お腹 押す と 痛い。 お腹の左側が痛い!左下に腹痛がある時に疑う7つの原因

左腹部や左下腹を押すと痛い!原因はなに?

お腹 押す と 痛い

Sponsored Link 日常的によく起こるみぞおちの痛み 胃もたれ みぞおちの痛みの原因として最も多いのが、様々な原因で起こる軽い胃もたれです。 あなたも一度はなったことがあるのではないでしょうか。 胃もたれは、 食べすぎや刺激物の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎなどをきっかけとして起こることが多いですね。 主な症状は、 みぞおちの痛みと重苦しい違和感です。 食べ始めてすぐにお腹がいっぱいになったように感じることも多いですね。 若いうちは胃もたれが起こっても自然と治ることが多いのですが、年齢とともに胃腸機能が低下して慢性化してしまうことが少なくありません。 胃もたれを慢性化させないためには、 バランスの良い食事と適度な運動、規則正しい睡眠といった、一般的な対処法が効果的と言えるでしょう。 Sponsored Link ストレス(神経性胃炎) 「ストレスで胃がキリキリ痛む」といった言葉もある通り、ストレスは胃の不調を引き起こす原因の中でもよく見かけるものの1つです。 ストレスによって胃を支配している自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されてしまいます。 そして、過剰に分泌された胃酸が胃の粘膜を傷つけると、みぞおちに痛みが出るという流れですね。 職場やプライベートでの人間関係、睡眠不足、スマートフォンやパソコンの使い過ぎなどがストレスを起こすきっかけになりやすいと言えるでしょう。 ストレスによる主な胃の症状は、 みぞおちあたりの痛みや胸やけなどですね。 急性胃炎を起こした場合には、胃の痛みの他に吐き気や下痢などを伴うこともあります。 対処法としては、痛みが出たら温かい飲み物を飲むのが効果的です。 胃酸を中和できるアルカリイオン水やホットミルクなどがおすすめですよ。 ただ、 根本的に治すためにはストレスを減らしていくことが必要になります。 自分なりのストレス解消法を見つける、ストレスの原因から離れるなどの対策を合わせて行うようにしましょう。 筋肉痛 「みぞおちで筋肉痛?」と思うかもしれませんが、実はみぞおちにも筋肉はあり、筋肉痛を起こすことも少なくはありません。 みぞおちあたりの筋肉痛は、 普段はやらないような動きをした後や、お腹の筋トレをした後などに起こりやすいです。 特に、普段あまり運動をしない人が、急に運動をした時などによく起こりますね。 筋肉痛によるみぞおちの痛みは、 動かさない時には痛みが無く、動くと痛いのが特徴です。 他の症状は無いのに体を起こすと痛い、走ると痛い、息を吸うと痛い、咳をすると痛い、みぞおちを押すと痛いといった場合には、筋肉痛によるみぞおちの痛みの可能性が高いと言えるでしょう。 筋肉痛は、 無理に腹筋を動かさなければ自然と治ります。 年齢によって個人差はあるものの、数日~1週間ほどで完治するのが一般的ですね。 ガス溜まり(おならが溜まっている) 腸の上の方におならのガスが溜まると、胃腸を圧迫してみぞおちに痛みが出ることがあります。 ガスが溜まる原因は、若い人であれば大抵が便秘ですね。 あとは、加齢などによって胃腸の機能が低下してガスが溜まることもあります。 主な症状は、 お腹の痛みとおならの臭い、お腹の張りなどです。 臭いが気になっておならを我慢してしまい、お腹が痛くなるというケースが多いですね。 おならさえ出してしまえば症状は治まることが多いのですが、根本的な解決にはなりません。 便秘にならないよう、普段から腸内環境を整える必要があると言えるでしょう。 腸内環境を整えるには、ヨーグルトや納豆などの乳酸菌を含む食事を、毎日摂ることが大切になります。 毎日続けるのが難しいという場合には、手軽に摂りやすい 腸内環境を整えてくれるサプリメントを使うのがおすすめですよ。 Sponsored Link 病気によるみぞおちの痛み 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 みぞおちあたりに腹痛がある場合、最初に考えるのが胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気です。 潰瘍というのは、簡単に言えば「穴が開いたような状態」のことで、傷が深くえぐれたようなイメージを持っておけば良いでしょう。 胃に潰瘍ができるのが 「胃潰瘍」、胃と腸をつなぐ十二指腸に潰瘍ができるのが 「十二指腸潰瘍」というわけですね。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、 ストレスによる胃痛が悪化して起こることが多いです。 その他、胃に負担のかかる風邪薬や痛み止め、ステロイドなどを使いすぎることで起こることもありますね。 主な症状は、 みぞおちやみぞおちの下あたりのチクチク、ズキズキとした痛みです。 胸やけや酸っぱいゲップ、食欲不振、お腹の張りなどが出てくることも多いですね。 潰瘍からの出血が激しい場合は、 吐血や下血を起こすこともありますので注意をしておきましょう。 また、 胃潰瘍は食後に痛みが出ることが多く、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みが出ることが多いのも特徴です。 放置していると悪化したり再発を繰り返すことがあるため、自己判断で治療せず、「消化器内科」のある病院を受診するようにしましょう。 胆石症(たんせきしょう) 胆石症というのは、胆汁(たんじゅう)という消化液の通り道のどこかに石ができる病気です。 少し分かりにくいかと思うのですが、肝臓の病気の一種と覚えておけば良いでしょう。 コレステロールなどが固まって石が出来るので、 食べすぎや脂肪の摂りすぎ、ストレスなどをきっかけとして発症することが多いですね。 主な症状は、 みぞおちや右側の肋骨、右脇腹あたりの痛みです。 お腹の痛みだけにとどまらず、背中や肩の方まで痛みが出ることもありますね。 その他の自覚症状としては、 発熱やお腹の張り、目や皮膚の色の黄色っぽい変色、吐き気・嘔吐などが見られることが多いです。 上に書いたような症状に加えて、 みぞおちの右側が硬くなっていて、お腹を押さえると痛いという場合には、胆石症の可能性が高いと考えておきましょう。 症状の程度によっても対処法が変わってきますので、まずは病院を受診して検査を受けるようにしてくださいね。 急性膵炎(きゅうせいすいえん) 急性膵炎というのは、胃と腸の間にある 「すい臓」という臓器に、何かしらの原因で炎症が起こる病気です。 かたよった食生活やアルコールの飲みすぎが原因になりやすいのですが、特に目立った理由もなく発症する場合もありますね。 急性膵炎の主な症状は、 みぞおちやお腹の左上を中心とした激しい痛みです。 背中や肩の方まで痛みが出てくる場合もありますね。 その他に出てくる症状としては、 腹部の張りや違和感、吐き気・嘔吐などがあります。 お腹を押すと痛いのも特徴で、押された時の痛みでお腹が硬くこわばることが多いです。 急性膵炎は、軽症であれば病院で適切な治療を行えば良くなることがほとんどです。 ただ、重症化すると命を落とすこともありますので、早めに病院を受診するようにしてくださいね。 Sponsored Link 逆流性食道炎 逆流性食道炎は、胃酸が食道に逆流することで起こる食道の炎症です。 通常であれば、 「下部食道括約筋」という筋肉が逆流を防ぐようになっているのですが、この筋肉が何かしらの原因で機能障害を起こすと、胃酸が逆流してしまうというわけですね。 逆流性食道炎は、 暴飲暴食や加齢、猫背、肥満などが原因となって起こると考えられています。 元々は高齢者に多い病気だったのですが、最近では若い人でも発症することが増えてきているので注意が必要ですね。 逆流性食道炎の主な症状は、 胸やけや吐き気、咳、喉の違和感、ツンとした口臭などです。 胸やみぞおちのあたりに締め付けられるような痛みを感じることも少なくありません。 また、 「呑酸(どんさん)」というすっぱい胃酸が喉や口の中に上がってくるような感覚も、逆流性食道炎の特徴的な症状ですね。 大げさな症状ではないことが多いので放置してしまいがちなのですが、 放っておくと食道が狭くなったり、がんになるということもあります。 自然に治ることは少ない病気なので、逆流性食道炎のような症状が繰り返す場合には、病院の「消化器内科」などを受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん) 急性虫垂炎は、一般的には 「盲腸(もうちょう)」と呼ばれている病気ですね。 お腹の右下あたりにある虫垂という部分に、何かしらの原因で炎症が起こる病気です。 大人よりも子供に発症しやすく、便秘や暴飲暴食、ストレスなどが原因になると考えられています。 盲腸の主な症状は、 お腹の痛みや発熱、吐き気・嘔吐、下痢などです。 お腹の痛みはみぞおちの下あたりから始まり、徐々におへそ周りや右下腹部へと移動していくことが多いですね。 また、 みぞおちやお腹を押すと痛みが強まり、押している手を急に放すと反動で痛みが強くなるという特徴があります。 お腹の痛みは12~48時間ほどで右下腹部に移動するので、みぞおちやお腹にズキズキとした激しい痛みがあり、徐々に右下に移動している場合には盲腸の可能性が高いと言えるでしょう。 放置していると腹膜炎などを合併して命に関わることもありますので、盲腸の可能性が高い場合にはすぐに「消化器内科」のある病院を受診するようにしてください。 まとめ 以上が、みぞおちが痛い、違和感があるという時によくある原因ですね。 もう一度簡単にまとめておくと、みぞおちの痛みが出た時には以下のような原因が考えられます。 胃もたれ• ストレス(神経性胃炎)• 筋肉痛• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍• 胆石症• 急性膵炎• 逆流性食道炎• 急性虫垂炎(盲腸) みぞおちの痛みや違和感の大半は、そこまで気にする必要のないものですが、時々厄介な病気が潜んでいる可能性もありますので注意が必要です。 日常でよくあるみぞおちの痛みの場合も、繰り返さないように日頃から対策をしていくようにしましょう。 また、みぞおちの右側が痛い時は、みぞおちの左側が痛い時はも合わせてチェックしておきましょう。 お腹の痛みの基本的な対処法については、を参考にしてください。 Sponsored Link•

次の

下痢でお腹が痛い時に考えられる6つの原因と治し方まとめ

お腹 押す と 痛い

お腹が張った感じがして、押すと痛いです。 23歳女性です。 一昨日辺りから突然お腹が張った感じ+痛みに襲われました。 昨日も仕事が終わり帰宅したら突然お腹が張った感じ+痛み+今度は下 痢にも襲われました。 どちらも痛みの方は暫く横になっていたら治るのですが、下痢は寝る前まで続きました 今日朝起きて、お腹が張った感じがまだ続いていてお腹を押すと痛いです。 おへその少し下辺りです 立ち上がるとお腹が重たい感じがしたり、時折お腹がゴロゴロ鳴ります。 変な話ですがガスが溜まっている様な感じ?で屁も良く出ます。。。 これは一体なんの症状なのでしょうか。 いままでに経験したことのないなんとも言えない感じでとても不安です。 これ以上続くようであれば病院に行こうと思っているのですが、病院で診てもらうとしたら何科に行けば良いのでしょうか。 教えていただけたら幸いです よろしくお願いします。

次の

お腹が痛い原因とは〜痛みを感じる部位から考えられる病気〜

お腹 押す と 痛い

Sponsored Link よく見られる左下腹部の痛み 1. 便秘 急にお腹の左下に痛みが出てきた場合、真っ先に考えられるのが便秘ですね。 腸の左下は元々便が溜まりやすい形になっているため、 普段から便秘がちな人は左下腹部に痛みが出ることが多いです。 ただ、 便秘とはいえ、ガスが溜まるとひどい痛みが出ることも少なくありません。 冷汗が出るほどひどい痛みで病院を受診したら、便秘でガスが溜まっているだけだったというのは、病院ではよくある話です。 もしあなたが 普段から便秘が多い、ここ最近便秘気味と言う場合には、まず便秘による左下腹部痛を疑ってみてください。 お腹の痛み自体は、詰まっている便やガスが出てしまえば解決することが多いです。 ただ、元々便秘気味なのであれば、便秘を根本的に解決しなければ繰り返す可能性は高いでしょう。 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) 左下腹部の痛みに合わせて、下痢や便秘が頻繁に起こる場合に多いのが、「過敏性腸症候群」という病気です。 過敏性腸症候群というのは、 簡単に言えばストレスによって起こる慢性的な下痢や便秘の症状のことですね。 普段から緊張で下痢が出たり、便秘がちでコロコロとしたうさぎの糞のような便が出ることが多い場合には、この病気の可能性があります。 その他の特徴としては、 ガスが溜まりやすい、朝に症状が現れやすいが昼には回復する、他に目立った症状はない、リラックスしている時には症状が出ないといったことが挙げられますね。 生真面目な人やストレスを溜め込みやすい20~30代の社会人に多く、慢性の便秘や下痢の大半は過敏性腸症候群によるものと考えられています。 ここまでの内容で思い当たる点が多い場合には、過敏性腸症候群の可能性は高いと言えるでしょう。 過敏性腸症候群は、ストレスが原因で自律神経が乱れて腸が過敏になっている状態ですので、ストレスを減らす、ストレスを解消する、早寝早起きなどの規則正しい生活リズムを作るといった対処法が効果的になります。 Sponsored Link 病気による左下腹部の痛み 3. 急性腸炎 急性腸炎というのは、何かしらの原因で腸に炎症を起こす病気の総称です。 病院では、原因がはっきりしない急に起こる下痢や腹痛を急性腸炎と呼ぶことが多いですね。 簡単に言ってしまえば、 急に下痢や腹痛を起こすものの病名がついていない病気を、まとめて急性腸炎と呼んでいると考えておけば良いでしょう。 急性腸炎は、お腹の風邪やアルコールの飲みすぎ、お腹の冷えなどによる体調不良、細菌やウイルスの感染などが原因となって発症します。 原因が幅広いため、「これが急性腸炎!」と言い切るのは少し難しいのですが、 急に下痢や腹痛が出た場合には急性腸炎の可能性があると言えるでしょう。 症状の程度は、ごく軽い症状から重症のものまで様々ですね。 軽い下痢と腹痛が1日以内に治まる場合もあれば、ひどい下痢や吐き気、嘔吐、高熱、体のだるさなどが3日以上続く場合もあります。 急性腸炎では原因次第で治療法や対処法が変わってきますので、自己判断は危険です。 特に症状が重い場合には、一度病院を受診するようにしてください。 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん) 潰瘍性大腸炎というのは、 大腸の内側にえぐれた穴のような傷(潰瘍)が出来てしまう病気です。 よく「胃に穴があく」と言われますが、それと似たようなことが大腸で起こる病気ですね。 イメージ的には、口内炎のひどいものを想像してもらえると良いでしょう。 症状としては、 腹痛が出たり、ゼリー状の粘液が便に混じるのが特徴です。 下痢が出る、便に血が混じるといったことも少なくありません。 症状がひどくなると、発熱や関節の痛み、体重低下、貧血などが現れることもありますね。 症状の出方はさまざまで、急に激しい症状が出るケース、発症から何か月も症状が続くケース、良くなったり悪くなったりを繰り返すケースなどが見られます。 上に書いたような症状、 特に腹痛とねばねばとした血便がある場合には、潰瘍性大腸炎を疑うようにしましょう。 原因がはっきりしていない病気ですが、治療後の経過は良い方が多いので、まずは病院を受診してみるようにしてくださいね。 Sponsored Link 5. 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん) 虚血性大腸炎というのは、 大腸に行くはずの血管が何かしらの理由で詰まってしまう病気です。 簡単に言えば、脳梗塞や心筋梗塞が大腸で起こっている状態と言えるでしょう。 ただ、大腸には脳や心臓と違って血管が豊富にあるので、1か所が詰まったからといって命に関わるようなことはありません。 大抵は適切な治療を行えば完治する病気です。 症状としては、 突然の激しい腹痛、下痢、下血(真っ赤な血が便と一緒に出てくる)が特徴的ですね。 「左下腹部が急に痛くなってトイレに駆け込んだら、血の混じった便が出た」というケースが多いです。 血管が詰まって起こる病気ということもあり、動脈硬化や不整脈の多い高齢者がかかりやすい病気と言えるでしょう。 便秘で血管が圧迫されるというケースも多いので、便秘がひどい人は特に注意が必要ですね。 虚血性大腸炎は、早めに治療を受ければ問題なく完治することの多い病気です。 症状も急な腹痛や下血といった分かりやすいものなので、このような症状があればすぐに病院を受診するようにしてくださいね。 大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん) 憩室(けいしつ)というのは、大腸の壁の一部が外側に膨らんで、風船のような小部屋になった状態です。 専門的には「大腸憩室症」と呼ばれる状態で、便秘などで起こりやすいと考えられています。 そして、大腸憩室炎というのは、その 大腸憩室症で出来た憩室に、便が詰まったりして炎症を起こしてしまう病気ですね。 症状としては、 急な下腹部痛と下痢、お腹を押した時の圧痛などが一般的です。 圧痛は痛みのある部位を押した時に出る痛みで、左下の腹痛であれば「左下を押すと痛い」といった感じですね。 急な腹痛の後にも繰り返し腹痛を起こすのが特徴で、時間が経つと発熱や血の混じった便が出てくるようになります。 便秘が原因で憩室が出来ることが多いので、 普段から便秘がちな人で上に書いたような症状がある場合には、大腸憩室炎を疑うようにしてください。 大腸憩室炎は治療を受ければ良くなる病気ですが、放置して症状が悪化した場合、腸を貫通するほどの穴が開いてしまう場合もありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。 Sponsored Link 7. 左尿管結石 尿管結石というのは、 腎臓で出来た石が腎臓と膀胱をつなぐ尿管という部分に入って詰まってしまう病気です。 尿管は腎臓と同じで右左にそれぞれ1本ずつあり、そのうちの左側が詰まった場合に左わき腹や左下腹部の痛みが現れることがあります。 尿管結石の特徴は、なんといっても想像を絶する痛みですね。 色々な病気の中でも屈指の痛みが出る病気として知られており、立っていられないほどの激痛が出ることも少なくありません。 石の大きさや詰まり方などで痛みの程度は変わってきますが、ひどい時には「大人が悶絶して救急車を呼ぶレベルの激痛」になることもあります。 症状としては、 下腹部やわき腹、腰、背中などに起こる突然の激痛と血尿が特徴的ですね。 その他にも、 尿をする時に痛みが出る、吐き気や嘔吐の症状が出るといったことも多いです。 もし 左下腹部の激痛に加えて、尿に血が混じる、尿をする時に痛みが出るという場合には、尿管結石を疑うようにしましょう。 まとめ 左下腹部に痛みが出た時に疑われる7つの原因をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 最後にもう一度、原因になりやすい病気をまとめておくと、以下の通りですね。 急性腸炎• 潰瘍性大腸炎• 虚血性大腸炎• 大腸憩室炎• 左尿管結石 特に多いのが便秘と過敏性腸症候群ですね。 特に便秘は思い当たる方が多いと思いますので、普段から便秘気味でお腹が張ることも多い場合には注意をしておきましょう。 また、病気による左下腹部の痛みは急な腹痛や他の症状を伴うことが多いので、今回お伝えしたような症状が出てきた場合には、早めに病院を受診するようにしてくださいね。 その他、急な腹痛に対する基本的な対処法については、で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしておきましょう。 Sponsored Link•

次の