さだ スーツ。 佐田(SADA)の特徴はマシーンメイド、着心地は口コミを見よ

高級路線第1号旗艦店!「オーダースーツSADA+(プラス)銀座店」 グランドオープンと特別割引フェア開催!

さだ スーツ

スマホ・タブレット・パソコンからオーダースーツが作れる• 自分の体型に合ったオーダースーツが作れる• ゼニアなど高級インポート生地を取り扱っている• 全国に約50店舗以上あるため利用しやすい オーダースーツSADAの一番の特徴は、スマホ・タブレット・パソコンから自分の体型にジャストフィットしたを作れることです! 縫製は自社工場で行っているため、低価格でありながら品質の良い生地を提供しています。 ゼニアなど高級インポート生地も取り扱っているので、ワンランク上のオーダースーツを仕立てることもできます! また、全国に約50店舗を展開しているため、オーダースーツ初心者の方でも販売員からアドバイスを貰いながら、オーダースーツを仕立てることが可能ですよ! そこでこの記事では、オーダースーツSADAの特徴、口コミレビュー、実際に注文してみた感想を紹介していきます。 オーダースーツSADAの価格・納期などの特徴とメリット・デメリット オーダースーツSADAの特徴を一覧表で紹介 まずは、オーダースーツSADAの特徴を一覧表にまとめたのでご覧ください。 「 なぜリーズナブルな価格なのか?」 通常は外部委託したり、間にさまざまな業者が入り生産を行うため、その分価格が高くなります。 一方オーダースーツSADAは、生地企画から縫製、小売りまで自社で行っており、余計な中間業者を介さないためリーズナブルな価格で提供できています! ちなみに購入者の年齢層は、以下のとおりです。 特に責任ある仕事をしている30代から40代のミドル層に人気が高いことから、信頼できるビジネススーツを提供していることが分かりますね! オーダースーツSADAで作るメリットは?• スマホ・タブレット・パソコンから注文できる• 自分の体型にジャストフィットしたオーダースーツが作れる• ゼニアなど高級インポート生地を取り扱っている• 全国に約50店舗以上あるため利用しやすい オーダースーツSADAの一番のメリットは、スマホ・タブレット・パソコンからオーダースーツを注文できることです! 一度自分の体型にジャストフィットしたオーダースーツができてしまえば、次回からは採寸不要になり、スマホ・タブレット・パソコンから生地とオプションを選ぶだけで注文可能です! そのため、毎回店舗へ来店する必要が無くなるので「 仕事で忙しい」「 近くに店舗が無い」といった方には便利ですね! また、生地は良質で低価格な日本製や、ゼニアなど高級インポート生地を取り扱っているので、安くオーダースーツを作りたい方や、ワンランク上のオーダースーツ作りたい方におすすめです! 店舗も全国に50店舗以上を展開しているので、実際に生地を見たり、販売員にアドバイスを貰いながらオーダースーツを作ることも可能です。 オーダースーツSADAで作るデメリットは?• スーツができ上がるまでに約1ヶ月掛かるため納期が遅い 納期が遅いということ以外は、基本的にデメリットはありません。 オーダースーツSADAをはじめ、そのほかのオーダースーツブランド店も納期には約1ヶ月掛かります。 そのため緊急ですぐにスーツが欲しいという方は、スーツ量販店(洋服の青山、AOKI、コナカ、P. FAなど)で既製品のスーツを購入したほうが良いです。 ただしスーツ量販店は、既製品をそのまま販売しているので、自分の体型に合ったスーツを手に入れることができないので注意が必要です! オーダースーツSADAでオーダースーツを注文する際の流れを紹介! オーダースーツSADAで、オーダースーツを注文する方法は以下2つの方法があります。 採寸ミスが無い• 販売員にアドバイスを貰える• 体型のクセを考慮した上で、より適切な採寸を行ってくれる 店舗で販売員に採寸してもらったほうが良い一番の理由は「採寸ミス」が無いことです! 自分でサイズを測った場合は、採寸ミスする可能性があります。 せっかくオーダースーツを作ったのに、届いたら「 自分の体型に合ってなかった・・・」などのミスを防ぐことができます。 そのため、初回は店舗へ来店して熟練の販売員に採寸してもらったほうが良いですよ! ちなみに、 採寸だけの来店も可能です! 「 拘束された上に買わないといけない」ということはありませんし、オーダースーツSADAも推奨しています! 採寸に掛かる時間は30分~60分程度で、採寸終了後はそのまま帰宅してOKです。 後日、自分のタイミングでスマホ・タブレット・パソコンから注文可能になります。 ちなみに来店する際の予約は不要ですが、予約しておくとスムーズになるのでおすすめです! 実際に店舗へ行って作ってみた口コミレビュー 実際にオーダースーツSADAの店舗へ行って、オーダースーツを作ってきましたので紹介していきます。 オーダースーツを作ったことがない方は、ぜひ参考にしてください。 店舗で作ったオーダースーツを試着した感想 実際に店舗へ行って採寸を行いオーダースーツを作ってきました。 後日、配送にてオーダースーツが届きました。 こちらが実際に届いたオーダースーツSADAのオーダースーツです。 まず手に取って思ったことは、生地がしっかりしているなという印象です。 ジャケットは体を包み込む感じでとても着心地が良いです。 スラックスの長さもピッタリで、ポケットに手を入れてもダボっとしたりキツイ感じもありません。 ジャケットの裏地もしっかりしており、無料のネーム刺繍も綺麗に縫われています。 スラックスもしっかりとした生地です。 かかと部分は補強されているので、生地が傷むのを軽減できるようになっています。 店舗でオーダースーツを作り、配送してもらうと段ボールでオーダースーツが届きます。 ハンガーに掛けられた状態で、スーツケースに入っていますのでシワになり難いですが、届いたらすぐにクローゼットに掛けたほうが良いです。 実際に店舗へ行って、採寸から注文まで行ってきた感想と評価 オーダースーツSADAの評価と感想 接客サービス (満点) 用途に合わせたスーツが作れる (満点) 安さ (満点) オーダースーツと聞くと少し敷居が高いイメージがありますが、オーダースーツSADAは初心者の方でもまったく問題ないですよ! むしろ初心者の方におすすめしたいオーダースーツブランドです! 接客は丁寧ですし、上から目線といった感じの印象もありません。 こちらの要望にも快く応えてくれましたし、迷った場合でも的確なアドバイスを頂くことができました。 また、サンプルスーツを試着した際にクセを瞬時に見抜いてサイズを細かく調整してくらたのはとても驚きました!スーツ量販店では無いサービスです。 無料オプションも豊富に揃っているので、生地のほかに別途料金が発生することがないのも良かったです。 販売員がトレンドのものを紹介してくれますので、「スーツに詳しくない」「どのような生地やオプションを選べ良いか分からない」といった方でも大丈夫です! 生地やオプションの選択で迷った場合は、「流行の生地はどれですか?」「人気のオプションはどれですか?」と質問することでアドバイスして頂けるので安心です! オーダースーツを作ってみたいなと思っている方は、ぜひオーダースーツSADAを利用してみてください! 店舗へ行く前に決めておく4つのこと オーダースーツSADAは初心者の方におすすめのオーダースーツブランドと紹介してきました。 ですが、初めてオーダースーツを作る方にとっては少し不安ですよね? そこでここでは店舗へ行く前に決めておくとスムーズに進む4つのことを紹介していきます。 スーツの「うんちく」を覚える必要はありませんので安心してください!• 予算はどれくらいか• どの用途で着たいのか• 生地は何色にするのか• 価格帯 概要 2万円台 耐久性、撥水加工、ストレッチの良い生地 3万円台 人気 撥水加工、ストレッチ、防シワ性などに加え着心地の良さも兼ね備えた生地 4万円台~10万円台 高級志向の生地 オーダースーツSADAは、良質な生地を比較的安い価格で提供しています。 毎日スーツを着て仕事をする方は、一番人気の3万円台の生地がおすすめです! ときどきスーツを着る方や、特定の場合のみ着るフォーマルスーツなどは2万円台の生地で問題ありません。 例えば、外回りがメインのビジネスマンは雨や水など撥水性のある生地から選びます。 そのほかの要望でも大丈夫ですよ! 実際にオーダースーツSADAでスーツをオーダーした際の流れと手順 実際にオーダースーツSADAでスーツをオーダーした際の流れと手順は、以下の記事で詳しく解説しています。 選んだシルエット、オプションなどを一つ一つ紹介しているので、是非参考にしてください。 実際にオンラインネット通販で作ってみた口コミレビュー インターネット通販で作ったオーダースーツを試着した感想 一度店舗で採寸を行い、後日、インターネット通販でも注文してみました。 店舗で採寸済みのため、生地とオプションを選ぶだけで注文できるのでとても簡単です! こちらが実際に届いたオーダースーツです。 サイズや着心地は店舗で作ったものと同じです。 一度自分の体型に合ったスーツを作ってしまえば、2回目以降はインターネット通販で簡単に同じサイズのスーツを作ることができるのでとても便利です! もちろん生地やオプションはその都度変更できるので、季節ごとや雰囲気を変えたいといった場合、店舗へ行かずとも注文が可能です! インターネット通販で注文した場合は、ハンガーに掛けられビニールを被せた状態で届きます。 ちょっと安っぽい感じはしますが、段ボールに梱包されるよりシワになり難いのでこちらのが良いですね! 中身は店舗で購入した場合と同じで、スーツケースとハンガーが入っています。 実際にオンラインネット通販を利用してみた感想と評価 店舗で一度採寸を行っておけば、生地とオプションを選ぶだけで簡単にオーダースーツを注文することができるので大変便利です! ただし、一度も店舗で採寸を行っていない場合は、自分で採寸を行う必要がるので注意が必要です。 採寸方法の解説は記載はありますが、画像だけなので初めて採寸する方はミスする可能性があります。 そのためオーダースーツSADAのオンラインネット通販を利用する場合は、一度店舗で採寸してもらってから利用したほうが良いです! ウール100%の生地でスーツを作ると良いです。 ウールとポリエステルで作られている生地は耐久性は強いのですが、ポリエステルに含まれているプラスチックが擦れてテカってしまいます。 また、ウールはストレッチ性があり着心地が良いです。 オーダースーツSADAは、ウール100%の生地を29,800円~提供しています。 公式サイトの口コミ評判 オーダースーツSADAの公式サイトで紹介されている口コミ評判もいくつか紹介していきます。 今回は2回目のオーダーでした。 会社の同僚に勧めたところ、幕張で1人横浜で1人オーダーした様です。 Yシャツも初めてオーダーしました。 こちらは少々肩回りが張った感じでしたので、 改めて採寸したいと思っています。 またお世話になりたいと思います。 勉強になりました。 ジャケット、ベスト、パンツのすべてがぴったりで感動しました。 スタッフの方の対応もとてもよかったです。 また、利用させていただきます。 ありがとうございました。 今までスーツが不要な職だったため、どういうものを着ればいいのか分かりませんでしたが、 親身になって説明してもらい、満足のいくものができあがりました。 体に合ったスーツのおかげで自信をもって面接にいどむことができ、転職に成功しました。 ありがとうございます。 SNSの口コミ評判 オーダースーツSADAは、プロ野球選手、サッカー選手、政治家など、多くの著名人にもオーダースーツを提供しています。 そこでここではSNSで紹介されている著名人の口コミ評判もいくつか紹介していきます。 人気YouTuberのしばゆーさん、あやなんさん しばゆーさん、あやなんさんともに、裏地に凝ったスーツを着こなしています。 その中でも2017年に登場したLEGGIERO(レジェロ)という生地が一番人気です。 価格は39,800円。 ビジネスマンに好評ですぐに売り切れるそうです。 上記以外にも以下の生地が人気です。 あくまでも目安なので、必ず各々の用途に合うとは限りません。 ここでは自分の用途に合いそうな生地を把握し、詳しくは直接店舗へ行って販売員に確認することをおすすめします。 初めて作る場合は19,800円から作れるお試しオーダースーツがおすすめ 初めてオーダースーツを作ってみたい方は、お試し価格(19,800円)のオーダースーツを作ってみると良いです。 お試しオーダースーツの概要は下記表のとおりです。 ぜひオーダースーツ作りを体験してみてください! 外回りが多い方は、雨や水に強い撥水加工が施された生地がおすすめ 外回りが多い方は、雨や水に強い撥水加工が施された生地がおすすめです。 オーダースーツSADAでは以下の生地があります。 詳細は直接店舗でご確認ください。 デスクワークは常に同じ姿勢となるため、伸縮性が良い生地のほうが体への負担を減らすことができるためです。 オーダースーツSADAでは、以下の生地があります。 詳細は直接店舗でご確認ください。 ゼニアなどの高級生地の取り扱いと価格について オーダースーツSADAでは、低価格で品質の良い生地を提供していますが、高級生地の取り扱いも行っています。 ここではオーダースーツSADAで扱っている高級生地をいくつか紹介していきます。 ヴィタルバルベリス・カノニコ• ビジネススーツ• リクルートスーツ• カジュアルスーツ• パーティーやレセプション向けスーツ• フォーマル(礼服・喪服) オーダースーツSADAでは、ビジネス、カジュアル、フォーマルスーツ(礼服・喪服)など、さまざまな種類のオーダースーツを作ることができます。 基本的に お客様が要望するスーツは、なんでも作ることが可能となっています。 価格帯は19,800円(初回)~108,000円となっており、ゼニアなど高級生地を使ったスーツも作ることができます。 このほかに耐久性の強さ、撥水加工、ストレッチなど、用途別や着心地別に仕立ててもらうことができます。 一度スーツを作ってしまえば、ビジネス向け、カジュアル向け、フォーマルなどさまざまなシーンのスーツをネット通販で手軽に購入できるところがオーダースーツSADAの魅力ですね! 細身や太っている方の人のスーツを作ることができる オーダースーツSADAでは、好みのシルエットやその人の体型に合ったスーツを作ることができます。 人気の細身のスーツはもちろんのこと、太っている方向けのオーダースーツも可能です! 下記画像は既製品のスーツと細身のスーツを比較したものになります。 裏仕様 総裏 参考定番 総裏 本台場 3000円 総裏 ペンシル台場 3000円 背抜き 参考春夏向け 背抜き 本台場 3000円 背抜き ペンシル台場 3000円 盛夏仕立て 4000円 参考クールビズ向け スーツ裏仕様は7とおりから選ぶことができます。 スーツの裏仕様は、秋冬、オールシーズンであれば「総裏」、春夏であれば「背抜き」を選ぶと良いです。 また、高級スーツのように「本台場」や「ペンシル台場」を選ぶことができます。 追加料金が発生しますが、ジャケットを脱いだ時のオシャレ度が増すのと、スーツの耐久性が良くなりますのでおすすめです。 「盛夏仕立て」は、クールビズ用の仕様となります。 スラックススタイルを紹介 ヒップポケット 左釦止め 参考一般的に多い 左釦止めフタ付き 左右釦止め ヒップポケットは3とおりから選ぶことができます。 一般的に「左釦止め」が多いです。 特に定番などはありませんので、好みのスタイルを選ぶと良いです。 裏生地を紹介 オーダースーツSADAで選ぶことができる裏生地は下記のとおりです。 裏生地の種類 レギュラー裏地:無料 約24種類 オプション裏地:3,000円 約40種類 無料のレギュラー裏地は約24種類あるので好みの色を選ぶことができます。 3,000円のオプション裏地にはストライプが入った生地などがありますので、ジャケットを脱いだ際のオシャレも楽しむことができます。 釦(ボタン)を紹介 オーダースーツSADAで選ぶことができる釦は下記のとおりです。 釦(ボタン)の種類 レギュラー釦:無料 約14種類 オプション釦:1,000円 濃い目の色や琥珀など約14種類 オプション釦:2,000円 ローナ、ナット、バイカラーなど約35種類 オプション釦:3,000円 貝、本水牛、セリエなど約14種類 オプション釦:4,000円 サンダー約3種類 無料のレギュラー釦は約14種類あり一通りの色が揃っています。 特にこだわりがなければ無料のレギュラー釦で十分です。 釦を選ぶ際のポイントは、スーツと同系色を選ぶと良いです! その他オプション 上記以外にもオーダースーツSADAは下記のオプションがあります。 スラックスはジャケットよりも傷みやすいですから、スペアがあると長持ちします。 また、股ずれ防止の「股ずれ防止シック」もおすすめです。 スラックスの折り目が消えにくくなる「PP加工」もおすすめです。 毎日スーツを着る方は、このオプションを付けておくと良いです。 そのほかにもボタンホールを好みの色にすることができます。 オーダースーツについては、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。 オーダーシャツについては、以下の記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。 Q.店舗へ来店しなくてもオーダースーツは作れる? オーダースーツSADA公式のインターネット通販を利用することで、店舗へ来店しなくてもオーダースーツを作ることが可能です! ただし、自己採寸となるため、採寸ミスの可能性が高くなります。 そのため、 初回は店舗へ来店して、販売員にしっかりと採寸してもらった方が良いです。 ちなみに 採寸だけの来店も可能です!店舗で採寸を行うとデータを保存してもらえるので、帰宅後インターネット通販から、ジャストフィットのオーダースーツを仕立てること可能です! 2回目以降の購入も前回の採寸データを引き継げるので、生地とオプションを選ぶだけで簡単に前回と同じサイズのオーダースーツを作ることが可能ですよ! 店舗へ来店する場合、事前に予約をしておくと、スムーズに進むのでおすすめです!下記から予約が可能です! Q.仕立て後の直しは行っている? 店舗で購入した場合のみ仕立て後1ヶ月以内は無料でサイズ調整を行ってくれます。 ただし、 ネット通販で購入した場合は対象外となるため注意が必要です。 そのため初めの1回は店舗で採寸を行って購入を行ったほうが良いです。 2回目から店舗で採寸してもらったサイズをネット通販に引き継ぐことが可能です。 Q.納期はどれくらい?店舗に行った場合とネット通販で違いはある? 納期はすべての商品で 約1ヶ月前後となっています。 ただし年末年始を跨ぐ場合やスーツが良く売れる3月などは 1ヶ月半くらい掛かる場合があります。 店舗とネット通販で納期の違いはありません。 Q.店舗と通販で選べる生地は同じ? 実際に販売員に確認したところ、店舗とネット通販サイトで選べる生地は、異なる場合があるそうです。 例えば、通販サイトには載っていない生地が店舗に置いてあるそうです。 もしネット通販サイトで気に入った生地が見つからなかった場合は、店舗に行くことで見つかる場合があります。 また、実物の生地の色はネット通販サイトで閲覧した場合とでは印象が違いますし、実際に触った質感や感触を確認できるので、生地選びは店舗で確認することをおすすめします! 帰宅後に店舗で確認した生地を、ネット通販サイトから注文することも可能ですよ! Q.太っているけどオーダースーツを作れる? オーダースーツSADAは、その人の体型に合ったオーダースーツを作ることができるので、太っている方でも作ることができます。 Q.オーダーシャツも作れる? シャツのオーダーメイドも行っています。 オーダーシャツの生地と価格帯は以下表のとおりです。 ただしネット通販は行っていませんので、店舗のみとなります。 Q.レディースのオーダースーツを作ることができる? レディースのオーダースーツも作ることができます。 メンズ同様、店舗とネット通販に対応しています。 スマホ・タブレット・パソコンからオーダースーツが作れる• 自分の体型に合ったオーダースーツが作れる• ゼニアなど高級インポート生地を取り扱っている• 全国に約50店舗以上あるため利用しやすい オーダースーツSADAの一番の魅力は、スマホ・タブレット・パソコンから自分の体型にジャストフィットしたオーダースーツを作れることです! 初回からスマホ・タブレット・パソコンから注文することができますが、採寸ミスを防ぐ理由から、初めて利用する方は店舗へ来店して、しっかりと販売員に採寸してもらったほうが良いですよ! 採寸だけの来店も可能なので、遊びに行ったついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?店舗で採寸してもらったら、そのまま帰宅してOKです! ちなみに店舗で注文した場合、販売員の方にさまざまなアドバイスを貰うことができるので、オーダースーツ初心者の方におすすめですよ! 以上、オーダースーツSADAの紹介でした。

次の

青山、AOKIでまだ買う?「オーダースーツSADA」の激安オーダーメイドの評判と口コミ感想を語ろう!

さだ スーツ

— 2018年 4月月15日午前4時11分PDT 北海道 オーダースーツSADA 佐田 は北海道エリアには1店舗あります。 宮城県に3店舗、福島県に2店舗となっています。 石川県に3店舗、長野県に2店舗となっています。 栃木県に1店舗、埼玉県に4店舗、東京都に16店舗、千葉県に4店舗、神奈川県に3店舗となっています。 関東エリアについて店舗数が多いので、オーダースーツSADAのホームページをご確認ください。 オーダースーツSADAの店舗情報ページは 関西エリア オーダースーツSADA 佐田 は九州エリアには4店舗あります。 兵庫県に4店舗、大阪府に6店舗となっています。 愛知県に2店舗となっています。 福岡県に3店舗、熊本県に1店舗となっています。 店舗購入 店舗にてスタッフの方が採寸して、CAD(自動設計システム)がオリジナルパターンを起こします。 パターンを工場にあるCAM(自動裁断機)が受け取ると、一枚一枚生地をカットし、縫製・プレス工程で縫い上げられ、仕上げがなされます。 仕上げ・検品センター経由で店頭に送られ、店舗で受け取ることができます。 オンライン注文でネット通販 初回であれば「19,800円からのオーダースーツ」から、2回目以降であれば生地タイプにより価格が違うので選択します。 急ぎの場合は早く仕上げてもらうことができる? スーツの仕上がりを急いでいる場合は、別途11,000円 税込 を特急料金として支払えば10日間程で仕上げることもできるそうです。 通常の仕上げと同様、注文時期によって込み合っている場合などの理由で急ぎで仕立てることができない場合もあるので、注文前に購入する店舗への問い合わせが必要です。

次の

青山、AOKIでまだ買う?「オーダースーツSADA」の激安オーダーメイドの評判と口コミ感想を語ろう!

さだ スーツ

「」より 初回1万9800円からの低価格でオーダースーツを提供する、株式会社 オーダースーツSADA。 同社の経営戦略はアパレルとしては異色だ。 たとえば、出店先が「オフィスビルの空中階(2階以上の店舗)」だったりする。 百貨店やショッピングモールならともかく、普通の会社が入っているようなそっけないオフィスビルの、さらに路面店でなく空中階となると、目立たないし入りづらい。 なぜ、そんな出店戦略を採っているのか。 男性向け スーツ本『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 』(CCCメディアハウス)の著者が、オーダースーツSADAの佐田展隆代表取締役社長に聞いてみた。 なぜなのでしょうか。 佐田展隆氏(以下、佐田) 販管費(販売管理費)を抑えるためです。 ほかのテーラーさんを見ると、銀座などの一等地に、それなりの広さの路面店で、内装にもすごくお金をかけていますよね。 佐田 そして、そのような店舗に、稼働率が高いわけでもないのに常に多くの店員がいます。 お客さんでごった返しているテーラーは、なかなか見たことがないですよね。 これがテーラー業界の通常のやり方です。 ただ、このやり方はすごく販管費がかかるんです。 家賃、内装、人件費ですね。 販管費が高くなってしまうと、スーツの売値を上げないと採算が取れないビジネスモデルになってしまいますし、現にそうなっているテーラーさんが多いです。 当社では、売値を抑えてスーツを提供するために、あえて空中階の店舗を多く選んでいます。 1階に比べ、上階の家賃は3分の1ぐらいになったりすることもあります。 佐田 そうですね。 というのも、当社はホームページを見て、あるいは紹介されて来店されるお客様が多いんです。 そのため「近くまで来たんだけど、どこにあるんだろう?」というほど、わけのわからない立地だとまずいんです。 一等地で「あの商業施設の隣」というふうに説明できるような場所を選んでいます。 佐田 当社は内装において、明るさと清潔さ以外にはお金をかける必要はないと思っています。 一方、一般的なテーラーさんは「同じものをできるだけ高く売ろう」という方針なんですよね。 そのため、高級感や格式を打ち出して「高そうに見える店」「高いけどしょうがないよね」と思わせる店づくりをしたがるんです。 でも、それは売る側の自己満足とも言えますよね。 当社は真逆で、「敷居を下げる」「この店なら高くないだろうな、と思ってもらえる」雰囲気を出すよう努めています。 オフィス仕様の部屋を借りて、あとは社員たちで内装を手がけたりもしますよ。

次の