高橋 大輔 アイス ダンス。 アイスダンス転向!髙橋大輔が村元哉中と語るその理由

高橋大輔が語ったアイスダンス転向の背景と意味:時事ドットコム

高橋 大輔 アイス ダンス

12月20日、全日本フィギュアでの高橋大輔選手。 声援がやまなかった Photo by Getty Images 「氷の爆発」というアイスショー それは、彼の男子シングル競技の卒業と、アイスダンス転向への門出を祝う、盟友たちとの「祝祭」のようなショーだった。 2020年からはアイスダンスの競技者、という新たな道を歩き出した高橋大輔選手。 昨年12月、満身創痍の体で前代未聞のプログラムに臨み、燃え尽きた全日本から約2週間強。 自らが座長を務める新たなアイスショー「ICE EXPLOSION 2020(アイス エクスプロージョン2020) 」が、1月の10日から12日までKOSE新横浜スケートセンターで行われた。 特徴的なのは、海外からはアイスダンスのカップルが3組、ペアが一組とカップルが多いこと。 華やかで、高橋選手の門出にふさわしいメンバーだ。 「ICE EXPLOSION(氷の爆発)」というショータイトルは、高橋選手自らつけたそうで、一体どんな爆発的なショーになるものか。 ライトが消え、雷鳴がリンクにとどろき、ショーが始まった。 黒いコートのフードをかぶった高橋さんが登場し、もう一人の黒いコートの人物と舞い、突如精も魂も尽き果てたように崩れ落ちる。 その後、時空を超え、勇者になるために集まってきた仲間たちの力を借りて、元々もっていた様々な力を解放し、勇者として復活。 そこからノリのいい音楽に代わり、高橋さんが、名スケーターたちを率いて氷上で魅せる。 キレとニュアンスのある滑りは、圧倒的な存在感。 その一幕はまるで昨年の全日本で一度燃え尽きた、高橋大輔自身の甦りを想起させるようだった。 このオープニングからファンタジーのストーリーのショーが始まってもおかしくない、物語性の強いオープニングだった。

次の

高橋大輔の「アイスダンス挑戦」に落胆するファンがいるワケ

高橋 大輔 アイス ダンス

昨シーズン復帰を果たしたフィギュアスケートの高橋大輔。 4年のブランクを感じさせず、全日本選手権では2位という成績を収め、ファンからは世界選手権への出場も期待されていたが、世界大会に出るだけの準備ができていないとの理由で国内大会だけでシーズンを終えた。 今シーズンはスケート連盟の特別強化選手にも選抜され、GPシリーズにこそ出場しないものの、全日本で表彰台に立って今年こそ世界選手権に出てくれるのではと多くのファンがその活躍を期待していたのだが…。 「アイスダンスは日本では強い選手がおらず、これまでの国際試合での最高位は15位にとどまっています。 引退したクリス・リード選手とパートナーを組んでいた村元哉中選手がパートナー探しを続けるなかで、高橋選手に白羽の矢を立て、アイスダンスに誘ったようです」(スポーツライター) ダンス好きで、今季のプログラムにもダンス要素を多く取り入れた新しい発想の内容構成にしていたという高橋。 アイスダンスへの適応に問題はないだろう。 また、新しい挑戦によってモチベーションが高まり、ジャンプがない分、シングルより長く続けられそうで、いいことずくめのようにも思えるのだが…。 「この転向に、ガッカリするファンが少なくないのです。 昨シーズンは見送った世界選手権に、今年こそは挑戦してくれると思っていたのに、1月からアイスダンスに転向ということは、またもや全日本選手権だけでしかその演技が見られないということ。 好きだからこそ悔しいというブーイングが出ているのです。 他方、特別強化選手なのに国際試合には出ず、全日本への出場権だけを得ることに対する批判もありますね。 その分の強化費枠を将来有望な若手選手に譲るべきということのようです」(前出・スポーツライター) 2022年の北京五輪を目指したいと公言している高橋・村元ペア。 やるからにはファンを納得させる最高のアイスダンスを見せてほしいものだ。 (芝公子).

次の

高橋大輔×村元哉中「一緒に決めた」目標は五輪出場

高橋 大輔 アイス ダンス

>高橋大輔のアイスダンス転向について。 >メディアやネットでは歓迎ムードですが、ぶっちゃけ、もう無理にアマチュアで滑って若手の枠を奪い去らなくても良くないですか?と思うのは自分だけです か? 日本のアイスダンスの現況をご存知でしょうか。 実際のところ、日本アイスダンス界には、村元高橋組が誰かから奪い去るような「枠」などほぼ存在しないのです。 また「奪い去られる若手」もほぼ存在しません。 ある程度のレベルのダンスカップルが、結成しさえすれば国際試合に派遣してもらえます。 世界選手権こそ1枠しかないですが、ミニマムスコアさえあれば四大陸には3組出られます。 しかし資金や故障や相性などの問題があれば、あっさりと解散してしまいます。 男女シングルとは全く状況が違うのです。 >彼は周りが甘いから何もかもやりたい放題で、優遇されまくってる感じがして見ててイライラします。 「やりたい放題」に遊んだりダラダラするならともかく、ストイックに毎日厳しい練習をして試合に向けて研鑽する、というのは「やりたい放題」という言葉が適当なのでしょうか(笑) 優遇というのが何を指しているのかはわかりませんが、人気のある元世界チャンピオン・五輪メダリストが30歳を超えてからダンスに転向、というのはこの競技でも滅多にないことで、世界でも話題になっています。 このニュースに関心のある人は多いでしょうし、興味のある人がいるからテレビや記事で扱うことも多いのでしょう。 アイスダンスはシングルとはまったく違う要素がたくさんありますから、高橋選手がアイスダンサーとして成績を残すのは簡単なことではありません。 ただチャレンジしただけで終わるかもしれません。 それでも恐れずに新しいことをやってみようと思ったこと自体が、彼にとってもファンにとっても、またこの競技にとっても、価値があるのだと思いますよ。 質問主のような人や、アイスダンスの方が簡単で楽だから転向すると思っている人を見ると、フィギュアファン自体は増えていないんだなと残念な気持ちになります。 高橋選手は前の現役時代、アイスダンスに誘われたり、海外のダンス選手からタカハシがダンサーでなくて良かったと言われるほど、ダンスに向いた才能のあるスケーターです。 それでも今回転向した後、実際にアイスダンサーとしてどれほどの成果を残せるかは判りません。 ただ、高橋選手がダンスをやる事で、いままで結果発表だけ、エキシの演技だけしかテレビで放送されなかったカップル競技が、地上波で取り上げられるようになるのは間違いありません。 質問主がイメージしている、高橋選手の転向で割りを食う若手がどなたなのかは知りませんが、少なくともそういった選手たちにスポットライトが当たる可能性もぐんと上がりました。 圧倒的にカップル競技の弱い日本で、それをきっかけにレベルが上がっていくなら、喜ばしい事だとは思わないのでしょうか? 優遇とは特強指定の事のようですが、高橋選手は昨年の全日本で表彰台に乗り、自動的に資格を得ました。 特強には、どの試合に出なければならないというような規定はありません。 質問主のイライラは、フィギュアについて知らないことが多すぎるからのように見えます。 もう少し勉強すれば誤解も解けて、イライラもなくなるかもしれません。 日本のアイスダンスに羽生選手宇野選手レベルの選手がゴロゴロいて、高橋選手が食い込むことでオリンピックに出られない選手が出てくる!というのなら質問主さんの言いたいこともわかりますが… バンクーバーやソチの女子シングルはまさにオリンピック枠の争奪戦!って感じだったから、そのイメージで言ってるのかしら? 今の日本のアイスダンスは世界に通用するペアがいません。 高橋選手が、質問主さんの言うような若手の枠を奪えるくらいのアイスダンス選手になってくれるのなら、素晴らしいことじゃないですか。 高橋選手と若手が切磋琢磨して世界に通用するペアが生まれるなら、フィギュア界にとって願っても無いことです。 人気と実力を兼ね備えた選手が貢献することは全然悪いことじゃないし、 むしろつらいトレーニングや練習を必要とする現役を選ぶことは、好き勝手やってるとは言えないですよ。 志がすごいです。 普通無理ですよ。 彼ほどの人気があれば、タレントやプロやコーチとしても十分やっていけるはずですから。 ちなみに、昨年の全日本選手権を見ましたか? 高橋選手は合間合間にたくさんの後輩から話しかけられて、リスペクトされているのが伝わりました。 若手にチャンスを与えたいからと、世界選手権も辞退しています。 あなたのイライラは的外れですよ。 質問者様は、ただただ高橋さんを叩きたいだけで、この質問をしているのでしょうね。 そのような方を、私はフィギュアファンとは思いません。 男子フィギュア界をここまで引っ張って来られたのは、高橋さんです。 そして、高橋さんの人柄がよく分かる例として、先輩にあたる本田武史さんや田村岳斗さん荒川静香さんなどとの関係が睦まじいということです。 それは、高橋さんが常に先輩に対してのリスペクトの心を持っているからこそです。 何かと高橋さんの行動にケチをつける方々は、本当にフィギュアスケートのファンなのでしょうか? 若手のチャンスを奪う???いつしましたか? むしろ、氷艶のようなアイスショーを成功させることによって、フィギュアスケートの可能性を広げ、セカンドキャリヤについて考えて行動されています。 彼が村元さんと組むことによって、アイスダンスの今後の発展に多大な貢献となります。 マイナスの要素はないんです。 今後、ペアをやりたい、アイスダンスをやりたいというジュニアが育ってくれるのなら、それが一番日本のフィギュア界にプラスの効果をもたらしてくれることでしょう。

次の