むくみ を とる に は。 むくみをとる方法|お手軽マッサージや食べ物&飲み物など解消法を伝授!

足のむくみは余分な水分。だけど、むくみを摂るのに水分補給!?

むくみ を とる に は

水分不足で体が水分を溜め込んでいた!? デスクワークでも、外回りの営業でも、接客などの立ち仕事でも、足のむくみに悩まされている人が多いよう。 「むくみを気にして水分を摂らないようにする人が多いようですが、水分不足からむくみを引き起こしていることもあります。 水分不足を感じた身体は水分を溜め込んでしまうんです。 むくまないためには、飲んで流すことも大切。 体重50キログラムなら1. 5リットルの水分が必要何ですよ」(代官山クリニック 蘆田英珠先生)。 むくみケアのために水を飲むべきとは目からウロコ。 水分なら、コーヒーやお茶などでもOKですか? 「コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、利尿作用があるので、水分不足を補うものとしてはオススメできません。 また、ジュースや炭酸飲料など、糖分の多い飲み物も避けてください」(蘆田先生)。 デスクワークの人は、1時間ごとにトイレへ! デスクワークのしごとなでしこさんなら、集中して書類作りをしていて、午後は1度もトイレに行かなかった、なんてこともあるかも? 「1時間に1度はトイレに立つように意識して欲しいですね。 実際にはトイレに行かなくてもいいのです。 何時間も座りっぱなしでいるのではなく、1時間に1度は立ち上がって足を動かして欲しい、という意味。 ふくらはぎの筋肉がポンプとなって、血液やリンパを流しているのですが、ずっと同じ姿勢でいると、このポンプ機能が働かなくなってしまうからです。 立つ暇も惜しい! なんていうときは、デスクで足首を回したり上下に動かしたりするだけでも、ふくらはぎの筋肉を動かすことができますよ」(蘆田先生)。 立ち仕事なら、かかと重心を意識してむくみを撃退! 外回りで1日中歩き回っていれば、ふくらはぎを使っているからむくまないはず。 なのにむくんでしまうのはなぜ? 「歩くときに前重心になっていませんか? この状態では脚の筋肉の使い方がアンバランスになり、使われ過ぎる部分の筋肉が硬くなり、リンパの流れが悪くなります。 重心がカカトの真ん中にくるようにしましょう。 歩くときは股関節から脚を動かし、必要以上に踏みしめて歩かないことも大切です。 立ち姿勢や歩き姿勢が正しくなれば、ふくらはぎを始め、脚のあらゆる筋肉が効果的に使われ、むくみにくくなるはずです」(蘆田先生)。 同じ姿勢で立っている時間が多い接客などの立ち仕事の場合は、カカトの真ん中重心で歩くこと、そしてデスクワークの人と同じく、「足を動かすこと」を意識するようにしましょう。 帰宅したら、ヒザ裏をマッサージしてリンパを流そう! 足がむくむと、自然にふくらはぎをもんでいるけれどこれは正解?「間違えではありませんが、むやみにもんでも効果を得られないことが。 余分な水分を運んでくれるリンパがたくさん集まる膝の裏を押して流してあげることをおすすめします。 膝を立てて座り、指の腹で膝の裏を押します。 痛みを感じない気持ちいい力加減で30秒ほど押して」(蘆田先生) 足のむくみはツライだけでなく、美脚を遠ざける原因に。 正しい立ち姿勢に気をつけること、同じ姿勢を続けないこと、膝裏のリンパを流すことを毎日の習慣にして、快適に過ごしましょう。 初出:しごとなでしこ.

次の

食べ物で顔のむくみをとる方法!パンパン顔をスッキリさせる食材

むくみ を とる に は

「キレイの先生」編集部です。 鏡をみて、「あれ、顔がむくんでいる…?」といったことはありませんか? 今回のテーマは、そんな「顔のむくみ」についてです。 の根岸 舞妃 先生に、取材させていただきました。 根岸 先生の記事は、前後編に分けてお届けします。 こちらは、その後編です。 顔のむくみは、リンパの流れが悪くなることが、原因のひとつといいます。 この後編では、顔のむくみを取る方法をまとめます。 根岸 先生に、顔のリンパを流して、むくみを取るマッサージを教えていただきました。 前編をお読みになっていない方は、リンパの基本的な内容についても取り上げていますので、まずは前編からご覧いただきたいと思います。 目の周りを指で押すことは、老廃物を流すのに良さそうです。 また、目の周りには、下の図のような「ツボ」もあり、そこを刺激することもできます。 これらのツボは、目をパッチリさせるのにも良いです。 1 晴明(せいめい) 目頭と小鼻の間のくぼんだ場所です。 2 攅竹(さんちく) 眉の下の方を触ると、骨のくぼみがあります。 それの眉頭(眉の内側)の場所です。 3 魚腰(ぎょよう) 眉の骨のくぼみで、眉の真ん中あたりの場所です。 4 糸竹空(しちくくう) 眉の骨のくぼみで、眉尻(眉の外側)の場所です。 5 承泣(しょうきゅう) 目の下の方を触ると、骨のくぼみがあります。 そこの目の真ん中あたりの場所です。 目の周りを、眉頭(まゆがしら)からこめかみの方に、目頭からこめかみの方に、さすります。 これを、上下1セットで、5セットずつ行います。 額をクルクル回しながらさすって、こめかみをプッシュします。 これを、上下1セットで、3セットずつ行います。 顔の下半分の筋肉を、外回しでグリグリとしっかりした圧をあけ、ほぐします。 最後に、キュッと引き上げるのがポイントです。 リンパマッサージには、痛いものと、痛くないものがあります。 痛くないリンパマッサージは、表面のリンパを中心に流していきます。 それに対して、サロンのリンパマッサージは、深いところまでほぐしていきます。 筋肉をほぐして、外部からの圧で、筋肉の収縮によるポンプ機能を働かせます。 また、骨のキワなどに固まってこびりついた老廃物を、ほぐして流すので かなり痛いのですが、「毒出し」の効果が高いです。 まとめ 根岸 先生には、顔のむくみを取るリンパマッサージを、とても丁寧な手順で教えていただきました。 顔のリンパの流れが良くなれば、むくみの解消になるだけではなく、リフトアップや、毛穴の引き締めなどにもつながります。 血流も良くなるので、(皮膚に栄養が行き届くことで)美肌効果も期待できます。 良いことだらけですね。 「顔のむくみが気になるな…」というときは、リンパマッサージをお試しになってみてはいかがでしょうか?.

次の

脚のむくみの原因とむくみを取る解消方法5選!

むくみ を とる に は

[目次]• 漢方とは 漢方において、人の身体は「気・血・水(き・けつ・すい)」から成り立っていると考えられています。 「気」は身体を支える原動力となるエネルギー、「血」は身体の器官や組織に栄養を与えるもの、「水」は摂取した飲食物の水分を消化吸収し、適当な形にして身体を潤すものです。 これら全てがバランス良く巡っている状態が、人の身体として望ましい状態とされています。 よって、このバランスの崩れを解消するための漢方薬が処方されます。 漢方薬の原料は、自然界の動植物や貝類などに由来する「生薬(しょうやく)」です。 この生薬をいくつも組み合わせてひとつの漢方薬が作られるため、一種類の漢方薬だけでも複数の症状に対応できる場合があります。 また、西洋医学は体内に入ってきたウイルスや細菌を排除し、科学合成薬で治療をする対症療法ですが、漢方薬は体本来の働きを高めてバランスを補うものです。 そのため、ちょっとした不調でも服用が可能なのです。 むくみに効果的な漢方薬 むくみ症状に処方される、主な漢方薬をご紹介します。 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 冷え性や貧血の傾向があり、月経時に不調を感じる方に効果的とされます。 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 消化吸収を助けつつ、余分な水分を取り除き全身の機能を高めます。 水太りで疲れやすい方に効果的です。 五苓散(ごれいさん) のどが渇き水分は摂取するが、排出量は少ないという方に効果的です。 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 胃腸の余分な熱を取り除きます。 脂っこいもの、辛いもの、甘いものを好み、便秘がちな方に効果的です。 真武湯(しんぶとう) 冷え性、新陳代謝の低下によるむくみに効果的です。 八味地黄丸(はちみじおうがん) 腰痛など下半身に不調があり、ヒザから下が特に冷えてむくむ方に効果的です。 漢方薬は通販などでも手に入りますが、外国産の場合は日本で認められていない原料が使用されている可能性もありますので、基本的には漢方専門のドクターや漢方薬局などに相談し、処方してもらいましょう。 むくみの解消だけでなく、体全体の調子を整えるのにも効果的なので、ぜひ試してみてください。

次の