ヨアングリモー 評価。 【ウイイレアプリ2020】おすすめ最強監督ランキング!評価点満点の監督から上位20名を厳選

【ジダン(ウイイレアプリ )】最強レジェンドになる予感!全てを兼ね備えた使用感最強OMF!

ヨアングリモー 評価

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020に 搭載されている監督を、評価が最高評価点が上位の監督から順番にトップ20名をピックアップしました。 評価4点の割合が高い順にランキング形式で書いていきます。 同数の場合は、評価3点の割合が高い方が上位です。 評価点とは、当サイトのTwitterアカウントの投票機能でを使い、各選手を評価点4点〜1点でユーザーのみなさんに評価してもらったものです。 評価4点が最高点で、評価1点が最低点です。 是非監督選びの参考にしてみて下さい。 また、このランキングは 新しい監督が搭載されるごとに随時更新予定です。 あとで読んでほしい監督記事• ルイス・アルベルト・ロマン グアルディオラ 【ポジション別】選手一覧• 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,246• 最新記事•

次の

【ウイイレアプリ2019

ヨアングリモー 評価

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をまとめたので、ご紹介させていただきます。 とりあえずは、今回紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介!【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 4-3-2-1 ヨアン グリモー(ジネディーヌ・ジダン) 1トップのジダン監督です。 とにかく、中盤での守備が強い! 中盤でボール奪取してのショートカウンターがさらに強い。 サポート距離4と、カウンター戦術があいまって、1トップながら攻撃力も抜群です。 OMFには、プレースタイル2列目からの飛び出しの選手を一人は配置したほうが、攻撃の手詰まり感を解消できる。 注意事項として、CMF、DMFの選手器用には、極力パス能力の高い選手を配置すること。 選手間の距離が近い戦術なので、ショートパスがずれてしまうと、致命的なカウンターを受けることになる。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-1-2 フェルナンド・サントス 前作でも大人気、今作でも、人気の高い監督です。 今作強いといわれる、4-3-1-2のダイアモンド型のフォーメーションです。 とにかく、攻撃がしやすい。 ボールを味方が持つと、みんなが前に向かって走ってくれます。 サポート距離も長いので、長めのボールを配給することになり 少ない手数で大きなチャンスを作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-2ー2 クリストバルブエナ(シメオネ) 相変わらず守備が安定する監督というのが特徴です。 2トップでサイドハーフとダブルボランチの配置ができる監督です。 3トップ布陣の相手に対して、固い守備のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ストーレ・ソルバッケン との大きな違いは、ポジショニングが流動的になっていること。 とくに、CMF、DMFの選手のプレースタイルの組み合わせによっては、かなりチームとしての個性に違いが出ます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-3-3 ゲールノート・ツァイツラー(ユルゲン・クロップ) 今作で、かなり人気の高い監督です。 前線のST3枚をCFに変更できます。 いわゆる3CFの配置ができる監督です。 ディフェンスラインも高めなので、事故失点を軽減させる効果も期待できます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 バロータ かなり、大人気監督のに似ているコンセプト。 守備コンセプトが、とても強いです。 やはり大きな特徴は、 可変フォーメーションが使えることです。 可変フォーメーションで、2OMFが配置できます。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術のコンセプトは同じで、ポジション配置が若干異なるだけですので、オフェンシブ戦術を使用してもらえればいいです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 セシリオトゥナル(フレン・ロペテギ) オフェンシブ戦術がオススメです。 守備的に配置するなら、真ん中のCMF1枚をDMFに変更します。 プレースタイルがアンカーの選手を配置すると守備の安定をはかれます。 トゥナルの強さは、サイド攻撃のショートカウンター。 ほどよい選手同士の距離感で、選手のもつ固有の動きを最大限に活かしつつ、攻撃を作り出すことができます。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-1-2-3 ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ) この監督のフォーメーションの場合、2OMFが、しっかり後ろから攻撃のサポートをすることで、攻撃の切れ間を埋めてくれることができます。 サポート距離が6と、距離感もちょうどよく、パスを繋いで連動した攻めができます。 ほぼ、5人で連動的に攻めるのは圧巻です。 ドンドン、ガンガンで攻めたいタイプの方にオススメです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 4-2-1-3 ピーチェ ブール(エリック テン ハーグ) 3トップで1人のOMFの配置ができる監督です。 DMFを2枚置けるところが強い! ただし、攻撃の手詰まり感を解消するためにも、一人は「プレーメーカー」か「ボックストゥボックス」または「ハードプレス」を置いたほうがいい。 3バックの相手に対して、かなり有効な攻撃のできる監督です。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-2-3 城福 浩 3トップで3バックの監督です。 オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術にかわりありません。 日本人監督では、攻撃力は最強です。 やはり、3CFができる監督は攻撃がとてもしやすい。 なおかつ、サイドハーフを配置できるので、攻撃の手詰まり感がほとんどありません。 ただ、守備は難しい。 きをつけることは、相手のハイプレスからのサイドアタック。 こういった攻撃に対してはかなり警戒しておかなければ、おおきなピンチを迎えます。 サイドハーフの選手を守備の上手い選手にして、下がり目のポジションにして5バックのような陣形にするのもオススメ。 もともと攻撃力が高いし、ハイプレスをかけるタイプの監督ではないので、中盤の選手を守備的に配置してしまえば、実は守備も堅い。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 ヨアヒム・レーヴ 3トップで3バックの監督です。 ハミロ・アメリカーノ監督やと同じようなシステムですが、その中でもヨアヒム・レーヴ監督は、 とても攻撃的なスタイルです。 コンセプト的には、ハイプレス気味になっています。 当然、守備操作が難しい監督ではあります。 ただし、 サイド攻撃の火力は抜群です。 前線の両サイド2枚がチャンスメイクをして、 サイドハーフが中に切り込んでフィニッシュまで持ち込むという形をとっていけば、サイド攻撃の受けに弱い相手にとっては、殴り合いの試合で負けることはありません。 と、いっていいほどの攻撃力です。 ただ、前述の通り、守備が難しい監督であることは間違いない。 守備スタイルは、相手の攻撃を待ち構えるスタイルだと抑えきれないので、やはり ハイプレスによって高い位置で相手のボールを奪うイメージで守備にまわる必要があります。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 3-2-3-2 ジャン・ピエーロ・ガスペリーニ 中央攻めに対して、非常に相性のいいのが3バックです。 しかも、リトリートアグレッシブで硬い守備ができる監督。 当然ながら、3バックなので、相手のサイド攻撃には気を配る必要がありますが、それ以外の攻撃への守備対応が、とても優秀。 3人のセンターバックと、2人の守備的中盤の選手で、縦パスを受けた相手選手を挟み込むように対応できる。 中央攻めへの対応力はとても高いです。 詳しくは下記の記事でご確認ください。 まとめ プレイヤーの操作スキルに大きな差はないとおもっている 冒頭にも記載しましたが、 監督・戦術を選んでいくということの重要性は、プレイヤースキルと同じくらい大切なことだと考えております。 サッカーというスポーツにおいて 戦術面において相性があるからです。 ウイニングイレブン2020でのmyClubでの対人戦では、よほどのことがない限り、選手個人の能力値というのは大きく差がありません。 また同じレート帯では、 プレイヤーの操作スキルも大きな差があるとはおもっていません。 となると、やはり 作戦・戦術的に相性として優位に立てたほうが、アドバンテージが取れると考えています。 柔軟に対応できるように 「 どのような戦術やコンセプトの相手と対戦することになっても、相性が良くなるよう対応できる」 という考え方ベースにスカッドを組んでいくことが必要になります。 これは、実際に相対してから判断するのが確実です。 おおまかにいえば ディフェンスラインの裏に大きく蹴られるのが苦手。 ゴール前でこねられるのが苦手。 中央から攻められるのが苦手。 サイドから攻められるのが苦手。 など人それぞれなので、いろんな攻撃や守備の選択肢を増やせるように 自分や保有選手にあったスカッドを組んでいくことが重要です。

次の

【ウイイレ2020】アントニオ コンテの戦術&フォーメーション│インテル指揮官|yasublog

ヨアングリモー 評価

ヨアン・グリモー監督でFPスカッドで最強! とうとう高マネジメント能力の監督がやってきてくれました。 今までは、 アルベルト・ロマン(グアルディオラ)監督だけが唯一の800超えのマネジメント能力だったんですが、まったく同じマネジメント能力840のヨアン・グリモー監督が登場しました。 これで黒玉やレジェンド、そして、FP選手がみっしりのスカッドも組むことができます。 フォーメーションも一般的な4-3-3なので、使いやすくおすすめです。 今回はいつものように戦術やフォーメーションの話よりは、マネジメント能力の高さに重点を置いて紹介していきます。 なにせごくごく普通の4-3-3なんで。 (まあ、それが逆に使いやすいとも言えます。 ) それではヨアン・グリモー監督の基本データから見ていきましょう! ヨアン・グリモー監督の基本データ ヨアン・グリモー監督は、誰もが知っているジネディーヌ・ジダンです。 現レアル・マドリードの監督です。 現役時代にはバロンドールもワールドカップもチャンピオンズリーグも何もかも手にしている選手でしたし、監督としてもレアルでチャンピオンズリーグを獲得しています。 そんなジダン監督が偽名ですが、帰ってきてくれました。 何より嬉しいのが、先ほどから言っているようにマネジメント能力がめちゃくちゃ高いことです。 FP選手を使うなら、アルベルト・ロマン監督かこのヨアン・グリモー監督で決まり!! 適応力:この値によってチーム適応率の成長スピードに影響します。 を使う必要もないほどの、マネジメントなんで安心です。 適応力92もめっちゃ高くてありがたい! ヨアン・グリモー監督のフォーメーション:安定のカウンター4-3-3 ヨアン・グリモー監督のフォーメーションは、オフェンシブ戦術もディフェンシブ戦術も形は一緒です。 一般的な4-3-3なので、使い慣れてる人もいると思うので簡単に使えます。 選手同士の動きやディフェンスラインの高さもちょうど平均的なのでクセはありません。 一応フォーメーションはこんな感じで調整可能です。 SB:CBとSBを選択可能• 中央MF:DMFとCMFを選択可能• サイドFW:RWG(LWG)とSTを選択可能• CF:CFとSTを選択可能 おすすめフォーメーションは後ほど紹介します。 ヨアン・グリモー監督の戦術:どっちも一緒なので好きな方を! <オフェンシブ戦術> 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ <ディフェンシブ戦術> 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ヨアン・グリモー監督の戦術は、攻撃タイプにかぎらず、すべての戦術が「オフェンシブ」と「ディフェンシブ」で一緒です。 攻撃タイプが、「カウンター」なのでボールを奪ったら、どんどん仲間が前に突っ込んでいってくれるので攻撃がしやすいです。 同じく高マネジメント能力のアルベルト・ロマンは攻撃タイプが「ポゼッション」なのでカウンターが好きな人にはヨアン・グリモー監督がおすすめです。 さらに 「フォアチェック・サイド・アグレッシブ」が好きな人にもおすすめです。 ヨアン・グリモー監督の特徴• クセがなく使いやすい マネジメント能力840って素晴らしい! 本来、ここでは特徴を紹介していくのですが、ぶっちゃけヨアン・グリモー監督は何の変哲もない4-3-3です。 特別コンパクトなわけでもなく、ディフェスラインが高いわけでもないのです。 他にもいくらでもいる4-3-3と同じです。 何よりも大事なのはマネジメント能力840であり、どんなにFP選手やレジェンド選手を配置しても問題ないところです。 クセがないのも素晴らしい! とはいっても、さすがジダン監督です。 不振のレアル・マドリードをすぐに復活させてくれるだけあって、クセのない誰でも使いやすいフォーメーションになっているのです。 無駄にディフェンスラインが高くなっているわけでもなく、選手間の距離が広いわけでもないので、4-3-3が好きな人なら普通に使いやすいフォーメーションです。 マネジメント能力の高さをチェック! やっぱりヨアン・グリモーの素晴らしさはフォーメーションよりも、マネジメント能力です。 実際にどれだけブッこめるかをチェックしてみました。 FP選手でガチスカッド!余裕のマネジメント能力840! まず、ヨアン・グリモー監督でやりたいのは、やっぱりFP選手でパンパンにすることですよね。 FP選手ってどれも黒玉雷級までレベルアップしちゃうので、マネジメント能力が700くらいでもオーバーしちゃうこともありますからね。 ヨアン・グリモー監督は、マネジメント能力840なので全然余裕で最強のスカッドを組むことができます。 アルベルト・ロマン以外ではFPスカッドは楽しめなかったんで、これでバリエーションが1つ増えましたね! レジェンドスカッドでも余裕! FP選手が大丈夫なら当然、レジェンドスカッドも余裕です! 画像では、現在育成中のレジェンドも混ざってますが、レベマのレジェンドでやっても800くらいだったので問題なしでした! これはこれでとても楽しいスカッドです。 レジェンドスカッドやFPスカッドはツアーを回るのに便利なスカッドなので、ポイントをゲットしやすくなります。 ヨアン・グリモー監督のおすすめフォーメーション配置 ヨアン・グリモー監督のフォーメーションはごくごく普通の4-3-3とも言えるので特別な配置などはありません。 とはいえ、 最大のメリットはマネジメント能力なので、自分の持ってる選手の中で最強の選手を配置していきましょう! CFの選び方:「ボックスストライカー」がおすすめ CFにはおすすめは「ボックスストライカー」ですが、ケインのように何でもできてオフェンスセンスも高いCFならラインブレイクだけに頼らないので、CFに配置してもOKです。 むしろポストプレイヤーはあまりカウンターには向いてないので、あまりオススメしません。 おすすめチャンスメイカー• FPデ・ブライネ• FPヴェラッティ• FPエジル• ダヴィド・シルバ• アセンシオ MFの選び方その2:真ん中はCMFでトップ下に もう1つ4-3-3での中央の配置があります。 それが、「DMF・CMF・DMF」の配置です。 これをやるとCMFのポジションの選手がトップ下のような配置になれるので、CFの後ろにMFを配置しているようになります。 もちろん、監督ほど分かりやすい、4-2-1-3にはなりませんが、デ・ブライネのような強力なOMFをCMFの位置に置けば、かなりトップ下のような動きをしてくれるのでおすすめです。 理想は、「チャンスメイカー」か「ナンバー10」ですが、前にも飛び出してくれる「チャンスメイカー」がおすすめです。 おすすめGK• FPドンナルンマ• FPテアシュテーゲン• ノイアー• FPレーノ ヨアン・グリモー監督で配置すべきオススメ選手 最後にフォーメーションでも紹介した選手たちの中でもっともおすすめの選手の能力値を紹介していきます。 今回はせっかくマネジメント能力が最大のヨアン・グリモー監督なので、FP選手を中心におすすめします。 CFボックスストライカー:FPルカク(なければ通常ルカク) RWGウイングストライカー:FPサラー(第2弾)(なければ通常サラー) LWGインサイドレシーバー:リシャルリソン DMFアンカー:FPエンゾンジ(なければ通常ブスケツ) CMFチャンスメイカー:FPデ・ブライネ(なければ通常デ・ブライネ) CMFボックストゥボックス:FPポグバ(なければ通常版ポグバ) CB:FPクリバリ(第3弾) RSB:バリオス LSB:マルディーニ(なければグスタボでコンバート) GK:FPドンナルンマ(なければノイアー) まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 いやーヨアン・グリモー監督がでてきたときは、よっしゃーって思いましたね。 なにせアルベルト・ロマン監督でしか、FPスカッドを組めませんでしたからね。 これで800超えのマネジメント能力は、アルベルト・ロマン監督で2つと、ヨアン・グリモー監督で1つ、の計3つです。 と、そんな矢先にアルベルト・ロマン監督でOMFを3人おけるのが出始めたようです。 今度はそのフォーメーションも特集していきたいと思います。 おそらくの3OMFバージョンと同じ形だと思います。 いずれにしろ、今後もマネジメント能力800超えの監督はもっと増やして欲しいところですね。

次の