フィギアスケート 女子。 ロシアのフィギュア女子が「戦国時代」。ザギトワやメドベを下した4回転ジャンパーの14歳コンビとは?

フィギュアスケートYouTube 動画Blog

フィギアスケート 女子

本ランキングはISUから試合・大会が終わるたびに随時更新・発表されるものです。 本記事では男子シングル・女子シングルを中心に、トータルスコア、ショート SP スコア、フリー FS スコアに分けて紹介します。 つまり、羽生結弦選手の世界最高得点 世界記録スコア は永遠に残ることになります。 フィギュアスケートのスコア・得点の採点方式について フィギュアスケートは採点競技です。 現在の採点法 新採点システム は2004-2005シーズンより導入されました。 それまでは技術点と芸術点を6. 0満点で採点するシンプルなものでした。 新採点方式に変わったのは、ソルトレイクシティオリンピックにおけるペア競技スキャンダルがきっかけです。 ここでは詳細は語りませんが、まあ大変でしたw この新採点方式が2018-2019シーズンより大幅なルール改定が行われました。 フィギュアスケーターの技術が進化したことにより、技術要素と芸術要素の裁定バランスを図ることが狙いと言われいます。 具体的にはエレメンツの質に差を付けていく改定になっています。 ですので、常に完全なスコアが出るかというと、そんなことはありません。 それでもフィギュアスケートという競技をよりよいものにしていこうという関係者の努力は尊いもの。 ファンはそういうこともひっくるめて楽しむべき競技だと思います。 そんなに得点は高くなくとも感動してしまうこともあるし、その逆もあります。 選手の生き様とアイススケートで演じられる演技と、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングスキル・・・・などさまざまな要素が相まってフィギュアスケートという競技が存在するんですね。 もちろん、得点も楽しむべき要素の一つです。 2018-2019シーズンよりルールが大幅に変わることに伴い、得点記録がリセットされることになりました。 2018-2019シーズンより記録はゼロからのスタートになります。 2017-2018シーズンまでの記録は「historic records」として永遠に残ることになりました。 つまり、羽生結弦選手は2017-2018シーズンまでの記録として、トータル、SP、FSともに永遠にトップです! 本ページでは過去の記録も残しつつ、新しい記録を更新していく形を取りたいと思います。 男子シングル歴代得点ランキング【2018-2019シーズン以降】 2018-2019シーズン以降の男子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 30 2位 羽生結弦 日本 322. 59 3位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 299. 01 4位 宇野昌磨 日本 289. 12 5位 ケヴィン・エイモズ フランス 275. 63 6位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 274. 82 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 274. 37 8位 ボーヤン・ジン 中国 273. 51 9位 ドミトリー・アリエフ ロシア 272. 89 10位 ハビエル・フェルナンデス スペイン 271. 59 11位 鍵山優真 日本 270. 61 12位 アレクサンドル・サマリン ロシア 269. 84 13位 キーガンメッシング カナダ 267. 61 14位 チャ・ジュンファン 韓国 265. 43 15位 ナム・ニューエン カナダ 262. 77 16位 マッテオ・リッツォ イタリア 260. 53 17位 田中刑事 日本 258. 84 18位 ミハル・ブレジナ チェコ 257. 98 19位 佐藤駿 日本 255. 82 2位 ネイサン・チェン アメリカ 110. 38 3位 宇野昌磨 日本 104. 15 4位 ドミトリー・アリエフ ロシア 101. 49 5位 ボーヤン・ジン 中国 101. 09 6位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100. 51 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 100. 49 8位 アレクサンドル・サマリン ロシア 98. 48 9位 チャ・ジュンファン 韓国 97. 33 10位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 96. 81 11位 ケヴィン・エイモズ フランス 96. 71 12位 キーガン・メッシング カナダ 96. 3Aso 179. 86 16位 チャ・ジュンファン 韓国 175. 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 59 2位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 241. 02 3位 アンナ・シェルバコワ ロシア 240. 92 4位 アリーナ・ザギトワ ロシア 238. 43 5位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 234. 43 6位 紀平梨花 日本 233. 12 7位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 227. 30 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 225. 76 9位 ブレイディ・テネル アメリカ 225. 64 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 224. 76 11位 坂本花織 日本 223. 65 12位 ユ・ヨン 韓国 223. 23 13位 宮原知子 日本 219. 71 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 215. 58 15位 ソフィア・サモドゥロワ ロシア 213. 84 16位 マライア・ベル アメリカ 212. 89 17位 三原舞依 日本 209. 22 18位 アリサ・リウ アメリカ [Jr. ] 208. 10 19位 ダリア・ウサチョワ ロシア [Jr. ] 207. 74 20位 樋口新葉 日本 207. 45 2位 紀平梨花 日本 83. 97 3位 アリーナ・ザギトワ ロシア 82. 08 4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 80. 54 5位 アンナ・シェルバコワ ロシア 78. 27 6位 ユ・ヨン 韓国 78. 22 7位 坂本花織 日本 76. 95 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 76. 93 9位 宮原知子 日本 76. 08 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 75. 96 11位 ブレイディ・テネル アメリカ 75. 93 12位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 74. 95 13位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 74. 92 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 74. 65 15位 樋口新葉 日本 72. 62 2位 アンナ・シェルバコワ ロシア 構成:4Lz3T 4F<fall 2A 4Lz 3Lz3Lo 3F1Eu3S 3Lz 162. 89 7位 カミラ・ワリエワ ロシアジュニア [Jr. 80 12位 坂本花織 日本 構成:3F堪 2A3T 3Lz! 2T2Lo 2A 145. SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 43 2位 ネイサン・チェン 321. 40 3位 宇野昌磨 319. 84 4位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 5位 ボーヤンジン 303. 58 6位 パトリック・チャン GPフランス大会2013 295. 27 7位 デニス・テン 四大陸選手権2015 289. 46 8位 町田樹 世界選手権2014 282. 26 9位 ミハイル・コリヤダ 279. 41 10位 高橋大輔 国別対抗戦2012 276. 72 11位 ヴィンセント・ジョウ 276. 69 12位 ドミトリー・アリエフ 274. 06 13位 ジェイソン・ブラウン 273. 67 14位 ハン・ヤン 四大陸選手権2016 271. 55 15位 セルゲイ・ボロノフ 271. 43 2位 羽生結弦 NHK杯2015 322. 40 3位 羽生結弦 321. 59 4位 ネイサン・チェン 321. 40 5位 宇野昌磨 319. 84 6位 宇野昌磨 319. 31 7位 羽生結弦 317. 85 8位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 9位 ネイサン・チェン 307. 46 10位 宇野昌磨 306. 90 11位 ハビエル・フェルナンデス 305. 24 12位 羽生結弦 303. 71 13位 ボーヤン・ジン 303. 58 14位 ハビエル・フェルナンデス 欧州選手権2016 302. 77 15位 宇野昌磨 302. 02 16位 羽生結弦 301. 68点で惜しくも更新ならず・・・ 112. 72 2位 ハビエル・フェルナンデス 109. 05 3位 宇野昌磨 104. 87 4位 ネイサン・チェン 104. 12 5位 ボーヤン・ジン 103. 32 6位 ミハイル・コリヤダ 103. 13 7位 パトリック・チャン 102. 13 8位 ドミトリー・アリエフ 98. 98 9位 町田樹 世界選手権2014 98. 21 10位 デニス・テン 四大陸選手権2015 97. 61 11位 高橋大輔 NHK杯2013 95. 20 2位 ネイサン・チェン 219. 46 3位 ハビエル・フェルナンデス 216. 41 4位 宇野昌磨 214. 97 5位 ボーヤン・ジン 204. 94 6位 パトリック・チャン 四大陸選手権2016 203. 99 7位 ヴィンセント・ジョウ 192. 16 8位 デニス・テン 四大陸選手権2015 191. 85 9位 町田樹 世界選手権2014 184. 05 10位 ミハイル・コリヤダ 184. 04 11位 ドミトリー・アリエフ 182. 73 12位 高橋大輔 国別対抗戦2012 182. SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 4位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 5位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 7位 宮原知子 222. 38 8位 三原舞依 218. 27 9位 樋口新葉 217. 63 10位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 216. 73 11位 浅田真央 世界選手権2014 216. 69 12位 アンナ・ポゴリラヤ 216. 47 13位 マリア・ソツコワ 216. 28 14位 アシュリー・ワグナー 215. 39 15位 坂本花織 214. 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 エフゲニア・メドベージェワ 238. 26 4位 アリーナ・ザギトワ 238. 24 5位 エフゲニア・メドベージェワ 233. 41 6位 エフゲニア・メドベージェワ 232. 86 7位 エフゲニア・メドベージェワ 231. 21 8位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 9位 エフゲニア・メドベージェワ 229. 71 10位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 11位 エフゲニア・メドベージェワ 227. 66 12位 エフゲニア・メドベージェワ オンドレイ・ネペラ杯2017 226. 72 13位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 14位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 15位 エフゲニア・メドベージェワ 224. 39 16位 エフゲニア・メドベージェワ 223. 86 17位 アリーナ・ザギトワ 223. 30 18位 ケイトリン・オズモンド 223. 23 19位 エフゲニア・メドベージェワ GPファイナル2015 222. 54 20位 宮原知子 222. 92 2位 エフゲニア・メドベージェワ 81. 61 3位 カロリーナ・コストナー 80. 27 4位 ケイトリン・オズモンド 78. 66 6位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 78. 50 7位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 世界選手権2015 77. 62 8位 グレイシー・ゴールド 76. 43 9位 宮原知子 75. 94 10位 アデリナ・ソトニコワ モルドヴィアンオーナメント2015 75. 57 11位 ユリア・リプニツカヤ 世界選手権2014 74. 46 2位 アリーナ・ザギトワ 158. 08 3位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手!クワド2本同時認定! 153. 49 4位 ケイトリン・オズモンド 152. 15 5位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 150. 06 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 149. 95 7位 宮原知子 146. 44 8位 三原舞依 146. 17 9位 樋口新葉 145. 30 10位 アンナ・ポゴリラヤ 143. 18 11位 坂本花織 142. 71 13位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 142. 61 14位 ガブリエル・デールマン 142. 41 15位 マリア・ソツコワ 142. 近年はプルシェンコ選手、髙橋大輔選手、パトリック選手、羽生結弦選手の4人が切り拓いてきた数値と言えると思います。 2018-2019シーズンより最高得点ランキングはリセットされるため、2017-2018シーズンまでの本記録は永遠に残るものとなりました。 大会 SP FS 合計 2006 トリノ五輪 — 167. 67 プルシェンコ 258. 33 プルシェンコ 2008 4CC — 175. 84 髙橋大輔 264. 41 髙橋大輔 2010 ユーロ 91. 30 プルシェンコ — — 2011 WC 93. 02 パトリック 187. 96 パトリック 280. 98 パトリック 2012 WTT 94. 00 髙橋大輔 — — 2012 スケアメ 95. 07 羽生結弦 — — 2012 NHK杯 95. 32 羽生結弦 — — 2013 WC 98. 37 パトリック — — 2013 GPフランス 98. 52 パトリック 196. 75 パトリック 295. 27 パトリック 2013 GPF 99. 84 羽生結弦 — — 2014 ソチ五輪 101. 45 羽生結弦 — — 2015 NHK杯 106. 33 羽生結弦 216. 07 羽生結弦 322. 40 羽生結弦 2015 GPF 110. 95 羽生結弦 219. 48 羽生結弦 330. 43 羽生結弦 2017 WC — 223. 20 羽生結弦 — 2017 AC 112. なお、羽生結弦選手はこれまで世界記録を12回更新しています。 また、今後はとくに男子シングルを中心に得点がインフレ化していく可能性があります。 今は4回転を跳べば良いではなく、何本4回転を跳ぶかという時代に突入しているからですね。 よく記録よりも記憶が大事なんて言いますが、記録も記憶される大きな要因となることは間違いありません。 羽生選手はGPファイナル2015で出した110点がパーソナルベストになります。 もしショートの得点のみでランキングした場合は 1位 羽生 110. 95 GPファイナル2015 2位 羽生 110. 56 世界選手権2016 3位 羽生 106. 33 NHK杯2015 4位 フェルナンデス 102. 54 ヨーロッパ選手権2016 5位 羽生 101. 45 ソチオリンピック 6位 羽生 99. 84 GPファイナル2013 7位 宇野 98. 59 GPロシア大会2016 2016. このように羽生選手が上位を独占しているんです!.

次の

フィギュア スケート:四大陸 選手権 女子フリー 全結果 = 2020年 2月8日 韓国・ソウル

フィギアスケート 女子

本ランキングはISUから試合・大会が終わるたびに随時更新・発表されるものです。 本記事では男子シングル・女子シングルを中心に、トータルスコア、ショート SP スコア、フリー FS スコアに分けて紹介します。 つまり、羽生結弦選手の世界最高得点 世界記録スコア は永遠に残ることになります。 フィギュアスケートのスコア・得点の採点方式について フィギュアスケートは採点競技です。 現在の採点法 新採点システム は2004-2005シーズンより導入されました。 それまでは技術点と芸術点を6. 0満点で採点するシンプルなものでした。 新採点方式に変わったのは、ソルトレイクシティオリンピックにおけるペア競技スキャンダルがきっかけです。 ここでは詳細は語りませんが、まあ大変でしたw この新採点方式が2018-2019シーズンより大幅なルール改定が行われました。 フィギュアスケーターの技術が進化したことにより、技術要素と芸術要素の裁定バランスを図ることが狙いと言われいます。 具体的にはエレメンツの質に差を付けていく改定になっています。 ですので、常に完全なスコアが出るかというと、そんなことはありません。 それでもフィギュアスケートという競技をよりよいものにしていこうという関係者の努力は尊いもの。 ファンはそういうこともひっくるめて楽しむべき競技だと思います。 そんなに得点は高くなくとも感動してしまうこともあるし、その逆もあります。 選手の生き様とアイススケートで演じられる演技と、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングスキル・・・・などさまざまな要素が相まってフィギュアスケートという競技が存在するんですね。 もちろん、得点も楽しむべき要素の一つです。 2018-2019シーズンよりルールが大幅に変わることに伴い、得点記録がリセットされることになりました。 2018-2019シーズンより記録はゼロからのスタートになります。 2017-2018シーズンまでの記録は「historic records」として永遠に残ることになりました。 つまり、羽生結弦選手は2017-2018シーズンまでの記録として、トータル、SP、FSともに永遠にトップです! 本ページでは過去の記録も残しつつ、新しい記録を更新していく形を取りたいと思います。 男子シングル歴代得点ランキング【2018-2019シーズン以降】 2018-2019シーズン以降の男子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 30 2位 羽生結弦 日本 322. 59 3位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 299. 01 4位 宇野昌磨 日本 289. 12 5位 ケヴィン・エイモズ フランス 275. 63 6位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 274. 82 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 274. 37 8位 ボーヤン・ジン 中国 273. 51 9位 ドミトリー・アリエフ ロシア 272. 89 10位 ハビエル・フェルナンデス スペイン 271. 59 11位 鍵山優真 日本 270. 61 12位 アレクサンドル・サマリン ロシア 269. 84 13位 キーガンメッシング カナダ 267. 61 14位 チャ・ジュンファン 韓国 265. 43 15位 ナム・ニューエン カナダ 262. 77 16位 マッテオ・リッツォ イタリア 260. 53 17位 田中刑事 日本 258. 84 18位 ミハル・ブレジナ チェコ 257. 98 19位 佐藤駿 日本 255. 82 2位 ネイサン・チェン アメリカ 110. 38 3位 宇野昌磨 日本 104. 15 4位 ドミトリー・アリエフ ロシア 101. 49 5位 ボーヤン・ジン 中国 101. 09 6位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100. 51 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 100. 49 8位 アレクサンドル・サマリン ロシア 98. 48 9位 チャ・ジュンファン 韓国 97. 33 10位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 96. 81 11位 ケヴィン・エイモズ フランス 96. 71 12位 キーガン・メッシング カナダ 96. 3Aso 179. 86 16位 チャ・ジュンファン 韓国 175. 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 59 2位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 241. 02 3位 アンナ・シェルバコワ ロシア 240. 92 4位 アリーナ・ザギトワ ロシア 238. 43 5位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 234. 43 6位 紀平梨花 日本 233. 12 7位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 227. 30 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 225. 76 9位 ブレイディ・テネル アメリカ 225. 64 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 224. 76 11位 坂本花織 日本 223. 65 12位 ユ・ヨン 韓国 223. 23 13位 宮原知子 日本 219. 71 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 215. 58 15位 ソフィア・サモドゥロワ ロシア 213. 84 16位 マライア・ベル アメリカ 212. 89 17位 三原舞依 日本 209. 22 18位 アリサ・リウ アメリカ [Jr. ] 208. 10 19位 ダリア・ウサチョワ ロシア [Jr. ] 207. 74 20位 樋口新葉 日本 207. 45 2位 紀平梨花 日本 83. 97 3位 アリーナ・ザギトワ ロシア 82. 08 4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 80. 54 5位 アンナ・シェルバコワ ロシア 78. 27 6位 ユ・ヨン 韓国 78. 22 7位 坂本花織 日本 76. 95 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 76. 93 9位 宮原知子 日本 76. 08 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 75. 96 11位 ブレイディ・テネル アメリカ 75. 93 12位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 74. 95 13位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 74. 92 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 74. 65 15位 樋口新葉 日本 72. 62 2位 アンナ・シェルバコワ ロシア 構成:4Lz3T 4F<fall 2A 4Lz 3Lz3Lo 3F1Eu3S 3Lz 162. 89 7位 カミラ・ワリエワ ロシアジュニア [Jr. 80 12位 坂本花織 日本 構成:3F堪 2A3T 3Lz! 2T2Lo 2A 145. SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 43 2位 ネイサン・チェン 321. 40 3位 宇野昌磨 319. 84 4位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 5位 ボーヤンジン 303. 58 6位 パトリック・チャン GPフランス大会2013 295. 27 7位 デニス・テン 四大陸選手権2015 289. 46 8位 町田樹 世界選手権2014 282. 26 9位 ミハイル・コリヤダ 279. 41 10位 高橋大輔 国別対抗戦2012 276. 72 11位 ヴィンセント・ジョウ 276. 69 12位 ドミトリー・アリエフ 274. 06 13位 ジェイソン・ブラウン 273. 67 14位 ハン・ヤン 四大陸選手権2016 271. 55 15位 セルゲイ・ボロノフ 271. 43 2位 羽生結弦 NHK杯2015 322. 40 3位 羽生結弦 321. 59 4位 ネイサン・チェン 321. 40 5位 宇野昌磨 319. 84 6位 宇野昌磨 319. 31 7位 羽生結弦 317. 85 8位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 9位 ネイサン・チェン 307. 46 10位 宇野昌磨 306. 90 11位 ハビエル・フェルナンデス 305. 24 12位 羽生結弦 303. 71 13位 ボーヤン・ジン 303. 58 14位 ハビエル・フェルナンデス 欧州選手権2016 302. 77 15位 宇野昌磨 302. 02 16位 羽生結弦 301. 68点で惜しくも更新ならず・・・ 112. 72 2位 ハビエル・フェルナンデス 109. 05 3位 宇野昌磨 104. 87 4位 ネイサン・チェン 104. 12 5位 ボーヤン・ジン 103. 32 6位 ミハイル・コリヤダ 103. 13 7位 パトリック・チャン 102. 13 8位 ドミトリー・アリエフ 98. 98 9位 町田樹 世界選手権2014 98. 21 10位 デニス・テン 四大陸選手権2015 97. 61 11位 高橋大輔 NHK杯2013 95. 20 2位 ネイサン・チェン 219. 46 3位 ハビエル・フェルナンデス 216. 41 4位 宇野昌磨 214. 97 5位 ボーヤン・ジン 204. 94 6位 パトリック・チャン 四大陸選手権2016 203. 99 7位 ヴィンセント・ジョウ 192. 16 8位 デニス・テン 四大陸選手権2015 191. 85 9位 町田樹 世界選手権2014 184. 05 10位 ミハイル・コリヤダ 184. 04 11位 ドミトリー・アリエフ 182. 73 12位 高橋大輔 国別対抗戦2012 182. SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 4位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 5位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 7位 宮原知子 222. 38 8位 三原舞依 218. 27 9位 樋口新葉 217. 63 10位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 216. 73 11位 浅田真央 世界選手権2014 216. 69 12位 アンナ・ポゴリラヤ 216. 47 13位 マリア・ソツコワ 216. 28 14位 アシュリー・ワグナー 215. 39 15位 坂本花織 214. 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 エフゲニア・メドベージェワ 238. 26 4位 アリーナ・ザギトワ 238. 24 5位 エフゲニア・メドベージェワ 233. 41 6位 エフゲニア・メドベージェワ 232. 86 7位 エフゲニア・メドベージェワ 231. 21 8位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 9位 エフゲニア・メドベージェワ 229. 71 10位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 11位 エフゲニア・メドベージェワ 227. 66 12位 エフゲニア・メドベージェワ オンドレイ・ネペラ杯2017 226. 72 13位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 14位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 15位 エフゲニア・メドベージェワ 224. 39 16位 エフゲニア・メドベージェワ 223. 86 17位 アリーナ・ザギトワ 223. 30 18位 ケイトリン・オズモンド 223. 23 19位 エフゲニア・メドベージェワ GPファイナル2015 222. 54 20位 宮原知子 222. 92 2位 エフゲニア・メドベージェワ 81. 61 3位 カロリーナ・コストナー 80. 27 4位 ケイトリン・オズモンド 78. 66 6位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 78. 50 7位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 世界選手権2015 77. 62 8位 グレイシー・ゴールド 76. 43 9位 宮原知子 75. 94 10位 アデリナ・ソトニコワ モルドヴィアンオーナメント2015 75. 57 11位 ユリア・リプニツカヤ 世界選手権2014 74. 46 2位 アリーナ・ザギトワ 158. 08 3位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手!クワド2本同時認定! 153. 49 4位 ケイトリン・オズモンド 152. 15 5位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 150. 06 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 149. 95 7位 宮原知子 146. 44 8位 三原舞依 146. 17 9位 樋口新葉 145. 30 10位 アンナ・ポゴリラヤ 143. 18 11位 坂本花織 142. 71 13位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 142. 61 14位 ガブリエル・デールマン 142. 41 15位 マリア・ソツコワ 142. 近年はプルシェンコ選手、髙橋大輔選手、パトリック選手、羽生結弦選手の4人が切り拓いてきた数値と言えると思います。 2018-2019シーズンより最高得点ランキングはリセットされるため、2017-2018シーズンまでの本記録は永遠に残るものとなりました。 大会 SP FS 合計 2006 トリノ五輪 — 167. 67 プルシェンコ 258. 33 プルシェンコ 2008 4CC — 175. 84 髙橋大輔 264. 41 髙橋大輔 2010 ユーロ 91. 30 プルシェンコ — — 2011 WC 93. 02 パトリック 187. 96 パトリック 280. 98 パトリック 2012 WTT 94. 00 髙橋大輔 — — 2012 スケアメ 95. 07 羽生結弦 — — 2012 NHK杯 95. 32 羽生結弦 — — 2013 WC 98. 37 パトリック — — 2013 GPフランス 98. 52 パトリック 196. 75 パトリック 295. 27 パトリック 2013 GPF 99. 84 羽生結弦 — — 2014 ソチ五輪 101. 45 羽生結弦 — — 2015 NHK杯 106. 33 羽生結弦 216. 07 羽生結弦 322. 40 羽生結弦 2015 GPF 110. 95 羽生結弦 219. 48 羽生結弦 330. 43 羽生結弦 2017 WC — 223. 20 羽生結弦 — 2017 AC 112. なお、羽生結弦選手はこれまで世界記録を12回更新しています。 また、今後はとくに男子シングルを中心に得点がインフレ化していく可能性があります。 今は4回転を跳べば良いではなく、何本4回転を跳ぶかという時代に突入しているからですね。 よく記録よりも記憶が大事なんて言いますが、記録も記憶される大きな要因となることは間違いありません。 羽生選手はGPファイナル2015で出した110点がパーソナルベストになります。 もしショートの得点のみでランキングした場合は 1位 羽生 110. 95 GPファイナル2015 2位 羽生 110. 56 世界選手権2016 3位 羽生 106. 33 NHK杯2015 4位 フェルナンデス 102. 54 ヨーロッパ選手権2016 5位 羽生 101. 45 ソチオリンピック 6位 羽生 99. 84 GPファイナル2013 7位 宇野 98. 59 GPロシア大会2016 2016. このように羽生選手が上位を独占しているんです!.

次の

フィギュアスケート全日本ジュニア、女子のホープを一挙紹介!|ウォーカープラス

フィギアスケート 女子

本ランキングはISUから試合・大会が終わるたびに随時更新・発表されるものです。 本記事では男子シングル・女子シングルを中心に、トータルスコア、ショート SP スコア、フリー FS スコアに分けて紹介します。 つまり、羽生結弦選手の世界最高得点 世界記録スコア は永遠に残ることになります。 フィギュアスケートのスコア・得点の採点方式について フィギュアスケートは採点競技です。 現在の採点法 新採点システム は2004-2005シーズンより導入されました。 それまでは技術点と芸術点を6. 0満点で採点するシンプルなものでした。 新採点方式に変わったのは、ソルトレイクシティオリンピックにおけるペア競技スキャンダルがきっかけです。 ここでは詳細は語りませんが、まあ大変でしたw この新採点方式が2018-2019シーズンより大幅なルール改定が行われました。 フィギュアスケーターの技術が進化したことにより、技術要素と芸術要素の裁定バランスを図ることが狙いと言われいます。 具体的にはエレメンツの質に差を付けていく改定になっています。 ですので、常に完全なスコアが出るかというと、そんなことはありません。 それでもフィギュアスケートという競技をよりよいものにしていこうという関係者の努力は尊いもの。 ファンはそういうこともひっくるめて楽しむべき競技だと思います。 そんなに得点は高くなくとも感動してしまうこともあるし、その逆もあります。 選手の生き様とアイススケートで演じられる演技と、ジャンプ、スピン、ステップ、そしてスケーティングスキル・・・・などさまざまな要素が相まってフィギュアスケートという競技が存在するんですね。 もちろん、得点も楽しむべき要素の一つです。 2018-2019シーズンよりルールが大幅に変わることに伴い、得点記録がリセットされることになりました。 2018-2019シーズンより記録はゼロからのスタートになります。 2017-2018シーズンまでの記録は「historic records」として永遠に残ることになりました。 つまり、羽生結弦選手は2017-2018シーズンまでの記録として、トータル、SP、FSともに永遠にトップです! 本ページでは過去の記録も残しつつ、新しい記録を更新していく形を取りたいと思います。 男子シングル歴代得点ランキング【2018-2019シーズン以降】 2018-2019シーズン以降の男子シングルの総合得点、SPショート・FSフリー得点のランキング比較表です。 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 30 2位 羽生結弦 日本 322. 59 3位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 299. 01 4位 宇野昌磨 日本 289. 12 5位 ケヴィン・エイモズ フランス 275. 63 6位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 274. 82 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 274. 37 8位 ボーヤン・ジン 中国 273. 51 9位 ドミトリー・アリエフ ロシア 272. 89 10位 ハビエル・フェルナンデス スペイン 271. 59 11位 鍵山優真 日本 270. 61 12位 アレクサンドル・サマリン ロシア 269. 84 13位 キーガンメッシング カナダ 267. 61 14位 チャ・ジュンファン 韓国 265. 43 15位 ナム・ニューエン カナダ 262. 77 16位 マッテオ・リッツォ イタリア 260. 53 17位 田中刑事 日本 258. 84 18位 ミハル・ブレジナ チェコ 257. 98 19位 佐藤駿 日本 255. 82 2位 ネイサン・チェン アメリカ 110. 38 3位 宇野昌磨 日本 104. 15 4位 ドミトリー・アリエフ ロシア 101. 49 5位 ボーヤン・ジン 中国 101. 09 6位 ヴィンセント・ジョウ アメリカ 100. 51 7位 ミハイル・コリャダ ロシア 100. 49 8位 アレクサンドル・サマリン ロシア 98. 48 9位 チャ・ジュンファン 韓国 97. 33 10位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 96. 81 11位 ケヴィン・エイモズ フランス 96. 71 12位 キーガン・メッシング カナダ 96. 3Aso 179. 86 16位 チャ・ジュンファン 韓国 175. 総合は15位前後まで、SP・FSは10位前後まで表にします。 SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 59 2位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 241. 02 3位 アンナ・シェルバコワ ロシア 240. 92 4位 アリーナ・ザギトワ ロシア 238. 43 5位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 234. 43 6位 紀平梨花 日本 233. 12 7位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 227. 30 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 225. 76 9位 ブレイディ・テネル アメリカ 225. 64 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 224. 76 11位 坂本花織 日本 223. 65 12位 ユ・ヨン 韓国 223. 23 13位 宮原知子 日本 219. 71 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 215. 58 15位 ソフィア・サモドゥロワ ロシア 213. 84 16位 マライア・ベル アメリカ 212. 89 17位 三原舞依 日本 209. 22 18位 アリサ・リウ アメリカ [Jr. ] 208. 10 19位 ダリア・ウサチョワ ロシア [Jr. ] 207. 74 20位 樋口新葉 日本 207. 45 2位 紀平梨花 日本 83. 97 3位 アリーナ・ザギトワ ロシア 82. 08 4位 エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア 80. 54 5位 アンナ・シェルバコワ ロシア 78. 27 6位 ユ・ヨン 韓国 78. 22 7位 坂本花織 日本 76. 95 8位 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 76. 93 9位 宮原知子 日本 76. 08 10位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 75. 96 11位 ブレイディ・テネル アメリカ 75. 93 12位 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア 74. 95 13位 カミラ・ワリエワ ロシア [Jr. ] 74. 92 14位 クセニア・シニツィナ ロシア [Jr. ] 74. 65 15位 樋口新葉 日本 72. 62 2位 アンナ・シェルバコワ ロシア 構成:4Lz3T 4F<fall 2A 4Lz 3Lz3Lo 3F1Eu3S 3Lz 162. 89 7位 カミラ・ワリエワ ロシアジュニア [Jr. 80 12位 坂本花織 日本 構成:3F堪 2A3T 3Lz! 2T2Lo 2A 145. SP+FS総合得点ランキング 男子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 43 2位 ネイサン・チェン 321. 40 3位 宇野昌磨 319. 84 4位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 5位 ボーヤンジン 303. 58 6位 パトリック・チャン GPフランス大会2013 295. 27 7位 デニス・テン 四大陸選手権2015 289. 46 8位 町田樹 世界選手権2014 282. 26 9位 ミハイル・コリヤダ 279. 41 10位 高橋大輔 国別対抗戦2012 276. 72 11位 ヴィンセント・ジョウ 276. 69 12位 ドミトリー・アリエフ 274. 06 13位 ジェイソン・ブラウン 273. 67 14位 ハン・ヤン 四大陸選手権2016 271. 55 15位 セルゲイ・ボロノフ 271. 43 2位 羽生結弦 NHK杯2015 322. 40 3位 羽生結弦 321. 59 4位 ネイサン・チェン 321. 40 5位 宇野昌磨 319. 84 6位 宇野昌磨 319. 31 7位 羽生結弦 317. 85 8位 ハビエル・フェルナンデス 314. 93 9位 ネイサン・チェン 307. 46 10位 宇野昌磨 306. 90 11位 ハビエル・フェルナンデス 305. 24 12位 羽生結弦 303. 71 13位 ボーヤン・ジン 303. 58 14位 ハビエル・フェルナンデス 欧州選手権2016 302. 77 15位 宇野昌磨 302. 02 16位 羽生結弦 301. 68点で惜しくも更新ならず・・・ 112. 72 2位 ハビエル・フェルナンデス 109. 05 3位 宇野昌磨 104. 87 4位 ネイサン・チェン 104. 12 5位 ボーヤン・ジン 103. 32 6位 ミハイル・コリヤダ 103. 13 7位 パトリック・チャン 102. 13 8位 ドミトリー・アリエフ 98. 98 9位 町田樹 世界選手権2014 98. 21 10位 デニス・テン 四大陸選手権2015 97. 61 11位 高橋大輔 NHK杯2013 95. 20 2位 ネイサン・チェン 219. 46 3位 ハビエル・フェルナンデス 216. 41 4位 宇野昌磨 214. 97 5位 ボーヤン・ジン 204. 94 6位 パトリック・チャン 四大陸選手権2016 203. 99 7位 ヴィンセント・ジョウ 192. 16 8位 デニス・テン 四大陸選手権2015 191. 85 9位 町田樹 世界選手権2014 184. 05 10位 ミハイル・コリヤダ 184. 04 11位 ドミトリー・アリエフ 182. 73 12位 高橋大輔 国別対抗戦2012 182. SP+FS総合得点ランキング 女子シングル総合得点のパーソナルベストのランキングです。 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 4位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 5位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 7位 宮原知子 222. 38 8位 三原舞依 218. 27 9位 樋口新葉 217. 63 10位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 216. 73 11位 浅田真央 世界選手権2014 216. 69 12位 アンナ・ポゴリラヤ 216. 47 13位 マリア・ソツコワ 216. 28 14位 アシュリー・ワグナー 215. 39 15位 坂本花織 214. 31 2位 アリーナ・ザギトワ 239. 57 3位 エフゲニア・メドベージェワ 238. 26 4位 アリーナ・ザギトワ 238. 24 5位 エフゲニア・メドベージェワ 233. 41 6位 エフゲニア・メドベージェワ 232. 86 7位 エフゲニア・メドベージェワ 231. 21 8位 ケイトリン・オズモンド 231. 02 9位 エフゲニア・メドベージェワ 229. 71 10位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 228. 56 11位 エフゲニア・メドベージェワ 227. 66 12位 エフゲニア・メドベージェワ オンドレイ・ネペラ杯2017 226. 72 13位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手! 225. 52 14位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 224. 59 15位 エフゲニア・メドベージェワ 224. 39 16位 エフゲニア・メドベージェワ 223. 86 17位 アリーナ・ザギトワ 223. 30 18位 ケイトリン・オズモンド 223. 23 19位 エフゲニア・メドベージェワ GPファイナル2015 222. 54 20位 宮原知子 222. 92 2位 エフゲニア・メドベージェワ 81. 61 3位 カロリーナ・コストナー 80. 27 4位 ケイトリン・オズモンド 78. 66 6位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 78. 50 7位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 世界選手権2015 77. 62 8位 グレイシー・ゴールド 76. 43 9位 宮原知子 75. 94 10位 アデリナ・ソトニコワ モルドヴィアンオーナメント2015 75. 57 11位 ユリア・リプニツカヤ 世界選手権2014 74. 46 2位 アリーナ・ザギトワ 158. 08 3位 アレクサンドラ・トゥルソワ ジュニア選手!クワド2本同時認定! 153. 49 4位 ケイトリン・オズモンド 152. 15 5位 キム・ヨナ バンクーバーオリンピック2010 150. 06 6位 アデリナ・ソトニコワ ソチオリンピック2014 149. 95 7位 宮原知子 146. 44 8位 三原舞依 146. 17 9位 樋口新葉 145. 30 10位 アンナ・ポゴリラヤ 143. 18 11位 坂本花織 142. 71 13位 カロリーナ・コストナー ソチオリンピック2014 142. 61 14位 ガブリエル・デールマン 142. 41 15位 マリア・ソツコワ 142. 近年はプルシェンコ選手、髙橋大輔選手、パトリック選手、羽生結弦選手の4人が切り拓いてきた数値と言えると思います。 2018-2019シーズンより最高得点ランキングはリセットされるため、2017-2018シーズンまでの本記録は永遠に残るものとなりました。 大会 SP FS 合計 2006 トリノ五輪 — 167. 67 プルシェンコ 258. 33 プルシェンコ 2008 4CC — 175. 84 髙橋大輔 264. 41 髙橋大輔 2010 ユーロ 91. 30 プルシェンコ — — 2011 WC 93. 02 パトリック 187. 96 パトリック 280. 98 パトリック 2012 WTT 94. 00 髙橋大輔 — — 2012 スケアメ 95. 07 羽生結弦 — — 2012 NHK杯 95. 32 羽生結弦 — — 2013 WC 98. 37 パトリック — — 2013 GPフランス 98. 52 パトリック 196. 75 パトリック 295. 27 パトリック 2013 GPF 99. 84 羽生結弦 — — 2014 ソチ五輪 101. 45 羽生結弦 — — 2015 NHK杯 106. 33 羽生結弦 216. 07 羽生結弦 322. 40 羽生結弦 2015 GPF 110. 95 羽生結弦 219. 48 羽生結弦 330. 43 羽生結弦 2017 WC — 223. 20 羽生結弦 — 2017 AC 112. なお、羽生結弦選手はこれまで世界記録を12回更新しています。 また、今後はとくに男子シングルを中心に得点がインフレ化していく可能性があります。 今は4回転を跳べば良いではなく、何本4回転を跳ぶかという時代に突入しているからですね。 よく記録よりも記憶が大事なんて言いますが、記録も記憶される大きな要因となることは間違いありません。 羽生選手はGPファイナル2015で出した110点がパーソナルベストになります。 もしショートの得点のみでランキングした場合は 1位 羽生 110. 95 GPファイナル2015 2位 羽生 110. 56 世界選手権2016 3位 羽生 106. 33 NHK杯2015 4位 フェルナンデス 102. 54 ヨーロッパ選手権2016 5位 羽生 101. 45 ソチオリンピック 6位 羽生 99. 84 GPファイナル2013 7位 宇野 98. 59 GPロシア大会2016 2016. このように羽生選手が上位を独占しているんです!.

次の