです 「力になれたら嬉しいな」という意味の文章です。 「幸い」という言葉が「自分にとって望ましいこと」を意味する言葉なので、「お力になったなら、あなたにとってだけではなく、自分にとっても良いことです」という文章であるといえます。 謙遜したフレーズであると言えるでしょう。 お力になれて嬉しく思います 「力になれて嬉しいと思っている」という丁寧語の文章です。 「幸い」と似た表現であると言えるでしょう。 「力になる」の類語や言い換えの敬語 「力になる」を他の言葉で言い換えることはできるのでしょうか。 この項では「力になる」と似たような意味を持つ言葉についてご紹介します。 似た意味を持つ他の言葉をご紹介します。 他の表現も覚えて、よりその時の自分の気持ちにあった言い回しを使えるようになりましょう。 お力添え 「お力添え」とは「手助けすること」や「協力すること」という意味持つ言葉です。 「力になる」とは「その人の助けとなったり、協力すること」ですので、この言葉も「力になる」と同じ意味を持つ表現であるといえます。 「手助けする」という意味があるので、基本的に目下の人に使える表現です。 目上の人に使う場合には「お力添えありがとうございます」など、自分が目上の人から「力になってもらった」ときに使えるといえます。 「皆様のお力添えのおかげです」や、「今後ともお力添えのほどよろしくお願いします」というような使い方をします。 この2つの言葉も「力になる」と同じ意味のある言葉であると言えるでしょう。 上記でご紹介した「お力添え」と違い、「手助けする」といった意味はないので、目下の人、目上の人関係なく使える言葉です。 また「力になる」よりも抽象的な言葉でなく、使う頻度が多い言葉であるといえるでしょう。 率先して「力」になろう!.

次の