チェダー チーズ バースト。 チェダーチーズの魅力や食べ方を徹底解説

チェダーチーズのおすすめ人気ランキング10選【サンドイッチ・ピザにもぴったり】

チェダー チーズ バースト

サマセットで開かれた見本市に並べられたチェダーチーズ チェダー・スタイルのチーズは、現在イギリスに限らずやなど世界中で生産されている。 あまりに多くの地域で生産されているために、同じ「チェダーチーズ」と称していても、低脂肪のものから高脂肪のものまでバリエーションも様々である。 「チェダー」と呼ばれるチーズは、生産方法によって大きく二つに分けられる。 すなわち、伝統的なチーズ職人が手がける アルチザナル・チーズ( artisanal cheese、職人チーズ)と、安価に大量生産することを可能にした インダストリアル・チーズ( industrial cheese、工業チーズ)である。 アルチザナル・チーズは、時とともに複雑で強い味わいを深めていく。 現在生産される「チェダー」の大半を占めるインダストリアル・チーズは、幾分かは食品添加物による味の強調もなされるが、「マイルド」「ストロング」「オールド」などと包装に記される味わいを保証している。 本項ではおもに、アルチザナル・チーズの特徴と種類を述べる。 質感と味 [ ] チェダーチーズの生産方法と品質を確立し、「チェダーチーズの父」と呼ばれた酪農家ジョセフ・ハーディング ()は、理想的なチーズとして、1864年に書き残した文章の中で次のように述べている。 「詰まっていて堅い質感を持つが、その特徴と性質は甘美である。 口に入れれば溶けやすく、味はすばらしく満ちあふれる。 喩えるならばに近いだろう」。 チェダーチーズは、はっきりとした刺激の強い味を持つ。 6ヶ月以上の長期熟成が行われ ()の大きな結晶を含む、伝統的な製法でつくられるチーズの質感は堅いが、農家の自家製チーズなどでは構造が脆いものもある。 15ヶ月以上かけて熟成されたチーズは、 ストロング・チェダー( strong Cheddar)、 エクストラ・マチュア・チェダー( extra-mature Cheddar、超熟成チェダー)といい、 ヴィンテージとも呼ばれる。 色と形 [ ] ロンドンのバラマーケットで売られていたチェダーチーズ チェダーチーズは、本来淡い黄色(オフホワイト)をしているが、オレンジ色に着色されることもある。 着色にはが使われることが多い。 一般に着色されたものを レッド・チェダー、着色されていないものを ホワイト・チェダーと呼んで区別する。 また、アメリカではホワイト・チェダーを バーモント・チェダーと呼ぶこともある。 チーズへの着色は古くから行われていたが、なぜ着色をするのか、1860年頃にはすでにその理由は分からなくなっていた [ ]。 ジョセフ・ハーディングは1860年の雑誌において「純粋なものよりまぜものを好むロンドンの消費者はチーズ生産者にアナトーによる着色を強いているが、私はアナトーに関する一つの改良点を発表しなければならない。 (中略)それは、今や固体ではなく液状のアナトーが手に入り、削り取る必要がなくなったことだ。 」と記している。 現在生産されるチェダーのほとんどは工場で生産されて四角く成型されているが、ごく少数、農家で生産されているものがあり、こちらは円盤状をしている。 かつては汚れを防ぎ、なおかつチーズが「呼吸」できるよう、表面に黒いが塗られたり、を塗った黒い布で包まれたりして流通していた。 現在、こうした包装は、職人によるチーズの一部にのみ見られる。 原産地名称保護 [ ] 4州 「チェダーチーズ」はあまりにも広く使われているため、(POD)の対象とはなっていない。 しかし、は ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダーチーズ( West Country Farmhouse Cheddar)をPODの対象としている。 これは地元の材料・伝統的な製法基準を満たしているチェダーチーズにのみ許される名称で、生産地は・・・の4州に限定されている。 ただし、実際に「ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダーチーズ」と認証されるチーズを生産しているのは、チェダーに本拠を置く The Cheddar Gorge Cheese Co. 一社のみである。 歴史 [ ] 発祥 [ ] チェダーチーズは少なくとも1170年には生産されていた。 この年以降のの(財務府記録)に、このチーズの生産と課税の記録が残っているためである。 一説に、このチーズの製法は、ローマ人がフランスから持ち込んだものともいう。 伝統的にチェダーチーズは、の大聖堂 ()から半径30マイル(48km)の範囲で作られるものとされていた。 近代化 [ ] 19世紀には、チェダーチーズ生産の近代化・標準化が進められた。 その中心人物がジョセフ・ハーディング ()である。 ハーディングは、技術開発と酪農衛生の向上に無償の努力を尽くした。 また、チーズ生産の過程に、を切るための「リボルビング・ブレーカー」などいくつかの道具を導入した。 「ジョセフ・ハーディング方式」が、科学的な方法に基づくチェダーチーズ生産の最初の近代的システムとなった。 ハーディングは、次のような言葉を残している。 「チェダーチーズは野原で作るのでも牛舎で作るのでも、牛で作るのでもない。 工房( dairy)で作るのだ」。 中、イギリスでのチーズ生産は、戦時経済統制のため、ほとんどただ一種類のみとなった。 「官製チェダー」( Government Cheddar)と言われるものである。 しかしこのことによって、イギリスの多くのチーズメーカーが消失したという。 第一次大戦後は3500ヶ所あった事業所は、第二次大戦後には100ヶ所を下回ってしまった。 今日、イギリスのチーズ市場ではチェダーチーズが売上額の51%を占め 、極めて一般的なチーズとなっている。 伝播 [ ] ジョセフ・ハーディングとその妻は、チェダーチーズのスコットランドや北米への紹介に力を貸した。 夫妻の息子ヘンリーは、オーストラリアにチェダーを紹介している。 イギリスにおける再ブランド化の試み [ ] 1980年代後半からの運動の中で、チェダー評議会( Cheddar Presidium)が結成され 、「チェダー」名称の制限を主張している。 その条件は欧州委員会による「ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダーチーズ」の条件よりも厳しく、「サマセットで生産されていること」、「未殺菌牛乳、レンネットなど伝統的な製法で作られること」、「布で包装されること」の3点を「チェダー」の条件として義務づけるべきだ、としている。 伝統的な製法 [ ] チェダーチーズのキューブ アメリカ合衆国においては、工場で「チェダー」スタイルのチーズが生産されている。 しかし、多くの「チェダー」は名のみで、実際には風味をつけたである。 たとえばや、個別包装されたスライスチーズなど、本来のチェダーチーズとは似ても似つかないものもある。 インダストリアル・チーズとしての「チェダー」も、いくつかの種類に分かれている。 すなわち、マイルド(mild)、ミディアム(medium)、シャープ(sharp)、エクストラ・シャープ(extra sharp)、ニューヨーク・スタイル(New York Style)、 Colby あるいはロングホーン(Longhorn)、ホワイト(white)あるいはバーモント(Vermont)である。 「ニューヨーク・スタイル」は、特に刺激の強いチェダーであり、ほかのチェダーよりも柔らかい。 「コルビー」「ロングホーン」は、マイルドからミディアムにかけての味を持つが、チーズに含まれるカードの塊がはっきりしているのが特徴で、淡い黄色と白のまだら模様に見える。 ホワイト・チェダーはで生産されたかに関わらず「バーモント・チェダー」と呼ばれることがある。 チェダーチーズは、が酪農業の動向を測る統計に用いる品目の一つである。 価格と生産量の調査報告は週刊の報告書にまとめられている。 アメリカで最もチェダーチーズを生産する州はである。 ほかに、、の、バーモント州、がチェダーチーズ生産の中心地である。 註 [ ]• Transactions of the New-York State Agricultural Society for the Year 1864, page 232, volume 14 1865, Albany• Murray, John 1860. Journal of the Royal Agricultural Society of England London 21: 90. Cheddar Gorge Cheese Company. 2009年8月2日時点のよりアーカイブ。 2009年8月1日閲覧。 Editions Hachette Pratique, Publishers, pp. 89,• Smale, Will 2006年8月21日. BBC Radio 4 Open Country. 2007年8月7日閲覧。 Icons of England. 2007年9月27日時点のよりアーカイブ。 2007年5月9日閲覧。 Heeley, Anne; Mary Vidal 1996. Joseph Harding, Cheddar Cheese-Maker. Glastonbury: Friends of the Abbey Barn• Transactions of the Highland and Agricultural Society of Scotland, By Highland and Agricultural Society of Scotland, 1866-7 volume 1, Aberdeen• History of British Agriculture, 1846-1914: 1846 - 1914 - Page 145 by Christabel Susan Lowry Orwin, Edith Holt Whetham - Agriculture - 1964• Gourmet Britain. 2009年6月23日閲覧。 Practically Edible. 2008年7月31日閲覧。 Potter, Mich 2007年10月9日. 2009年1月4日閲覧。 The Grocery Trader. 2007年5月9日閲覧。 Blulab sas. Slowfoodfoundation. org. 2006年5月15日時点のよりアーカイブ。 2009年6月23日閲覧。 文献 [ ] アンドリュー・ドルビー『チーズの歴史』(ブルース・インターアクションズ、2011年) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

チェダーチーズの豆知識

チェダー チーズ バースト

出典: ドミノピザで生地を変更できないピザの3つめは、ニューヨーカーシリーズです。 ニューヨーカーは、本場アメリカの野球場や屋台で売っているようなビッグサイズのピザです。 生地は、レギュラーのハンドトスとなっていて、直径40cmのビッグサイズのピザは食べ応え抜群です。 大勢で集まった時に用意しておくと喜ばれること間違いなしですよ。 トッピングされているチーズもダブルチーズとなっているので嬉しいですね。 ニューヨーカーシリーズには、5種類のピザがあります。 好みに合わせて選んでくださいね。 本場ニューヨークの味を日本で楽しみましょう。 ニューヨーカーシリーズ• クワトロ・チーズステーキ ニューヨーカー• ビッグ フィリーチーズステーキ• ビッグ ぺパロニ• ビッグ チーズ• クワトロ・スーパースターは、とにかく豪華で、贅沢なピザとなっています。 がっつり食べたい方や育ち盛りの学生におすすめです。 ブラックタイガーガーリックシュリンプ 2. 黒毛和牛ビーフステーキ 3. ブラックタイガー&炭火焼ビーフ 4. プレミアムサーロインステーキの組み合わせで出来たピザで、4種類の味を楽しめます。 厚切りのステーキからブラックタイガーまでのっていて、おかず感覚で食べることができます。 ぜひ試してみてください。 ドミノピザのおすすめメニューやトッピングなど詳しく載っている記事があるので、この記事も参考にしてみてください。 ランキング形式になっているのでわかりやすいですよ。 RELATED ARTICLE 好みの生地でドミノピザを頼もう いかがでしたでしょうか?ピザを注文すると言っても、味の種類を選ぶのはもちろんですが、生地を選ぶのも一苦労ですね。 今回の記事は、一つ一つの生地の特徴を紹介しましたので、好みのタイプが見つかったでしょうか。 種類があり過ぎて、食べてみないとわからない、なんて人は、何回かに分けていろんな生地を試してみてください。 同じピザでも生地を変えると違う味に出会えるかもしれませんよ。 今回は、ピザの種類を紹介しましたが、ピザにつけあわせるおかずで困ってしまう時は、この記事も参考にしてみてください。 ピザだけじゃさみしい食卓になるな、と感じるときに役立ちますよ。

次の

ドミノピザ 革命的な生地「チーズバースト」導入 どこから食べてもどこまで食べてもチーズ天国

チェダー チーズ バースト

今や日本を含め世界中で生産・販売されている最もポピュラーなチーズの一つであるチェダーですが、本家本元の味を知りたいという方は、チェダーチーズの生まれ故郷「イギリス」で生産された商品を選ぶのがおすすめです。 またその際は、「原産地名称保護制度(PDO)」の対象となっているかどうかも確認しましょう。 PDOとは、定められた地域で定められた製法を守り作られた食品を保証する制度です。 この対象となっているチェダーチーズは、『ウェスト・カントリー・ファームハウス・チェダー』という名称での販売が許されています。 本家本元のチェダーを食べてみたいなら、この名称で販売されている商品を購入しましょう。 もちろん、酪農が盛んなオーストラリアはもちろん、アメリカや日本でもチェダーチーズは作られています。 生産地に特にこだわりがないなら、熟成度・価格・量などとも相談しながら好みに合うものを探すのも楽しいですよ。 チェダーチーズを選ぶ際には、熟成度にも注目してみましょう。 ナチュラルチーズであるチェダーチーズの中では乳酸菌が生きており、時とともに熟成も進んでいきます。 熟成期間により、マイルド・ミディアム・シャープ・エクストラなどの分類がされており、マイルドは熟成期間が最も短いもので、爽やかな酸味と比較的あっさりとした風味が特徴的です。 マイルドの後はミディアム、そしてシャープとなり、酸味や風味も強く濃厚になっていきます。 エクストラは1年以上熟成されたもので、キレのある味わいが特徴的です。 購入してすぐに自分好みのチェダーチーズを食べたいなら、熟成期間の表示にも注目してみると良いでしょう。 なお、熟成度別に販売しているメーカーもあるので、自分の好みがいまいちよく分からないという場合には、購入して食べ比べてみるのもおすすめです。 サラダやサンドイッチの具としてそのまま食べたいという方は、100gから200g程度の少量タイプを、合わせて料理などにも頻繁に使うという方は500gから1㎏程度の大容量タイプのチェダーチーズがおすすめです。 生産量・消費量が最も多いチーズの一つであるチェダーは、ブルーチーズやカマンベールなどと比べ、容量の割にリーズナブルなのが魅力。 1㎏の大容量サイズでも、2000円程度で購入できる商品もあるほどです。 しかしいくらリーズナブルだからとはいえ、安易に大容量サイズを購入してしまうと、結局食べきれずに逆に高くついてしまうことも。 後で後悔しないよう、用途に合わせて無駄なく使い切れるサイズのチェダーチーズを購入するようにしましょう。

次の