月星座 相性占い 無料。 12星座の属性占い

12星座の属性占い

月星座 相性占い 無料

さて、人はどうして星座占いの占い結果を気にしてしまうのでしょうか。 「人の12パターンに分けるなんて乱暴だし意味がない」 そういう意見もよく聞きます。 ですが、恋愛占いペナルは12星座で占うことを決して無意味だとは思いません。 ですから、こちらの星座占いに限らず他の片思い占いや結婚占い等でも皆さんの生年月日はお伺いしています。 では、どうして12星座が意味を持つのでしょうか。 それは、12星座が「あなたにとってただ一つ与えられたもの」だからです。 もしあなたが5月10日生まれならあなたはおうし座ですね。 どうあがいても、うお座やてんびん座にはなり得ないのです。 あなたにただ一つだけ与えられた星座。 それがたとえ12パターンだとしても、あなたにとって特別なものだとは思いませんか? 運勢・運気といったものは時とともに変わるもので、生年月日がそれに影響を与えるということは考えてみれば当たり前のことなのです。 恋愛占いペナルでは、一年の大まかな運勢を12星座で占います。 星の巡りによって良い年、悪い年というものはあります。 一般的に言われる星占いとは星座占いのことを意味し、とてもシンプルで多くの人に親しまれています。 占星術は古代エジプトを期限とする由緒正しき占術です。 古代の人にとって夜空に輝く星々は神秘とあこがれの対象であり、人間の手の届かない大いなる大自然の象徴でした。 星の動きをつかさどっているのは神の意志だと考えた古代エジプト人たちは、神の意志を読み解くことで自然と未来を知ることをめざし星の観察と研究に取り組みました。 この研究成果の一方が暦の発見による天文学の発祥で、もう一方の成果が占星術でした。 占星術と天文学は密接な関係を持ついわば兄弟であり、星座占いも大元をたどれば科学的観測に基づく学問としてスタートしています。 エジプト人によって発見されたて占星術はその後ヨーロッパに伝来し、星座という新たな概念が付与されることになります。 古代神話に星々をなぞらえて分類した星座は、単に星を分類管理しやすくするという実用性だけではなく、夜空の神秘を読み解くカギとして認識されるようになりました。 占星術が信頼を集めたのは、優れた未来予知と密接なかかわりがあります。 星々の動きから暦を作成するということは、当時の人たちにとっては神の意志を人間が読み解き、不可能と思われていた大いなる自然法則を予知しているのと同義です。 暦を利用して季節の変化や洪水の発生などを予知する天文学や占星術は、他のあいまいな戦術とは異なり確かな実績を兼ね備えていたのです。 占星術はその後、観測精度の発展とともにどんどん複雑さを増していきました。 占星術師たちは星の動きを予期するために用いるホロスコープを独自の理論で進化させるとともに、占術の精度を上げるためより多様な星の動きを参考にして占いを行うようになっていきます。 この動きは占星術の進化という結果をもたらしましたが、同時に占星術体系の複雑化・高度化という弊害をもたらしてしまいました。 かつては誰でも自分の運命を売らないことができた占星術が、専門家でないと手出しできない高度な技術になってしまったのです。 星座占いは、行動化・複雑化した占星術を一度リセットし、誰もが占えるように新たに作り上げられた星占いです。 用いられるのは太陽の通り道である黄道上に位置する十二個の星座のみ、自分の誕生日に対応する星座尾をもとにして運命を調べるだけで運命を見通せる大変シンプルな占いになっています。 星座占いは自分の運命だけでなく、他人との相性を知ることができる占いでもあります。 星座ごとの愛称を知ることでコミュニケーション方法やアプローチの仕方を変えることで、友達作りや恋人作りに役立てることができます。 近年はテレビや新聞などにも掲載されるほど親しまれている占いであり、もっとも日常生活にしんとした占いといえるでしょう。

次の

12星座の属性占い

月星座 相性占い 無料

九星占いとは 人がこの世に生を受けたときに天から授かったエネルギーの形を、誕生日をもとに東洋思想の基本である「木」「火」「土」「金」「水」にもとずいて体系化し、運勢判断に用いる九つの星に分けて表したのが九星占いです。 中国では人間は大気の中で生き、大気の中で一生を過ごしていくので大気と密接な関係があると考えられていました。 その大気を九つに分類して生まれたときの大気を定め、性格や相性を占っていくのが九星占いです。 人はどんな大気の中で活動するかで同じ努力をしてもおのずと吉凶が生じてくると考えられています。 九つに分類された星は毎年、毎月、方位ごとに一定の法則で大気を支配しています。 九星には「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九つがあります。 生まれた年を支配する星を 「本命星」といい、それはその人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり本質をあらわしています。 また、生まれた月を支配する星を 「月命星」といい、その人が生まれながらにもっているエネルギー、つまり行動を表しています。 この二つの星が影響しあって一つの人格が生まれるわけです。 一般的に本命星の影響が6〜7割に対して月命星の影響は3〜4割とみています。 特に20歳くらいまでは月命星の示す表面的な性格が大きく作用しています。 そして精神的に成長すると共に本命星の影響を強く受けるようになるのです。 すべての人は本命星と月命星、両方の影響を受けているのです。 また、その割合は人によりまちまちです。 九星による占いは、暦などに使われていて日本に浸透しています。

次の

月の星座同士による詳細相性

月星座 相性占い 無料

365日分の誕生日占い一覧です。 その人の生年月日から生まれ持った恋愛や仕事等の性質や隠された使命、金運、それらを向上させるためのアドバイスをまとめています。 思いもよらなかった資質や、人生をより豊かにするためのヒントが隠されていますよ。 1月の誕生日占い一覧• 2月の誕生日占い一覧• 3月の誕生日占い一覧• 4月の誕生日占い一覧• 5月の誕生日占い一覧• 6月の誕生日占い一覧• 7月の誕生日占い一覧• 8月の誕生日占い一覧• 9月の誕生日占い一覧• 10月の誕生日占い一覧• 11月の誕生日占い一覧• 12月の誕生日占い一覧•

次の