お悔やみの言葉 上司。 上司に「お悔やみ申し上げます」と伝えても良い?お悔やみの言葉のマナー

【相手別】訃報への「お悔やみメール」文例|友人/取引先/上司/同僚

お悔やみの言葉 上司

21文字 8502 突然の悲しいお知らせに、信じられない思いです。 みなさまのご心痛をお察しし、すぐにでもお慰めに駆けつけたいところですが、今は遙かな地よりご冥福をお祈り申し上げます。 81文字 8503 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。 もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 78文字 8504 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの笑い声を思い出しています。 まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。 心からご冥福をお祈りいたします。 90文字 8505 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 22文字 8506 ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 23文字 8507 ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 21文字 8508 ご訃報に接し、惜別の念を禁じ得ません。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8509 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 46文字 8510 ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 35文字 8511 いつまでもお元気でいてくださると思っておりましたので、ご逝去のお知らせにただ驚くばかりです。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 73文字 8512 ご逝去のお知らせを受け、悲しみにたえません。 すぐにでもお別れに伺いたいのですが、今はただ遠方より故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。 68文字 8513 突然の悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 36文字 8514 悲報に接し、悲しみにたえません。 ご遺族の皆様のお力落としをお慰めするすべもなく、ただ心よりご冥福をお祈り申しあげます。 59文字 8515 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心からご冥福をお祈りいたします。 42文字 8516 ご生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申しあげます。 42文字 8517 ご訃報に接し、惜別の情を禁じ得ません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 41文字 8518 ご訃報に接し、今はただご生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、お祈り申しあげます。 60文字 8519 ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 28文字 8520 突然の悲報に接し、呆然としております。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 63文字 8521 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 23文字 8522 訃報に接し、私も深い悲しみに暮れています。 ご家族で過ごされた思い出をいつまでも大切になさってください。 心からご冥福をお祈りいたします。 67文字 8523 悲報に接し、まだ信じられない気持ちでいます。 たくさん泣いて、しっかり送ってあげてください。 遠くからですが、私も哀悼の気持ちをお送りします。 89文字 8524 突然の悲報に涙が止まりません。 ご家族の哀しみ、どんなにかお辛いことでしょう。 心からご冥福をお祈りいたします。 どうかお気持ちを強く持ってください。 お力になれることがあれば、なんなりとおっしゃってください。 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 一日も早く悲しみの中から立ち直られますように、祈念してやみません。 やむを得ぬ事情ですぐに参上することができません。 今はただ遠方よりご冥福をお祈りいたします。 どうかご家族のためにもしっかり生きてください。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 70文字 8530 ご生前のご功績と温情が偲ばれます。 どうぞ安らかに永眠されますようお祈り申し上げます。 61文字 8531 友との別れに際しあまりにも突然のことで言葉が見つかりません。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 60文字 8532 こんなに早い別れになるなんて信じられないよ。 沢山の優しさをありがとう。 穏やかな旅立ちでありますように。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 100文字 8602 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 103文字 8604 ご急逝を知り、ただ驚くばかりです。 どうかお力落としなく、ご家族のみなさまが心をあわせて強く生きて行かれますよう祈っております。 63文字 8605 突然の悲報に接し、驚きと共に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申しあげます。 68文字 8606 ニュースで悲報を知り、現実のこととは思えずただ茫然としております。 ご家族の皆様のお力落としを思うとお慰めする言葉も見つかりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 81文字 8607 思わぬ悲報に接し、ただ驚くばかりです。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8608 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申しあげますとともに、在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 76文字 8609 突然の訃報に接し、大変驚いております。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、故人の安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 69文字 8610 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 28文字 8611 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。 83文字 8612 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 69文字 8613 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 52文字 8614 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 79文字 8615 お父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8616 お父様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8617 ご尊父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご母堂様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 58文字 8618 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8619 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 29文字 8620 ご主人様のご逝去の報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします。 30文字 8621 ご主人様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 奥様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 56文字 8622 ご主人様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 84文字 8623 奥様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 49文字 8624 奥様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 61文字 8625 ご令室様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 51文字 8626 ご令室様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8627 ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8628 ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8629 ご子息様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8630 ご子息様の突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからと言う時での旅立ち、無念で涙がとめどなく溢れました。 御家族の皆様にも大変な悲しみいかばかりかとお察し申し上げます。 ご冥福をお祈りいたします。 102文字 8631 ご令息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8632 ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8633 お嬢様のご逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 50文字 8634 お嬢様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8635 お嬢様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8636 お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 57文字 8637 ご母堂様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 26文字 8638 お母様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 50文字 8639 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8640 お母様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8641 お母様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8642 ご母堂様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8643 お母様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 これまでのご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 60文字 8644 ご岳父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8645 ご岳父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8646 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8647 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8648 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8649 ご岳母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 どうか安らかな旅立ちでありますように。 心からご冥福をお祈りいたします。 61文字 8650 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8651 ご丈母様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげます。 心からご冥福をお祈りいたします。 65文字 8652 ご丈母様の突然の悲報に接し、ご家族皆様のご心情、いかばかりかとお察しいたします。 心から哀悼の意を表し、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 73文字 8653 ご丈母様のご逝去のお知らせを受け、ただ驚いております。 ご家族のお悲しみはいかばかりかと存じますが、どうかご自愛ください。 心よりお悔やみを申し上げます。 75文字 8654 ご丈母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 62文字 8655 悲しみのお気持ちを拝察いたします。 在りし日の大切な思い出を心に浮かべれば、おじいさまもきっと安らかにお眠りになることと思います。 心からご冥福をお祈りいたします。 謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心から哀悼の意を表します。 ここに謹んでご哀悼の意を表するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。 ご悲嘆のあまりに、体調を崩されることのないよう、ご自愛ください。 お慰めの言葉も見つかりません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご遺族の皆様方にはお慰めする言葉も見つかりませんが、ご悲嘆のあまり体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 ご遺族の皆様のお悲しみは、いかばかりかとお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 51文字 8672 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を捧げます。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ご家族の皆様は、さぞやご心痛のことと拝察いたします。 一日も早く悲しみの中から立ち直られますよう、祈念してやみません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 43文字 8678 お父様の訃報に際し安らかに永眠されますよう心から哀悼の意を捧げます。 ご家族の悲しみはいかばかりかとお察し申しあげます。 くれぐれもお身体をお大事になさってください。 81文字 8679 突然の悲報に接しお悔やみ申しあげます。 心痛をお察しいたしますがご家族みなさまがお力を合わせてこの悲しみを乗り越えられるよう心からお祈りいたします。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8702 突然の悲報に接し、驚いております。 貴社ご一同様ご傷心のほど深くお悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈り申し上げます。 生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご冥福を心よりお祈り申しあげます。 77文字 8704 ご遺族様はじめ社内ご一同様のお嘆きのほど、拝察致します。 心からご冥福をお祈り申し上げます。 45文字 8705 社長様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 50文字 8706 社長様のご逝去を悼み、社員ご一同様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 52文字 8707 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 61文字 8708 社長様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 奥様並びに社員の皆様方のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 64文字 8709 会長様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8710 会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 55文字 8711 会長様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも社員皆様お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8712 先生のご訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 ただ残念でなりません。 ご冥福をお祈りいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 謹んで哀悼の意を表します。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 お悔やみ申し上げるとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。 自社のみならず幅広く社会貢献されて来られました故人の業績にはただ脱帽するのみでございます。 心からご冥福をお祈りいたします。 90文字 8720 突然の悲報に社員一同、呆然としております。 何のお返しも出来ないまま誠に無念なお別れではございますが、今はただご冥福を祈るのみで御座います。 仕事でのお付き合いだけではございましたが、責任感が大変強く何事も一生懸命されるお姿には何度も感動をおぼえました。 会社にとりましても御家族に取られましても大きな宝を亡くした悲しみはお察し申し上げます。 心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前の数々のご功績を偲ぶと共に、心よりご冥福をお祈りいたします。 59文字 8723 故人のご厚情に深く感謝し、ご功労に敬意を表して、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご遺族のみなさまならびに社員ご一同様に心からお悔やみ申しあげますとともにご冥福をお祈りいたしております。 31文字 8726 ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 42文字 8727 ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8728 ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心から安らかなる旅立ちと、ご冥福をお祈りいたします。 58文字 8729 ご主人様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8730 ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前の面影を偲び、遠方よりご冥福をお祈りいたします。 改めてご冥福をお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 ご冥福を心よりお祈り致します。 謹んでご冥福をお祈り致します。 ご生前の面影を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 心ばかりお花を送らせていただきました。 45文字.

次の

「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」もう迷わない正しい使い方

お悔やみの言葉 上司

6月 29, 2016 7月 29, 2019 このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える「 友達や上司に伝える【お悔やみの言葉・例文】」についてご紹介しています。 突然の訃報 友達や上司の母親が亡くなったなどの訃報の連絡を受けたとき「お悔やみの言葉」を伝えますが、どのような言葉をかけてあげたらいいか、迷いますよね。 相手は突然、家族を亡くし落ち込んでいる事でしょう。 そんな時に、どんな言葉をかけてあげたらいいか?親しい友達に対してと上司などの目上の方に対してと、伝え方は様々です。 今回は、 葬儀や 通夜などで使う「 お悔やみの言葉」を 例文にして記載しますので参考にしてみてください。 追悼の言葉• お悔み基本フレーズ• 法事で使われるフレーズ 1.お悔み基本フレーズ まことにご愁傷さまです お悔みの基本フレーズ。 お力落としのないよう、お体にお気をつけください」 心からお悔やみ申し上げます こちらも葬儀や通夜で使うお悔みの基本フレーズ。 本当に急なことでしたね 葬儀の参列者が遺族にかける、ねぎらいの言葉。 急病など、一か月~二か月ほどで亡くなったような場合に使うフレーズ。 おだやかなお顔ですね 故人と対面した時に使うお悔みのフレーズ。 心からお悔やみ申し上げます」 本当にお体を大事にしていただかないと 長年連れ添った夫婦の一方が亡くなった場合など、遺された方を励ます言葉。 私でお役に立てることがあれば 遺族と親しい仲などの場合使える。 相手を思いやる気持ちを伝えるフレーズ。 心からお悔やみ申し上げます。 心ばかりですがご霊前にお供えください」 2.法事で使われるフレーズ 早いもので、もう一年になります 一周忌の法要で、喪主をつとめた者が使うフレーズ。 故人のことをお忘れにならずに、こうしてお集まりくださいまして、うれしく存じます」 ・ 月日がたつのは、早いものですね 法事でよく使われる言葉。 最後に 葬儀や通夜などで使う「お悔みの言葉」について記載しました。 遺された遺族に、どのように声をかけてあげたらいいか、迷いますよね。 アナタの気持ちが伝わるように、しっかり伝えてあげましょう ・.

次の

お通夜のときの上司への言葉!お悔やみとご愁傷様どちらが正解?

お悔やみの言葉 上司

お悔やみの言葉をメールで伝えることは略式であるため、相手の方に失礼にあたらないように配慮をする必要があります。 しかし、どのようなケースであればお悔やみメールを送ってもOKなの? お悔やみメールにはどんなことを書けばいいの? お悔やみメールで気をつけることは? など、わからないことがたくさんあると思います。 こちらではそんな疑問を解決するために、 会社の上司に送るお悔やみメールについて詳しく解説していきます。 お悔やみメールを送ってもいい場合とは? 本来、お悔やみの言葉は直接お会いして伝えるもののため、お悔やみメールはあくまでも略式であることはご説明しました。 そのため、お悔やみメールを送っても良いのは、 親しい間柄の相手や仕事関係の相手、遠方に住んでいる相手などになります。 たとえば、仕事の取引相手や会社の上司・同僚など仕事関係の方の場合、普段からメールのやりとりをする機会が多いため、メールで訃報を受け取るというケースもありえます。 訃報をメールで受け取った場合も、お悔やみメールを送っても問題ないとされています。 メールで訃報を知ったら、早めにお悔やみのメールを送るようにしましょう。 お悔やみメールにはどんなことを書くの? 実際にお悔やみメールを送る場合、どのようなことを書けばいいのでしょうか? 突然の訃報の際にも困らないように、 お悔やみメールのポイントを押さえておきましょう。 お悔やみの言葉• メールという略式で送ることをお詫びする言葉• ご遺族を気遣う言葉 上記のような内容を盛り込んだ文章にすることが大切です。 お悔やみメールで気をつけること お悔やみの言葉をメールで送る場合には、気をつけることがいくつかあります。 お悔やみメールは相手の方の顔が見えない分、細心の注意を払う必要があるのです。 タイトルは簡潔に お悔やみのメールであるとわかるように、 メールのタイトルは簡潔にしてください。 仕事関係のメールなど、1日に何十通というメールを受信している場合もあります。 タイトルを見ただけで要件がわかるように配慮をすることが大切です。 タイトル例は以下の通りです。 重ね言葉・繰り返す言葉 再び・重ね重ね・ますます・たびたび・くれぐれも・いよいよ・まだまだ・追う・続いて• 不吉な言葉 苦しみ・辛い・迷う・浮かばれない• 宗教用語に気をつける 意外と知らないのが、宗教による用語の違いではないでしょうか? よく耳にする「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語であり、その他の宗教では使用しません。 お悔やみの言葉は、 宗教や宗派により異なるため注意が必要です。 神道 仏教用語である「冥福」には「死後の幸福」という意味があり、「死後の幸福を祈る」という意味で「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉があります。 しかし神道では、亡くなった後にその家の守り神になると信じられているため「冥福」や「供養」という言葉を使用することはありません。 神道では、「御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良いでしょう。 キリスト教 キリスト教では、亡くなった後に仏や神になるという考えはなく、神様のもとへ召されると考えられています。 またキリスト教の一部では、亡くなった後は必ず天国に行けると信じられているため、 そもそも死後の幸福を意味する「冥福」を祈る必要がないのです。 キリスト教では、「安らかなお眠りをお祈りいたします」「天に召された〇〇様の平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良いでしょう。 敬称について お悔やみメールでは、 故人への敬称にも気を配るようにしましょう。 お悔やみメールに用いられる敬称と書き方についてみていきます。 ここまでは、上司に送るお悔やみメールについて解説してきましたが、こちらでは逆に 上司からお悔やみメールが来た時の対応についてご紹介いたします。 お悔やみメールに返信は必要? 上司からお悔やみメールをいただいた場合、相手の方のお気持ちに感謝をする意味でも、 お礼のメールを返信したほうがいいでしょう。 ただ、身内に不幸があった場合の葬儀の準備や香典返しなど、やらなければならない事が山ほどありとても忙しくなります。 そのため、お悔やみメールに対してもすぐには返信ができないケースがほとんどだと思います。 まずは無理をせずに、やれることから進めていきましょう。 メールへの返信は、通夜・葬儀が無事に済んだことへのご報告を兼ねて、 後日お返事を送るかたちでも問題はありません。 どんな返信をすればいいの? 上司からのお悔やみメールへの返信には、 お心遣いをいただいたことへ感謝する言葉を入れるようにします。 こちらでは、お悔やみメールではなく 上司に直接掛けるお悔やみの言葉についてご紹介いたします。 出勤時のお悔やみの言葉についてや例文をご紹介いたします。 出勤時のお悔やみの言葉について 忌引き明に出社してきた上司に、どのような言葉をかけるべきなのかと頭を悩ますケースは多いと思います。 まずは、 相手の方(上司)のお気持ちを第一に考えることが大切です。 そして自分の立場をわきまえ適切な声かけができるように心がけてください。 お身内を亡くされて間もないため、心の傷が癒えていない場合もあります。 長く会話をするのではなく、 簡潔に伝えるほうが相手の方にとっても良いでしょう。 お悔やみの言葉の例文 上司に掛けるお悔やみの言葉として一般的な例文は以下のようになります。 お悔やみメールとは、亡くなった故人への哀悼の気持ちを示すために用いられるもの。 お悔やみメールは略式であり、本来は直接お悔やみの言葉を伝えるのが正式なマナーである。 お悔やみメールを送っても良いのは、親しい間柄の相手や仕事関係の相手、遠方に住んでいる相手などである。 お悔やみメールには、お悔やみの言葉・メールという略式で送ることをお詫びする言葉・ご遺族を気遣う言葉を盛り込むようにする。 お悔やみのメールだとわかるように、わかりやすく簡潔なタイトルにする。 氏名や具体的な情報を入れるのが良い。 お悔やみメールを送る際には、「不幸が重なる・不幸が繰り返す」などを連想させる重ね言葉(繰り返す言葉)や、不吉な言葉、生死に関係する言葉を使わないようにする。 「冥福」「成仏」「供養」などは仏教用語のため、その他の宗教では使用しない。 お悔やみの言葉は、宗教や宗派により異なるため注意が必要。 神道では「御霊(みたま)のご平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良い。 キリスト教では「安らかなお眠りをお祈りいたします」「天に召された〇〇様の平安をお祈りいたします」といった言葉を伝えるのが良い。 お悔やみメールでは、故人への敬称にも気を配るようにする。 上司からお悔やみメールをいただいた場合、相手の方のお気持ちに感謝をする意味でも、お礼のメールを返信したほうが良い。 通夜・葬儀が無事に済んだことへのご報告を兼ねて、後日お返事を送るかたちでも問題はない。 上司からのお悔やみメールへの返信には、お心遣いをいただいたことへ感謝する言葉・ご心配とご迷惑をお掛けしたことへのお詫びの言葉・職場に復帰できる時期なども盛り込むと良い。 忌引き明に出社してきた上司にお悔やみの言葉をかける際には、相手の方(上司)のお気持ちを第一に考え、自分の立場をわきまえた適切な声かけができるように心がけるようにする。 お身内を亡くされて間もないため、心の傷が癒えていない場合もある。 長く会話をするのではなく、簡潔に伝えるほうが相手の方にとっても良い。 丁寧に頭を下げながら伝えるようにする。 上司に送るお悔やみメールについての疑問が解決されたのではないでしょうか? お悔やみメールを送る際の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、お通夜や葬儀に関する記事を多数ご用意しております。 以下の記事では、お通夜でのやり取りについて詳しく解説しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の