田辺 市 保健所。 感染症情報

和歌山県:迷子猫届け先一覧(保健所・動物愛護センター・警察署)

田辺 市 保健所

和歌山県は30日、県内で新たに京都産業大学を今春卒業し、田辺・西牟婁の学校に教員として赴任する予定の男性(20代)=田辺保健所管内在住=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 集団感染が疑われているゼミ卒業祝賀会に参加していた。 県内で確認されたのは18人目。 男性は京都市内で21日に開かれたゼミ卒業祝賀会に参加。 25日に39・5度の高熱があり、京都府内の医療機関を受診し、自家用車で田辺保健所管内にある実家に帰宅した。 26日に県内の医療機関を受診、熱は低下傾向にあったが、28日夜に京都市医療衛生センターから電話があったため、29日朝に保健所に連絡。 30日に検査で感染を確認した。 病状は安定しており、医療機関に入院予定。 祝賀会参加者の複数人が感染したことについては、京都市と京都府が29日に発表した。 祝賀会には、ヨーロッパに卒業旅行に行って、感染が確認された学生が参加していた。 同日、赴任予定の学校に訪問した。 県は、説明会で男性と個別面談した教委職員2人と赴任先の教職員4人を接触者として検査するほか、説明会参加者で体調に変化があれば対応したいという。 保健所が詳しい行動歴や濃厚接触者について調査している。 仁坂吉伸知事は「卒業祝賀会に参加したゼミ生は全員に連絡が付いていて、全国的に調べている。 もう一つは外国に行ったその卒業生がゼミ以外の場で(他の学生に)接触した可能性も考えられる。 念のため、京都産業大学の学生で県内に帰省していて、何か症状がある人は、速やかに最寄りの保健所や県庁健康推進課に連絡してほしい」と話している。 紀伊民報.

次の

保健所管轄区域案内 和歌山県|厚生労働省

田辺 市 保健所

海匝健康福祉センターの移転について(平成30年4月から) 施設の老朽化のため、平成30年4月から海匝健康福祉センターは旭県税事務所銚子支所2階に移転しました。 移転に伴い、窓口を変更しました。 銚子市にお住まいの方へ 海匝健康福祉センター(旭県税事務所銚子支所2階)が窓口になります。 移転後住所:〒288-0817銚子市清川町1-6-12• 移転前住所:〒288-0812銚子市栄町2-2-1• 電話番号:0479-22-0206ファックス番号:0479-24-9682• 電話番号、ファックス番号に変更はありません。 旭市にお住まいの方へ 八日市場地域保健センターが窓口になります。 住所:〒289-2144匝瑳市八日市場イ2119-1• 電話番号:0479-72-1281ファックス番号:0479-73-3709 海匝健康福祉センターが掲載している主なページ• 所在地・代表連絡先 千葉県海匝健康福祉センター 海匝保健所 〒288-0812銚子市清川町1-6-12 電話番号:0479-22-0206 ファックス番号:0479-24-9682 八日市場地域保健センター 〒289-2144匝瑳市八日市場イ2119-1 電話番号:0479-72-1281 ファックス番号:0479-73-3709 海匝健康福祉センターの組織としごと 食品衛生、環境衛生、保健医療に関するさまざまな相談を受け付けています。 組織としごと 課・室名 電話・ファックス番号 担当業務内容 総務企画課 電話:0479-22-0206 ファックス:0479-24-9682• 庶務に関すること• 医務に関すること• 薬務 医薬品・毒物劇物等 に関すること• 保健医療に係る免許申請に関すること• 人口動態・衛生統計に関すること• 地域の保健福祉に係る企画調整に関すること• 健康福祉センター運営協議会に関すること• 香取海匝地域保健医療協議会に関すること• 災害対策に関すること• 広報・啓発活動に関すること 地域保健福祉課 電話:0479-22-0206 ファックス:0479-24-9682• 健康づくりの推進に関すること• 母子・成人・老人保健に関すること• 栄養改善業務に関すること• 歯科保健事業に関すること• 小児慢性特定疾患等に関すること• 難病対策事業に関すること 健康生活支援課 電話:0479-22-0206 ファックス:0479-24-9682• 健康危機管理に関すること• 結核・感染症・エイズ対策に関すること• 食品衛生に関すること• 狂犬病予防・動物愛護に関すること• 環境衛生 理容・美容・クリーニング・旅館等 に関すること 八日市場 地域保健センター 電話:0479-72-1281 ファックス:0479-73-3709• 上記の総務企画課、地域保健福祉課、健康生活支援課のすべての業務• 精神保健福祉に関すること• 地域福祉の推進に関すること• 福祉に係る手当・貸付に関すること• 民生委員・児童委員に関すること• 戦傷病者・遺族援護に関すること• 配偶者暴力相談支援センターに関すること• 被爆者対策に関すること.

次の

和歌山県田辺市の保健所一覧

田辺 市 保健所

田辺市の最新感染症状態の動向を掲示しています。 感染症の動向 コメント: うえはら小児科 上原医師 第25週のコメント• 今週はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が7報告。 あとは、咽頭結膜熱が1例報告あるのみ、• 初夏の候、手足口病等の気配ははみじんもない。 (再掲) 第24週のコメント• 今週はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が3報告と半減している。 あとは、水痘と突発疹が各1例報告あるのみ、• 初夏の候、手足口病等の気配ははみじんもない。 第23週のコメント• 感染性胃腸炎の報告が1例。 今週はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が6報告、• 伝染性紅斑1例と突発疹が2例。 やはり感染症は少なめ。 三密を避ける生活の効果かも知れない。 第22週のコメント• 感染性胃腸炎の報告はなくなった、季節柄食中毒とまで行かなくても気になる季節である。 今週もA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が2報告、• 伝染性紅斑と水痘の報告が各1例。 第21週のコメント• 感染性胃腸炎の報告が2例ある。 今週A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が2報告。 伝染性紅斑とクラミジアの報告が各1例ある。 感染症の少ない季節なのだろう。 第20週のコメント• 連休明け、少ないけれども通学生の見える朝の風景、でもやはり感染症の報告が少ない• 今週A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が4報告• 咽頭結膜熱と突発疹が各1例と、感染症は殆ど無いのかも知れない。 再掲 マスク、手洗い、うがいに加えて受診抑制、ソーシャルディスタンス、休校はあらゆる感染症の抑制には有効であるのだろう。 第19週のコメント• 今週は長い連休があり、実質診療は2日半程度、加えて受診抑制があるため、報告が少ない• わすかにA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が1報告、のみである。 マスク、手洗い、うがいに加えて受診抑制、ソーシャルディスタンス、休校はあらゆる感染症の抑制には有効であるのだろう。 第18週のコメント• 今週は連休があり、かつ世情による受診抑制があるため、特に小児の外来受診数が極めて少ない週となっている。 わすかにA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が1報告、突発疹が1例のみの報告となっている。 受診抑制、ソーシャルディスタンス、休校はあらゆる感染症の抑制には有効であるのだろう。 第17週のコメント• 今週はインフルエンザもRSウイルス感染症もみられない。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が4報告あり、水痘が1例報告あり。 受診抑制がかなりありそう。 今週も伝染性のある例年の感染症が少ない。 第16週のコメント• RSウイルス感染症が先週同様3報告• そのほかの報告は全て見られない状況である。 感染症が少ない季節には鳴っているが、新型コロナによる受診抑制、検査抑制がかなり影響しているのかも知れない。 第15週のコメント• RSウイルス感染症が3報告• A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今週も5例であり、伝染性紅斑は今週2例の報告。 マイコプラズマ肺炎とロタ腸炎の報告もあるが、コロナは別として全体に感染症が少ない。 感染機会の減少に加えて受診抑制もあるのかも知れない。 第14週のコメント• インフルエンザの報告が0となった。 名実ともに収束したのであろう。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は9例から5例へ減少した。 伝染性紅斑は今週2例の報告。 今週も、百日咳が1例集計されている。 コロナ世情柄、簡易検査時に飛沫を防ぐためのフェイスマスクが必要とされている。 結果、検査数が減少しているかも知れない。 第13週のコメント• インフルエンザは今週も1報告となっている。 終結したのであろう。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今週も9例と変動があるも減少傾向。 伝染性紅斑は今週も3例の報告。 今週、百日咳が1例集計されている。 第12週のコメント• インフルエンザは今週になり1報告となっている。 流行は過ぎたのであろう。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は今週も14例と多め推移中。 伝染性紅斑は3零の報告。 今週の百日咳は2例集計されている。 第11週のコメント• インフルエンザは今週になり7報告とさらに減少している。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎14例と増加中。 伝染性紅斑は今週も5報告の報告がある。 第10週のコメント• インフルエンザは今週になり10報告とさらに減少中。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎15例とさらに増加中。 伝染性紅斑も5報告の報告がある。 9週と10週に百日咳が各1例報告されている。 第9週のコメント• インフルエンザは今週になり15報告となった。 減少中と云えよう。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が9例と増加中。 伝染性紅斑は3報告と変わらず。 第8週のコメント• インフルエンザは今週になり26報告となった。 全国的に手洗いをしていても足止まり状態。 水痘は報告がなく、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が2例と変わらず。 伝染性紅斑は3報告と急減中。 第7週のコメント• インフルエンザは今週になり24報告となり、さらに半減している。 水痘は3例となった。 伝染性紅斑も6報告と減少中。 第6週コメント• インフルエンザは今週になり44報告となり、注意報がきえた。 RSウイルス感染症の報告は3例。 伝染性紅斑が10報告とな多い。 なぜか、水痘が5報告みられる。 第5週コメント• インフルエンザは今週になり67報告となり、注意報の下限となっている。 RSウイルス感染症の報告は5例。 伝染性紅斑が13報告と増加している。 第4週コメント• インフルエンザは今週になり169報告となり、なお増加中である。 B型も見られる。 RSウイルス感染症の報告は2例。 伝染性紅斑は7報告、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は2例となっている。 第3週コメント• RSウイルス感染症は減少してる。 今週は報告なし。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は4例となっている。 インフルエンザは今週になり130報告となおも増加中。 伝染性紅斑は6報告と落ち着いてきている。 第2週コメント• RSウイルス感染症は1報告。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は2例となっている。 インフルエンザは今週になり126報告と急増中、流行期になっていると云えよう。 伝染性紅斑が14報告とかなり多い。 第1週コメント• RSウイルス感染症が今週は報告なし。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は6例となっている。 インフルエンザは今週になり33報告となっている。 今週は多くの定点診療所が年末年始の休み中なので、現状を反映していないかも知れない。

次の