おうじゅうじんたいこっかしょう。 後縦靭帯骨化症とは

後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)

おうじゅうじんたいこっかしょう

後縦靭帯骨化症とは 後縦靭帯は背骨の椎体の後面を縦に走行している靭帯です。 この後縦靭帯がだんだんと骨のように硬く肥厚してしまい、骨化してしまうことを後縦靭帯骨化症と言います。 なぜこの病気を発症するのかということは詳しくわかっていませんが、男女の比率でいえば2:1で男性に多く、糖尿病を患っていたり肥満体型である人に多く見られるということがわかっています。 また、。 年齢を重ねると発症しやすくなりますが症状が出ない人も多く、今も研究が進められています。 後縦靭帯骨化症の原因 遺伝的要素や肥満が原因の可能性があることは上記でも説明しましたが、この2つの条件を満たしても必ず発症するわけではなく、この他にもいくつかの要因が絡み合って発症すると考えられています。 そのうちのひとつとされるのが年齢で、50歳を超えると発症率が高くなっていくといわれています。 その他にも、ホルモン異常やカルシウムの代謝異常が考えられます。 また、自覚症状はなくても転倒などで骨化部分にストレスがかかったときなどは急速に症状が悪化する傾向があるため注意が必要です。 後縦靭帯骨化症の症状と日常生活の注意点 後縦靭帯が骨化しても、初めは全く症状を感じない人も多く、別の検査でX線(レントゲン)撮影して骨化が分かったという人もいます。 最初に出てくる症状は、首筋や肩甲骨・指先などのコリやしびれなどです。 進行すると症状は次第に下半身から全身にまで及ぶようになり、足全体がしびれたり感覚がマヒしたり、手指が上手く使えないなどの症状が出てきます。 重症化すると歩行が困難となり、排尿・排便障害が起こり日常生活も困難になり介護が必要になります。 ただすべてが進行性という訳ではなく半数以上は症状に変化がありません。 ただし、進行性でなくても転倒が原因で神経障害が急速に進むこともあるので注意しましょう。 遺伝的要素がある人、骨化が認められている人は日常生活に気をつけながら、定期的に検査を受けるようにしてください。 日常生活の注意点 後縦靭帯骨化症によって骨化した後縦靭帯が元の状態に戻ることはなく、発症した場合は病気の進行を抑え、症状と上手く付き合っていく必要があります。 症状を進行させないためには、頸部への負担をなるべく少なくするよう、過度な前傾姿勢や頸部の後屈(首をそらす動き)などを避けることが必要です。 また、頸部に強い外力がかかる可能性のあるスポーツは避け、転倒には十分注意しましょう。 また、後縦靭帯骨化症は、糖尿病やカルシウムの代謝異常などによっても悪化することが知られています。 これらの基礎疾患がある人は、後縦靭帯骨化症を悪化させないためにも適切な治療を続けるようにしましょう。 さらに、後縦靭帯骨化症の症状は変動が大きく、強い痛みやしびれが生じている場合は、できる限り頸部の安静を維持し、病院を受診して検査・治療を受けることも大切です。 後縦靭帯骨化症の治療法 後縦靭帯骨化症がそれほど重度ではない場合は、骨化によって圧迫されている神経を保護するために外固定装具を付けることとなり、痛みがある場合は消炎鎮痛剤や筋弛緩剤等を併用して症状を和らげます。 重度になると外科手術が必要になります。 黄色靭帯骨化症や前縦靭帯骨化症を合併することも多いため、治療方針については医師と十分に相談しましょう。 手術では骨化部位を取り除いたり、神経が触らないように脊柱管を広げたりします。 手術をして症状が改善されても数年後に再び患部が骨化したり、他の部位に骨化がうつったりすることもあるため、手術をした場合には生涯にわたって定期的な画像検査が必要です。 後縦靭帯骨化症の予後とリハビリ 後縦靭帯骨化症で手術が必要になった場合は、術後の過ごし方にも注意が必要です。 術後は10日程度で退院することができますが、術後2週間は安静にし、頚部への負担を極力避ける必要があります。 通勤や通学などの日常生活は術後一か月を経過したころから再開することは可能ですが、人ごみに出るときはコルセットを着用するなど、頸部への外力を避けるようにしましょう。 また、術後は頸部の筋力が低下していますので、無理のない範囲で筋力を鍛え、凝り固まった関節の可動域を広げるためのリハビリを行っていきます。 おわりに:症状がない場合や治療が終わった後も注意が必要。 定期的な検査を忘れずに 後縦靭帯骨化症は、症状がないものや一度手術して治った場合でも、再発したり転倒などをきっかけに急速に悪化してしまうことがあります。 転倒などしないように気をつけることはもちろん、定期的に画像検査をして自分の状態を把握するようにしましょう。

次の

黄色靭帯骨化症

おうじゅうじんたいこっかしょう

後縦靭帯骨化症とは 公開日:2016年7月25日 15時00分 更新日:2019年2月 1日 18時27分 後縦靭帯骨化症とはどんな病気? 後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)とは、背骨(椎骨:ついこつ)の中にある脊柱管(せきちゅうかん)の内部後方を走る後縦靭帯(こうじゅうじんたい)が何らかの原因で骨のように硬くなって厚く肥厚することによって起こります。 レントゲン写真などで後縦靭帯の骨化が認められることはよくありますが、脊髄および神経根の圧迫の程度が軽ければ自覚症状はありません。 骨化による自覚症状がある場合を特に「後縦靭帯骨化症」と呼んでいます。 背骨のどの部分が骨になってしまったかによって、頚椎後縦靱帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症、腰椎後縦靱帯骨化症と名前が付けられています。 最も多いのは頚椎後縦靭帯骨化症であり、次いで胸椎、腰椎とされています。 当初は日本人にしか起こらない病気ではないかと思われていましたが、現在では世界各地で発症が見られています。 人口当たりのレントゲン写真上での「後縦靭帯骨化」の発生率をみた研究では、日本では1. 5~3. 2%であったのに対し、台湾で0. 2~0. 4%、中国で1. 74%、イタリアで1. 53%、シンガポールで0. 83%と、日本人に多い傾向がみられます。 性別では、男性に多い病気であるとされています。 日本人を対象とした特定疾患医療受給者の調査では、男女比は1. 93と男性が女性の2倍程度の発症率でした。 この傾向は、日本だけではなく世界各国でも見られています 年齢でみると、症状が出てくるのは50歳以降が多いようです。 若いころからレントゲン写真で後縦靭帯の骨化が指摘されていても、自覚症状が出るのはまれであるとされています。 後縦靭帯骨化症の経過 レントゲン写真で後縦靭帯の骨化が見られても、脊髄および神経根の圧迫の程度が軽ければ自覚症状はありません。 後縦靭帯の骨化を17年間経過観察したところ症状が出現したのは20%程度であるという調査結果があります。 ただし、レントゲン写真でみると年月とともに骨化は少しずつ大きくなるとされており、一度でも骨化の指摘を受けたことがある方は定期的な経過観察が必要です。 自覚症状が出てからの進行の速度も人それぞれです。 麻痺が進んで寝たきりになる方もいれば、症状が進行しない方もいます。 残念ながら、一度出現した症状が自然と良くなるということはほとんどありません。 後縦靭帯骨化症の20%前後の患者さんは、転倒などの事故をきっかけとして症状が急に悪くなっています。 また、寝たきりなど高度の脊髄損傷を起こした方には8%以上の高い確率で後縦靭帯骨化が見つかっています。 後縦靭帯骨化症と遺伝 後縦靭帯骨化症には家族内発症が比較的多く、遺伝的な要因があることは明らかです。 これまでの調査の結果を総合すると、兄弟で後縦靭帯骨化症を発症する確率は30%程度、血縁者に後縦靭帯骨化症の患者さんがいる場合の発症率は23%程度とされています。 家系調査では、後縦靭帯に限らず靭帯の骨化を生じる確率の高い家系が見つかっています。 しかしながら、血縁者全員が後縦靭帯骨化を発症するわけではなく、遺伝のほかにも様々な要因がからんでいるものと考えられています。 難病指定による公的補助 後縦靭帯骨化症は「難病の患者に対する医療等に関する法律」(通称:難病法)における医療費助成対象疾患(指定難病)です。 難病法によると、難病とは、「発症の機序が明らかではなく、治療方法が確立しておらず、希少な疾病であって、長期の療養を必要とするもの」と定義されています。 その中でも「患者数が本邦において一定の人数(人口のおおむね千分の一(0. 1%)程度に相当する数と厚生労働省令において規定している。 )に達しないこと、客観的な診断基準(又はそれに準ずるもの)が確立していること」が指定難病とされています。 平成29年3月現在、306の病気が指定難病の対象として登録されています。 指定難病は、病気の重症度や指定医療機関受診などの条件を満たす場合、医療費助成の対象となります。 参考文献•

次の

【医師監修】後縦靭帯骨化症とは、どんな病気?日常生活の注意点は?

おうじゅうじんたいこっかしょう

骨化して肥厚化した靭帯が、脊髄神経を圧迫すると、手・足・背中の痛みや しびれ、運動障害などを引き起こします。 原因 原因は不明で、国の特定疾患(難病)に指定されており、治療費が助成されます。 自覚症状 頸椎後縦靭帯骨化症 最も多く発症する部位が頸椎です。 女性よりも男性に多く見られ、上肢・下肢のしびれが起こり、進行すると手先の細かい動作(巧緻運動)が困難になったり、排尿障害(頻尿や尿が出にくいなど)や、歩行障害へと進行していきます。 胸椎後縦靭帯骨化症 男性よりも女性に多く見られます。 多くは下肢の脱力やしびれで始まります。 進行すると排尿障害や歩行困難が出てきます。 他の脊椎の靭帯骨化を合併することも多く、この場合は狭窄の程度がひどくなったり、上半身の動きが制限されることがあります。 腰椎後縦靭帯骨化症 歩行時の下肢の痛みやしびれ、脱力感が出ます。 骨化した部分に外部から衝撃を受けると、急激に症状が悪化することがあります。 治療 固定装具や牽引(引っぱる)などの保存療法と手術療法がありますが、手先の細かい動作(巧緻運動)が困難になったり、排尿障害・歩行障害などの脊髄症状が現れた場合は、保存療法では改善されないことが多く、手術療法の対象となります。

次の