いかりのこな 優先度。 変化技の効果

ふしぎなまもりミカルゲ考察:正統派ブロマガ

いかりのこな 優先度

5倍しなくなった。 「あなをほる」「ゴーストダイブ」「シャドーダイブ」「そらをとぶ」「ダイビング」「とびはねる」「フリーフォール」で 姿を消している相手にも使用者がどくタイプのときは必中。 5倍になる。 ファストガード 連続で使用しても失敗しなくなった。 連れ去った状態で「じゅうりょく」状態になると、お互いが解放されるようになった(バグ解消)。 「キングシールド」「ゲップ」「たたみがえし」「トリックガード」「ニードルガード」 も出現しない。 (与えたダメージの一部だけ 自分のHPを回復する技) 「かいふくふうじ」状態の時、技自体が失敗するようになった。 (相手の体重によって 威力が変わる技) 威力の境界値が0. 1kg下がった。 (体重が10. 0kg, 25. 0kg, 50. 0kg, 100. 0kg, 200. 0kgのポケモンに対しての威力が1段階上がった) 新しい技 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 範囲 効果 アロマミスト - - フェアリー 変化 20 味方1体 相手の特防を1段階上げる。 エレキフィールド - - でんき 変化 10 場 5ターンの間、「エレキフィールド」状態にする。 「エレキフィールド」状態の時、地面にいるポケモンは「ねむり」状態にならず、でんきタイプの技の威力が1. 5倍になる。 かいでんぱ - 100 でんき 変化 15 単体 相手の特攻を2段階下げる。 ガリョウテンセイ 120 100 ひこう 物理 5 単体 攻撃後、自分の防御と特防が1段階下がる。 キングシールド - - はがね 変化 10 自分 相手の攻撃技を防ぐ。 接触技をしてきた相手の攻撃を2段階下げる。 グラスフィールド - - くさ 変化 10 場 5ターンの間、「グラスフィールド」状態にする。 5倍になる。 また、「じしん」「じならし」「マグニチュード」で受けるダメージが半分になる。 ゲップ 120 90 どく 特殊 10 単体 きのみを食べたことがないと失敗する。 ゴーストダイブ 90 100 ゴースト 物理 10 単体 1ターン目に姿を消し、2ターン目に攻撃する。 相手の「まもる」「みきり」「たたみがえし」「キングシールド」「ニードルガード」状態を無視する。 「ちいさくなる」状態の相手に対して必中、威力が2倍になる。 こんげんのはどう 110 85 みず 特殊 10 相手全体 通常攻撃。 ジオコントロール - - フェアリー 変化 10 自分 1ターン目に溜め、2ターン目に自分の特攻、特防、素早さを2段階上げる。 じばそうさ - - でんき 変化 20 味方全体 とくせい「プラス」または「マイナス」をもつポケモンの防御と特防を1段階上げる。 すてゼリフ - 100 あく 変化 20 単体 相手の攻撃と特攻を1段階下げ、控えのポケモンと交代する。 そうでん - - でんき 変化 20 単体 相手をこのターンだけ「そうでん」状態にする。 「そうでん」状態のポケモンが出す技のタイプはでんきタイプになる。 でんきタイプの変化技だがじめんタイプに対してもそうでん可能。 特性がひらいしんのポケモンに吸い寄せられ、ひらいしんの効果のみが発動する。 たがやす - - じめん 変化 10 味方全体 味方のくさタイプのポケモンの攻撃と特攻を1段階上げる。 たたみがえし - - かくとう 変化 10 味方全体 自分と味方への攻撃技を防ぐ。 優先度なし。 場に出たターンのみ使用可能。 だんがいのつるぎ 120 85 じめん 物理 10 相手全体 通常攻撃。 チャームボイス 40 - フェアリー 特殊 15 相手全体 通常攻撃(必中)。 つぶらなひとみ - - フェアリー 変化 30 単体 相手の攻撃を1段階下げる。 てをつなぐ - - ノーマル 変化 40 味方 効果なし。 (はねると同じ) とどめばり 30 100 むし 物理 25 単体 この技で相手を倒すと、自分の攻撃が2段階上がる。 トリックガード - - フェアリー 変化 10 味方全体 自分と味方への変化技を防ぐ。 接触技。 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 単体 相手の特攻を1段階下げる。 まもるを使っている相手にも効果がある。 なかよくする - - ノーマル 変化 20 単体 相手の攻撃を1段階下げる。 まもるを使っている相手にも効果がある。 ニードルガード - - くさ 変化 10 自分 相手の技を防ぐ。 ねばねばネット - - むし 変化 20 相手の場 交代で出てきた、地面にいる相手の素早さが1段階下がるようになる。 ただし、「じゅうりょく」を使用して場が重力状態になってから交代で出た場合は対象となる。 ばくおんぱ 140 100 ノーマル 特殊 10 自分以外 通常攻撃。 ハッピータイム - - ノーマル 変化 30 自分 戦闘終了後に貰える賞金が2倍になる。 はなふぶき 90 100 くさ 物理 15 自分以外 通常攻撃。 ハロウィン - 100 ゴースト 変化 20 単体 相手のタイプにゴーストタイプを追加する。 ひっくりかえす - - あく 変化 20 単体 相手に掛かっている全ての能力変化を逆にする。 フェアリーロック - - フェアリー 変化 10 場 次のターン全てのポケモンが逃げられなくなる。 フライングプレス 80 95 かくとう 物理 10 単体 かくとうタイプとひこうタイプを併せ持つ。 ダメージ倍率はかくとうタイプの倍率とひこうタイプの倍率の掛け算。 「ちいさくなる」状態の相手に対して必中、威力が2倍になる。 このターンに出る全てのノーマルタイプの技がでんきタイプになる。 フラワーガード - - フェアリー 変化 10 味方全体 くさタイプのポケモン全員の防御を1段階上げる。 フリーズドライ 70 100 こおり 特殊 20 単体 みずタイプのポケモンにも効果抜群になる。 相手を「ふんじん」状態にする。 ベノムトラップ - 100 どく 変化 20 相手全体 「どく」「もうどく」状態の相手の特攻、素早さを1段階下げる。 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 相手全体 通常攻撃。 その間相手は逃げられない。 みずしゅりけん 15 100 みず 物理 20 単体 2~5回連続で攻撃する。 ミストフィールド - - フェアリー 変化 10 場 5ターンの間、「ミストフィールド」状態にする。 「ミストフィールド」状態の時、地面にいると状態異常にならず、受けるドラゴンタイプの技のダメージが半分になる。 もりののろい - 100 くさ 変化 20 単体 相手のタイプにくさタイプを追加する。 ようせいのかぜ 40 100 フェアリー 特殊 30 単体 通常攻撃。 きけんよち 弱点のタイプのめざめるパワーにも反応するようになった。 25倍 =1. 5 (通常の急所ダメージ増加率変更による。 ) すりぬけ 相手の「みがわり」状態を無視する効果が追加。 するどいめ 相手の回避率を無視する効果が追加。 特性「かたやぶり」の「ちょうはつ」に対しても、その場で回復する。 ほうし くさタイプ、特性「ぼうじん」、「ぼうじんゴーグル」を持ったポケモンに無効化されるようになった。 ぼうじん 粉の技及び、特性「ほうし」を無効化する効果が追加。 新しい特性 アロマベール 自分と味方へのを防ぐ。 効果があるのは「ちょうはつ」「アンコール」「メロメロ」「かなしばり」「いちゃもん」「かいふくふうじ」。 おわりのだいち 天候が「ひざしがとてもつよい」状態になる。 「ひざしがつよい」状態の効果に、技「あまごい」「にほんばれ」「すなあらし」「あられ」は失敗、特性「あめふらし」「ひでり」「すなおこし」、「ゆきふらし」が不発、みずタイプの攻撃技が全て無効が追加される。 この特性をもつポケモンが手持ちに戻ると天候は元に戻る。 かたいツメ 直接攻撃の威力が1. 3倍になる。 かちき 相手に能力を下げられると特攻が2段階上がる。 がんじょうあご キバを使った技の威力が1. 5倍になる。 効果があるのは「かみつく」「かみくだく」「どくどくのキバ」「ほのおのキバ」「かみなりのキバ」「こおりのキバ」「ひっさつまえば」。 きょうせい 味方に道具を渡せるようになる ダブル、トリプルで味方がアイテムを消費すると、そのポケモンに自分のアイテムを渡す くさのけがわ グラスフィールドのとき防御が1. 5倍になる スイートベール 自分と味方のポケモンが「ねむり」状態にならなくなる。 スカイスキン 自分の使うノーマルタイプのわざがひこうタイプになり威力が1. 3倍になる。 ダークオーラ バトルに参加しているポケモン全員のあくタイプの技の威力が1. 33倍になる。 デルタストリーム 天候が「らんきりゅう」状態になる。 技「あまごい」「にほんばれ」「すなあらし」「あられ」は失敗。 特性「あめふらし」「ひでり」「すなおこし」、「ゆきふらし」が不発。 ひこうタイプの弱点をつく攻撃技の威力が半減される。 この特性をもつポケモンが手持ちに戻ると天候は元に戻る。 ぬめぬめ 直接攻撃をしてきた相手の素早さを1段階下げる。 バトルスイッチ 攻撃技を出す直前に、攻撃・防御・特攻・特防の種族値がそれぞれ150・50・150・50に変化する。 手持ちに戻るか、技「キングシールド」を使用する直前に元に戻る。 「まひ」「ねむり」「こんらん」、相手の「まもる」判定等より先に発動する。 発動するとタイプが元に戻る。 技「なかまづくり」「シンプルビーム」などで特性を変えられない。 はじまりのうみ 天候が「つよいあめ」状態になる。 「あめ」状態の効果に、技「あまごい」「にほんばれ」「すなあらし」「あられ」は失敗、特性「あめふらし」「ひでり」「すなおこし」、「ゆきふらし」が不発、ほのおタイプの攻撃技が全て無効が追加される。 この特性をもつポケモンが手持ちに戻ると天候は元に戻る。 ファーコート 物理技で受けるダメージを半減する。 フェアリーオーラ バトルに参加しているポケモン全員のフェアリータイプの技の威力が1. 33倍になる。 フェアリースキン 自分の使うノーマルタイプのわざがフェアリータイプになり威力が1. 3倍になる。 フラワーベール 味方のくさタイプのポケモンの能力が下がらなくなる。 フリーズスキン 自分の使うノーマルタイプの技がこおりタイプになり威力が1. 3倍になる。 へんげんじざい 技を繰り出す時にその技のタイプになる。 ぼうだん 以下の技が無効になる。 「アイスボール」「アシッドボム」「ウェザーボール」「エナジーボール」「オクタンほう」「エレキボール」 「かえんだん」「がんせきほう」「きあいだま」「ジャイロボール」「シャドーボール」「タネばくだん」「タネマシンガン」「タマゴばくだん」 「たまなげ」「でんじほう」「どろばくだん」「はどうだん」「ヘドロばくだん」「マグネットボム」「ミストボール」。 マジシャン 技を当てた相手の道具を奪う。 自分が道具を持っていない時のみ発動。 メガランチャー 以下の技の威力が1. 5倍になる。 「りゅうのはどう」「みずのはどう」「あくのはどう」「いやしのはどう」「はどうだん」。 技「いやしのはどう」の回復量が上昇する。 プラスル、マイナン、カクレオン、ヨノワール系統はPDW産であっても変更されない。 技「たがやす」の効果を受ける。 技「フラワーガード」の効果を受ける。 特性「フラワーベール」の効果を受ける。 特性「ほうし」の効果を受けない。 「あなをほる」「ゴーストダイブ」「シャドーダイブ」「そらをとぶ」「ダイビング」「とびはねる」「フリーフォール」で 姿を消している相手にも必中になる。 野生のポケモンとのバトルで必ず逃げられる。 5倍に変更• これに伴いスナイパーの倍率(急所ダメージ1. 5倍)から2. 25倍(1. 5倍)に変更• よって上記は誤りの可能性があります。 (参考)急所が確定になる例• その他• 交代しても眠りの経過ターンがリセットされなくなった。 前世代の催眠吠える戦法は消滅し、眠るもやや使いやすくなった。 いのちのたま+ちからずく+ちからずく対応技 は今作でも仕様扱い。 69倍され、なおかつHPは減らない• フリーフォール中にじゅうりょくすると、両者ともにフリーフォールから解放され、次のターンどちらも行動可能となった。 解除時にダメージはなし• ノーマルジュエルの倍率が1. 3倍に低下。 ノーマル以外のジュエルが存在不明。 育成関係• ボールが遺伝する(例:クイックボールのポケモンのタマゴを作ると、タマゴもクイックボールになる)• これにより事実上同時遺伝不可という概念がなくなった• 遺伝技を忘れさせても技思い出しで再び覚えられるようになった.

次の

【ポケモン育成論】技の優先度とは。先制技を制するものが対戦を制す!技の優先度一覧も|ポケモット

いかりのこな 優先度

ポケモンBW このゆびとまれ いかりのこな 猫だまし について ダブル64をやるとよくトリックルーム+このゆびとまれorいかりのこなパーティいあたるのですがいつも防ぐことができません。 自分はトリックルーム対策に挑発ボルトを入れているのですがそれも相手のこのゆびとまれorいかりのこなにより失敗・・・とこのゆびとまれorいかりのこなと優先度の同じ猫だましを入れました。 ですが相手よりもこちらの方が速いはずなのにこのゆびとまれorいかりのこなの方が速くきまってしまいます。 これはなぜでしょうか? また封印、トリックルームを覚えられる耐久型ポケでオススメなポケはいますか? やはりドータクンでしたらオススメの技を教えてほしいです^^ 猫騙しとこの指・怒り粉は優先度同じで素早さの実数値で抜かれる覚えがないなら、拘りスカーフ持ちですね。 猫騙しで止められる危険性があるこの指止まれ・怒りの粉は…猫騙し+挑発を繰り出されるとこの指・怒り粉持ちが怯み、メンタルハーブを持たないトリルは防がれます。 同様に猫騙し+吠える、茸の胞子、場合によっては威張るや集中攻撃も痛いのです。 この場合、どれも一度に防げるのが拘りスカーフ持ちのこの指・怒り粉要員です。 これが組み合わさっていると複数体攻撃技以外でのダメージは望めなくなるのですが、この指止まれが固定される上に素早さが早いのでトリルとの相性はよくないです。 封印持ちで直接トリパを対策するだけの余裕があればいいですが、基本的にはトリル返しや強さが並みの鈍足ポケモンを入れた方が良いです。 一般にはトリル返しシャンデラが一番読みにくいポケモンではあります。 トリパは妨害行動が多い割に挑発を持ってる可能性は低いため、ドータクンの他に輝石サマヨールでも十分に押さえ込める。 ただ、モロバレルの胞子には注意。

次の

先制技(優先度あり)の技一覧 (ソードシールド)|ポケモン徹底攻略

いかりのこな 優先度

説明文 たたかうわざ ・・・ イライラさせる こなを じぶんに ふりかけて ちゅういを ひく。 あいての こうげきを すべて じぶんに むける。 漢字 イライラさせる 粉を 自分に ふりかけて 注意を ひく。 相手の 攻撃を すべて 自分に むける。 ポケモンカードゲームにおけるいかりのこな この節はに関連した書きかけです。 して下さる協力者を求めています。 ポケモン不思議のダンジョンにおけるいかりのこな PP17。 わざを使用したポケモンが敵ポケモンに狙われやすくなる(おとり状態)。 技の仕様• も参照。 からは、タイプ・特性・を持ったポケモンはいかりのこなで発生したちゅうもくのまと状態を無視する。 使用時に自分を選択する技だが、これらの要素を持つポケモンがいかりのこなを使用してもちゅうもくのまと状態になることはできる。 いかりのこなを無効化できない状態でいかりのこなが使用された後、行動する前にぼうじんやぼうじんゴーグルを手に入れたり、でくさタイプになったりしたポケモンの行動はいかりのこなを無視することができる。 逆にいかりのこなが使用された時点ではいかりのこなを無効化する要素を持っていたが、行動する前にぼうじんやぼうじんゴーグルを失ったり、によりくさタイプを失ったりしたポケモンの行動はいかりのこなに引き寄せられる。 すなわち、いかりのこなの使用時ではなく、ポケモンの行動開始時にいかりのこなによるを無視できるかが判定される。 第六世代からは粉技に分類されたことで、同じく状態になると比べて無効化手段が多くなった。 各言語版での名称 言語 名前 いかりのこな Rage Powder Wutpulver Poudre Fureur Polverabbia Polvo Ira 분노가루 愤怒粉 関連項目• いかりのこなと同じ効果のわざ 1体選択の相手のわざをすべて自分に向ける変化わざ -.

次の