ブルグミュラー曲。 「ブルグミュラー」の教科書|ピアノ上達につながるWebレッスン|「25の練習曲 Op.100」全曲演奏動画付き|ピアノ スペース

ブルグミュラー25の練習曲 楽譜 無料 ダウンロード

ブルグミュラー曲

日本では、「バイエル」「ブルグミュラー 25の練習曲」「ソナチネアルバム」「ソナタアルバム」という以前から使われてきたピアノ教材が、 ピアノの習熟度やピアノの曲の難易度を示す一種の基準としても使われております。 ピアノを実際に習っていない方でも、これらの言葉を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。 現在では、ピアノを習う際に、必ずしも、これらの教材が使われるわけではありませんが、ピアノの習熟度や難易度を示す基準として他に変わる有効なものがないため、日本では一般的にこれらの言葉が使われています。 ただ、それぞれの教材の中にも多くの曲が収録されており、 難易度には、かなりの幅があります。 また、例えば、バイエルの全ての曲より、ブルグミュラーの曲の方が難しいとは言えません。 バイエルの後半の曲は、ブルグミュラーの前半の曲より、難しいものがあります。 さらには、 何をもって、その曲を弾けたとするのか、その基準もありません。 ピアノの先生でも、ある曲を先生の指マネでも、間違えなく弾けたことをゴールと判断する方もいれば、「スタート」と見る方もいます。 そのため、この「バイエル」「ブルグミュラー 25の練習曲」「ソナチネアルバム」「ソナタアルバム」という基準も、 かなり曖昧なものです。 これに、初級、中級、上級というレベルを当てはめるのも、また無理があるのですが、便宜的に、コン・ヴィヴァーチェのページでは、「バイエル」を初心者および初級者、「ブルグミュラー 25の練習曲」と「ソナチネアルバム」を中級者、「ソナタアルバム」以上を、上級者としています。 また、ある曲のレベルを、「バイエルの後半程度」とか「ソナチネの前半程度」などと判断する判断基準は、更に曖昧です。 それぞれの教材の難易度に幅があることや、その曲の何をもって、そのレベルとするのかも、人によって判断が分かれてしまいます。 さらに、1つの曲は、必ずしも 同じ1つの楽譜を示しているとは限りません。 最初からピアノの曲の場合には、その曲の原曲がありますので、それが基準となりますが、初心者が弾きやすいようにアレンジ 編曲 した曲も、同じ名前で呼ばれます。 また、元がピアノの曲ではない場合、それをピアノで弾けるようにアレンジした楽譜が元々複数あることもよくあります。 1つ例をあげると、ベートーヴェンの「 エリーゼのために」という曲は、ピアノを始めた大人の方の多くが目標とする曲ですが、この「エリーゼのために」を初級と判断する方もいれば、「中級」と判断する方もいます。 また、「エリーゼのために」はピアノの曲で、原曲が存在するのですが、有名な曲ですので、初心者が弾きやすいようにアレンジした楽譜も多く存在します。 例えば、お子様が使用する「ぴあのどりーむ」という教材にも、「エリーゼのために」が登場します。 弾きやすいようにアレンジしたもので、「エリーゼのために」で一番難しい真ん中の部分が含まれていません。 ただ、多くの方が知っている、出だしの部分のメロディーは弾きます。 このアレンジした曲をもって、「エリーゼのために」が弾けたと判断するならば、「エリーゼのために」は、初級者の中でも中くらいのレベルの曲になります。 私は、大人の方が「エリーゼのために」を弾く場合、是非、原曲を弾いていただきたいと考えておりますが、原曲を弾きこなすには、16分音符や32分音符の弾き方、ペダルの使い方などの克服が必要となりますので、コン・ヴィヴァーチェのページでは、「エリーゼのために」を、「ソナチネアルバムの前半程度」のレベルと位置づけ、中級者向けの曲としています。 ご参考のために、「エリーゼのために」の原曲は、以下のような曲です。 WMA形式です。 Windows Media Player で再生できます 「バイエル」「ブルグミュラー 25の練習曲」「ソナチネアルバム」「ソナタアルバム」、それぞれにつきまして、特徴や難易度について音を入れて説明しておりますので、以下のページも是非ご覧ください。

次の

ブルグミュラー~ロマン派への第一歩(ピアノ演奏動画12曲まとめ)

ブルグミュラー曲

【コンテンツ】• ブルグミュラー25の練習曲とは?なぜ長い間愛され続けているのか? 「ブルグミュラー25の練習曲」は、ドイツ人作曲家のフリードリヒ・ヨハン・フランツ・ブルクミュラーによるピアノ教則本です。 ショパンやシューマンなどの生きたロマン派の時代に作曲された曲集ですが、今でも日本のピアノ学習者に愛されている名作です。 100)です。 3巻セットを想定して書かれており、その第1巻に当たります。 25の練習曲の曲名• すなおな心• アラベスク• パストラル(牧歌)• 小さな集会• 無邪気• 清らかな小川• 狩り(狩猟)• やさしい花• せきれい• コンソレーション• スティリエンヌ• バラード• ちょっとした悲しみ• おしゃべりさん• 気がかり(心配)• アヴェ・マリア• タランテラ• 天使の合唱• バルカロール• 帰途(再会)• つばめ• 貴婦人の乗馬 レベル・難易度はどのくらい? 「ブルグミュラー25の練習曲」のレベル・難易度は初中級程度と言われています。 ピアノを始めたばかりの人が演奏するには難易度が高め・・・。 そのため、初級のテキストが終わった後にブルグミュラーに移るのが一般的です。 ブルグミュラー25の練習曲には、スタッカートやレガート、和音、ユニゾン、スケールなどたくさんの技術的要素がちりばめられています。 さらには、二部形式・三部形式からロンド形式やマーチ形式まで、楽曲の形式も様々です。 そんな盛りだくさんの要素を持つブルグミュラーをやり終えることができたら、ピアノ中級程度の実力を身につけることができます。 長い間愛され続ける理由は? 現在は一昔前よりもさまざまなテキストが出版されていますが、それでもなお「ブルグミュラー25の練習曲」は今でも多くの人に親しまれているテキストです。 たとえば、2曲目の「アラベスク」や、25曲目(ラスト!)の「貴婦人の乗馬」などは、発表会などで幅広いピアノ演奏者の方々に演奏されています。 とても有名な曲なので、恐らくみなさんも一度はどこかで耳にしたことがあるはずです! ブルグミュラー25の練習曲は、なぜこんなにも長い時を経てなお愛され続けているのでしょうか? それは、一つひとつの作品のすばらしさにあります。 25の練習曲のそれぞれの作品は、練習曲として様々な技術の習得に適しています。 しかし、それだけではありません。 メロディや和音も美しく、弾いていてとても楽しい楽曲ばかりです。 初級レベルのテキストは作業的でおもしろくないと感じていた人でも、ブルグミュラーは弾いていて楽しいと感じられる・・・そんな曲集に仕上がっているのです。 このように、ピアノの演奏技術が習得できるだけでなく、演奏していて楽しいからこそ、長い時を経てもなおずっと愛され続けているんですね! ブルグミュラーってどんな人? 続いて、25の練習曲を作曲したブルグミュラーさんはどんな人物だったのでしょうか?一緒に見ていきましょう! 作曲家のフリードリヒ・ヨハン・フランツ・ブルクミュラー(1806~74)は、ドイツのレーゲンスブルクに生まれ、デュッセルドルフで育ちました。 あれ?ドイツ人なのに、なぜ練習曲のタイトルはフランス語なんだろう?と思ったアナタは鋭い! ブルグミュラーはその後、26歳でフランスに渡り、パリで活躍した人物なのです。 ピアノ教師、サロン音楽の作曲家、そしてバレエ音楽作曲家として活動していたと記録されています。 ピアノ教師の経験を活かして、小さな手でも楽しめ、なおかつ必要な演奏技術を学ぶことができるよう、工夫して作曲されているのが特徴です。 先にも触れましたが、ブルグミュラーの活躍した時代は、ショパンやシューマンなどの活躍したロマン派の時代です。 そして、ブルグミュラー作品は150年以上の時を超えてなお、今でも日本で親しまれています! ブルグミュラー25の練習曲の楽譜紹介 ブルグミュラーについて理解を深めたところで、ブルグミュラー25の練習曲の楽譜をいくつかピックアップしてご紹介します。 紙冊子の楽譜テキスト 最近はデータ化された楽譜も当たり前のように手に入るようになりましたが、楽譜はやはり1冊紙で手元に持っておきたいもの。 ここでは、そんな紙冊子の楽譜テキストをいくつかピックアップしてご紹介します。 ブルクミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー 「ブルグミュラー25の練習曲」といえば、ほとんどの人が思い浮かべるのが、この「ブルグミュラー25の練習曲 全音ピアノライブラリー」です。 「全音版」などと呼ばれているのは、このテキストを指しています。 最も親しまれている、最もスタンダードなテキストと言えるでしょう。 他の「大人の~」「子どもの~」といった楽譜と比べて厚い解説がなされているわけではない、"The 楽譜"といったイメージのテキストです。 無駄な記載のないシンプルな楽譜ですので、たくさん書き込みをしたい人や、音楽教室の先生に習いながら練習する人におすすめです。 大人のための独習ブルクミュラー25の練習曲 続いてご紹介するのは、「大人のための独習ブルグミュラー25の練習曲」です。 説明文には、以下のように書かれています。 さまざまなテクニックが織り交ぜられていると同時に、楽曲の美しさやなじみやすさも魅力で、大人の方にも人気の高い『ブルクミュラー25の練習曲』。 効果的に学べる順番に曲を並べ、1曲1曲のポイントとなるところを取り上げて、練習方法や演奏のコツを学べるようにしました。 初めてブルクミュラーにトライする方はもちろん、ブランクがあって再挑戦されたい方にも使いやすい内容です。 以下のようなレビューもあります。 演奏のポイントやパート練習等の解説が、1曲に対して1~2ページ書かれています。 全25曲中15曲が2ページの解説です。 同じシリーズの独習バイエルでは、曲数が多いためか「ワンポイント」しか書かれていないことを考えると、かなり解説を充実させたつくりになっています。 今回ご紹介する「新こどものブルクミュラー25の練習曲」は、音符が大きめに書いてあったり、欄外に楽語などの解説があったりと、お子様にもとてもやさしい設計になっています。 レビューでも、以下のように紹介されています。 曲の解説があるのでイメージしやすい。 記号が細かく書いてあって弾きやすい。 子供の頃使っていた楽譜は先生が書き込む用にほぼマッシロ… 音楽用語覚えられないマンなので、欄外に解説が書いてあるのがありがたいです。 巻末に全ての曲の練習アドバイスがあるので練習目的がはっきりして頑張れる、 丁寧に紙面構成されているお陰で、一冊楽しく続けられました。 とても良い本に出会えました。 大きい音符でストレスなく楽譜を読み取りたい、なかなか楽語などを覚えられない、やさしい解説の載った本で学びたい、といった方には、子どもから大人まで幅広くお勧めできる本です。 データの楽譜は、冊子だとかさばってイヤな人や、自分の好きな曲だけピックアップして弾きたい人に適しています。 ここでは、「ぷりんと楽譜」と「クラシックピアノ名曲110選」の2種類のデジタルデータを扱ったサイトをご紹介します。 ぷりんと楽譜 まずご紹介するのは、「ぷりんと楽譜」というサイトです。 「ぷりんと楽譜」は、【欲しい楽譜を1曲から簡単購入!】がキャッチフレーズの、ヤマハの楽譜データ販売サイトです。 そのコンセプトが表すとおり、好きな楽曲の楽譜を冊子でまとめてではなく、1つずつ個別に安価で購入することができます。 以下は、Webサイトの説明を引用したものです、 ぷりんと楽譜は、楽譜データ(PDFデータ)の販売サイトです。 欲しい楽譜のデータを1曲単位でご購入いただけます。 ご購入いただいたデータは、すぐにプリンターで印刷いただけますので、自宅にいながらにして、24時間、いつでも欲しい楽譜を手に入れることができます。 余白に楽語の説明があったり、各曲の巻末に演奏のポイントなどがあったりします。 以下のページから各曲の楽譜のサンプルも見ることができるので、ご参照ください。 それぞれの楽曲解説はボリュームがあるので、ページを分けています。 私が最もおすすめするのは、赤松林太郎先生の演奏動画です。 赤松林太郎先生は、よくブルグミュラー系のコンサート講座などを開催している、ブルグミュラーの大家と言っても過言ではない存在です。 しかもこの動画、なんとあのPTNA(全日本ピアノ指導者協会)が出している動画なんですね! PTNAを代表して演奏するほどブルグミュラーに造詣が深い赤松先生の演奏には、とても心が揺さぶられます。 ぜひ赤松先生のブルグミュラーをご覧いただき、聴いて楽しんだり、演奏のヒントにしたりしてください!.

次の

ブルグミュラー25の次に練習する楽譜、おすすめ3選!

ブルグミュラー曲

一般的な話から入りますと、この曲は非常にちびっこに人気なんですよね。 以前このコーナーでアンケートをとっていたことがあったのですが、とても人気あったんですよ。 藤田:おお、そうなんですか。 おそらくそれは、肉体感覚と結びついているのでしょうね。 会長:と言いますと? 藤田:この右手の出だしのラシドシラですが、子供って手が小さいから、この転がして動かす音型の感じが気持ちいいのだと思います。 会長:なるほど。 私は保育所育ちなんですが、当時の先生がこの曲になぜか「蜘蛛」の遊戯を付けましてね。 いまだに私は肉体感覚として、この曲を聴くと、仰向けに四つんばいになった子供たちがワラワラ動く様子が目に浮かんでしまいます。 藤田:それはなかなかに強烈なメモリーですね。 会長:豊かな発想力の先生でした。 それはさておき、私は「アラベスク」というタイトルの作品は、このブルグミュラーの曲が最初に知ったものなんです。 広報:私もですよ。 そういう人多いと思います。 会長:で、ほかの「アラベスク」を知ったときの衝撃がすごかったんです!たとえばシューマンの「アラベスク」。 次に知ったのがそれですが、そのとき、「あれ?アラベスクって何なんだっけ?」と、イメージがよくわからなくなっちゃったんですよね。 藤田:なるほど。 ブルグの曲は、音がまったく交錯してないのにも関わらず「アラベスク」ですからね。 広報:あ、言われてみるとそうですね(笑)。 「アラベスク」って、もともと「唐草模様」の意味ですもんね。 音がぜんぜん絡み合ってないのに、ブルグ、どうしてこれ「アラベスク」にしたんだろう?! 藤田:僕自身は、途中ちょっとピアノをやめていたという事情もあって、「アラベスク」っていうと、やっぱりドビュッシーなんです。 だから、ブルグのこの曲をもってして「アラベスク」と言われると、逆にすごくびっくりします。 なんにも交錯してないに、なぜアラベスク?みたいな。 会長:で、でも、私の中では「アラベスク」って言ったら、もうこれ(ブルグの曲)なんです!!イメージが固定されてるっていうか。 けっこうなパーセンテージの人が、そういうことになっちゃってるんじゃないか、っていう。 最初に辞書ひいて「唐草模様」って出てきた時は、ほんとびっくりしましたよ。 広報:意味を知らなかったとしても、語感的に「アラベスク」ってなんか、かっこいいじゃないですか。 藤田 会長:うん、かっこいい、かっこいい! 広報:そのかっこ良さに、イントロのザッザッザッザッっていう和音がまた合ってる気がして、子供心に「これぞアラベスクっ!」なんて勝手に思っちゃうんですよね。 だから私は何の疑問も持たなかったよ(笑)。 藤田:まぁアラベスクというのは、もともともは「アラブ風」という意味でもありますからね。 だからもしかしたら「アラブ風の」という程度の意味かもしれないし。 広報:なるほど、異国風、エキゾチック、みたいなね。 シューマンやドビュッシーの作品はやっぱり音が交錯するんですかね。 藤田:うん、やっぱりこう一方向ではなく、動きますねぇ。 広報:う~ん、じゃやっぱりこのブルグ君の「アラベスク」、変わってますね。 ベートーヴェン「運命」との類似点?!? 藤田:ほかには、この曲が子供に人気の秘密は何なんでしょうね。 広報:短調がかっこよく響くとか、あとは、初めて出会うアップテンポの曲だったりして、ちょっと花があるんですよね。 藤田:なるほど。 個人的にはこの10小節目の、両手のミの音が、非常に間抜けに感じるんですけどね。 これナンですかね。 広報:あっ、でもこれ・・・私結構好きなんです。 藤田:あ・・・そう。 会長:(爆笑) 広報:だってこれ、すごくないですか?7小節目からハ長調に転調してますが、この10小節目の「ミ」だけで、またイ短調に戻してるんですよ。 これすごくない? 藤田:うんそうね、一音でね。 それはすばらしいね。 会長:そう。 この人、切り替えがすごいんだよね、ブルグって。 広報:技術もってる。 単音なのになんでイ短調に感じられるんだろう。 会長:おぉ~~~ぅ言われてみるとそうですね!で、なんでですか? 藤田:それはやっぱりベートーヴェンが非常に鋭い耳をもっていて、倍音の効果を利用してるわけよ。 で、このブルグの「ミー」も、これが鳴っただけでここがドミナント(イ短調のV)なんだ、っていうのがわかる。 これというのはやっぱりね、ブルグミュラーには耳があるというか、ちゃんと音を楽器で確かめながら音楽を書いているってことですね。 ) 会長:す・・・(絶句) 広報:なるほど・・・ブルグはひとつひとつ、ちゃんと楽器で鳴らしながら作曲していたんですねぇ。 藤田:そうです。 広報:11小節目の2番括弧は、逆にハ長調のまま終わるんですが、そのあとまたイ短調に突入するんですよね。 藤田:ああそうね。 この12小節目ね。 でもここのフォルテ、僕はここピアノでもいいんじゃないかなぁと思うんだけどね。 ここから16、17小節目にかけて、息の長いクレッシェンドの山を作ってもいいような・・・。 とにかく、この小さい曲中にも、いろんな演奏解釈の可能性が開かれてます。 広報:曲の最後ですけど、ユニゾンのミレドシラがあって、ジャーンと終わるこの感じ。 ここにも花があるんです。 会長:これはね、子供心に、くる。 藤田:そうね。 このユニゾンはくるね。 最低音がここで出て来るんだもんね。 会長:そして跳躍。 最終和音。 藤田:これはもぅ、ピアニスト気分になっちゃうね(笑) 会長:なりますなります!完全になりますよ。 藤田:非常にインパクトのある、強い曲ですね。 その意味でも「アラベスク」っていうタイトルは不思議です。 普通「アラベスク」というと、もっとこう軽やかなものですから。 すらすらすら~とした感じ。 会長:なのに、私にとってはこれが「アラベスク」に・・・(笑)。 ブルグでイメージが付いちゃったものって、他にも結構あって、「タランテラ」だとか「バラード」だとかも。 藤田:ああ、「タランテラ」とか、確かにそれありますね。 広報:あ、私も「バラード」といえばショパンのバラードより、ブルグです。 藤田:さすがにそれはないな。 すみません、まだその域まで行っていません(笑)。 広報:いや、どうぞ来てください。

次の