ひとつ ずつ づつ。 それぞれ2つずつって英語でなんて言うの?

「ずつ」の意味とは?漢字や英語・類語に「づつ」との使い分け方

ひとつ ずつ づつ

今回はこの「ずつ」と「づつ」の違いについて歴史的な経緯も含めて整理してみます。 「ずつ」と「づつ」の違いについて 結論からいきましょう。 「ずつ」と「づつ」はどちらを使っても誤りではない。 ただし「ずつ」を使うほうが好ましい 「ずつ」と「づつ」はどちらを使っても誤りではありませんが、「ずつ」を使うほうが好ましいとされています。 蝶々をてふてふと書いたのと同じく「づつ」は歴史的仮名遣いです。 元々は「づつ」と書いていたものを、戦後の昭和21年に「これからは現代仮名遣いを使っていくようにしましょう」となったために「づつ」は誤った用法であることにされてしまいました。 ところが、旧仮名遣いを誤用と言い切ってしまうのでは、ご高齢の方が使う表現や文化的価値の高い文書に対して歪んだ認識が生まれてしまうことになります。 そこで昭和21年に作られた「現代かなづかい」の一部が昭和61年になって「現代仮名遣い」と改訂されることになりました。 その時に 「ずつ」が本則(正しい使い方)であるが、「づつ」も許容すると改められたのです。 正確な表現は「ずつ」だけれど「づつ」と書く自由も与えたということですね。 言葉の変化、多様性について厳密に定義するのではなく、曖昧さを残すことでそれぞれの世代の考え方や表現の仕方に配慮を見せたわけです。 その一例がこの「ずつ」と「づつ」の用法なのでした。 文化庁の「現代仮名遣い」とは 上で述べたことをより詳細に書いてあるページがになります。 表記の慣習による特例と書かれていますが、本則というルールがあって、それに付随する様々な例外があることがわかります。 「ずつ(づつ)」についてもこのページで特例であることが説明されています。 「ずつ(づつ)」の意味について それでは最後に「ずつ(づつ)」について意味を確認しておきましょう。 [副助]数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞に付く。 1 ある数量を等分に割り当てる意を表す。 歴史のなかで、一度はそれが誤りとされ、再び使っても間違いではないよという曖昧な立場を与えられるようになりました。 日本語は難しくもありますが、時代に合わせて柔軟に変化しつつあるものでもあります。 そんな日本語の魅力について、これからも少しずつ(づつ)お伝えしていていきたいと思っています。 「押っ取り刀(おっとりがたな)で駆けつける」という表現を「ゆっくり落ち着いて行く」という意味で考えて チーム一丸となって勝ち抜いた。 さて、その優勝の喜びにこぼれるのは「笑顔」でしょうか「笑み」でしょうか 短歌と川柳とマカロニとというブログも始めました bataです。 結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。 この「お日柄」とはど 始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです.

次の

「ずつ」の意味とは?漢字や英語・類語に「づつ」との使い分け方

ひとつ ずつ づつ

ずつ 2. づつ 正解は…? c Shutterstock. com c Shutterstock. com 1. ずつ 「づつ」は歴史的仮名遣いで、現代仮名遣いでは「 ずつ」と表記するのが正しいとされています。 【ずつ】 数量・割合を表す名詞・副詞、および一部の助詞に付く。 (1)ある数量を等分に割り当てる意を表す。 「一人に二本ずつ与える」 (2)一定量に限って繰り返す意を表す。 「一ページずつめくる」 [補説]「一つ」「二つ」の「つ」を重ねたものか。 中古から用いられる。

次の

「づつ」と「ずつ」の使い分けは?

ひとつ ずつ づつ

「ずつ」「づつ」の違い 基本的には「ずつ」を使う 「ずつ」「づつ」書き方が違うだけで、音や意味は同じ言葉です。 状況や対象となるものなどによって使い分けるのかと考えがちですが、実は「ずつ」が基本的な仮名遣いとされています。 対象となっているものや状況によって「ずつ」「づつ」と使い分ける必要はありません。 「1人ずつ」「少しずつ」などそれぞれが均等であることはすべて「ずつ」で表します。 辞書では「宛(ずつ)」と記載 国語辞典や広辞苑などでは「ずつ」と引くと「宛」が出てきます。 これは「ずつ」の漢字表記が「宛」であるためです。 「1人宛」は「1人ずつ」と読みます。 多くの国語辞典などでは「づつ」については記載がなく、「ずつ」を「宛」の意味で使う場合の読みとしては「ずつ」しか記載されていません。 文部科学省(文化庁)発表の現代仮名遣いに関する内閣告知でも「ずつ」 言葉の使い方を司る内閣告知を見ても「ずつ」が推奨されています。 この部分から「づ」よりも「ず」、「ぢ」よりも「じ」を主に使うことを推奨されていることがわかります。 NHKも「ずつ」を使用 内閣訓令に沿った言葉使いをすることで知られているNHKでも「ずつ」が使われています。 ニュース番組のテロップや文字放送などでは「ずつ」が多く使われてるため、「づつ」よりも「ずつ」と表記されている方が読みやすく、理解がしやすいという方も多いようです。 「ずつ」「づつ」の意味と使い分け 「1つずつ」「1個ずつ」は均等を表す 「3人ずつ」「5つずつ」など「ずつ(づつ)」は「同じ数量のものを均等に振り分ける」という意味を持っています。 日常生活でも使われることが多く、ほとんどの人がこれまでに何度も使って来た言葉でしょう。 「ずつ(づつ)」に他の意味はなく、均等を表す場合以外で使われることはありません。 そのため「みんなに3個ずつ」などというだけで状況と照らし合わせ「配るのだな」「渡すのだな」と後に続く言葉を予測することができます。 「づつ」は自分の基準で使える 「ずつ」と「づつ」は内閣訓令や辞書などで、主に「ずつ」とされてはいます。 しかし、だからと言って「づつ」を使ってはいけないということではありません。 個人の好みや思い入れによっては「づつ」と書くこともあるでしょう。 私的な文章や、仲間内でのやり取りなどであれば「づつ」を使っても意味は通じますし、特に失礼になることもありません。 ただし、公的な書類やビジネス上での書面などでは「ずつ」を使った方が無難です。 読む人が読みやすく、違和感を持たない文章を書く上では「ずつ」の方が良いと言われています。 「ず」と「づ」の使い分けポイント 連続する音はそのまま濁点を付ける 「ず」と「づ」を含む言葉は「ずつ」「づつ」以外にもたくさんあります。 内閣訓令では「づ」よりも「ず」を主に使うとされていますが、例外もあります。 たとえば「続く」などは「つずく」ではなく「つづく」です。 これは「前と同じ音が連続する場合はそのまま濁点を付ける」と内閣訓令の例外として定められているためです。 他にも「縮む」は「ちぢむ」、「綴る」は「つづる」と書きます。 2つの言葉が繋がって濁る場合は元の音に濁点 「近々」「小遣い」など、2つ以上の言葉が繋がって一つの言葉になっているものがあります。 この場合は「元々の言葉に濁点を付ける」とされています。 「近々」は元の言葉が「近い」で、「近い」が2つ繋がってできているので「ちかぢか」です。 「小遣い」は「小さな(些細な)遣い」なので「つかい」に濁点で「こづかい」となります。 「ず」か「つ」かに迷った場合は、その言葉の原型を意識してみると判断しやすくなります。 単語は基本的に「ず」を使う 「稲妻」や「融通」など、漢字を分けようと思えば分けることができる言葉はありますが、言葉を分けると意味が全く異なる言葉は「ず」を使います。 「稲妻」は「稲」と「妻」に分けることはできますが、それでは「稲妻」という意味からは遠くなります。 そのため「いなずま」です。 「融通」も同様で「融」と「通」が一つの言葉になって初めて「融通」という言葉の意味となるので「ゆうずう」が正しい書き方です。 まとめ 「ずつ」と「づつ」は読み方も意味も同じで、いざ文字にしようとすると迷ってしまうものです。 基本的には「ずつ」と書き、自分にとって何か「づ」を使う意味があり、公的な書面ではないときにだけ「づつ」を使うと考えておくと良いかもしれません。 しかし「ず」と「づ」はどちらでも良さそうで、いざ文字にすると違和感があることもあります。 書面などに書くときはその点も考慮しておきましょう。

次の