日本 電 産 役員。 役員等の異動に関するお知らせ

役員等の異動に関するお知らせ

日本 電 産 役員

深澤 献 [論説委員] ふかさわ・けん/広島県出身。 1989年ダイヤモンド社入社。 「週刊ダイヤモンド」でソフトウェア、流通・小売り、通信・IT業界などの 担当記者を経て、2002年10月より副編集長。 16年4月よりダイヤモンド・オンライン(DOL)編集長。 17年4月よりDOL編集長との兼任で週刊ダイヤモンド編集長。 19年4月よりデジタルメディア開発部長兼ダイヤモンド論説委員。 著書に「そごう 壊れた百貨店」「沸騰する中国」(いずれもダイヤモンド社刊・共著)など。 趣味はマラソン。 人・組織を鍛え抜く 日本電産「永守流」 徒手空拳から売上高1兆5000億円のグローバル企業を創り上げた日本電産・永守重信会長。 64社もの企業を買収・再生させた「永守流経営」の凄みは、人と組織の育て方にある。 その集大成として昨年には新社長を指名し後継者育成に着手、また大学経営に参画して未来の人材輩出にも乗り出した。 そんな永守流の全てを明らかにする。 カリスマ創業者の眼鏡にかない、後継者に指名された日本電産の吉本浩之社長。 しかし就任1年目から経営環境の激変による業績悪化に直面し、再び永守重信会長が経営の前面に復帰した。 吉本社長はこの試練をどう乗り越えるのか。 特集(全10回)の 4では、2人の1年間の軌跡を追った。 (ダイヤモンド編集部論説委員 深澤 献) 「潜在能力は高いが 権限委譲には10年かかる」 9月中旬、吉本浩之社長は米中西部のセントルイスにいた。 単発の出張ではない。 7月以降ほぼずっと同地を拠点として世界を飛び回り、家電・商業・産業用モーターや車載モーター事業のてこ入れに奔走しているのだ。 なぜ、永守重信会長から社長のバトンを渡されたはずの吉本社長が長期で本社を離れて海外にいるのか。 その理由を直接聞くべく吉本社長に取材を申し込んだが、残念ながら業務多忙で実現しなかった。 しかし、社長交代から1年余りの永守会長・吉本社長師弟の発言を追うと、その理由が見えてくる。

次の

日本電産[6594]

日本 電 産 役員

深澤 献 [論説委員] ふかさわ・けん/広島県出身。 1989年ダイヤモンド社入社。 「週刊ダイヤモンド」でソフトウェア、流通・小売り、通信・IT業界などの 担当記者を経て、2002年10月より副編集長。 16年4月よりダイヤモンド・オンライン(DOL)編集長。 17年4月よりDOL編集長との兼任で週刊ダイヤモンド編集長。 19年4月よりデジタルメディア開発部長兼ダイヤモンド論説委員。 著書に「そごう 壊れた百貨店」「沸騰する中国」(いずれもダイヤモンド社刊・共著)など。 趣味はマラソン。 人・組織を鍛え抜く 日本電産「永守流」 徒手空拳から売上高1兆5000億円のグローバル企業を創り上げた日本電産・永守重信会長。 64社もの企業を買収・再生させた「永守流経営」の凄みは、人と組織の育て方にある。 その集大成として昨年には新社長を指名し後継者育成に着手、また大学経営に参画して未来の人材輩出にも乗り出した。 そんな永守流の全てを明らかにする。 カリスマ創業者の眼鏡にかない、後継者に指名された日本電産の吉本浩之社長。 しかし就任1年目から経営環境の激変による業績悪化に直面し、再び永守重信会長が経営の前面に復帰した。 吉本社長はこの試練をどう乗り越えるのか。 特集(全10回)の 4では、2人の1年間の軌跡を追った。 (ダイヤモンド編集部論説委員 深澤 献) 「潜在能力は高いが 権限委譲には10年かかる」 9月中旬、吉本浩之社長は米中西部のセントルイスにいた。 単発の出張ではない。 7月以降ほぼずっと同地を拠点として世界を飛び回り、家電・商業・産業用モーターや車載モーター事業のてこ入れに奔走しているのだ。 なぜ、永守重信会長から社長のバトンを渡されたはずの吉本社長が長期で本社を離れて海外にいるのか。 その理由を直接聞くべく吉本社長に取材を申し込んだが、残念ながら業務多忙で実現しなかった。 しかし、社長交代から1年余りの永守会長・吉本社長師弟の発言を追うと、その理由が見えてくる。

次の

役員紹介

日本 電 産 役員

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 305,942 321,580 265,947 242,267 206,986 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 449,149 578,653 650,782 677,281 726,625 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 346,932 399,739 450,488 520,509 633,028 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 283,099 343,199 378,467 390,257 495,590 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 -8,486 35,826 27,515 53,694 51,816 総資産 資産合計。 1,376,636 1,678,997 1,773,199 1,884,008 2,114,045 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 476,815 670,640 526,067 627,185 792,972 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 136,798 161,785 314,631 260,028 371,370 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 763,023 846,572 932,501 996,795 949,703 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 449,149 578,653 650,782 677,281 726,625 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 346,932 399,739 450,488 520,509 633,028 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 283,099 343,199 378,467 390,257 495,590 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 -8,486 35,826 27,515 53,694 51,816 総資産 資産合計。 1,376,636 1,678,997 1,773,199 1,884,008 2,114,045 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 476,815 670,640 526,067 627,185 792,972 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 136,798 161,785 314,631 260,028 371,370 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 763,023 846,572 932,501 996,795 949,703 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 909,953 913,680 1,131,557 1,139,694 1,200,873 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 - - - - - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 147,659 129,853 175,568 170,233 168,049 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -95,377 -211,476 -113,915 -160,844 -311,513 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 7,775 95,848 -116,858 -32,683 128,546 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - - - - - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - - - - - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - - - - - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 101位 128位 95位 100位 総資産 資産合計。 210位 193位 196位 194位 現預金等 105位 107位 141位 155位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 106位 102位 97位 96位 現預金等増減 90位 216位 3,645位 3,579位 3,685位 1953年9月21日生 1976年4月 大蔵省 現財務省 入省 1984年6月 アフリカ開発銀行理事 1996年11月 大蔵大臣秘書官事務取扱 1998年1月 主計局主計企画官 1999年7月 主税局税制第一課長 2001年7月 主税局総務課長 2003年7月 福岡国税局長 2004年7月 総務省大臣官房審議官 地方行財政改革担当 2006年7月 財務省大臣官房審議官 国際局・主税局・大臣官房担当 2007年1月 内閣府沖縄振興局長 2010年7月 政策統括官 沖縄政策担当 2012年1月 内閣府審議官 2014年4月 早稲田大学政治経済学術院政治学研究科公共経営専攻教授 現任 2018年6月 当社取締役 現任 2018年10月 第一東京弁護士会登録 1949年6月24日生 1974年4月 外務省入省 1996年2月 大臣官房在外公館課長 1998年4月 在大韓民国日本国大使館公使 2000年5月 在ミュンヘン日本国総領事館総領事 2002年8月 大臣官房審議官 総括担当 2005年8月 総合外交政策局軍縮不拡散・科学部長 2008年7月 特命全権公使 在ウィーン国際機関日本政府代表部在勤 2009年7月 特命全権大使 在ウィーン国際機関日本政府代表部在勤 2012年1月 特命全権大使 ドイツ国駐箚 2016年1月 外務省退官 2016年2月 外務省参与 現任 2018年3月 学校法人京都学園 現学校法人永守学園 理事 2019年6月 当社監査役 現任 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 1,985人 2,392人 2,576人 2,794人 -人 従業員数(連結) 96,602人 107,062人 107,554人 108,906人 -人 平均年齢(単独) 39歳 39. 6歳 39. 5歳 39歳 -歳 平均勤続年数(単独) 10. 4年 9. 5年 9. 4年 9. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の