日本 の いちばん 長い 日 映画。 映画『日本のいちばん長い日』あらすじと感想/終戦前夜の真実

退屈すぎるリメイク版「日本のいちばん長い日」を観て、再確認する昭和版の「狂気」と「スピード感」。

日本 の いちばん 長い 日 映画

Contents• 映画「日本のいちばん長い日」のストーリーのあらすじとキャストについて 去年の8月8日に「日本のいちばん長い日」が公開されました。 原作の名義は大御所ジャーナリスト、作家の大宅壮一さんとなっておりますが、著者としては半藤一利さんであります。 半藤一利さんは夏目漱石の孫にあたる方で、近代、現代史を中心とした歴史小説などを多く書かれている、これまた昭和を代表する歴史作家です。 昭和の歴史作家の大御所といえば「竜馬が行く」や「燃えよ剣」の司馬遼太郎さんが有名ですが、半藤一利さんは司馬遼太郎さんとも仲が良かったようですね。 半藤一利さんの作品で私が知っているのは「坂口安吾と太平洋戦争」と「日本のいちばん長い日」ぐらいしかないのですが、他にもたくさんの作品を書かれております。 さて、今回の映画化される「日本のいちばん長い日」は1967年に一度映画化されております。 (実際に昭和天皇も映画を鑑賞されたようです) それを新しい形で再び映画にしたのが、今年上映される作品で、テーマは重いですが、間違いなく大作です。 あらすじやストーリーを振り返る意味でまとめてみました。 スポンサードリンク 原作について この原作はもともと1963年の「文藝春秋」の同盟の座談会企画「日本のいちばん長い日」からスタートしております。 文藝春秋といえば、芥川賞や直木賞などの賞を司っている出版社ですね。 個人的には日本で一番権威のある出版社だと思っております。 半藤一利さんは当時、文藝春秋の社員であり、司会もされていました。 ストーリーのあらすじ 舞台は1945年の太平洋戦争末期の日本における、ポツダム宣言受諾にまつわるストーリーです。 日本の歴史においても非常に大きな意味がある部分だと思います。 戦争を続けるか、負けを認めるか。 非常に重いストーリー。 というか史実。 この時の選択が違ったら、今自分は存在していなかったのかもしれない。 (本土決戦していたら、もっと人口が減っていたでしょうから、私達の親も生まれていなかったのかも知れません) そう思うと、怖い様な不思議な気分になります。 本作品はノンフィクションですので、歴史的な背景を知っておくと、より作品に没頭できるはずです。 まず、重要なのがポツダム宣言だと思います。 ポツダム宣言は1945年7月26日にアメリカやイギリス、中国のトップから日本に発せられました。 内容をかいつまんでいうと、日本軍の壊滅や軍国主義の排除などを要求しており、戦争に降伏しない場合には速やかに壊滅させるという、恐ろしい内容です。 それは決してハッタリではなく、史実として、8月6日の広島と8月9日には長崎の原爆投下がありました。 その頃は枢軸国であったドイツやイタリアなどの国も、のきなみ降伏してます。 戦っていたのは日本位ですし、中立であったソ連も8月9日に参戦したこともあって、8月の10日を過ぎる頃にはポツダム宣言を受諾する方向性に傾いていたようです。 当時の総理大臣は鈴木貫太郎。 江戸時代生まれとしては最後の総理大臣だったようです。 (1868年生まれ、慶応4年、明治元年生まれです。 実際には慶応4年9月8日に明治へと元号が変わったそうです。 この場合、慶応4年の1月1日からさかのぼって明治元年となることから、江戸時代の生まれではない、という声もありそうですね) 個人的に、この鈴木総理は日本の終戦ために偉大な働きをした人物という印象があります。 けっこう危ない目にもあったようで、有名な二・二六事件や宮城事件という危険な事件をくぐり抜けております。 宮城事件とは1945年8月14日、つまり敗戦日の前日、陸軍、近衛師団の一部が日本の降伏を阻止しようとして起こしたクーデター事件です。 被害者は出ましたが、事件は鎮圧され、敗戦の玉音放送となりました。 もしここで鈴木総理が倒れていたら、どうなっていたのでしょうか。 降伏の流れは変わらないのかもしれませんが、混乱して降伏するのが遅れてしまったのかもしれません。 あまり知名度が高くない事件ですが、非常に恐ろしい事件だったと思います。 映画ではこの辺りの事件も大きく扱われております。 スポンサードリンク キャストについて 重いテーマかつ大作ですし、キャスト陣もとても豪華です。 メインキャストは以下のような形です。 天皇役 本木雅弘さん 阿南惟幾役 役所広司 さん 鈴木貫太郎役 山崎 努 さん 畑中少佐役 松坂桃李 さん 佐々木武雄役 松山 ケンイチさん 保木令子役 戸田恵梨香 さん 役について補足です。 役所広司さん演ずる、阿南惟幾は鈴木内閣の陸軍大臣です。 戦争継続を主張しておりました。 8月15日、ポツダム宣言受諾の後、自身を断ってしまいます。 松坂桃李さんが演じる、畑中少佐は先ほど述べた宮城事件の主犯の1人です。 宮城事件を起こし、15日の昼頃に自身を断ちます。 松山さんが演じる佐々木武雄は官邸を焼き討ちにしようして、お尋ね者になってしまう方です。 その後、日本中を逃げ回り、放火罪の時効15年を経て、再び世に出てくるという、とてもタフな人です。 実は佐々木武雄って、大山量士と名前を変え、財団法人「亜細亜友之会」を立ち上げた方なんです。 亜細亜友之会については、聞いた事ある人も多いかと思うのですが、亜細亜の留学生を支援などを行っている団体です。 なんていうか、壮絶な人生ですね。 時効まで逃げ切って、財団法人設立して理事長になって活躍するという。 怖い人なのか優しい人なのかわかりません。 戸田恵梨香さんが演じる保木令子は「玉音放送を阻止しようとする将校達に立ち向かう」といった、かなりかっこいい役どころです。 実際には危ないなんてもんじゃないだろうけど。 撃たれたり、斬られたりするリスクもかなり高そうです。 まさに最前線です。 映画を見るとそう感じるのですが、1945年8月15日って、本当に大げさではなく「日本のいちばん長い日」なのではないでしょうか。 これまでも。 これからも。 まとめ 戦争ついて、体験してない者が意見を語るのは、はばかられる重いテーマだと私は考えています。 ただ、知っておくことは大切だと思います。 それも美化されたものではなく、できるだけ生のままで。 「日本のいちばん長い日」も映画である以上は、装飾もあるでしょう。 しかし、他の戦争モノの映画と比べてみると、装飾は少ない部類になるのではないでしょうか。 歴史を「知っておく」ためにはいい映画だと感じております。 個人的には原作も一度読んでみて欲しいです。 文字と映像、音声とでは、また違った感慨があります。 歴史的な事情を理解する、という点では、小説の方が伝わり安いように感じています。

次の

整然とした長い一日――『日本のいちばん長い日』(2015年版)感想

日本 の いちばん 長い 日 映画

解説 昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」を、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人監督が映画化。 1945年8月15日に玉音放送で戦争降伏が国民に知らされるまでに何があったのか、歴史の舞台裏を描く。 太平洋戦争末期の45年7月、連合国軍にポツダム宣言受諾を要求された日本は降伏か本土決戦かに揺れ、連日連夜の閣議で議論は紛糾。 結論の出ないまま広島、長崎に相次いで原子爆弾が投下される。 一億玉砕論も渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣や鈴木貫太郎首相、そして昭和天皇は決断に苦悩する。 出演は阿南惟幾役の役所広司、昭和天皇役の本木雅弘をはじめ、松坂桃李、堤真一、山崎努ら。 だが、私はこの作品をとても興味深く、そして時に涙を滲ませながら鑑賞した。 作品内容に関しては、多くの方が詳細に語られているので、私が今でも記憶に残っている部分を記す。 ) 私のそれまでの印象を大きく覆された人物である。 大変な子煩悩で、家庭を大切にする姿が描かれている。 妻綾子(神野三鈴)に対しても、優しい言葉を掛ける。 いつも、柔和な表情を浮かべている。 人望が厚かったことが、言動を見ていると良く分かる。 そして、あの自決シーン。 そもそも、彼が陸軍大佐になったのは1945年4月、同士でもある鈴木貫太郎首相から請われてである。 漢である。 あのような政治状況で首相を引き受ける事が、如何に覚悟がいったかを山崎努が飄飄とした演技で器の大きさを感じる人物を体現している。 暴走している陸軍からの攻撃、及び終戦後も戦犯として処刑される可能性も大きかった筈であるのだから。 ー今作は、この3人が自らに与えられた使命を全うしようと懸命に努力する姿を高所、大所から描いている。 彼ら、若手陸軍急進派も彼らなりの大義を持ってあのような行動に出てしまったことが良く分かる。 (擁護する気は全くないが。 ) 只、宮城事件失敗後、畑中と椎崎が芝生の上で正座し、皇居を仰ぎみて腰のピストルをこめかみに向け自決するシーンは、哀しかった。 > <2015年8月8日 劇場の大スクリーンで鑑賞> ネタバレ! クリックして本文を読む 公開時に鑑賞後すぐに思った事…67年版のリメイクなのだが、タイトルと扱われた内容が同じなだけで、それ以外は原作も含め、別の映画として私は捉えている。 そういう作品は「忠臣蔵」等の時代劇、「山本五十六」等の戦争劇にある、本作の題材はもっと多くの別の視点で映像化しても良いと思う…もはや、そういう時代になっている。 …どうしても67年版と比較してしまうが、鑑賞後にじわじわと胸に迫る静かな感動があったのは確かだ。 なにより「昭和天皇」を真正面から描いている、演じる本木雅弘の品のある佇まい、自然な写実に感動した。 平成版の意義はここにあるのだ。 全体的に、67年版より登場人物の私生活描写が多く、感情移入しやすい。 その上、あの畑中少佐の凶暴を控えめな描写にしている等…パノラマ的に展開した67年版より、ストーリーの均衡が取れた描き方になっている。 主要な登場人物を絞り、あたらオールスターキャストにしなかった原田監督の良案が活きている。 …鑑賞当初、東条英機は「麿赤兒」が演じると思ったが「中嶋しゅう」であった事は、中嶋氏が2017年に出演した舞台で、客席へ落下して病院へ救急搬送され、死亡が確認されたとのNEWSを読み、強く印象に残っている…今更ではあるが、中嶋氏の御冥福をお祈り致します。 67年版を愛する者として、公開前の複雑な気持ちが晴れた原因と、見逃した様々な要因を再確認する為に2度目を鑑賞し、感動した…今回のDVD鑑賞で3度目だが、ウイルス対策で失態政策を続けている愚鈍な現. 1945年8月15日に流された玉音放送に至るまでの国政と関係者達を描いたリメイク作品。 終戦か継戦か。 これまで負けなしを誇った陸軍にとって、敗北を認めることは屈辱だし、長年鼓舞してきた部下達の洗脳を解くのも並大抵のことではないと…。 この対立と混乱は、開国か攘夷かと争った幕末を少し思い起こさせました。 割腹することを当然として、止めようとしないのも時代ですね…。 降伏したら、日本国は消滅するかも知れない…。 強力な「外来種」が入り込み蔓延る前に、出来るだけのことをしておきたい。 絶望して投げ出すことなく、必死に最善を尽くして下さったことで今日があるのだなと思いました。 「国」とは何かとしばしば考えさせられます。 多様な感想が集まる映画作品もそうですが、歴史の事件も「ひとつの事実」でありながら、その解釈は国や立場によって全く異なります。 ものの見方や捉え方は、「事実」を中心としてできた球体が時間の川に流れる4次元に存在するとつくづく思いました。 「和」を意識して撮ったと思われる映像がとても美しく、短いやり取りでも人物像が伝わりやすかったです。 日本史を学ぶ機会のなかった自分には初めて知ることばかりで、しかも半分くらいの台詞は繰り返し観ても聞き取れませんでしたが、脚色があるにしても大変勉強になりました。 さらっときれいめな?本作に比べ、旧作はずっとギラギラ熱いようなので、いつか是非観てみたいです。 「皆、国を思う情熱でした。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

映画『日本のいちばん長い日』あらすじと感想/終戦前夜の真実

日本 の いちばん 長い 日 映画

Contents• 映画「日本のいちばん長い日」のストーリーのあらすじとキャストについて 去年の8月8日に「日本のいちばん長い日」が公開されました。 原作の名義は大御所ジャーナリスト、作家の大宅壮一さんとなっておりますが、著者としては半藤一利さんであります。 半藤一利さんは夏目漱石の孫にあたる方で、近代、現代史を中心とした歴史小説などを多く書かれている、これまた昭和を代表する歴史作家です。 昭和の歴史作家の大御所といえば「竜馬が行く」や「燃えよ剣」の司馬遼太郎さんが有名ですが、半藤一利さんは司馬遼太郎さんとも仲が良かったようですね。 半藤一利さんの作品で私が知っているのは「坂口安吾と太平洋戦争」と「日本のいちばん長い日」ぐらいしかないのですが、他にもたくさんの作品を書かれております。 さて、今回の映画化される「日本のいちばん長い日」は1967年に一度映画化されております。 (実際に昭和天皇も映画を鑑賞されたようです) それを新しい形で再び映画にしたのが、今年上映される作品で、テーマは重いですが、間違いなく大作です。 あらすじやストーリーを振り返る意味でまとめてみました。 スポンサードリンク 原作について この原作はもともと1963年の「文藝春秋」の同盟の座談会企画「日本のいちばん長い日」からスタートしております。 文藝春秋といえば、芥川賞や直木賞などの賞を司っている出版社ですね。 個人的には日本で一番権威のある出版社だと思っております。 半藤一利さんは当時、文藝春秋の社員であり、司会もされていました。 ストーリーのあらすじ 舞台は1945年の太平洋戦争末期の日本における、ポツダム宣言受諾にまつわるストーリーです。 日本の歴史においても非常に大きな意味がある部分だと思います。 戦争を続けるか、負けを認めるか。 非常に重いストーリー。 というか史実。 この時の選択が違ったら、今自分は存在していなかったのかもしれない。 (本土決戦していたら、もっと人口が減っていたでしょうから、私達の親も生まれていなかったのかも知れません) そう思うと、怖い様な不思議な気分になります。 本作品はノンフィクションですので、歴史的な背景を知っておくと、より作品に没頭できるはずです。 まず、重要なのがポツダム宣言だと思います。 ポツダム宣言は1945年7月26日にアメリカやイギリス、中国のトップから日本に発せられました。 内容をかいつまんでいうと、日本軍の壊滅や軍国主義の排除などを要求しており、戦争に降伏しない場合には速やかに壊滅させるという、恐ろしい内容です。 それは決してハッタリではなく、史実として、8月6日の広島と8月9日には長崎の原爆投下がありました。 その頃は枢軸国であったドイツやイタリアなどの国も、のきなみ降伏してます。 戦っていたのは日本位ですし、中立であったソ連も8月9日に参戦したこともあって、8月の10日を過ぎる頃にはポツダム宣言を受諾する方向性に傾いていたようです。 当時の総理大臣は鈴木貫太郎。 江戸時代生まれとしては最後の総理大臣だったようです。 (1868年生まれ、慶応4年、明治元年生まれです。 実際には慶応4年9月8日に明治へと元号が変わったそうです。 この場合、慶応4年の1月1日からさかのぼって明治元年となることから、江戸時代の生まれではない、という声もありそうですね) 個人的に、この鈴木総理は日本の終戦ために偉大な働きをした人物という印象があります。 けっこう危ない目にもあったようで、有名な二・二六事件や宮城事件という危険な事件をくぐり抜けております。 宮城事件とは1945年8月14日、つまり敗戦日の前日、陸軍、近衛師団の一部が日本の降伏を阻止しようとして起こしたクーデター事件です。 被害者は出ましたが、事件は鎮圧され、敗戦の玉音放送となりました。 もしここで鈴木総理が倒れていたら、どうなっていたのでしょうか。 降伏の流れは変わらないのかもしれませんが、混乱して降伏するのが遅れてしまったのかもしれません。 あまり知名度が高くない事件ですが、非常に恐ろしい事件だったと思います。 映画ではこの辺りの事件も大きく扱われております。 スポンサードリンク キャストについて 重いテーマかつ大作ですし、キャスト陣もとても豪華です。 メインキャストは以下のような形です。 天皇役 本木雅弘さん 阿南惟幾役 役所広司 さん 鈴木貫太郎役 山崎 努 さん 畑中少佐役 松坂桃李 さん 佐々木武雄役 松山 ケンイチさん 保木令子役 戸田恵梨香 さん 役について補足です。 役所広司さん演ずる、阿南惟幾は鈴木内閣の陸軍大臣です。 戦争継続を主張しておりました。 8月15日、ポツダム宣言受諾の後、自身を断ってしまいます。 松坂桃李さんが演じる、畑中少佐は先ほど述べた宮城事件の主犯の1人です。 宮城事件を起こし、15日の昼頃に自身を断ちます。 松山さんが演じる佐々木武雄は官邸を焼き討ちにしようして、お尋ね者になってしまう方です。 その後、日本中を逃げ回り、放火罪の時効15年を経て、再び世に出てくるという、とてもタフな人です。 実は佐々木武雄って、大山量士と名前を変え、財団法人「亜細亜友之会」を立ち上げた方なんです。 亜細亜友之会については、聞いた事ある人も多いかと思うのですが、亜細亜の留学生を支援などを行っている団体です。 なんていうか、壮絶な人生ですね。 時効まで逃げ切って、財団法人設立して理事長になって活躍するという。 怖い人なのか優しい人なのかわかりません。 戸田恵梨香さんが演じる保木令子は「玉音放送を阻止しようとする将校達に立ち向かう」といった、かなりかっこいい役どころです。 実際には危ないなんてもんじゃないだろうけど。 撃たれたり、斬られたりするリスクもかなり高そうです。 まさに最前線です。 映画を見るとそう感じるのですが、1945年8月15日って、本当に大げさではなく「日本のいちばん長い日」なのではないでしょうか。 これまでも。 これからも。 まとめ 戦争ついて、体験してない者が意見を語るのは、はばかられる重いテーマだと私は考えています。 ただ、知っておくことは大切だと思います。 それも美化されたものではなく、できるだけ生のままで。 「日本のいちばん長い日」も映画である以上は、装飾もあるでしょう。 しかし、他の戦争モノの映画と比べてみると、装飾は少ない部類になるのではないでしょうか。 歴史を「知っておく」ためにはいい映画だと感じております。 個人的には原作も一度読んでみて欲しいです。 文字と映像、音声とでは、また違った感慨があります。 歴史的な事情を理解する、という点では、小説の方が伝わり安いように感じています。

次の