ペットショップ売れ残り。 ペットショップ 売れ残り 猫 里親, 売れ残り猫の里親になる方法は? ペットショップで売れ残ってしまった場合、 ボランティア団体などど連携して 譲渡会に出す こともあります。 または、そのまま ペットショップ内で 里親を募集するケースも ある

ペットショップで売れ残りの犬猫はどうなる?

ペットショップ売れ残り

ペットショップで売れ残った鳥は…? 知らないほうが幸せかもしれませんが どうしても気になって、、 ペットショップで売れ残ってしまった鳥さんは最終的にはどうなってしまうのでしょうか? うちの文鳥さんたちはいわゆる売れ残っていた子達です。 管理が悪かったらしく病気もちでした。 治療して今はベタ慣れのかわいい子達です。 今もそのショップの前を通り、売れ残っていた鳥さんがいなくなるとどうしたのだろうと気になってたまりません。 補足そこはホームセンターのテナントなのですが犬猫メインで鳥類はほんの少し。 スペースの関係で成鳥はほとんど扱っていないので売れなかった雛はどうなるのだろうと気になりました。 私がお迎えしたのは生後4週目の子でした。 頼りなげな店員さんが挿し餌は1日2回と言ってましたが 「それで足りるわけないだろう!」とびっくりしました。 小さいのはその頃の栄養不足だと思います。 そんな店なので通るたびに気になるのです。 以前2軒のペットショップに勤めていました。 ホームセンターのテナントと自社店舗を持つ店とで。 よほど厄介な病気や奇形がない限り、処分というのはありません。 売れ残っていた子がいなくなった場合は、売れたか引き取られたか落鳥したか移動したか、そのどれかです。 雛の時に売れなければ値段を下げて売ろうとしますし、それでも売れなければおまけをつけたり、同じく売れ残った他の個体とセットにして売ったり、いろいろと売る努力をします。 毎日世話をしていて情が移ったスタッフが引き取ることも多いです。 移動というのはチェーン店の場合のみですが、不思議と他店舗へ移動させるとあっさり売れたりするので、双方の売れ残りを交換したり、よくやりますよ。 余談ですが… 挿し餌の時期を完全に過ぎて、さらに育ってからの方こそ需要があるんですよ。 (もちろん店にもよります) というのも挿し餌の頃は性別が分からない鳥がほとんどですよね。 繁殖させたいなどの理由があり、確実にこの性別が欲しい!という人は多いにもかかわらず、通常店に並んでいるのは性別不明の雛ばっかり。 雛はどこでも手に入りますが成鳥となるとそうはいかず、成鳥を多く扱っていた店の勝ち、なんてことになるのです。 もちろん値段は下げてますし維持費もそれなりにかかってますから、雛の間にさばきたいというのが本音です。 が、品揃えが豊富な店を目指すには、成鳥の存在は不可欠なのです。 これは小鳥屋さんから伺った話です。 「売れ残り」この言葉自体が存在しないそうです。 売れるまで小鳥屋で飼育されます。 最初に20羽仕入れしました。 日に日に売れていきます。 最後にたまたま残ったのが1羽だったとしても それは売れ残りではないです。 買われていくまで、小鳥屋さんで過ごすだけです。 売れ残った文鳥という表現はどうかな・・? あなたに出会うまで、文鳥さんは待っていたのでしょう。 小鳥屋さんもボランティアではないし、かなりの数を 保持していると、なかなか手が回らないのが事実でしょう。 売れ残った鳥がいなくなる時は 売れた時か、運悪く落鳥したのだと思います。 先日も小鳥屋へいきましたが、セイオウチョウを仕入れしたら (暖房をしなかったから)、いっぺんに5羽、朝落ちてしまったと 涙目でした。

次の

ペットショップ売れ残り犬を飼うメリットとリスク : 犬のQ&A集 飼い方

ペットショップ売れ残り

ペットショップの売れ残りとなってしまったわんちゃんや、猫ちゃん達がどうなっているか考えたことはありますか。 生後まもない子犬や子猫は、見るからに愛らしく、どんどん売れていきます。 犬の場合では、小型犬などは世話をしやすいという理由から、引き取り手も多いとは思いますが、大型犬になると、世話が大変という理由から、なかなか引き取り手は少なくなってしまいます。 生後半年ともなると、わんちゃんも、猫ちゃんも、 ペットショップで売れ残りになってしまうことがよくあります。 そんな誰も貰い手のなかったわんちゃんや、猫ちゃんたちは、いったいどうなるのでしょうか。 生後まもない赤ん坊のような子犬や子猫は、もちろんかわいい。 けれども、もう、ペットショップのケースは狭すぎるような、大きくなってしまった子犬や子猫を引き取って、育ててあげるのも、大切なことかもしれません。 そこで今日は、そんな ペットショップで、売れ残りになってしまった犬猫ちゃんを飼うメリットについてお伝えします。 悲惨な運命から救える可能性があります。 やはり、人気なのは、月齢の低い子達。 ですから、犬でも猫でも、生後半年ともなると、ほぼ、 貰い手はなくなります。 ペットショップの売れ残りとなってしまった子達は、運がよければ、店員さんなどに引き取ってもらえるか、里親さんを探してもらえるか。 けれども多くは、保健所で殺処分。 あるいは、悪質なブリーダーなどに引き取られ、繁殖機械のように扱われ、掃除もしてもらえないゲージの中で、ひたすら赤ん坊を産み続ける…という 生き地獄のような暮らしを送る羽目に陥ってしまう場合もあります。 大切に慈しんで育てたら、楽しく生きることができるかもしれなかった犬や、猫たち。 まだあどけない子犬や子猫を、人間の都合で、ペットショップのガラスケースの中に押し込め、あげくのはてに殺すか、繁殖機械にするかなんて、 あまりにも残酷すぎる仕打ちではないでしょうか。 生後半年を過ぎた子を引き取ったら、そんな悲しい運命から、救ってあげることができるかもしれません。 子犬や子猫の時期が、しつけに一番大切な時期だと言われています。 月齢が低いうちに、社会化させて、人間や他の犬や外の世界のさまざまなものに慣らしておいた方がいいということも本当です。 だから、月齢の低い子を飼いたくなるかもしれませんが、 生後半年を過ぎた子だって、あなたのとてもよいパートナーになる可能性は、十分にあります。 ペットショップにいったら、どうしても、月齢の低いあどけない子犬や子猫を、注目してしまいがちですが、 ペットショップの売れ残りの大きな子達のことも、注目してあげてください。 値段はお安くなります やはり、月齢の低い人気のある子たちの方が、高い値段がつけられます。 売れなければ売れないほど、値段は どんどん安くなりますから、 お買い得ともいえるでしょう。 その上、生後半年過ぎていたって、やっぱり、子犬も子猫もかわいらしいですから、 ペットショップの売れ残りの子たちを、買い取る価値は十分にあります。 生後半年過ぎの子でも、おりこうな子はたくさんいます 生後半年過ぎても、ペットショップにいた子なんて、社会化が全然できていなくて、しつけに苦労するかもしれないというイメージが強いかもしれません。 先程も書いたように、 犬でも、猫でも、しつけを開始する時期が、早ければ早いほど、飲みこみもスムーズにいくということは事実。 子犬や子猫の頃に覚えたことは、一生ずっと覚えていますから、子犬や子猫の間に、たくさんのことを覚え込ませた方が、後々、穏やかにくらせます。 だからといって、生後半年過ぎるまで、ずっとペットショップにいた大きな子が、問題行動を起こすような子ばかりかというと、そうでもありません。 実際、生後半年過ぎるまで、ペットショップにいた柴犬の男の子がいますけれども、特に大きな問題はなく、 他の犬や人ともトラブルを起こすこともなく、穏やかに暮らしています。 大きくなりすぎてしまった子だから、しつけが大変だと一概にはいえません。 ペットショップの売れ残りの大きな子たちだって、おりこうな子はたくさんいます。 いかがでしょう。 ペットショップをのぞいたら、犬や猫の赤ん坊がズラリと並んでいて、やはり可愛いですよね。 でも、一方で、裏側には とても残酷で、悲しい面があるのもまた事実。 可愛くて、健康的な子たちは、どんどん売れていきます。 けれども、病気が見つかったり、大きくなりすぎてしまった子たちには、ペットショップで売れ残りになってしまい、楽しい未来は待っていません。 悲惨な運命が、待ち構えているのです。 病気だから、大きすぎるからという理由は、犬や猫たちのせいではありません。 それなのに、残酷な扱いを受けなければならないなんて、あまりにも悲痛すぎるのではないでしょうか。 そんな今の日本をいきなり変える事はできませんけれども、もしも、ペットショップで、犬や猫を飼おうかなと思っている方は 、ペットショップの売れ残りの犬や猫の事を、気にしてみて下さい。 その子たちが、 あなたのかけがえのないパートナーになってくれるかもしれません。 まとめ ペットショップの売れ残りの子たちを引き取るメリットとは ・売れ残った子たちがたどる悲惨な運命から救い出すことができる ・売れ残った子たちは、値段がお安い ・売れ残った子でも、おりこうさんは多い.

次の

ペットショップの売れ残り猫!販売できなくなったらどうなる?|にゃんたんとあそぼ

ペットショップ売れ残り

この記事でまとめたこと• ペットショップでの売れ残り事情 今、日本では多くの子犬がペットショップやインターネット上で販売されており、誰もが気軽に犬を購入できるようになっています。 でも、飼いたいという人が増えている一方で「売れ残り」の子犬が増えているのも事実です。 子犬の売れどき 犬を飼おうとするとき「子犬から育てたい」と考える人は多いと思います。 実際にペットショップで人気があるのも、生後2~3ヶ月頃の子犬たちです。 大部分の子犬は、新しい飼い主さんに引き取られますが、生後3ヶ月を過ぎても飼い主さんが見つからない場合は少しずつ値段下がりしていき、5ヶ月頃には最初の売値の半分以下になるケースもあります。 さらに生後半年を過ぎてしまうと、セールでも引き取られることが少なくなります。 この頃になると、人見知りがはじまったり個性が出てきたりするので、売れ残りに拍車がかかってしまいます。 ペットショップも大幅に値下げし、どうにか飼い主さんを見つけようと努力しますが、それでも売れ残ってしまったときは、譲渡会に参加し里親を募集することになります。 しかし譲渡会でも飼い主さんが決まらなかった犬は、どんな運命が待っているのでしょうか。 売れ残った子犬のその後 どんな商品もそうですが、売れ筋の商品はどんどん入荷しますが、売れない商品は処分されます。 ペットショップに並ぶ子犬も「商品」として生まれてくるので、同じことがいえます。 運が良いとお店の看板犬になったり、店員さんの友人に引き取られたりします。 また系列店の安売りショップで再販されることもありますが、こうしたケースは稀といえます。 売れ残った多くの子犬は、繁殖業者に引き渡されひたすら繁殖を繰り返す、実験用の動物を扱う業者に売却される、保健所に持ち込まれ処分されるといった運命をたどります。 なかには山林に捨てる悪徳業者もいます。 ただ人気の犬種の場合は、少し大きくなっても売れる見込みがあるので、例外としてペットショップに残る場合もあります。 2013年に動物愛護法が改正 以前は、一部の悪質なペットショップが売れ残った犬猫を保健所に持ち込んで殺処分するケースがありました。 しかし、2013年に動物愛護法が改正され、都道府県の保健所や動物愛護センターは、悪質な動物取扱業者のペットの持ち込みを拒否できるようになりました。 それでも店員が個人を装って持ち込むこともあり、悲しい運命をたどる犬猫はゼロになっているわけではありません。 引き取り業者の需要が増える 現在、売れ残ったり繁殖が終わったりした犬を有料(1万円前後)で引き取る「引き取り業者」の需要が増えています。 引き取り業者自体は違法ではありませんが、餌も与えず、散歩もさせず不衛生な狭い檻に押し込み、皮膚病やその他の病気などで、衰弱・死亡させる悪質な業者も存在します。 ペットショップで売れ残りが起こる理由 売れ残る理由• 供給過多• 性格や動きで敬遠される• 売れどきが短い 人気犬種は在庫を抱えたい 今や日本はペット大国ですが、犬の繁殖量に比べて引き取ることができる人の割合は少なく、需要と供給のバランスが取れていないのが実情です。 とはいえ、ペットショップやブリーダーにとっては、人気の犬種は多ければ多いほど儲かるため、在庫を抱えがちになります。 また自社で大量生産するショップもあり、当然供給過多になります。 性格や動きで敬遠される ペットショップのショーケースから見るだけでは、犬の性格や動きがよく分からなかったり、先住犬との愛称が悪そうに感じたりということも、売れ残りの要因の一つといえます。 売れどきが短すぎる 犬が売れる年齢はとても短く、人気の犬種以外は、高値取引が可能な時期は生後3ヶ月未満がほとんどです。 3ヶ月を過ぎると人気にかげりが出て、半年を過ぎると売れ残り対象となります。 ペットショップで売れ残りが起きないペット先進国の対策 ペット先進国といわれる欧米諸国の中には、ペットショップでの動物販売は虐待にあたるとして禁じている国もあります。 禁止の国でペットを飼う場合は、信頼できるブリーダーから迎えるほか、保護施設から引き取るのが一般的となっています。 これは、ペットを「物」ではなく「パートナー」として考えているからです。 日本でも不幸な命をなくす取り組みとして、保護施設や里親募集サイトなどの利用をより身近なものにしていきたいですね。 ペットショップでの売れ残りをなくすためには 今メディアやNPOで、保護活動や処分ゼロに向けて取り組んでいますが、現実はうまく進んでいません。 多くの犬を保護した人が手に負えなくなり、犬たちを置き去りにしてしまった例や、保護施設に収容されたものの持病や怪我、年齢がネックで里親が見つからないといった例もなくなりません。 保護犬ばかりが増えて手が回らないのが現状といえます。 法改正が求められる 売れ残りの問題は、ブリーダーからペットショップへ流れる流通システムにあります。 売られる子犬の数よりも、生産過多によって売れ残った結果、殺処分される犬の数の方が多いのが現状です。 そのため、繁殖時期や繁殖回数の制限を設けることや、取り扱い業者の責任を増やすといった法改正の検討が愛護団体や専門家からも求められています。 すべての小さな命が新しい家族と出会えますように 子犬たちが売れ残ってしまう理由や問題点についてご紹介しました。 私たちに癒しや幸せな気持ちをもたらしてくれる犬たち。 どんなに小さな命でも、新しい家族と巡り合えることを願うばかりです。 これを機会にペットの命について考えてみてくださいね。

次の