ハレ晴レユカイ 振り付け。 『ハレ晴レユカイ』を踊るハルヒ・平野綾に声優が続々参戦! 杉田智和「やれやれ…」

ノート:ハレ晴レユカイ

ハレ晴レユカイ 振り付け

記事のファンページ化について [ ] 特にの「踊りについて」の部分ですが、解説が度を過ぎるというか、まとまりを欠く個人の感想の積み重ねになっているように思います。 以下の部分です。 サビの部分に軽快な振り付けが用意されており、アニメではハルヒ達SOS団の5人が曲に合わせて寸分の狂いもなくまさに阿吽の呼吸で踊り上げる ただしキョンの動きが全体的にやや少なく、やる気のない様子が上手く表現されている (朝比奈みくるは自信なさげにカメラから目線を外している)(古泉一樹は張り切りすぎた様子で踊っている)(長門有希はいつも通り無表情である)。 2006年8月13日の版で でキョンについて追加されてから、2007年1月3日に朝比奈みくると古泉一樹が追加され、2007年2月12日には長門有希まで4人分についての注釈が列記されている状態になりました。 が連続していて変な感じを受ける上、の記事に見られるようなファンページ化が進んでいると思われます(その記事ほどではありませんが…) この記事のをご一読ください。 このまま放置しておくと、さらに別のキャラクターについての加筆がなされてますます混沌とした内容になりかねません。 内容が(客観的な??)事実であったとしても、果たして百科事典として追記する必要があるのかも考慮すべきです。 なお、この部分については、異論がなければいずれ(ただし、各キャラクターの性格に合わせて踊り方にわずかな違いが描き出されている)など一般的な表記に改めるつもりです。 もしくは、 の注釈を一切削除するべきです。 -- 2007年2月14日 水 20:45 UTC コメントですが、のど自慢でこの曲が歌われたという記述について、もし歌った女子高生2人がその後マスコミの取材を受けて他のテレビ等に出るようになるなど話題として発展性が出ない場合はのど自慢の記述は削除するべきだと思います。 -- 2007年6月2日 土 11:57 UTC 女子高生がその後どうなったかは関係ないのではないでしょうか?あまり最近のアニメソングが歌われることが無いのど自慢で(女性自衛官が魂のルフランを歌ったのは記憶にありますが)、コスプレまでして本大会に進んで歌ったという事実が大切なのだと思いますが。 この曲の話題性や認知度などに絡めて本記事を充実させるためには、記述を削除するまでには至らないように思えます。 -- 2007年6月2日 土 12:04 UTC さんの意見に賛成。 他にも問題は• 本文より備考の方が分量が多いのは記事全体としていびつ。 『』で使われている事は使われいるという事実が分かれば十分、使用状況は『』の記事側に必要であれば書けばいい。 本ページはあくまで『ハレ晴レユカイ』というのは何なのかを説明するページであって『』のトリビアを解説するページではない。 「要出典」が貼られている所も出典が出せねば削除するべき。 個人的憶測は排除すべき。 のど自慢の件もさんの意見に賛成。 単なるトリビア的内容でしかなく、『ハレ晴レユカイ』という楽曲の説明を充実させるのに何ら寄与していない。 -- 2007年6月2日 土 14:04 UTC 突然ですが、反対意見が出ないみたいなので指摘されている点を一部削除いたしました。 -- 2007年6月4日 月 07:14 UTC 私のは反対意見ではなかったのですかね…?でまぁ、べっ甘七みつ・たけタカひろ氏が意見をおっしゃられていますが、私が「寄与している」、氏が「寄与していない」というだけで、削除依頼とかではありませんが一票ずつの賛否であったのだと思いますが…。 そして、普通wikipediaにおいては1週間ほど期間を置くものですよ。 もう別にいまさら結構ですけどね…。 -- 2007年6月4日 月 07:55 UTC 性急な編集をして大変申し訳ございませんでした。 さんの書き込みも見たのですが、賛否に関して誤った解釈をしてしまったみたいです。 今後気をつけます。 -- 2007年6月4日 月 08:37 UTC よく考えた上で全て差し戻しました。 -- 2007年6月5日 火 04:29 UTC まことにすいませんが、反対意見がこれ以上でない模様なので編集いたしました。 -- 2007年6月22日 金 00:51 UTC ちょっと横から失礼します。 あまり調子に乗りすぎないようにすべきだと思います。 -- 2007年6月25日 月 13:32 UTC 61. 235. 92さんの意見にはほぼ同意しますが、「調子に乗りすぎ」という批判はいかがなものかと。 喧嘩になるだけですよ。 -- 2007年7月21日 土 21:32 UTC 振り付けについて [ ]• 「振り付けはの曲(『』、『』など)との類似が見られる~」についてですが、独自研究としか思えないので記載は認められません。 -- 2007年10月20日 土 13:50 UTC• ご意見自体に特に異論は無いが、氏の「認められません。 」との発言よりは「ここでは、認められていない。 」との書き方の方が、誤解をうまなくていいと思われます。 --neko 2007年10月30日 火 12:43 UTC• 再度IPユーザーによってBerryz工房の記述が追加されていますが、出典の明記が無い限り削除をしたいと思いますがどうでしょうか?コメント依頼出してみます。 -- 2008年1月11日 金 03:48 UTC 修正-- 2008年1月11日 金 03:49 UTC• 出典が明記される様子が無いので削除しました。 -- 2008年1月28日 月 11:27 UTC コメント依頼から来ました。 ハレ晴レとBerryz工房の類似について書いた文章をどこかで見たと思って本棚を探してみましたところ、「超解読涼宮ハルヒ」 の228ページに また、「ハレ晴レユカイ」には、山本の個人的な趣味も演出に大きく反映されている。 そう、山本は大のアイドル好きなのである。 (中略) 山本は「ハレ晴レユカイ」のために、たくさんのアイドルのPVを参考にしたと公言しており、特にBerryz工房の「スッペシャル ジェネレ~ション」や「ギャグ100回分愛してください」などは大きな引用元だろう。 との記述があります。 類似しているかどうかはともかくとして、「類似していると考えている人がいる」ということの出典とはなりうるのではないかと思います。 また、「山本は~公言しており、」の部分のソースが見つかれば、製作者側の意図の出典となるのではないでしょうか。 -- 2008年2月5日 火 18:38 UTC では確かにスタッフの池田さんがアニメのエンディングで流れるダンスを作成する際にアイドルのPVを参考にしたと明言しているものの、だからと言ってアイドルの実名を書くのは問題だと思います。 やはり山本さん本人による公言の出典が必要ですね。 -- 2008年2月6日 水 11:44 UTC 「胸キュン大作戦」について [ ] 本項目の曲のパロディであるということはこの曲を知っていて放送を見た人であれば誰にでも明らかだと思います(おそらく荒らし的に最初に追記された219. 158. 165氏をはじめ)。 その上で、「大作戦」が支離滅裂な曲であったために、コンバットという番組の演出上、曲自体もTVのコント番組のために作られたものと考えられたので、2007年10月20日 土 03:55の版のように編集しました。 たしかにこの部分は憶測が入っているため、「思われる」について要出典タグをとりあえず貼り付けました。 また、「大作戦」について小見出しごとすべて削除するにはあたらないと思います。 2007年10月23日 火 17:59 UTC 深夜番組なのに「ハレ晴レユカイが秋葉系音楽の象徴とされた格好である。 ネット上においては、しばしばジョークとしてハレ晴レユカイこの歌の盗作であるなどとされることも。 」というのはPOV記述なうえ独自研究では?それにテレビ等でこの曲が使われるたびに加筆しなければいけないのでしょうか?-- 2007年10月23日 火 23:53 UTC パロディとして扱われるということ自体がカルチャーとして意味をもっていると思いますが。 「秋葉系音楽の象徴」という表現は一視聴者の主観ではなく、秋葉系を揶揄するコントでパロディソングがオチとして使用された(コントの筋についてはハレ晴レユカイと関係がないので本文には記述していません。 )ことから書いた言葉で独自研究ではありません。 (このあたりは、象徴という言葉の受け止め方によって違うかもしれないので、編集の余地があるかもしれません。 )中立性は保っているのでPOVでもでもないと考えています。 また、ご指摘の後半については申し訳ありませんが要領を得ません。 2007年10月24日 水 07:48 UTC ですからパロディとして使用されただけで「秋葉系音楽の象徴」と記述するのが主観ではないかと言っているのです。 この話が「使用された」だけで話が終わるのでしたら記述するべきではないと思います。 それにネット上で言われていると書かれても検証可能性に問題があります。 -- 2007年10月24日 水 09:21 UTC 瑣末な見方の相違ではないでしょうか?「番組内で」秋葉系の象徴とされた、とすればより誤解を招きづらいかもしれません。 検証可能性についてはコメントを控えます。 (個人的には堂々巡りは避けたいです。 そもそも、インターネット上の流行なるものは検証可能性が極めて低く誰も一次資料を提示できません。 ただし悪魔の証明でないことを示すために強いてあげるとすれば今回の件に関しての「流行」のソースはyoutubeで数千、ニコニコ動画で10万を超える動画の再生数や複数の個人ニュースサイトで扱われていること、など。 ) 2007年10月25日 木 19:42 UTC この場合に関してはハレ晴レユカイの製作者側のコメントが出たなど出典が明記できる後日談が確認できないと、特筆するべき話題にならないので記載は厳しいと思います。 動画投稿サイトに関してwikipedia上で違法行為を肯定しかねない記述をするのは危険ですし。 -- 2007年10月26日 金 03:06 UTC これ以上異論が出ないのでいったん除去しました。 -- 2007年11月3日 土 09:51 UTC ノートでの合意を得ない大幅編集 [ ] さしあたり編集前の版の内容に戻しておきました。 2007年12月20日 木 04:16 UTC 「タイアップ」なのか? [ ] この分野にはあまり詳しくないので質問します。 気になったのですが、本記事では ランティスの楽曲が、タイアップとしてアニメのエンディングにも使われているように読めるようですが、これは本末の関係、業界の慣習etcに照らして正しいのでしょうか。 2008年2月17日 日 04:38 UTC.

次の

ハレ晴レユカイダンス完全版 振り付け解説サイト

ハレ晴レユカイ 振り付け

32歳と思えない猫耳がお似合いですね! 同アニメシリーズでヒロインの涼宮ハルヒ役を演じている平野綾さんは、「 お家で全力ハレ晴レユカイ ついに完成しました!! 」とお家時間の楽しみとして動画を公開しました。 Twitterではエンディングのサビ部分のダンス、Instagramではダンスレクチャーがついた10分ほどの動画が公開されています。 丁寧なレクチャーで、キレキレの全力のダンスを終えた後には、「1番大事なのは、みんなが元気で健康でいることです」などお家時間を過ごすユーザーにメッセージも送っていました。 杉田智和さんの反応 やれやれ。 俺はやらないからな。 白石稔さんも反応 これは凄いぜ涼宮! — 白石 稔 minorunba69 谷口も反応しています。 「 お家で全力ハレ晴レユカイ」杉田智和さん 平野綾さんの動画に反応して、杉田さんもダンス動画を公開しました。 その後の杉田さんから一言。 笑いと素敵なメッセージ 動画で杉田さんは演じたキャラクターと同じ制服を着てキレキレで踊っていますが、アニメ映像から出遅れたり、めちゃくちゃな振り付けとなっています。 体がついてこれなかったのか、腰や足を痛めた様子を見せて途中、画面外から消えてしまいましたが、サビの盛り上がり部分に復帰して全力で踊ると最後は息切れしていました。 そして、動画の最後に「いいから家にいろ。 Stay home. 」というメッセージを入れていました。 『ハレ晴レユカイ』とは? 『ハレ晴レユカイ』とは、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマに使用された曲です。 踊ってみたタグの中では、人気も相まって入門としての人気も高いです。 非常に多くの人による踊ってみた動画がアップロードされ、またその他のネタにも多く登場する楽曲です。 また、Youtubeでは世界各国の人々が踊る様子を見ることができるほどです。 「ハレ晴レユカイ」や「ハルヒダンス」などで検索するとたくさんの踊ってみた動画が出てきます。 ちなみに、このダンスの振り付けは、ピンクレディーの「SOS」をもとにしており、見比べてみると似た振り付けがいくつも見られます。

次の

12年ぶりにSOS団の『ハレ晴レユカイ』が甦る!「鍵」となる5人のメンバーが揃い世界が改変『ランティス祭り2019』DAY3詳細レポート

ハレ晴レユカイ 振り付け

youtubeに、plamooさんの新作 が出ていたようです。 何がスゴイって、DVD第7巻の発売日から わずか二日後の1月28日に公開されてるんですよ。 なんつー早技! 気が遠くなるほど手間が掛かってるはずなのに! 俺が通常編の完全図解を作った時も、plamooさんの 『ガンダム式ハレ晴レユカイ』に強く感化されたもんですが、あれも、第1話放映から数日と経っていない時点での公開でした。 生身の人間によるダンス再現が出現するより早かったのでは…。 自分の手の遅さを省みると、どんよりしますわ。 それにしてもplamooさんってどんな人なんだろう…話を聞きたいなあ。 こちらも拙いながらコンテンツを披露しようじゃありませんか! アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』より、 TV版ED「ハレ晴レユカイ」ダンス・DVD【スペシャルバージョン】 の 振り付け完全図解! 今回は、いよいよ [4]サビAです。 手のひらは前側。 指や手のひらの向きはそのまま。 首:左に傾ける。 1拍に1回転、2拍で計2回転させる。 縦リズムも忘れないように。 首:右に傾ける。 右手:手の甲を上にして顔の横に持ってくる。 指先はこめかみに向ける。 右手: 素早く手のひらを返して、指先を上、手のひらを右に向ける。 これを、3拍目のタイミングに合わせて、円を描くように振り下ろし(手のひらが上向きになる)、そのまま顔の横に戻す。 ここで、手のひらは前の方へ向ける。 腰:重心を左にかけて、腰もやや左に突き出し気味に。 腰:再び右に突き出すように戻す。 人さし指と親指でL字を作り、この指先を左右に振る。 1拍につき2往復、3拍で 計6往復。 右腕は、3拍かけて、前方に回す。 上半身:右腕の動きに合わせて 左に捻る。 ただし首から上は正面を向いたまま。 右足:右膝を軽く曲げ、左膝の前に交差するようにして、やや大きめの足踏みを1拍に1回ずつ。 左足: つま先立ちになる。 つま先は左側を向く(右足を左に捻っているため)。 この状態で縦リズムを取るが、 かかとは床まで下ろさず、つま先立ちを保って上下に動く。 右足:先ほどに続いて足踏みの4回目だが、 小さい足踏みで良い。 4拍の間、右脚のみで、軽い足踏み。 左足:引き続き、 つま先立ちのまま、 かかとは床までは下ろさないで縦リズムを取る。 つま先の向きは前向きに変わっている。 (4月5日追記) 上半身:正面向きに戻す。 手:両拳を握り、手の甲を前に向けて胸の前に構える。 1拍1往復で4回上下させるが、左右の動きはちょうど逆になる。 最初は、右手を下げ、左手を上げるところから始める。 (ぇえー タイミングのずらし方は、同じ人でも、一瞬早かったり遅かったりでその都度違うのですが、 唯一右ダンサー2( キョン)だけは、常に2~3/30秒遅れます。 手のひらは広げてななめ上向き。 上半身: 背筋を反らして、やや右向き。 視線は正面。 足:右に一歩踏み出す。 指先を開き、手のひらは正面。 上半身:背を反らしたまま、やや左向き。 足:左に一歩踏み出す。 同時に手首をひねって甲を前に向け、手を握って拳にする。 上半身:右向き。 足:右に一歩。 少し両拳の距離を縮める。 上半身:左向き。 足:左に一歩。 指先をそろえ手のひらを前に向け、両手のひらを交差させて重ねる。 左手の方が前。 ちょうど、正面からノドを隠す位置。 4拍の間同じ姿勢。 もちろん、 縦リズムは忘れずに。 指を突き出したまま腕を伸ばすのではなく、また腕を引くときにもすぐに他の指が開かれます。 以降も同様。 左手:力を抜いてやや下に下げる。 おおむね、手の甲が前向き。 右足:一歩右に踏み出す。 上半身: まっすぐ正面を向いている。 右に傾いたり、そちらを見たりしていないことに注意。

次の