筋トレ ダイエット プロテイン。 筋トレしたら太ったは本当?プロテインはNG?ダイエットに効果的な方法は?

プロテインって何?筋トレ初心者にも必要?飲み方は?

筋トレ ダイエット プロテイン

そして特におすすめされるプロテインが 大豆プロテインなのです。 プロテインには大きく大豆プロテインの ように植物性のものと、動物性の プロテインとに分けられます。 ダイエット重視でプロテインを手に するのであれば、 脂肪分が少なく腹持ち 効果もある大豆プロテイン(植物性) がおすすめです。 大豆プロテインの効果は 大豆プロテインの原料の主役になるものが 「大豆」ですが、この大豆に含まれる 成分に イソフラボンが含まれています。 このイソフラボンの効果には、 肌の 代謝を上げることで肌のハリや艶を出す 効果から美肌効果があります。 また老化を防止する働きもあります。 また大豆そのものは、女性ホルモンと 似た働きを持っている事から、 ホルモン バランスを保つ働きがあります。 ダイエットとプロテインの関係性 ダイエットをするために筋トレが 重要視される理由には、 有酸素運動との 関係性があります。 ダイエットをする時に有酸素運動を するのは今では常識となっていますが、 この 有酸素運動をすることで身体の脂肪を 燃焼させる効果があります。 有酸素運動で痩せる事ができても 有酸素運動を止めてしまえば・・・・ リバウンドをする人も多くいると 思います。 これは身体の体質が有酸素運動によって 痩せる事ができても、体質そのものは 大きくは変わっていない事が一つの 原因にあります。 つまり 痩せた後にどんな運動をする かで変わってくると言う事です。 「脂肪燃焼させる有酸素運動の 効果的な時間と秘訣とは」 体質を変えるために必要なことが 筋トレというわけです。 筋トレによって痩せやすい身体作りと 体質改善ができます。 そして筋肉をつけるために必要な 栄養がタンパク質です。 人の身体にある タンパク質の割合は おおよそ15%~20%くらいだと 言われています。 そして人の身体は一日で消費される エネルギーの割合のうちの60%が 基礎代謝量によって消費されていきます。 この基礎代謝の中でも 最も消費される のが筋肉で、その消費割合は全体の 40%を筋肉で消費します。 つまり、基礎代謝を上げるためには 適度な筋肉をつける事と筋肉を維持させる ことが重要になってきます。 この 基礎代謝を高め筋肉をつける ために必要なのがプロテイン (タンパク質)を摂る事なのです。 プロテインを飲むタイミングは プロテインには大きく三つの効果が あります。 プロテインを飲むことで、不足している タンパク質を補う事ができることが一点! そして筋トレなどの運動をしたことで 筋肉の疲労を軽減する効果と筋肉を 修復してくれる効果があります。 この三つの効果をしっかりと 効果的にするための飲むタイミングを 考えるとよいです。 1 疲労軽減させるためのタイミング 筋トレをする前の1~2時間に プロテインを飲むことで筋トレの ために必要なエネルギーの確保と筋トレ の後の疲労軽減効果があります。 2 筋肉に働きかける効果と修復効果 筋トレをした後から30分前にプロテインを 飲むことで筋肉つくりを活発にして くれる効果があります。 これは成長ホルモンが筋トレ後に 大量に分泌されることによって、 タンパク質の吸収がよくなる効果が 発揮されます。 3 朝に摂る効果 プロテインを朝に摂ることで最もよい 効果には、 起床後の朝の食事を摂っていない ところにプロテインを飲むことで 必要なタンパク質を摂る事ができます。 またプロテインの中には、タンパク質に 限らず他にも栄養が含まれたものも あるために、朝にしっかりと栄養を 摂ることで 足りないものを補給する という事ではよいタイミングになります。 4 寝る前の効果 人は寝ている間に成長ホルモンを分泌 させます。 この成長ホルモンが特に大量に分泌する 時間帯が 就寝後の30分~3時間の間で 分泌されます。 このために 寝る前の1時間~2時間前には プロテインを飲むようにしなければ なりません。 この飲むタイミングは、飲んだ後で 消化吸収するまでにかかる時間が 1時間~2時間かかるためです。 プロテインの摂り過ぎは太る! プロテインは必要以上に摂り過ぎると ダイエットどころか逆に太って しまいます。 スポンサードリンク プロテインは一日に摂ってもいい量が あります。 この量を超えて摂り過ぎてしまうと 太る原因に繋がります。 ただプロテインを摂る量は筋トレなどの 運動する激しさによって量を調整 しなければなりません。 普段の筋トレ運動が軽めであれば プロテインの摂取量は少なめにして ください。 逆にしっかりとハードな筋トレ運動を する時は多めに摂ることも必要です。 ただプロテインは一度に吸収される 量も決まっているために、摂り過ぎは 太ります。 身体が一度に吸収できるプロテインの量は 30gなので、自分の体重から割り出される 必要なプロテイン量を確認してから 摂るようにしてください。 プロテインは飲み方で変わる プロテインを水で飲むのか、牛乳で 飲むかで効果が変わってきます。 まず水で飲む場合に良い点は 水にはカロリーがないためにプロテイン のみのカロリーのみ摂る事ができます。 また 牛乳と比較した場合に消化吸収が 早いことも大きな特徴です。 次に牛乳で飲んだ場合は牛乳の カロリーを同時に摂取する事になります。 ただ、牛乳で飲むことで、水で飲む よりもおいしく飲む事ができます。 また 水と比べて消化吸収が穏やかに なります。 この事から、 筋トレ運動の後や朝の 時間は水で割って飲むことで素早い 効果を得る事が出来ます。 逆に 寝る前の時間に飲むときは 牛乳で飲むとよいです。 成長ホルモンが寝る前には大量に 分泌される時間を最大限に活用すること ができるでしょう。 まとめ 筋トレにプロテインを摂り入れることで 筋トレ自体の効果を高める事が できますが、気をつけることは摂り過ぎに 十分注意することです。 ダイエットはただ痩せるだけでは 必ずリバウンドがやってきます。 リバウンドしないために必要なことが 基礎代謝をあげるために筋肉を つけることです。 ただ筋トレは毎日するものではありません。 筋トレをより効果的にするタイミングが あります。 「筋トレは毎日しない!女性が効果を 出す自重トレーニング」 筋肉をつけることが何よりダイエットの 近道になりますが、ただ筋トレとプロテイン を摂取するだけでは厳しいものです。 普段の食事の管理もしっかりとしなければ なりません。 「筋トレダイエットで必要な食事の メニューは!!」 ダイエット目的のほとんどは痩せたい 自分になるためにするダイエットです。 ダイエットに必要な事はいくつか ありますが、一番のダイエットを成功に 繋げる鍵はダイエットをいかに 継続することができるかです。 まずはここをクリアできる環境を 作っていくことも大切な一つです。 痩せやすく、太りにくい身体作りに 欠かせない筋トレと適度な運動!! うまくあなたのダイエットに取り入れて みてください。

次の

プロテインで筋トレ効果アップ!仕組みやおすすめの摂取方法

筋トレ ダイエット プロテイン

トレーニングの効果がなかなか出ないという方、カラダが絞れないor大きくならないという方は、 今のトレーニング方法が合っていない可能性があります。 そんな方に試して欲しい、 最も効果的なトレーニングメニューやプロテインを飲むタイミング、おすすめのプロテインまでご紹介。 最後まで読んだあなたは、最短で引き締めボディが目指せます。 Contents• なぜこの順番でなければダメなのか?筋トレor有酸素運動だけではダメなのか?詳しく解説していきます。 「筋トレ」と「有酸素運動」は目的が異なる 筋トレの目的は、 筋力を増強することと太りにくく痩せやすいカラダを作ること。 そして 有酸素運動の目的は、 脂肪を燃やしカラダを引き締めることです。 このように、筋トレと有酸素運動では、運動を行う目的や得られる効果が異なります。 筋トレと有酸素運動を両方行うことで、 太りにくく痩せやすいカラダを作って引き締め、必要な筋肉を鍛えることができます。 引き締めボディを作るためには、 どちらか一つではなく両方が必要なのです。 「 まず脂肪を燃やして(有酸素運動)カラダを引き締めてから、鍛える(筋トレ)ほうが良いのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。 しかし、効率よく引き締めボディを手に入れるためには 「筋トレ後の有酸素運動」が鉄則なのです。 その理由は、 有酸素運動による脂肪燃焼効果を最大限に引き出すため。 有酸素運動による脂肪燃焼効果を高めるためには、 直前の筋トレでカラダの第一のエネルギー源である「糖質」を使い切る必要があります。 エネルギー源を失くした状態で有酸素運動を行うと、 カラダは第二のエネルギー源である「脂肪」を使います。 プロテインには糖質が含まれるため有酸素運動前は摂取NG プロテインを摂取する理想のタイミングは「 筋トレ後30分以内」。 ならば筋トレのあとすぐに飲むべきでは?と思いますよね。 プロテインはほとんどがたんぱく質で構成されていますが、少量の糖質も含まれます。 糖質は、つまりは飲食と同じ。 カラダにとってはエネルギー源です。 せっかく筋トレで糖質ゼロ状態にしたのに、 プロテインに含まれる糖質を摂取してしまっては意味がありません。 糖質ゼロ状態での有酸素運動を20分程度行えば、ちょうど「筋トレ後30分以内」。 このタイミングでプロテインを摂取することが理想です。 有酸素運動はやりすぎると筋肉を分解させてしまうため、 プロテインを最後に飲むことで修復を図る狙いもあります。 では、筋トレ・有酸素運動・プロテインにはそれぞれどのような種類があるのでしょうか。 引き締まった 「体脂肪率1%ボディ」を持つ男性の実際のトレーニングを参考にご紹介していきます! カラダを引き締めるのに効果的な筋トレ3つ カラダを引き締めるのに効果的な筋トレメニューを3つご紹介します。 初心者でも取り組みやすいのに効果抜群なメニューです。 全身をバランスよく鍛えられるのもおすすめできるポイントです。 体幹や太ももといった大きな筋肉をよく使うため、 代謝が上がりやすく太りにくいカラダを作ります。 筋トレを続けていく上で大切な、 基礎体力や 持久力をアップさせるためにも欠かせないトレーニングです。 なかでも フロントクランチは、 最も初歩的なトレーニングといえます。 ゆっくり身体を起こし、肩甲骨が床から離れたらゆっくり戻します。 首や肩に力を入れず、腹筋を意識することが大切です。 勢いをつけずにゆっくり行うことで効果がアップしますよ。 お尻を挙げずに、頭から足先まで一直線の姿勢で行うのがポイント。 筋トレ初心者の方は、 この姿勢をとることさえなかなか難しいはずです。 勢いをつけてしまわず肘を曲げた姿勢をキープし、ゆっくりと運動を行いましょう。 トレーニング効果がアップします。 続いて、 筋トレメニュー後に取り組むべき有酸素運動をご紹介します。 脂肪を落とすのに効果的な有酸素運動3つ 筋トレメニューで体内の糖質をゼロにしたら、有酸素運動で脂肪を燃やしましょう。 初心者でも取り組みやすい有酸素運動メニューを3つご紹介します。 代謝が上がり、太りにくいカラダを作ることができます。 普段、車で移動することが多い方は、 移動手段を自転車に変えるだけでも有効なトレーニングになります。 有酸素運動のなかでも最も脂肪燃焼に効果があるといわれています。 「有」酸素運動ですから、 息継ぎをしっかり行うのがポイント。 水の中を歩くだけでも有酸素運動になるため、泳げない方でも取り組めます。 ダイエット(引き締め)や筋トレは、 習慣化するまではストレスを溜めてしまいがち。 方法は自己流でOK。 雨の日でも行えて、全身の筋肉がバランスよく刺激されるオススメのトレーニングです。 ここまで、引き締めボディを作るために効果的な筋トレと有酸素運動についてお話してきました。 最後に、 筋トレ+有酸素運動の効果を高めるため、 仕上げとして摂るべきおすすめのプロテインをご紹介していきます。 吸収が早く「 トレーニング後30分」での摂取にもっとも向いている「 ホエイプロテイン」のなかから5つの商品をセレクトしました。 1位:鍛神プロテインPRO カラダが求める絶妙のタイミングで栄養を補給! 鍛え抜かれたボディをもつ、格闘家で俳優の 金子賢さんが監修したプロテイン。 体内への吸収が早いホエイプロテインのなかでも、 群を抜いて高い吸収力を持っています。 筋肉を作るために カラダが栄養を欲している絶妙のタイミングでいきわたるため、 効率よく筋肉を育てることができます。 ジムに行く時間のない方やトレーニングの時間をしっかり作れない方の心強い味方になってくれます。 スイーツのように美味しいと話題のフレーバーの豊富さも魅力のひとつです。 アスリートも愛用する本格派プロテイン 良質なたんぱく質と併せて摂取することで、 カラダづくりに効果があると国際的にも認められている「 HMBカルシウム」を配合。 アスリートも愛用している本格派プロテインです。 16種類のフルーツパウダーを配合した飲みやすさも人気の秘訣。 食事ではとても摂ることのできない量のHMB、たんぱく質を一度に摂取することができ、コスパ面からみても優秀なアイテム。 本気のボディメイクに挑む方におすすめです。 商品価格 6,480円(税込) 内容量 600g 味 ミックスフルーツ味 種類 ホエイ こんな方におすすめ 本格的なボディメイクを目指す方 5位:FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン.

次の

プロテイン摂取のタイミングは「寝る前と朝」が効果的な理由

筋トレ ダイエット プロテイン

Contents• はじめに 今回はプロテインとダイエットの話です。 既にプロテインの話は下記関連記事に書いたのですが、気合を入れて長く書きすぎたのか今一つ評判の良くない記事の一つなので、ポイントを簡潔に書こうと思います(内容は重複しています)。 関連記事 先日、ブログのネタ探しにYahoo知恵袋というサイトを見ていたら、「ダイエット目的で筋トレを始めたのだがムキムキになってしまうのではないか」という女性の質問に対して、「プロテインを飲んでいないのであれば大丈夫」という恐ろしい回答がありました。 プロテインというのは分かっている人にとってはただのたんぱく質でしかないのですが、どうも、ムキムキになりたい人が飲むというイメージが強いせいか、分かっていない人はとことん勘違いをしていたりします。 そこで、ダイエットする人にとってプロテインは必要なのかという点を考えてみます。 もっとも、プロテインに関する誤解が多い理由は、そもそもたんぱく質というものが何かを分かっていない人が多いからだと思うのですが、その点は上記関連記事に詳しく書いているので省略します。 ダイエットにプロテインは必要か 「ダイエットにプロテインは必要なのか」というのは良くある質問です。 しかし、これはあまり筋の良い質問ではありません。 必要かどうかは、本人しかわからず、人に聞くような話ではないからです。 プロテインは、本人が必要と感じれば摂取すべきですが、必要性を感じないのに、「ダイエットに効果がある」、「筋トレしている人には必要」として摂取するのは間違っています。 必要性を感じない人には不要です。 もっとも、締まったスリムな体を作ろうとすれば、遺伝的に恵まれている人以外は10RM くらいの重量を用いたちゃんとした筋トレが必要であり、そういった筋トレをしながら食事管理を行おうとすると、プロテインは事実上必須かと思います。 筋トレなんか不要で有酸素運動が一番と思っている人、軽いダンベルを持って腕を振ったり、自宅でスクワットのような、筋トレのようで筋トレとは言えない運動をしている人には、事実上も不要かと思います。 関連記事 もちろん、1日5食から6食、きっちりとした食事管理をできるのであれば不要です。 しかし、徹底した食事管理が実行できずに(ふつうできない)、通常の食事から必要量のタンパク質を摂取できないのであれば、プロテインを利用して、必要摂取量を確保すべきです。 つまり、ダイエットにプロテインが必要か否かはその人の食生活と食事管理次第です。 必要摂取量 これは、実質的にはダイエットにプロテインが必要かという質問と同じです。 プロテインをどれくらい飲めば良いのかという疑問は男女や目的を問わず良く見るものです。 特に、プロテインをムキムキになりたい人が飲むサプリメントと考えている人が多いからか、「引締め目的の女性はどれくらい飲めば良いのか」という疑問もあったりします。 結論から言うと、「プロテインをどれくらい飲めば良いのか」という疑問を持つ人たちはプロテインを買う必要はありません。 私たちの体は私たちの食べたもので出来ています。 目指している体になるためには必ず食事管理をする必要があります。 ジムで1時間くらい運動したくらいで体なんて変わるはずがありません。 それは、トレーニング後にロッカー室で体を見れば分かります。 特に変わっていないはずです。 体が変わるのは運動後から次に運動するまでの間です。 もっとも、その間に何か特別なことが起こるわけではありません。 脂肪が筋肉になったり、筋肉が脂肪になったりするような魔法のようなことは起きません。 食べたものが筋肉や脂肪になり、体を動かすために脂肪や筋肉が燃えてエネルギーになる、ただそれだけです。 そして、どんなに運動しても、食べた脂肪は脂肪にしかなりません。 また、必要量のタンパク質を食べなければ筋肉の回復成長は望めませんが、必要量を超える部分は脂肪にしかなりません。 さらに、適量の炭水化物がなければ代謝が低下し、脂肪は効率的に燃えません。 結局、ダイエットにおいて、三大栄養素の摂取量を決めてそれを順守することは必須です。 つまり、ダイエットを成功させようと思ったら、自分が一日どれだけ、炭水化物、たんぱく質、脂肪を摂取するのかを事前に決めている必要があります。 そして、そのたんぱく質摂取量を、脂肪摂取の制限を死守しながら食事から摂取できないからプロテインを飲むのです。 例えば体重50kgの人が、筋トレダイエットを始め、標準的な1日当たり体重の2. そして、それを5回の食事でとるとすれば、1回あたりの摂取量は22gとなります。 もし、朝食でトースト1枚、ゆで卵1個、サラダ、コーヒー1杯食べたとしたら、たんぱく質の摂取量は15g位ですから、目標に対して7g足りないことになります。 そこでプロテインで7g補うことになります。 筋肉の回復成長に必要なたんぱく質を摂取しないよりは、プロテインからでも必要量を摂取した方が良いからです。 プロテインというのはそういう使い方をするものです。 自分の目標たんぱく質摂取量を決めていない人や実際のたんぱく質摂取量を知らない人が摂取するものではありません。 摂取タイミング 筋肉の回復成長後はトレーニング後からの48時間から72時間続く継続プロセスです。 したがって、2時間から3時間おきにこまめに栄養補給をすることが一番重要であり、1日5食から6食くらいのスモールミール(少量多食)を実現するのが重要です。 また、ダイエットにおいては、代謝をいかに高く保つかが重要ですが、そのために必要なのは、いかに空腹状態を避けるかですからやはりスモールミールが重要です。 しかし、忙しい現代人にとっては、3食をきっちり食べるだけでも厳しいので、1日5食や6食を実現するのは困難です。 そこで、プロテイン等のサプリメントに頼るわけです。 炭水化物なら、おにぎりやパンを食べて補給できますが、高タンパク質で低脂肪の食品というのは、ノンオイルツナかサラダチキンくらいしかありませんが、プロテインであれば手軽に利用できます。 以上から、プロテインといつ飲むべきかは自明です。 1日5食か6食に1日の栄養摂取量を分けて、1回の食事で必要なタンパク質摂取を、プロテインを利用して実現するだけです。 どの製品が効くのか この話はホエイプロテインに限定します。 どのプロテインが効くと言った情報ほど良く分からない情報もありません。 しかし、通販サイトのレビューでは、効いたとか効かないとか理解できない情報がたくさんあったりします。 もちろん、いろいろな銘柄を試したりするのが楽しかったりするのは否定しませんし、趣味としてのダイエットというのもあると思います。 私自身も新しい製品がでると買って試したりしますし、どれがおいしい、どれがお気に入りといったサプリ談義を友人とするのは楽しいものです。 しかし、どれが効くとか効かないとかは本質的にナンセンスです。 全部同じたんぱく質であり、体に吸収されるときには20種類のアミノ酸だからです。 つまり、ダイエットに有効なプロテインとか、ダイエット用のプロテインというものは存在しません。 体内に入るときは全て同じです。 また、ホエイプロテインというのはてっとり早く言うと牛乳からチーズを作るときの残りを粉にしたものであり、商業的に成功するのに必要な規模の製造は超が付く大規模工場が必要です。 そして、それが可能なのは世界でも数社です(下記リンク参照)。 つまり、サプリメーカーはいろいろあれど、中に入っているプロテイン自体はほとんど同じものです(精製度や方法に応じたランクは多少あるのでしょうけど)。 各サプリメーカーでは、せいぜいフレーバーを足したり、商品名を考えたりしているだけだと思います。 また、ビタミン・ミネラルは不安があればマルチビタミンで補えばよく、それらをプロテインで補う理由はありません。 結局プロテインは味や溶けやすさや値段で選べばよいと思います。

次の