20 ツイン パワー インプレ。 シマノ 20ツインパワーを購入する前に一読ください│おたまの釣り日誌

シマノ 20ツインパワーをインプレ!タフな剛性感と軽快な巻き心地が両立。使用感を解説!

20 ツイン パワー インプレ

最近流行の軽量リールとは違う。 安定感が違う。 強さが違う。 ステラ「みたいな」巻き心地 ステラ並みの巻き心地・・・?うーん・・・。 ステラみたいな巻き心地ですね。 ハッキリ言います。 ・・・っブン!」 という感じ。 軽量リールに比べると回転は重いですね。 ただし、これは部屋でリール回してる感想。 パワー系リールはメタルバイブみたいな重いルアー使うと回転軽いですから。 それに期待。 ・剛性感、耐久性のあるリール ・ローターが強ぇ ・重くはないけどズッシリ ・ステラみたいな巻き心地 ・永遠に触っていたいハンドルノブ ・スプールデザインはモンハン ・TWIN POWERであり、TPである ・シンプルなボディーデザイン 最後に パワー系の釣りのベースになるモデルですね。 僕はドラグフルロックのパワーファイトとかゴリ巻きとか普段はやりません。 理由はリールが壊れるから。 でもこのリールならできそう。 遠投して70cm以上の魚掛けたときとか、やっぱりドラグ出しながらチンタラやってたら獲れないことも多いんですよね。 今年はNEWツインパワーの強さに頼ってパワーファイトやっていこうと思います。 てかパワーファイト用でC5000XG買えばよかったかなー。 なんてちょっと後悔していたり・・・。 今回は20ツインパワーを実際に買ってみた感想。 でした。

次の

シマノ「20ツインパワー」インプレ!その性能は実釣で初めて分かる

20 ツイン パワー インプレ

その昔、友人と海辺で遊んでいた時、急にシーバス釣りをすることになって、道具を家に取りに帰るのが面倒だったので最寄りの釣具屋で買いました。 一応バス釣りにも兼用できる2500Sをチョイスしたので、いつか使おうとは思っていましたが、引っ越しの際に行方不明になってそれっきりです。 マジでどこいったんだろう。 笑 とにかく、人気シリーズが5年ぶりのモデルチェンジ。 凄まじいイメチェンを果たした20ツインパ 高校進学後音信不通になっていた陰キャラの友人が、5年ぶりに再会したら金髪のサーファー系細マッチョになっていたような感覚です。 まあフツーにカッコいいですよ、これは。 バケモノに引っかかれたようなスプールの肉抜きが若者に受けそうですよね。 シマノのバスロッドで言うと、ポイズングロリアスやポイズンアルティマのケバいデザインに合わせやすくなりました。 もちろんエバーグリーンもね。 ロングストローク化は既定路線 安物代表の19ストラディックにも採用されたもんですから、今更驚くようなことではない ロングストロークスプールの採用。 ステラだけの特権だったころは、ハイエンドの付加価値として機能していましたが、今やシマノスピニングリールのデフォルトとなりました。 右ハンドルの人は樹脂サイドカバー側にハンドルが来るので、精神衛生上よくないかもしれません。 他にもいろんな箇所を追い込んでいるんだと思いますが、その結果 メチャクチャな軽量化を実現しています。 ホラ見てください。 自重比較 15ツインパワー 20ツインパワー C2000 195g 180g 2500 240g 210g C3000 245g 215g バス釣りに使いそうな番手だけで比較しましたが、C2000番台で15g、 2500番台はなんと30gも軽くなっています。 さすがに18ステラよりはやや重に調整されていますが、それでも 2500番で210gというのは十分に軽量な部類。 これは真面目に実用的なリールに仕上がっていますね~。 欲しくなってきました。 まとめ 尖った目新しさのないリールですが、かなりイイ感じにまとまった感のある20ツインパワー。 18ステラを購入しようか、はたまた似た路線の19セルテートを購入しようか、迷っている方には最適解となる可能性さえありますよね。

次の

シマノ 2020年新製品 20ツインパワー インプレ│おたまの釣り日誌

20 ツイン パワー インプレ

その昔、友人と海辺で遊んでいた時、急にシーバス釣りをすることになって、道具を家に取りに帰るのが面倒だったので最寄りの釣具屋で買いました。 一応バス釣りにも兼用できる2500Sをチョイスしたので、いつか使おうとは思っていましたが、引っ越しの際に行方不明になってそれっきりです。 マジでどこいったんだろう。 笑 とにかく、人気シリーズが5年ぶりのモデルチェンジ。 凄まじいイメチェンを果たした20ツインパ 高校進学後音信不通になっていた陰キャラの友人が、5年ぶりに再会したら金髪のサーファー系細マッチョになっていたような感覚です。 まあフツーにカッコいいですよ、これは。 バケモノに引っかかれたようなスプールの肉抜きが若者に受けそうですよね。 シマノのバスロッドで言うと、ポイズングロリアスやポイズンアルティマのケバいデザインに合わせやすくなりました。 もちろんエバーグリーンもね。 ロングストローク化は既定路線 安物代表の19ストラディックにも採用されたもんですから、今更驚くようなことではない ロングストロークスプールの採用。 ステラだけの特権だったころは、ハイエンドの付加価値として機能していましたが、今やシマノスピニングリールのデフォルトとなりました。 右ハンドルの人は樹脂サイドカバー側にハンドルが来るので、精神衛生上よくないかもしれません。 他にもいろんな箇所を追い込んでいるんだと思いますが、その結果 メチャクチャな軽量化を実現しています。 ホラ見てください。 自重比較 15ツインパワー 20ツインパワー C2000 195g 180g 2500 240g 210g C3000 245g 215g バス釣りに使いそうな番手だけで比較しましたが、C2000番台で15g、 2500番台はなんと30gも軽くなっています。 さすがに18ステラよりはやや重に調整されていますが、それでも 2500番で210gというのは十分に軽量な部類。 これは真面目に実用的なリールに仕上がっていますね~。 欲しくなってきました。 まとめ 尖った目新しさのないリールですが、かなりイイ感じにまとまった感のある20ツインパワー。 18ステラを購入しようか、はたまた似た路線の19セルテートを購入しようか、迷っている方には最適解となる可能性さえありますよね。

次の