札幌 地下鉄 料金 改定。 札幌地下鉄路線図・料金・時刻表

札幌市内の乗車運賃、JR北海道・地下鉄・バス・市電も一部10月から値上げ

札幌 地下鉄 料金 改定

10月から交通費も値上げ 今年10月の消費税増税に伴い、JR北海道・札幌地下鉄・バスも運賃値上げ予定です。 1日乗車券・830円やドニチカキップ・520円の変更はありません。 全体を見る限り、上げ幅はそれほど高くはありません。 札幌市路面電車 札幌市電は、1乗車の普通料金200円は据え置きで値上げはありませんが、定期料金やどさんこパス等を値上がりします。 地下鉄と路面電車の乗り継ぎ切符に関しては、地下鉄が上がった分が上乗せされる形の料金形態です。 定期以外は目を見張るような大きな値上げはありません。 バス会社 北海道中央バスは、対キロ運賃制初乗り運賃を現行190円から 200 円となります。 6% 札幌~新千歳空港 1,150 円 (H31. 1 改定実施したばかりですが更に50円アップ) 改定前に購入した定期券は、10月1日以降も、差額の負担なしで利用できます。 なお、定期券は使用開始日の10日前から購入が可能です。 JR北海道は大幅な値上げ JR北海道も値上げが決定しています。 この値上げ幅が、平均で11. 近距離の運賃は最大31. 8%という値上げ率でJR各社で過去最大となっています。 定期利用者は全体のうち約42%といわれていますので、道民に大打撃となります。 JR北海道は、で北海道新幹線の札幌駅延伸の翌年である2031年度には、国の支援なしで黒字化としています。 値上げ反対運動も起こっていますが、赤字をかかえたJR北海道は運賃を上げざるを得ないのが現状でしょう。 JR離れを見越しての黒字化を目指している様です。 まとめ 増税を見越して、賢く動く方々も出始めています。 増税後は新税率が適用されますが、支払いを施行日前に行った場合については旧税率が適用されるため早めに3か月や6か月の定期券を購入する人がいらっしゃるそうです。 なるほどー、賢い選択ですね。 札幌は雪が降りますので冬のJRは、遅れがでやすいです。 私の場合は、大雪が降ったら地下鉄、それ以外はJRと乗り分けていたのはJR料金の方が若干安かったからです。 料金が高額になって、今までと同様遅れることが多いのであれば私の様に地下鉄に完全シフトしてしまう方も多くなってくるかもしれません。 運賃改定後の乗車率などのデータがあがってきたら、また比較してみたいと思います。

次の

札幌市営地下鉄、10月から一部区間を除き10円値上げ。市電は据え置き

札幌 地下鉄 料金 改定

10月から交通費も値上げ 今年10月の消費税増税に伴い、JR北海道・札幌地下鉄・バスも運賃値上げ予定です。 1日乗車券・830円やドニチカキップ・520円の変更はありません。 全体を見る限り、上げ幅はそれほど高くはありません。 札幌市路面電車 札幌市電は、1乗車の普通料金200円は据え置きで値上げはありませんが、定期料金やどさんこパス等を値上がりします。 地下鉄と路面電車の乗り継ぎ切符に関しては、地下鉄が上がった分が上乗せされる形の料金形態です。 定期以外は目を見張るような大きな値上げはありません。 バス会社 北海道中央バスは、対キロ運賃制初乗り運賃を現行190円から 200 円となります。 6% 札幌~新千歳空港 1,150 円 (H31. 1 改定実施したばかりですが更に50円アップ) 改定前に購入した定期券は、10月1日以降も、差額の負担なしで利用できます。 なお、定期券は使用開始日の10日前から購入が可能です。 JR北海道は大幅な値上げ JR北海道も値上げが決定しています。 この値上げ幅が、平均で11. 近距離の運賃は最大31. 8%という値上げ率でJR各社で過去最大となっています。 定期利用者は全体のうち約42%といわれていますので、道民に大打撃となります。 JR北海道は、で北海道新幹線の札幌駅延伸の翌年である2031年度には、国の支援なしで黒字化としています。 値上げ反対運動も起こっていますが、赤字をかかえたJR北海道は運賃を上げざるを得ないのが現状でしょう。 JR離れを見越しての黒字化を目指している様です。 まとめ 増税を見越して、賢く動く方々も出始めています。 増税後は新税率が適用されますが、支払いを施行日前に行った場合については旧税率が適用されるため早めに3か月や6か月の定期券を購入する人がいらっしゃるそうです。 なるほどー、賢い選択ですね。 札幌は雪が降りますので冬のJRは、遅れがでやすいです。 私の場合は、大雪が降ったら地下鉄、それ以外はJRと乗り分けていたのはJR料金の方が若干安かったからです。 料金が高額になって、今までと同様遅れることが多いのであれば私の様に地下鉄に完全シフトしてしまう方も多くなってくるかもしれません。 運賃改定後の乗車率などのデータがあがってきたら、また比較してみたいと思います。

次の

札幌市内の乗車運賃、JR北海道・地下鉄・バス・市電も一部10月から値上げ

札幌 地下鉄 料金 改定

札幌には観光やお散歩に便利な一日乗車券というキップがあります。 使い方によってはとってもお得になるこのキップ、一日、または半日位しか観光の時間がとれないけれど市内をたくさん見てまわりたい方にはおすすめです。 そんな札幌(または近郊の)便利でお得な一日乗車券をまとめてみました。 令和元年10月からの料金改定 消費税アップと消費税アップに伴い、令和元年10月より札幌の各種運賃が改定となります。 札幌市営地下鉄の初乗り運賃は200円から 210円に。 ただし、 ドニチカキップと地下鉄専用1日乗車券はの値段はそのまま据え置きとなりました。 市電に関しては、 運賃は大人200円、子供100円のまま据え置きです。 ただし どサンこパスは10円値上がりして370円になります。 参照: ドニチカキップ 札幌の地下鉄にたくさん乗りたくて、使いたい日が土日、祝日ならこの ドニチカキップがおすすめです。 買い方もとても簡単で、大人用もこども用も、券売機でふつうにキップを買う要領で購入することが出来ます。 そして、一回買えばその日一日は何度でも使えるのでさっと改札を通れてとても便利です。 土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)にご利用いただける地下鉄専用1日乗車券です。 【発売金額】大人520円、こども260円 【購入場所】地下鉄駅券売機、地下鉄駅事務室、各定期券発売所など より引用 地下鉄の最低料金、一区の料金は、令和元年10月以降 大人210円、子ども110円になります。 一区を3回以上乗る場合、または3区(3区の料金は大人290円)以上の往復をする場合にはドニチカキップの方が普通にきっぷを買うよりお得になります。 市内を地下鉄で効率よくちょこちょこ周りたいときにはうってつけのきっぷですね。 地下鉄専用一日乗車券 お得で便利なドニチカキップですが、チカラ及ばない点ががあります。 それは 土日、祝日しか使えないということ。 平日も地下鉄に沢山乗りたいので一日乗車券がほしい!という場合は、地下鉄専用一日乗車券があります。 【発売金額】大人830円、こども420円 【購入場所】地下鉄駅券売機、各定期券発売所など より引用 こちらはドニチカキップより値段が高いので、もし一区だけを使うとしたら5回以上でお得になる計算です。 普通にきっぷを買うのとどちらが安くなるか比較して購入するいいと思います。 どサンこパス 札幌には市電があります。 市電のループ化により、東京でいう山手線のように循環して運行するようになりました。 「内回り(反時計回り)」「外回り(時計回り)」があります。 この市電を土日、祝日に使いたい場合、 どサンこパスというきっぷがあります。 どサンこパスは、土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)利用いただける市電専用1日乗車券です。 どサンこパス1枚で大人1人とこども1人が1日乗り放題になります。 発売日当日のみ有効で前売りはありません。 市電の車内か大通駅定期券発売所で購入できます。 親子で乗ればもっとお得ですね。 親子で市電で往復すると600円かかるところが370円で済みますから、子供連れにはかなり嬉しいパスと言えるでしょう。 ただ市電と地下鉄を乗り継ぐ場合(指定の停留所と駅のみ)は、乗り継ぎ料金というのがあるので、そちらとどちらがお得になるか比較してみると良いと思います。 ちなみに地下鉄1区と市電の乗り継ぎ料金は、 大人320円、こども160円 (10月から大人330円、こども160円)です。 市電と地下鉄の乗り継ぎ運賃は、令和元年10月から値上げとなります。 JRに乗って土日、祝日に札幌近郊に行きたいときの一日乗車券です。 エリアが指定されているのですが、指定されたフリーエリア内の普通列車・快速列車の自由席に1日、自由に乗り降りできます。 値段は 【2019年9月29日発売分まで】 大人 2,260円 こども 1,130円 【2019年10月5日発売分から】 大人 2,540円 こども 1,270円 エリアは小樽、室蘭、新千歳空港、富良野、美瑛、新得、新十津川、様似などが含まれていてかなり広いです。 使い方によってはかなりお得になりそうですね。 ただし前売りはなく利用当日の朝からの発売。 札幌近郊主要駅のツインクルプラザで購入できます。 発売・利用期間は、 2019年4月6日~2019年11月30日までの土曜日と休日。 参照: その他 以前便利に使われていた、「共通ウィズユーカード」や「共通1DAYカード」などの乗車券は、平成27年(2015年)3月31日をもって利用を終了しました。

次の