コウモリ ちんこ。 『サメの種類図鑑』人食いサメから深海サメまで。日本に生息しているのは?

【閲覧注意】世界最大の「フィリピンオオコウモリ」がドラキュラそっくりだった

コウモリ ちんこ

サメの種類によっては人食いもあり得ることについてご紹介しましたが、実際には日本以外の世界各国でもサメによる獣害が起きています。 特に有名なサメによる獣害事件は1916年のアメリカニュージャージー州で起きた「ニュージャージーサメ襲撃事件」とされています。 このニュージャージー州はジョーズのモデルともなったとされる事件で、ジョーズの映画からもわかるように、サメの危険性を十分し教えてくれる事件でした。 このニュージャージーサメ襲撃事件では淡水域でも生息が可能とされている「オオメジロザメ」による獣害とされ、1匹の巨大なサメが4人の死者を出したとされると共に、1人の重傷を負わせたとされています。 当時この頃では、サメはあまり人を襲わないという認識であったとされていますが、この事件によりサメによる獣害による危険性が世に知れ渡ったとされています。 サメといえば巨体な魚類ですが、サメにはサメ特有の生態が多数あるとされています。 サメの生態として特に皆さんがご存知だと思うのが、サメの歯や肌だと思います。 サメの歯はご存知のように一生涯の内に何千本も生え変わるとされており、サメの歯は抜けてもすぐに生えてくるというのは有名かと思います。 さらにサメの肌は鮫肌という言葉があるように、サメの肌は尾から頭にかけてなでるとざらざらしており、水流の抵抗を少なくするための進化とされています。 さらにはサメには電気受容感覚といった微量な電流を感知する習性を持っており、微量な電流の流れによって深海でも行動できる生態をも持ち合わせています。 このことで深海でも生存できる種類が登場したとされています。 この他にもサメは止まったら死んでしまうといったような種類がいますが、これはサメがブレーキを掛ける習性がないことからとされています。 サメの種類だけでなく、サメの凶暴性、獰猛さについてもご紹介しましたが、サメの寿命は人間と比べると至って短いとされています。 人間の寿命は生物界においてもとても長いとされていますが、実はサメも生物界では寿命が長い部類とされ、ペットなどで飼育する場合では長く生きるする生物に該当します。 そのような寿命が比較的長いとされているサメですが、、サメの寿命は平均的に「20年から30年」ほどとされています。 しかし、サメの中でも寿命に関して特別な種類がいます。 というのも特に成長が遅い、長寿とされているニシオンデンザメは噂では寿命がかなり長いとされ、約400歳も生きている個体もいるとされています。 寿命がいくつまであるのかわからないほどの、400歳を超えているであろうとされてニシオンデンザメは脊椎動物の中では最長寿ではといわれていますので、今後実際に捕獲された場合には世界中でニュースになるかもしれません。 このような長寿の種類もいるほどで、サメの寿命は他の生物の寿命と比べて比較的長いといえます。 日本で野生のサメに遭遇した場合まず気を付けて頂きたいのは落ち着くことです。 サメを観るとやはりどうしても人食いサメの印象が日本人は強いため、落ち着きが失せてしまい、慌てふためいてしまう人が多いと思います。 しかし、実はこの行為は大変危険であり、じたばたしている姿がサメからしたら哺乳類のアザラシのように見えてしまいかえってサメを刺激してしまう可能性があります。 そのため、サメと遭遇してしまった場合にはなるべく落ち着いて相手の様子を伺い、極力泡を出さないようにしましょう。 泡を出してしまうと、サメはその泡についても反応してしまうので大変危険です。 落ち着いてサメと徐々に距離を取り、海上に上がるのがサメと遭遇した時の対処法とされています。

次の

いったいコウモリは何類なの?コウモリが何類か見極めるポイントとは|生活110番ニュース

コウモリ ちんこ

37年の教員生活とハムラフリード大学の校長職という経歴を持つ彼が、ペニス博物館の設立に至った経緯は、 1974年にさかのぼります。 若き日のハーターソン館長が 牛のペニスを動物用の鞭として与えられた思い出を熱く語ったところ、友人から同様の鞭を進呈されました。 胸の高鳴りと、 ムクムクと勃起する好奇心を抑えることができなかったハーターソン氏は、以来あらゆる生物のペニスを収集し続け、ついに ペニシストの聖域アイスランド・ペニス博物館を開館するにいたります。 ハーターソン館長にとって、牛のペニスは ジェダイのライトセーバーのようなものだったのかもしれません。 「ペニスの導きがあらんことを」。 ペニシストってなんやねんなそれ(笑) チケットは1000クローナ(約1000円)です。 店内はペニスだらけ!!!!!!!! (笑) 展示物はこんな感じです。 クジラ目の標本17種55点• ホッキョクグマの標本1種1点• アザラシ科の標本7種36点• その他陸棲哺乳類の標本20種114点• ヒト科の標本1種3点• スズキ目の標本1種2点• アイスランドの民族学資料19種23点• その他諸国の民族学資料27種40点 館内にはペニスのホルマリン漬け標本のほか、アイスランドの妖精や妖怪など伝承に関する資料や、をテーマとした芸術品なども展示されている。 将来的にはアイスランドの陸と海に棲むすべての哺乳類のペニスを収集することを目指している。 この男性は1月初旬に逝去し、ペニスの摘出が行われ、標本が博物館の所蔵品に加わることになった。 我々とは無関係」と述べているそうです。 真相はいかに!?

次の

暇つぶ速報

コウモリ ちんこ

オガサワラオオコウモリ Pteropus pselaphon オガサワラオオコウモリは、小笠原諸島 で唯一の固有哺乳類です。 小笠原諸島全 体に生息しています。 現在の推定個体数は200〜300頭程度と 考えらており、絶滅が心配されています 国指定天然記念物. 国内希少野生動植物種 小笠原群島:父島=推定150頭以上〜 母島=推定数頭 火山列島 :南硫黄島=推定100頭〜 北硫黄島=推定数十頭、硫黄島=推定数頭。 各島間の遺伝的情報については、現在研究中です。 体重は400〜550g 程度。 南硫黄 島以外ではほぼ夜行性です。 全身が黒色の毛で覆われ、白銀の 毛が交じります。 腰部には特徴的な長毛があります。 植食性で、 果実、花粉や蜜、葉を食べます。 水分のみを飲み込んで、繊維 質はペレットとして吐き出します。 冬期には集団化して森林内 に「ねぐら」をつくります。 この集団ねぐらは、繁殖に関係が ある大切なものであることがわかってきました。 地上捕食者の いない海洋島で進化したために、外敵に対する警戒心が低く、 外来の地上捕食者に対して無防備です。 現在、小笠原群島では、外来植物 の排除が進んでいます。 オオコウモリは、外来種を排除した後で固 有の種子を運ぶ「自然再生の担い手」なのです。 幸運にも生き残っ てきた父島のコウモリたちが、ほかの島々に分散できるように、 まずは、父島の個体数が増えていくことが大切です。 オオコウモリを未来に残すためには 、大切な(=繁殖に関係がある)冬の集団ねぐらがつくられる森林 や、周辺の環境を、これ以上、減らさないことが最も重要です。 な お、近年、鳥獣保護区等の指定も進んでいますが、ねぐら域周辺は 民有地が多いため、実効性のある保護をするためには、大切な地域 の公有地化が不可欠です。 調査捕獲した個体(南硫黄島 人工ネットへの絡まり事故は最大の脅 威。 ただし、農業問題としてのアプロ ーチは、費用対効果が対処の限界値と なるため機能しない。 保護施策を農地、 集落地等でも展開する必要がある。 また、なによりも周辺の農業者、土地所有者に対する、共生のため の支援策が不可欠です。 オオコウモリと共存をしようという人々や 取り組みが評価され、支援されるような具体的なしくみなしには、 オオコウモリの保全は実現できません。 地域全体でオオコウモリと共生していくためのハード(総合的な 行政施策)と、ソフト(地域や個人の智恵、工夫)が重要です。 オ オコウモリと共に暮らす人の生活もまた守られなければ、オオコウ モリを守ることもできないのです。 小笠原の森の守り神でもあるオガサワラオオコウモリ。 未来の森の ために、その森で暮らす多くの生物達のためにオガサワラオオコウ モリが飛んでゆく島の夜空を 残したいものです。

次の