極め倒し 相撲。 極め出し

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

極め倒し 相撲

このあと逆襲に転じて6連勝 写真:月刊相撲 幕内も熱いが、幕下も盛り上がっている。 優勝を争うのは幕内上位で取っていた3人。 元前頭筆頭の千代の国が巨東を突き出して全勝を守ると、元大関の照ノ富士と元小結の千代鳳が土俵に上がった。 照ノ富士は両ヒザのケガに加え、糖尿病も患って5場所連続休場し、序二段から再スタート。 復帰4場所目で幕下中位まで戻ってきた。 千代鳳は右肩、左ヒザなどのケガで低迷。 一時は三段目まで落ちたが、復調してきた。 今場所は西7枚目で、全勝なら十両復帰となる。 仕切りから気合が入る両者。 互角の当たりから差し手争いとなり、左を差し込んだ千代鳳が前に出る。 照ノ富士は左下手を取ってしのぐと左のカイナを返し、右上手を取って逆襲の寄り。 上手が切れたが、右から抱え込んで前進し、極め倒した。 「最初の仕切りから向こうが気合入っているから、熱くなりそうだったけど、ハーッと息を吸って落ち着いた。 あのまま気合を入れていたら、冷静に対処できなかったと思う」と振り返った照ノ富士。 「昔から何回も対戦して歳も近い。 お互いケガで落ちていて、どっちももう1回上がろうとしている。 気を抜いたら勝てないと思っていた」と難敵を退けた。 13日目に幕下優勝を懸けて、千代の国との一番が組まれる。 27枚目の照ノ富士としては、優勝はともかく全勝したい。 全勝なら来場所は4枚目ぐらいで、勝ち越せば関取復帰に大きく前進するが、6勝なら10枚目前後で全勝しなければ上がれない。 「変なことは考えないで、自分の相撲を取り切りたい」と照ノ富士は決戦に向けて気を引き締めた。 文=山口亜土 おすすめ記事.

次の

極め倒し

極め倒し 相撲

特殊技「極め出し」 大相撲における「極め(きめ)出し」とは、 特殊技に分類される決まり手の1つ。 相手の腕を極める 「極め技」にも含まれます。 決まり手は、相手の腕(肘)、肩、首の関節を、外側から抱えこむように締め付け(極める)、そのままの状態で土俵外へと出します。 相手の両腕を抱えるいわゆる 「閂」による極め出しは、相手の両差しを許したという点で決して褒められた相撲ではないと言われています。 技の性質上、大きい力士や怪力力士が得意とする場合が多く、横綱・隆の里や大関・把瑠都などが得意とした力士に上げられます。 見られる頻度としては、幕内だと1場所に数回見られるかどうかといったところ。 数は決して多くはありませんが、全く見られない決まり手ではありません。 まして、幕内よりも下の十両以下から見ていれば、かなりの確率で目にすることができるでしょう。 記事: 記事: 総括 極め出しは、相手の関節を極める「極め技」にも数えられます。 他の極め技だと同じ特殊技の「極め倒し」があるので、気になる方はそちらもチェック!.

次の

極め倒し

極め倒し 相撲

SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。 2ヶ月使えば1日33円。 もう使い捨てマスクを買う必要はありません。 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の