るるる の 歌 歌詞。 ペンパル募集のブロブ: ハイストレンジネスソング「るるるの歌」

トラウマになる?『るるるの歌』シリーズまとめ

るるる の 歌 歌詞

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の

城南海 るるる 歌詞&動画視聴

るるる の 歌 歌詞

るるるるるるる・・・よる・まる・みる・・・・っていう歌ですよね。 なんだか最初はオオカミ男の話だったのに・・・・・・そのうちバージョン増えて。 でもあの歌って、NHK教育の朝の「シャキーン」で流れていた曲ですよね。 「シャキーン」自体が「朝の目覚めを快適に」とか「朝目がシャキッとするように」がコンセプトな番組なので、朝まだ起き切っていない脳に刺激を与えるため、考えるクイズや、ゲーム感覚の内容です。 なので、言葉遊び的なもので最初は副題無しの「るるるのうた」。 次は「オオカミ男編」で最初作とのつながる歌。 (初作の未来が2作目)3作目が「未来編」でオオカミ男の少年がなぜか未来にタイムスリップしてしまう(設定では90年後だそうです)。 これには「エコロジー」が題材にされているそうです(ほかは題材には触れていない) 4作目が「始まり編」でこれは2作目の「オオカミ男編」へとつながります。 そして番外編の「おしぼり総集編」これは夜に放送していた(23時50分頃)「シャキーンザナイト(ジュモクさんだけがでていました)」の番組内の「おしぼりアート」というコーナーを歌ったものだそうです。 なぜだか毎回むさぼるように聞き入って見入ってしまいました・・・ るるるるるるる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワォーーーーン.

次の

トラウマになる?『るるるの歌』シリーズまとめ

るるる の 歌 歌詞

動き揃ってるのも怖い…。 ストーリーの時系列は4、2、1、3です。 『シャキーン!』という早朝子供番組の中で放送されていた曲です。 印象としては『みんなの歌』系統。 しかしその破壊力たるや相当です。 (『みんなの歌』にもトラウマ系の曲はありますが)歌詞は名詞或いは動詞ですが、必ず「る」で終わるのが特徴。 番外編のおしぼりアートを含め全5編。 他4編は「狼男」がテーマになってます。 といって、「狼男が人を襲う」とかそんな話でもありません。 曲の始まりや合い間合い間に画面を半分に区切り、「るるる~」と揺れながら歌う、登場人物。 歌詞の内容がその後の展開の伏線だったりするわけですが、「怖い」「トラウマ」と評判です。 1作目・『オオカミおとこ編』(もしくは無印) 主人公、気持ちは分かる。 だが落ち着け。 作家星新一氏はヒッチコック映画『鳥』という映画が何故「怖い」のか、エッセイの中で語っていました。 「鳥が大群で襲ってくるからじゃない。 何故襲ってくるか分からないから怖いんだ」つまり、「自分の持つ常識等から外れると恐怖を感じる」と言った主旨のことです。 (星新一『気まぐれ星のメモ』)劇中の狼男は『未来編』で未来人の様子に慄いていました。 それも恐らく「何故そうなるか」理由が分からなかったため。 『るるるの歌』にしたってそうです。 狼男だから怖いんじゃないんです。 その特異な演出、変わっているとはいえ「子供向け」とは思えないような不気味な絵、コーラス、演出が子供のみならず大人に対し恐怖心を持たせているのは間違いないかと。

次の