スペアリブ 柔らか。 柔らか&ジューシー!スペアリブのレシピはオーブンにおまかせ

柔らかい!スペアリブ 作り方・レシピ

スペアリブ 柔らか

スペアリブはバーベキューやパーティーの人気メニュー。 簡単なのに劇的なやわらかさに焼けるレシピを料理研究家の吉田瑞子先生に教えてもらいました。 味は、みんなに喜ばれる「BBQソース味」「ハニーマスタード味」「スパイシーカレー味」の3バリエ。 冷凍保存もできるので、時間があるときに仕込んでおくのもおすすめです。 【スペアリブレシピ・材料】人気の味付け3種 今回紹介する3種類は、いずれも「すりおろし玉ねぎ」を加えて、玉ねぎのタンパク質分解酵素で肉をやわらかくするレシピです。 にんにくの香りでビールも進みます。 材料(作りやすい分量)• 豚スペアリブ…4本(約350〜400g)• 塩、こしょう…各少々 たれの塩味は控えめなので、ここで塩味を肉にしっかり染み込ませる。 3 Aを加えてよくもみ込む たれがこぼれないように口をしっかり押える。 玉ねぎのタンパク質分解酵素が肉に染み込むよう1〜2分もんで、全体にたれが回ったら、空気を抜くように袋の口を閉じる。 その場合は冷凍庫に入れると、味がしっかり染み込むうえに、肉の繊維が壊れて一層やわらかくなる。 取り出すときに袋の口でたれをぬぐい落とすと、拭き取る分が減ってたれを多く残せる。 袋に残ったたれは取っておく。 2 鉄板(またはフライパン)にオリーブ油を熱して1のスペアリブを並べ、弱火で焼く オリーブ油の量は大さじ1が目安。 3 焼き色がついたら面を変え、全面を焼く 焼き時間は1面5分(骨の面を除く3面で計15分程度)が目安。 肉が厚い面は長め、骨が近くて肉が薄い面は短めで、焼き具合を見ながら火を通す。 肉にそのままかけないように注意。 5 たれを絡めてできあがり 【ワンポイント】バーベキューで焼くときはアルミホイルを活用 バーベキューの網で焼くと、焦げてしまったり、生焼けになったりしがち。 火加減が難しいときは、肉をアルミホイルで包んで15分を目安に蒸し焼きにしましょう。 たれは生肉を漬けていたものなのでそのままでは使わず、アルミホイルで別に器を作って加熱してから絡めて。

次の

レシピ

スペアリブ 柔らか

Contents• スペアリブの作り方 スペアリブに味がしっかりと浸みて、こんがり焼き色に仕上げるためには、いくつかポイントがあります。 ポイントえ押さえておけば、失敗せずに味も見た目もバッチリ!それでは、ひとつひとつポイントを見ていきましょう。 下味をつける 一番最初にしなければならないのが、この下味を浸ける工程です。 下味を浸けることで、お肉が柔らかくなり、旨みも引き出され、独特の臭みも取り除きます。 こちらでは、お肉を柔らかくしてくれる調味料にはちみつを使ったレシピを紹介しますが、炭酸飲料も同じような効果があるそうです。 食材下味の準備さえしてしまえば、スペアリブに一定時間浸けて、焼いてしまうだけでいいのでとても簡単です。 焼き方 スペアリブに下味を浸けているので、焼いていくうちにタレが焦げてオーブンにこびりついてしまいます。 焼く前には、オーブンシートやアルミを敷いてから焼くようにしましょう。 各家庭のオーブンの仕様にもよりますが、だいたい時間の半分くらいで裏返してスペアリブの裏側も焼いた方がいい場合もあります。 程よく焼けたらアルミを被せて焦げ付きを防ぎましょう。 タレをかけながら焼くと綺麗な焼き色になります。 タレだけ鍋で煮詰めて、出来上がったスペアリブにかけても美味しいです。 焼き時間 スペアリブの焼き時間は、肉の分厚さや大きさによって変える必要があります。 各家庭のオーブンによってもくせがあったりするので、多少時間が変わってくるでしょうから、レシピの時間は目安として様子を見ながら調整されるとよいでしょう。 参考レシピでは約30分かけて焼きます。 温度 スペアリブの焼く温度は、焼き時間と同じように肉の分厚さや大きさによって変える必要があります。 温度も各家庭のオーブンによってどうしてもくせがあるものなので、焼きが足りなかったら温度を少し上げて、焼きすぎなら温度を少し下げるなど、自分の家のオーブンさんのご機嫌を見て調整してみて下さい。 スポンサードリンク 簡単にできる「お肉が柔らかスペアリブのオーブン焼き」の参考レシピを紹介! 続いてレシピを紹介します。 下味をポリ袋に入れて後は放置して焼くだけ。 とっても簡単なオーブン料理! お肉が柔らかくてやみつきになりますよ。 おもてなしの時だけでなく普段のお料理にもオススメです。 スペアリブ 700g• たまねぎ 中1個• にんにくすりおろし 大さじ2• しょうゆ 大さじ4• はちみつ 大さじ2• お酒 大さじ4• みりん 大さじ2• 砂糖 大さじ3• ごま油 大さじ1 1. 味がしみこみやすいように、スペアリブにフォークにまんべんなく刺して穴を開けていきます。 たまねぎをおろし器で擦りおろします。 スペアリブ以外の材料をポリ袋に全て入れて、よ~くもみもみして混ぜ合わせます。 4.冷蔵庫で1時間くらい浸けておきます。 オーブンでスペアリブを焼きます。 (上下にトレーがある場合 は下段で焼く) こんがり焼けたスペアリブを想像しただけで、いい匂いがしてきそうですね。 下ごしらえをしてしまえば、下味をしっかりとつける時間と焼く時間は放置出来るのですから、とっても簡単ですね。 これからのイベント毎に是非ご家庭でスペアリブを作ってみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の

柔らか&ジューシー!スペアリブのレシピはオーブンにおまかせ

スペアリブ 柔らか

目次 []• バーベキューで簡単柔らかスペアリブ!お肉がホロホロになる下準備とレシピ 固い肉は断固拒否する子ども達 バーベキューで焼く スペアリブを柔らかくするポイントは、ズバリ下準備として 茹でることと、下味に すりおろし玉ねぎを使う事です。 こうすることで、骨から肉が外れやすい柔らかでホロホロのとっても食べやすいスペアリブができあがります。 スペアリブとバックリブ ところで、スペアリブとよく似た「バックリブ」という肉 部位 をご存じですか? スペアリブは豚の「あばら骨」周辺のお腹側 バラ にある肉を指し、バックリブは背中側 ロース にある肉を指します。 が、いずれも豚だけでなく、牛・羊などの肉にもある部位です。 ただ、牛の場合、スペアリブは「カルビ」と呼ばれることが多く、 スペアリブ・バックリブは豚肉を指すことが多いようです。 ちなみに、 スペアリブの方が脂身が多く食べ応えがあり、 バックリブの方がさっぱりと柔らかいとされますが、いずれも同様の下準備でバーベキューでも簡単に柔らかく美味しく食べることが出来ます。 今回ご紹介するレシピは、スペアリブとして書いていますが、 バックリブでも同様に作れますので、手に入りやすい方 またはお好みの方 で試してみて下さいね。 バーベキューで焼くスペアリブの下準備 スペアリブを柔らかくする下ごしらえの手順は以下の通りです。 【下ごしらえ手順】• スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れる• スペアリブを焼く• スペアリブを茹でる• スペアリブに下味をつける 先に書いた通り、スペアリブを柔らかくするポイントは「3. スペアリブを茹でる」と「4. スペアリブに下味をつける」際に「すりおろし玉ねぎ」を使う点になります。 それでは、下ごしらえの手順についてもう少し詳しく説明していきますね。 スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れる まず、 スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れます。 こうすることで、肉の骨離れがよりよくなります。 さらに、 骨と垂直にも筋を断つ形で切れ込みを入れるのも良いですが、私はだいたいサボってしまっています。 中まで完全に火を通す必要はありません。 スペアリブを茹でる そして次に、スペアリブがしっかりつかるくらいのお湯を沸かして茹でます。 普通の鍋なら60分程度。 圧力鍋があれば20分程度茹でます。 我が家は普通の鍋で茹でています。 スペアリブに下味をつける そして、 茹でたスペアリブに下味をつけます。 レシピで「スペアリブ:〇〇グラム」などと書かれていても、いまいちどれくらいかピンとこないことが多いのでちょっと計ってみました。 これで1本80g 一見大きく見えても「骨」が大きいだけなのか、小さいものより軽かったりしますね。 これで1本76g もちろん、個体によって重さは変わってきますが、写真くらいのものですと だいたい1本75~80gくらいですね。 これで5本370g 上記ですと5本で370gでした。 いちいち重さを計るのメンドクサイ!という方は、これらをだいたいの目安としていただければと思います。 バーベキュー当日の準備 ビニール袋に入れて 下味をつけたお肉をアルミホイルで包みます。 アルミホイルに包まずそのまま焼いても良いのですが、 アルミホイルのまま焼くと肉がパサパサにならずジューシーに焼けますし、鉄板や網も汚れず 簡単に焼くことができるのでおすすめです。 片面焼いたら一度アルミホイルを開いてお肉を裏返してもう一度焼いて出来上がり! スペアリブの下味バリエーション バーベキューで焼くスペアリブは下味を変えるだけでまたガラッと違った味わいになります。 というわけで、 いくつかおすすめの下味のバリエーションをご紹介しておきますね。 カレー味 先に書いた 基本の下味にカレーパウダーをプラスするのもおすすめです。 【煮る際】• 醤油大匙2• コーラ350ml スペアリブのコーラ煮の作り方 下味を付けて2~3時間置いたスペアリブを ひたひたのコーラと少量の醤油で煮ます。 キャンプ場で煮る場合は、この前の状態 下味を付けて2~3時間置く まで下準備しておいてから持っていくとラクチンですよ。 灰汁が出てきますので、綺麗に取り除きます。 そのあと、コトコト30分程弱火で煮ます。 良い感じに煮詰まってきたら完成です。 そのまま食べても美味しいですし、バーベキューで焼いて食べても美味しいです。 炭火などで表面をバリッと焼くのもいいですが、個人的にはアルミでくるんでしっとり焼き上げた方が好みでした。 バリッと しっとり これは、コーラ煮のスペアリブに限らず、他の下味を付けたスペアリブを焼く時も同じですが、 アルミで巻いて焼いた方がしっとりと焼きあがります。 バリッと焼くかかしっとりと焼くかはお好みで。 バーベキューにぴったり!簡単柔らかスペアリブレシピまとめ これはハニーマスタード味です というわけで、 下ごしらえをすることで「スペアリブ」がとっても柔らかくなり、バーベキューで焼くだけでとても食べやすくなります。 「下ごしらえとかちょっとめんどくさいかも~!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、下味をつけたスペアリブは 焼く前の状態で冷凍保存することも可能です。 なので、バーベキュー用と一緒に晩ごはん用にも一気に仕込んで冷凍しておくと、 日々の家事 料理 もラクチンになるのでおすすめですよ。 良ければ試してみて下さいね。

次の