浜野 まゆみ。 唐津、浜野まゆみさんの作業場見学と作陶のお話

浜野 まゆみさんのうつわが入荷しました。 » sumica 栖

浜野 まゆみ

端正で上品な白い器。 まっさらな縁に、細くスッと引かれた口紅(鉄釉)。 浜野さんの器の白さは、季節や節目によく寄り添いハレの料理に気品を添える。 そして、もう一つの魅力は、日々に使って爽やかなこと。 定番のおかずが色褪せない。 家族の枚数を重ねた姿も美しく嵩張らない。 白さの中にハレとケを受けとめる。 古伊万里の時と今この時をつなぐのは日本の美意識だろうか。 絵付けの皿と並べながらふと着物の白足袋のようだと思う。 礼服に平服に、着物の色や紋様を、凛として受けとめる白さ。 その潔さとともに生き生きとする絵柄。 白い器は星の数ほどあるだろう。 白さとは何か、想いを巡らしながら愉しんでみては。 三寸皿と五寸皿。 それぞれ小皿や醤油皿、銘々皿などに出番の多いサイズ。 無地と口紅有の二種類。 同じ白磁に絵付けをしたものが二種類。 丸紋の五寸皿と虎紋の七寸平鉢。 しっとりとした肌合いの白磁に、赤と金で描かれた虎の紋様。 その取り合わせの鮮やかさと、余白の中をいまにも虎が動き出しそうな構図に魅かれて手に取ってみる。 虎は金色の目を光らせながらも、何か言いたげな表情をしていて、見え方のひろがる愉しいぐい呑である。 「美術館で見た柿右衛門様式のお皿の虎が、目に金が入っていて、きらりとしていたんです」と浜野まゆみさん。 朱色のような赤は、柿右衛門様式の特徴で、当時はわずかしか採れない貴重な絵具が使われていたという。 その「柿右衛門の赤」に近づけたいと、浜野さんは明るさを試行錯誤しながらつくり上げている。 色の表情も虎の顔も、ひとつひとつが味わい深い。 「一匹ずつ、良い顔になるといいなと思いながら描いています」。 匂やかな肌合いに愛らしい櫻花紋/猪口を手の爪で弾くと、キンキンとした音が響く。 薪窯焼成ならではの芯までよく焼き締まった高音。 それでいて表面の肌合いはやわらかく、しっとりとしていて、そこはかとなく色気もただよう。 江戸時代に使われ、現在は使われなくなった佐賀県有田町の泉山陶石をあえて使い、薪窯で焼き、生地の質感にこだわった作品。 古伊万里に魅せられ学んできた浜野さんにとって、丈夫に焼き締まりながら、肌合いはしっとりした磁器というのは「ずっとこうしたいと思い描いてきたもの」。 小ぶりの筒型で、高台は浅く広く、匂やかな肌に赤絵と呉須の櫻花紋がはんなりとした趣。 「日本の四季を大切に、常に意識していきたい」という浜野さんらしく、季節を手元に感じられる。 櫻花紋は古伊万里の皿から裏側の紋様を写し、今の感覚に添うよう取り入れた。 歴史ある窯業地・有田では、磁器といえば熟練の職人技によって同じ物が揃うことが当たり前とされてきた。 今回のように、ひとつひとつ違う、いわゆる一点物として、そこを味わい楽しむ磁器づくりは、浜野さんにとって画期的なこと。 「焼成時にサヤに入れないので灰のかぶり具合もさまざまです。 鉄粉の様子、呉須の色味の濃淡、内側の雰囲気、高台周りの雰囲気なども、ひとつひとつのよさとして楽しんでいただけたら」。 静かに響き合う細部の仕事/浜野さんが探究を続けている「糸切成形」は、17世紀半ばから後半にかけて、伊万里焼において流行った技法。 この長皿は、糸切成形による最新作で、よく焼き締まりながらもしっとり仕上がった肌合いと、装飾的なデザインが美しく響き合い、古陶磁の上物のような気品がただよう。 弧を描いて立ち上がった縁に、錆釉を施したものと無地のものがある。 約22x11cmの長皿は酒肴、前菜、主菜など幅広い用途に向き、和洋中を問わず料理が映えそう。 糸切成形は、轆轤ではなく、板状の粘土を型に被せて形をつくり、型の縁からはみ出た部分を糸で切り取って成形していく。 当時の上物は、手間を惜しまずつくられていて、それらに魅了された浜野さんも細部まで丁寧につくり上げる。 たとえば、縁のとがった部分は、成形後に細い紐状の土を貼って、エッジを整えている。 口紅とも呼ばれる縁の鉄釉は、線がにじまないよう、縁の先端部を細く面取りしてから描くという。 高台も手を抜かず、わざわざ高台の角度を内側に倒して仕上げる。 「器の表の雰囲気と裏の雰囲気が合うのは理想。 そこは時代の色に感じる部分でもあります」。 細部の仕事が響き合い、凛として丈夫に。 やわらかな白磁に型紙摺りの白紋様/染付の仕事で知られる浜野さんには珍しい、白い絵付けの猪口。 素焼きした生地に、紋様を切りぬいた型紙を当てて、白土の粘土を塗ってから型紙をはがす「型紙摺り」という絵付技法を用いている。 松・竹・梅の紋様にはかしこまったイメージもあるが、この猪口はおもてなしにも日常にも扱いやすい形・大きさで、白く浮き上がる紋様もさり気ない。 また、轆轤成形の際に、均一なきれいさにならないよう、動きのある形に挽いていることも、釉薬の表情や味わいを深めていて、凛とした中にも温かみが感じられる。 全体的に白っぽいものと青味のあるものとあり、これは釉薬を2種類使用しているため。 どちらも有田町で採れた天然の釉石で、採取地域によって色味が多少変わる。 「有田は陶石も釉石も豊富に採れますし、近くの地層から得た材料同士はまず相性がいいです」。 白い猪口に、有田の自然風景や、浜野さんの目にしてきた白磁への想いが垣間見えるよう。 文・構成:竹内典子.

次の

浜野まゆみ2019作品展

浜野 まゆみ

好みの器を買い求め、家で包みを解く瞬間は、女性なら誰もが高揚するはず。 「どんなお料理を盛りつけようかな」「丁寧に暮らしたいな」と、 私たちに楽しみをもたらしてくれる器は、どんな人がどんな思いを込めて作っているのでしょうか。 今回、あるひとりの女性にお話をうかがいました。 陶芸家・浜野まゆみさん。 有田焼に魅せられ、拠点を佐賀県に移して制作をはじめました。 古の陶工に思いを馳せて、試行錯誤する日々 浜野さんの作風を象徴する「糸切成形」(上)と「染付」(下) 浜野さんが、陶芸の道に進もうと決めたのは大学生のとき。 当時、 美大で日本画を専攻していましたが、純粋芸術を追求するよりも実用的なものを作りたいと思ったのがきっかけでした。 大学4年間でさまざまな産地をまわり、 日本画が生かせる陶芸として「有田焼」を選んだそうです。 卒業後、佐賀県の窯業(ようぎょう)学校に進みます。 「絵付けの仕事だと、絵画の勉強は必要になるので、その点ではよかったかもしれませんね。 窯業学校時代はほんとうに忙しくて、朝8時から夜8時まで、ときには夜中まで作業していました。 とにかく課題が多かったですね」 卒業制作にと選んだのが 「糸切成形」の技法。 初期伊万里の終わり、つまり17世紀半ばから後半にかけて流行した成形方法で、ろくろを回すのではなく、板状にした粘土を型にのせて作ります。 浜野さんはこの1650年代あたりの作品にとても興味があるそう。 「有田で日本初の磁器が誕生したのが1616年。 ちょうど400年前です。 1650年代の作品には陶工たちの意気込みが感じられて好きです。 学校では現在の有田焼の常識を学びましたが、今は 昔の常識を想像して、自分なりに試行錯誤しながら実験しているところ。 ピアノでいえば、まだ"バイエル"ですね(笑)」 昔を知る大先輩の職人さんに話を聞いたり、石などの自然を見ながら町を歩いたりするだけでも有田は学びが多く、魅力が尽きない、と浜野さんは語ります。 作業工程は想像を絶するほど過酷 薪で焼成する「登り窯」を初めて体験した浜野さん。 透き通るような白磁に、繊細な染付。 浜野まゆみさんの美しくしなやかな作風に反し、作業工程は想像を絶するものでした。 「粘土作りは石をついて粉にするところから始まります。 粉を水に入れてこし、沈殿したものを乾燥させ、 300回ほど練って空気を抜くとやっと粘土になります。 近くにいると、 火で日焼けします。 火焼けですね(笑)。 そういった環境で創作活動をしているため肌は乾燥します」 すべて力仕事で「土木に近い」と浜野さんは笑います。 夏も冬も基本的にはエアコンはつけません。 「冬の作業場は足指の感覚がなくなるほど寒いんです。 でも、手をあたためようとお湯につけようものならたちまち霜焼けになるので、 冷たくても我慢したほうがまし。 過酷でしょう?」 指先が切れているのに作業をし続けたため、治るまでに10年以上かかったことがある、と浜野さん。 水に濡れる、乾く、を繰り返すと肌の油分が奪われるため、肌荒れに悩む陶芸家は多いそうです。 きれいなものは、きれいな所からしか生まれない 度重なる力仕事に、寒さと暑さ、窯の高温。 いかにハードな仕事であるかは容易に察することができます。 それでも「まだまだやってみたいことがたくさんある」と言う浜野さんにとって、 陶芸の魅力とは何なのでしょうか。 「ただただ、好きなんです。 いつも陶芸のことばかり考えているし、たとえ話もすべて陶芸に置き換えてしまうみたい(笑)。 私にとっては 昔の器が教科書。 作った人の顔も名前も知らないけれど、器を見ていると手順が手にとるようにわかるんです。 きれいなものは、きれいな作業場からしか生まれませんから、きっと日々の暮らしもきちんとしていたはず。 そう考えると、毎日をきちんと過ごさなければいけないと自分を顧みますね。 器って、作った人そっくりなんですよ」 たしかに、しっとりした美しさのなかに筋の通った意思を持つ浜野さんの作品は、ご自身そのもの。 過酷さをものともせず、むしろ真摯に向き合う謙虚な姿勢に惹かれます。 そんな思いで生まれたブランド「」。 冬の寒さや海水、強風にさらされる 北欧ノルウェーの漁師の手から着想を得て作られた保湿アイテムが人気で、この秋、 保湿へのこだわりの集大成としてボディケアラインが新しく生まれ変わりました。 浜野さんに超乾燥肌用「」を試してもらいました。 伸びがよく、肌にすーっとなじむテクスチャー。 しっとりした感触はやがてさらさらになり、べたつき感のないつけ心地です。 手荒れがひどく、ミイラのように腕まで包帯をぐるぐる巻いていた時期もあったという浜野さん。 保湿クリームをつけてしまうと、油分が焼き物に移って絵の具ものらなくなります。 刺激が強いクリームを使うと余計に荒れてしまったりして、肌荒れにはずいぶん悩まされたそうです。 それでも、作陶時期はボディケアは二の次。 「だからこそ、ボディケアするときは、 一度でしっかり保湿されてうるおいが長続きするクリームを選びたい」というのが浜野さんの持論です。 高い保湿力がありながら「」が肌にやさしいのは、 ナチュラル由来の純度99%のグリセリンを配合しているから。 自らの何倍もの水分をキープすることで知られるグリセリンは、角質10層の奥まで届いて高い浸透力で肌をうるおして守ります。 これから迎える本格的な冬は、女性にとって過酷な季節。 ヒリヒリやカサカサが気になるほど肌が乾燥していては、やりたいことにも集中できません。 好きなことを追い求める女性の輝きのために、やさしいだけでなくパワフルに保湿してくれる「」は心強い味方になってくれるに違いありません。 [] 浜野まゆみさん陶芸家。 武蔵野美術大学日本学科卒業後、佐賀県立窯業大学校に進学。 伝統工芸士 秀島和海氏、李荘窯 寺内信二氏に師事し、2001年に出身地である埼玉県川越にて開窯。 2013年より有田に拠点を移して作陶を続けている。 しなやかさと美しさのなかに凛とした表情を持つ白磁が多くのファンを惹きつけている。 展覧会:2017年2月10日(金)~2月14日(火)東京・西麻布「桃居」にて 撮影協力/ 撮影/小禄慎一郎(OWL) 取材・文/大森りえ.

次の

唐津、浜野まゆみさんの作業場見学と作陶のお話

浜野 まゆみ

浜野まゆみさんのお仕事場を拝見しました。 浜野まゆみさんのお仕事場を拝見しました。 インターネットショップと片田舎の訪れるには大変不便な実店舗を始めて5年、おかげさまで日本国内各地の方々、世界中の方々から当店のウェブサイトをご覧いただいてきました。 2019年より、より良い物を作り出していく萩焼作家の姿勢や作品のさらなるご紹介とともに、 萩焼屋店主の好きな作家、国内外のお客様よりリクエストのいただいた作家、萩焼屋の姿勢に賛同をしていただいた作家など、日本の陶芸文化を萩焼屋ホームページを通じて多くの方々に楽しんでいただければと思います。 開催時期、出品作家などこれより随時ご紹介をさせていただきますが、しばらく当店店主の窯元巡りをブログにつづって参ります。 インスタやウェブ上でずっと気になっていた作家の一人、浜野まゆみさんにお会いしてきました。 当店では山口県で萩焼を主に扱っていますが、当店でかかわらせていただいている作家の多くが男性であり、萩焼作家全体でも女性作家は非常に貴重な存在であるといえます。 女性の作る器はやはり男性の感覚とはまた少し違い、その作品には優しさやかわいらしさといった女性特有のセンスが感じられることが多々あります。 浜野まゆみさんの作品も、写真で見た限りでも浜野まゆみさんのセンスが強く感じられぜひお会いしたいと思っていました。 お時間をいただき実際にお会いをしてみると、いつも土を触ったり、薪をくべたりといった作業をしているとはパッと見わからないような、どこかハイセンスな雰囲気で、オシャレな場所でも一際輝いているような印象を与える方でした。 いざお話を聞いてみると、ご自身の作られる作品に対して、また唐津焼やその周辺で作られてきた作品に対しての探求心を強く持ってらっしゃる方で、工房を見学させていただいた際も、唐津近郊で作られてきた陶磁器についての話やご自身が求められる作品についてのお話をたくさん語っていただきました。 浜野まゆみさんや、浜野まゆみさんと共に作陶をされている作家の方たちを知る他の陶芸家が浜野まゆみさんたちについて、「あの人たちは陶芸マニアです」と表現されていました。 「陶芸マニア」という言葉を本当に納得させられる、真剣で、かつそれを楽しんでいる浜野まゆみさんの仕事に対する姿勢には見習うべきところがたくさんありました。 ご自身で博物館や美術館に足しげく通い、残存する資料や、古い陶磁器をその目で見ることで唐津の歴史を現代の焼物に投影させていくような、ある意味歴史学者のような印象も受けました。 今現代の唐津焼人気の一角を担っている作家にお会いできて貴重なお時間を頂戴しありがとうございました。 当店で浜野まゆみさんの作品をご紹介できる日を楽しみにいています。

次の