源氏 物語 桐 壺 和訳。 源氏物語『桐壺』(1)問題1(光源氏の誕生)

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

源氏 物語 桐 壺 和訳

原文(本文) の御時にか、 女御、更衣候ひける中に、いと際にはあらぬが、 給ふありけり。 はじめより我はと給へる御、ものに 給ふ。 同じほど、それよりの更衣たちは、ましてず。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを積もりにやありけむ、いとなりゆき、 を、 あかずものにて、人の そしりをも えせ給はず、世のにもなりぬべき御もてなしなり。 上達部、上人なども、目をつつ、いと人の御なり。 唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、けれと、天の下にも、人のもてなやみぐさになりて、楊貴妃の例もつべくなりゆくに、いとこと多かれど、御心ばへのを頼みにて給ふ。 父の大納言は亡くなりて、母 古の人の由あるにて、 親、世のおぼえ御方々にもいたう劣らず、なにごとの儀式をも給ひけれど、てしなければ、事ある時は、なほ拠り所なく。 (宮廷に仕え始めた)当初から、自分こそは(帝の寵愛を受ける)と自負していらっしゃる方々は、(寵愛を受けていた女性を)気に食わない者としてさげすみ、ねたみなさいます。 (寵愛を受けていた女性と)同じ身分、それよりも下の身分の更衣たちは、なおさら心安らかではありません。 朝夕の宮仕えにつけても、(その女性の行動は)人の心を動揺させ、恨みを身に受けることが積もったからでしょうか、(その女性は)たいへん病気がちになり、なんとなく心細そうに実家に帰っていることが多いのを(見た帝は)、ますます限りなく気の毒なものとお思いになって、周りの人が悪くいうのも気兼ねなさることもおできにならず、世間の語り草にもなるにちがいない(ほどのご寵愛の)なさりようです。 上達部や殿上人たちも、(そのご様子を)感心しないことだと思って目をそむけており、とても見ていられないほどのご寵愛ぶりです。 唐(中国)でも、このようなこと(帝が女性を寵愛しすぎたこと)が原因で、世の中が乱れて具合が悪いことになったのだ、と次第に世間でもまともでないことと、人の悩みの種となっていて、(唐の皇帝であった玄宗の寵愛を受け、国を傾けたと伝わる)楊貴妃の例も引き合いに出してしまいそうになっていくので、(その女性は)大変きまりが悪いことが多いのですが、もったいないほどの(帝の)ご愛情が比べるものがない(ほど強い)のを頼りにして、宮仕えをしなさっています。 (女性の)父である大納言は亡くなっており、母親である(大納言の)奥方は、昔風の人で由緒ある家柄の方であって、両親がそろっていて、今のところ世間の評判が時めいている方々にもたいして見劣りすることなく、どのような儀式でも、ひけをとらずに取り計らいなさったのですが、取り上げてしっかりとした後見人もいないので、何か事があるときには、やはり頼るあてもなく、心細い様子です。

次の

源氏物語『桐壺』(1)問題1(光源氏の誕生)

源氏 物語 桐 壺 和訳

原文(本文) の御時にか、 女御、更衣候ひける中に、いと際にはあらぬが、 給ふありけり。 はじめより我はと給へる御、ものに 給ふ。 同じほど、それよりの更衣たちは、ましてず。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを積もりにやありけむ、いとなりゆき、 を、 あかずものにて、人の そしりをも えせ給はず、世のにもなりぬべき御もてなしなり。 上達部、上人なども、目をつつ、いと人の御なり。 唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、けれと、天の下にも、人のもてなやみぐさになりて、楊貴妃の例もつべくなりゆくに、いとこと多かれど、御心ばへのを頼みにて給ふ。 父の大納言は亡くなりて、母 古の人の由あるにて、 親、世のおぼえ御方々にもいたう劣らず、なにごとの儀式をも給ひけれど、てしなければ、事ある時は、なほ拠り所なく。 (宮廷に仕え始めた)当初から、自分こそは(帝の寵愛を受ける)と自負していらっしゃる方々は、(寵愛を受けていた女性を)気に食わない者としてさげすみ、ねたみなさいます。 (寵愛を受けていた女性と)同じ身分、それよりも下の身分の更衣たちは、なおさら心安らかではありません。 朝夕の宮仕えにつけても、(その女性の行動は)人の心を動揺させ、恨みを身に受けることが積もったからでしょうか、(その女性は)たいへん病気がちになり、なんとなく心細そうに実家に帰っていることが多いのを(見た帝は)、ますます限りなく気の毒なものとお思いになって、周りの人が悪くいうのも気兼ねなさることもおできにならず、世間の語り草にもなるにちがいない(ほどのご寵愛の)なさりようです。 上達部や殿上人たちも、(そのご様子を)感心しないことだと思って目をそむけており、とても見ていられないほどのご寵愛ぶりです。 唐(中国)でも、このようなこと(帝が女性を寵愛しすぎたこと)が原因で、世の中が乱れて具合が悪いことになったのだ、と次第に世間でもまともでないことと、人の悩みの種となっていて、(唐の皇帝であった玄宗の寵愛を受け、国を傾けたと伝わる)楊貴妃の例も引き合いに出してしまいそうになっていくので、(その女性は)大変きまりが悪いことが多いのですが、もったいないほどの(帝の)ご愛情が比べるものがない(ほど強い)のを頼りにして、宮仕えをしなさっています。 (女性の)父である大納言は亡くなっており、母親である(大納言の)奥方は、昔風の人で由緒ある家柄の方であって、両親がそろっていて、今のところ世間の評判が時めいている方々にもたいして見劣りすることなく、どのような儀式でも、ひけをとらずに取り計らいなさったのですが、取り上げてしっかりとした後見人もいないので、何か事があるときには、やはり頼るあてもなく、心細い様子です。

次の

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

源氏 物語 桐 壺 和訳

たそがれ時にぼんやりと夕顔の花を見ただけでしょう(:実際に逢って確かめてみましょう) 18歳 「源氏」、義母である 「藤壺」によく似た女性「 」に出逢い心を奪われる (紫の上は当時10歳)。 そして4月、「源氏」は計画的に「藤壺」の寝室に押し入り、2人は2度目の関係をもつ。 このとき、 「藤壺」は「源氏」との子供(のちの「 冷泉帝:すざくてい」を授かってしまう。 冬、 「紫の上」の祖母が亡くなったことを契機に、「源氏」は「紫の上」を引き取る。 苦労してなんとか「末摘花」と関係をもつが、のちに あまりに「末摘花」の容姿が醜かったことが分かり「源氏」は後悔する。 夏には恋愛マスターである「 源の典侍(げんのないしのすけ)」と関係をもつ。 秋、「源氏」の子を身ごもっていた 「葵の上」に「六条御息所」の生霊がとりつき、「葵の上」は息子「 夕霧(ゆうぎり)」を出産後亡くなる。 冬、 「源氏」と「紫の上」が男女の関係になる。 「源氏」の父「桐壺帝」が亡くなり、 義母「藤壺」が出家する。 「桐壺帝」に変わり兄「 朱雀帝」がすでに即位していたが、兄の妻「」と「源氏」の密会がバレ、源氏は恨みを買う。 「源氏」25歳の夏、のちに 絶大な信頼を寄せることになる女性「」と出逢う。 翌年春、「朱雀帝」が譲位し、「源氏」と「藤壺」の子 「冷泉帝」が即位する(周囲には父「桐壺帝」と「藤壺」の子だと思われている)。 「明石の君」が出産し、「紫の上」は自分に子供ができないことから嫉妬心を強める。 「六条御息所」が亡くなる。 「源氏」、「末摘花」と偶然再会し、彼女を自分のそば(二条東院)に移住させる。 また、「空蝉」とも再会するが彼女は出家する。 天変地異が続き、 「藤壺」が亡くなる。 「冷泉帝」が自分の本当の父親が「源氏」であったことを知る。 「六条御息所」の生霊によって殺された 「夕顔」の子「 玉鬘(たまかずら)」を「源氏」が養女とし、「花散里」が育てることになる。 36歳 「源氏」は「玉鬘」の婿を探し始めるが、徐々に彼女に惹かれていき、ついに思いを伝える。 「源氏」と「玉鬘」は添い寝まではするが、男女の仲にはならず。 「紫の上」は2人の関係を不快に思う。 37歳 「玉鬘」、「源氏」の息子である「冷泉帝」に惹かれ始め、入内(じゅだい:結婚前に側に住むこと)することが決まる。 しかし、翌月 「 髭黒(ひげくろ)」が強引に「玉鬘」と関係を持ち、結局2人は結婚することになる。 「女三の宮」が正妻になったことで「紫の上」は「源氏」の裏切りを感じ深く悲しむ。 「夕霧(源氏の息子)」の親友である 「 柏木(かしわぎ)」が「女三の宮」をみかけ強い好意をもつ。 「薫」24歳のとき、「 大君(おおいきみ)」に求愛するがフラれ、代わりに妹である「 中の君(なかのきみ)」 を託される。 しかし、「中の君」は「薫」のライバルである「 匂宮(におうのみや)」と結ばれ、「大君」は亡くなる。 「薫」は「大君」の死を深く悲しむが、「女二の宮(おんなにのみや)」と結婚する。 その後 「薫」は「大君」によく似た「 浮舟(うきふね)」に恋をし男女の仲になる。 しかし、 「匂宮」も「浮舟」に惹かれ強引に関係をもつ。 「薫」は「浮舟」を責め、「浮舟」は自責の念から入水自殺を図る。 「浮舟」が失踪したため、遺体のないまま葬儀が行われる。 「薫」と「匂宮」は悲しみに暮れるが、のちに「浮舟」が実は助かっており、出家していたことが判明する。 「薫」は「浮舟」を訪ねるが彼女から完全に拒絶され、「薫」はあれこれ思い悩む。 /ここで「源氏物語」は突然終わる 以上、「源氏物語/紫式部・光源氏の【あらすじ】」について簡単にまとめました。 最後までお読みいただきありがとうございました だいぶ省略してしまったので、物語としての味はないかもしれませんね。 「源氏物語」の詳細はほかの記事で追記していくので、興味のある方はリンクをたどってみてください! それでは、また次回ノシ.

次の