阿部しんのすけ。 阿部慎之助の家族構成!父親が社長?3兄弟や嫁と子供についても!

巨人・阿部慎之助、開幕延期で息子とキャッチボールの良きパパ姿

阿部しんのすけ

今回は、阿部慎之助(あべ しんのすけ)選手の記事です。 wikipedia. 阿部慎之助選手のパワーと技術が兼ね備わったバッティングも、今や全盛期ほどのバッティングを見れなくなってきましたが、 40歳に近くなった今でも、打撃でチームを引っ張っていく姿はさすがとしか言いようがありません。 今後は年齢も年齢ですし、野球人生の分岐点が近づいてきていると思いますが、個人的にはまだまだ第一線で活躍する姿を見たいです。 Contents• 阿部慎之助が小林麻耶と不倫。 不倫相手の女性は小林麻耶さんで、二度不倫報道がありましたが、 一度目に報道したときは、 阿部慎之助選手が33歳、小泉麻耶さんが24歳でした。 阿部慎之助選手は10歳も年下のグラビアアイドルに手を出したんですね、、。 まあ、 男性的にはかなり羨ましい反面、 妻子持ちでそれはあかんでしょ! といったところですよね。 阿部選手が小泉麻耶さんがらみで、週刊誌に報道されてしまったのは、 一度目が2012年の夏、二度目は2014年の秋です。 officiallyjd. 見出しも面白くて、 Gカップアイドルとの「不倫の配球」 です。 こういう下らないけど面白い見出しは、週刊誌ならではですよ。 鈴木誠也選手がフライデーで夜遊びが報道されたときも、 夜の特打ちとか、もみってるとか 自分はツボに入りましたね。 関連記事 話を戻しまして、 この阿部選手がわざわざ変装したものの、報道されてしまった、というのが 世間的にかなりウケたらしく、色々なコラ画像が作られました。 「父親から『貴様!』と怒鳴られ、下の子を生んだばかりの奥さんからは、『子供たちが大きくなったときにどう説明するの?』、『あなたはそういう父親なの!』と責められた。 あのときは、さすがに能天気な阿部も反省していました」(阿部の知人) (引用元 『週刊文春』2014. livedoor. html 画像を見る限り、めちゃめちゃ恐そうですよ。 ガタイもすごいし、、、汗 まあ、良い歳した大人で、巨人の中でもチームを引っ張らなければならない人間が、さすがに不倫はしちゃだめですよね、、、。 html まあ、とはいえ、この報道は本当に不倫していたのかどうかは多少疑問に思うところでもあります。 2014年11月8日の報道ですが、 巨人がリーグ優勝を決めた9月26日、優勝祝勝会が行われていたホテルに小泉麻耶さんが泊まり、二連泊の密会劇が行われていたというものです。 リーグ優勝が決まった日に、巨人の選手が打ち上げを行っているホテルに小泉麻耶さんが現れ、翌朝にはなんと、小泉麻耶さんが泊まっている部屋から、阿部選手が出てくるところを記者が目撃。 次の日に、小泉麻耶さんは巨人ー横浜DeNA戦を観戦。 その後、小泉麻耶さんがホテルの部屋に戻ると、五分と間を置かずに阿部選手も同じフロアに姿を見せたそうです。 そして、阿部選手は小泉麻耶さんが泊まっている、部屋に入っていきました。 翌朝、マスク姿の阿部選手がホテルを後にすると、小泉麻耶さんも帰宅。 このように、小泉麻耶さんと阿部慎之助選手の二連泊の密会が、リーグ優勝の裏で行われていたようです。 何て言えばいいの?否定したら、ちゃんと書いてくれるの?書いたっていいよ。 でも、オレだけの問題じゃないから・・・・」 「俺さ、誰が仕組んでいるのか分かってんだよ。 知ってるぜ俺。 誰がやってるのか、知ってるぞ!」 と取り乱したようです。 ー小泉さんとの不倫は今も続いている? 「その事実ないです」 ー横浜のホテルで二泊していたのを確認した。 「そうなの?俺は泊まっていないし、彼女とも会ってません。 楽しい夜を過ごしたんでしょうって憶測で書いてもらっていいですよ」 と、 このように、不機嫌さを露わにしながら、阿部慎之助選手は記者の質問に答えています。 週刊誌側の証拠に関してですが、 週刊紙には小泉麻耶さんが、ホテルに入って行くところや、野球観戦しているところを撮った写真が掲載されています。 seesaa. html 阿部選手が小泉麻耶さんの部屋に入って行くところや、二人でいるところの画像はないので、たしかにこれらの情報が嘘である可能性もあると思われます。 ただ単に、小泉麻耶さんが、巨人の選手が泊まっているホテルと同じホテルに宿泊しただけ、という場合も十分に考えられます。 そうだった場合は、 阿部選手が、 「だれが仕組んだかわかってるぞ!」 と言うように、 陰謀説が浮上してきますよね。 たしかに、プロ野球界には、美人局なるものがあり、女性をプロ野球選手にひっかけさせて、脅して金を奪うということをしている人たちがいるようですしね。 原・元巨人監督はそれで、一億円を支払ったそうですし、、。 『週刊文春』さんも、こういう影響力のある記事を書くんだったら、小林麻耶さんが泊まっている部屋に阿部慎之助選手が、入って行くところを写真で納めておくとか、絶対に言い逃れできないような証拠を挙げて記事を書いてほしいな、と。 まあ、そこまで、証拠を集めるってなると、かなり大変なんでしょうけどね、、。 雑誌の売り上げも落ちている、出版不況のこのご時世ですしね。 結婚した奥さんと子どもは? ここまで、不倫に関する内容を書いてきましたが、 結婚した奥さんや、子どもさんはどんな人なのでしょうか。 阿部慎之助選手と、奥さんとの出会いは2003年のこと。 html モデルや、女子アナというわけではないにしろ、 プロ野球選手と結婚するぐらいですから一般人ではないんですね。 知人の紹介で出会ったということですが、モデルをしている人や美人な女性だけを集めて合コンをして知り合ったのかもしれません。 三年間付き合って、2006年の12月に結婚。 見事ゴールインしています。 html 現在、子どもさんは三人いるそうです。 女の子が二人、男の子が一人。 長女の女の子は「真子」ちゃんという名前。 2015年4月に青山学院初等部に次女が入学したそうです。 お金持ちや、有名人の子どもさんの多くが入学する学校ですよね。 次女だけじゃなく、ほかの子どもさんたちも、青山学院に入学しているかもしれません。 息子さんの男の子の方は、 やはり野球に打ち込む、、のかな? 阿部慎之助選手は、野球をやっていた父親から野球の指導を受けて育ちましたしね。 実は芸能界の裏事情にも関係する人物?のようです。 というのが、 有名女優や人気モデルを多数手がけるA氏なる人物が小泉麻耶さんと行為をするビデオがあるそうです。 小泉麻耶さんは、そのA氏なる男性に、行為を求められ、仕事のために仕方なく応じていたそうです。 いわゆる枕営業をいうものですが、それでも良い仕事をもらえることがなく、それに起こってた、小泉麻耶さんが復讐を計画。 部屋に隠しカメラを仕掛け、行為の様子を盗撮。 seesaa. html 結局のところ、小泉麻耶さんがそのビデオで、A氏を脅すことはなかったようです。 しかし、そのビデオを見たというテレビ局の幹部がA氏に報告し、A氏が疑心暗鬼になっていたそうです。 A氏はそのビデオの流出を防ぐため奔走。 小泉麻耶さんが、ドラマの撮影中に、事務所のスタッフから、スポーツ紙の取材があるといわれて、飲食店に行くと、A氏と関連事務所の幹部三人が待ち構えていたそうです、、。 ビデオのことについて問い詰められ、 小泉麻耶さんが「何も知りません」と言って立ち去ろうとすると、幹部B氏なる人物に身体を触られたことにいら立ったのか、 病院に駆けつけ、全治一週間の診断書をもらって、B氏に電話で抗議。 carview. aspx 事務所との対立により、小泉さんは契約を切り、 警察署に被害届を提出! これで、完全に事件化したそうですが、 小泉麻耶さんが新しく契約した事務所の社長の説得により、被害届を取り下げさせ、この事件はうやむやに終わってしまったそうです。 このような、小泉麻耶さんの裏事情は阿部慎之助選手も知っていたそうです。 週刊文春の記事によれば、 ー小泉さんが、事務所とのトラブルで警察に被害届を出していたことを把握していた? 「前にそのような相談を受けたことはあったが、一回話を聞いただけ。 詳し分かりません」 とのこと。 芸能界の裏事情的なもので、個人的にはちょっと怖いんですけどね。 阿部選手も知っていたそうなんで、実際にこれはあったことなんでしょうね、、。 2016年12月のトークショーでは、 司会者から、現役引退後の話を振られると、「何年か外から野球を見て勉強するのか、すぐにコーチをさせてもらえるのかわからないけど…海外逃亡もアリだと思います」と仰天発言した。 また、試合中のベンチでの秘話も披露。 「(いつも座っている先発投手の横は)カメラで抜かれるから、下を向きながら『何やってんだバカヤロー!』とか、『どこ投げてんだ!』とか言ってます」と明かし、ファンを笑わせていた。 hochi. html 話の内容的に、現役を引退しても、野球に携わっていきたいようですね。 プロ野球人生を巨人に捧げてきましたし、巨人には人一倍強い思い入れがあることでしょう。 本人としても、巨人の指導者になり、ゆくゆくは監督して巨人を引っ張っていきたいという気持ちがあるのかもしれません。 とはいえ、現役引退後に監督になるかどうかについては、不安要素もあるようで、 水面下で巨人の次期監督が斎藤雅樹に決まっています。 そして3年後を目途に、いよいよ松井秀喜氏にスイッチしたいというのが球団の思惑です。 その監督候補に阿部がまったく浮上しません。 その原因はグラドル・小泉麻耶との不倫。 過去に報道され、まだ関係は続いています。 再び撮られる可能性もあり、球団は阿部を監督にするつもりはないとか。 監督の芽が消えた以上、巨人に居座る必要はありません。 nifty. まあ、 この記事の情報元が、スポーツ紙デスクということで、球団上層部が話しているわけでもないですし。 まだまだ、監督になる可能性もあるとは思うんですけど、 女性関係や、家庭環境で問題を抱えてると、厳しいのかな? そこらへんどうなんだろう?? チームを支える人間が、なにかやましい問題を抱えている、、となると、チームがまとまるのかというと不安はありますよね。 しかも、巨人って女性問題のトラブルにうるさそうですし、、。 元・巨人の二岡選手だって、山本モナさんと不倫してホテルに二人で入ったところを報道されて、日ハムに左遷されましたよね(笑) けっこう前のことですけど。 スポーツ紙のデスクの話なので、信憑性は微妙ですけど、未だに小泉麻耶さんと不倫が続いてるとか言われてますし。 不倫関係を清算し、奥さんと円満な家庭を築いていれば、こんなことを言われることないでしょうし。 疑いはあるのかもしれません。 個人的な意見としては、 阿部慎之助選手と言えば、巨人を代表するバッターですし、 やはり、巨人というチームを支えていってほしい気持ちがあります。 関連動画 大学時代の慎ちゃんの貴重な映像。

次の

【阿部慎之助】落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

阿部しんのすけ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• プロ野球・巨人の阿部慎之助捕手(40)が今季限りで現役を引退する意向であることが24日、わかった。 近く記者会見を開く。 阿部は千葉県浦安市出身。 東京・安田学園高から中央大へ進み、2000年、当時の逆指名制度のもとで巨人への入団を希望。 ドラフト会議で巨人から1位指名を受けて入団した。 長く強打の捕手として活躍し、10年は44本塁打をマーク。 新人時代から昨季まで、18年連続で2桁本塁打を記録している。 12年には打率3割4分、104打点で2冠を獲得した。 チームの精神的な支柱でもあり、07年から14年までキャプテンを務めた。 肩の衰えと、打力を生かすとの理由で15年からは一塁手へ転向。 17年にはプロ野球史上49人目の2千安打を達成した。 今季は4年ぶりに復帰した原監督に捕手への再転向を直訴。 守備位置争いには敗れたものの、開幕から代打の切り札として存在感を発揮した。 6月には史上19人目の通算400号本塁打を達成。 8月以降は「5番一塁」での出場が増え、チームの5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。 23日現在の通算成績は2279試合、2131安打、405本塁打、1284打点、打率2割8分4厘。

次の

阿部慎之助(あべ しんのすけ)

阿部しんのすけ

略歴 [ ] 2003年に『』でデビューし、その後も仮面ライダーシリーズで度々ゲスト出演をしている。 2004年に放送された『』でインパクターロギアを演じ、知名度を得る。 ロギアはダークヒーローという出で立ちながら非常に人気のある役柄である。 2010年に『グランセイザー』で共演したセイザーリオン役のがにオープンさせた(現在は閉店)ダイニング「Sushi To Dai For」にと共に来店していた。 2019年1月に公開された初の長編映画主演作となる『』では、企画と原案も担当した。 また、同年8月から放送された『』で、初のテレビドラマ主演を務めた。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第1話(2003年) - 木場一彰 役• 第11・12話(2010年) - 筑波敬介 役• 第1シリーズ 第3話(2003年、)• ・(2005年、) - 鳥飼祐平 役• 第2話(2005年、テレビ朝日) - 梶竜一 役• ・36 河津・天城連続殺人事件(2006年1月9日、TBS) - 竹内健治 役• ・(2006年4月2日、テレビ東京) - 波多野賢一 役• 第5話(2006年5月17日)• 第11話(2006年9月13日、テレビ朝日) - 平原 役• (、) - 鮎川拓真 役• 「美しい闇」(2007年、テレビ東京) - 黒川医師 役• 第3話(2008年4月16日、テレビ東京) - 辰二郎 役• (2008年7月12日、テレビ朝日) - ストリートミュージシャン 役• (2008年11月17日、TBS) - 野村秀一 役• 萬屋長兵衛の隅田川事件ファイル 其の弐(2010年2月15日)• (2009年1月 - 3月、フジテレビ) - 神田 役(原作は「神崎」)• (2009年3月30日、フジテレビ)• 第1話(2010年1月14日、テレビ朝日) - 青木武史 役• (2010年1月 - 3月、TBS) - 磯貝有紀 役• 第1話「顔のない男」(2010年10月20日) - 篠原孝介 役• 最終話「プロテクト」(2014年3月19日) - 御影真一 役• 「分身」(2011年5月14日、フジテレビ) - 暮林英二 役• 第5・6話(2011年8月7・14日、フジテレビ) - 蒔田高巳 役• 第10話 - 第12話(2011年9月、日本テレビ) - 鬼塚 役• (2012年10月、) - 城戸一真 役• (2013年1月 - 2月、) - 西岡 役• (2013年3月9日、) - 小次郎 役• (2013年4月 - 6月、TBS) - 香川竜一 役• 土曜ワイド劇場・(2013年8月、テレビ朝日) - 岡部篤志 役• 第10話(2013年9月12日、フジテレビ) - 中原雅人 役• 第9話(2014年6月10日、フジテレビ) - 坂下 役• 第10・最終話(2014年6月16日・23日、TBS) - 高村サダオ 役• (2014年、NHK) - 役• 最終話(2014年9月9日、TBS) - 新山友宏 役• (2014年10月 - 12月、フジテレビ) - 役• (2015年4月 - 6月、MBS) - 新田広重 役• (2015年10月 - 12月、TBS) - 埜村耕助 役• (2015年12月12日、テレビ朝日)• 第4話 - (2016年2月 - 3月、TBS) - 譲二 役• 第8話(2016年12月8日、TBS) - 真島一郎 役• (2017年6月 - 7月、) - 吉田幸作 役• ドラマスペシャル (2017年12月17日、テレビ朝日) - 乾義男 役• (2018年1月18日 - 3月15日、テレビ朝日) - 清田春孝 役• 第7話(2019年2月21日、テレビ朝日) - 山之辺裕作 役• (2019年8月30日 - 10月18日、) - 主演・女衒 役• 第11話・最終話(2019年9月21日・9月28日、テレビ東京) - 坊野洋平 役• (2020年5月16日 - 〈予定〉、WOWOW) - ベルトホルト 役 映画 [ ]• (2004年1月、監督) - 斉藤清 役• (2005年、監督) - 準主演• (2005年、及川中監督) - 準主演・津山 役• (2006年1月、監督)• (2006年5月、堤幸彦監督) - 渡辺謙(青年時代)• (2007年7月、監督) - 準主役・河島徹 役• (2006年、監督) - 伊勢崎真一郎 役• (2007年、堤幸彦監督)• (2007年、及川中監督)• (2009年、武藤数顕監督)• ・テケテケ2(2009年、監督) - 武田慎 役• (2009年、三池崇史監督) - 川西昇 役• (2010年、三池崇史監督) - 出口源四郎 役• (2011年、監督)• (2011年、監督)• (2013年3月、監督、)• (2013年、監督) - 新田 役• (2014年、監督)• (2016年1月、監督) - 役• (2016年3月、監督)• 「優しい日常」(2017年10月、監督)• (2018年2月、監督)• 栞 2018年10月、榊原有佑監督 - 藤村孝志 役• (2018年11月、監督)• (2019年1月、監督) - 主演・明石幸次 役• 2019年、監督 - バジオウ 役• (2020年春公開予定、監督) - 渡辺 役 Webドラマ [ ]• (2011年、) - 新田広重 役 DVD [ ]• 超星神グランセイザー公式超技ビデオ(2004年) - インパクターロギアの声• (2008年、池田哲也監督) - 小山田浩司 役• (2008年、池田哲也監督) - 小山田浩司 役 CM [ ]• (2003年)• (2004年)• (2006年 - 2007年)• (2007年6月 - 2008年5月)• (2008年)• 「春」篇 脚注 [ ] []• 2019年8月7日閲覧。 2019年1月26日. 2019年8月7日閲覧。 ウォーカープラス. 2014年9月21日. 2014年9月21日閲覧。 映画ナタリー 2019年6月10日. 2019年8月6日閲覧。 テレビ東京. 2019年9月14日閲覧。 映画ナタリー 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 CINRA. NET 2017年8月18日. 2019年8月7日閲覧。 コミックナタリー 2018年10月9日. 2018年10月9日閲覧。 2019年5月20日. 2019年8月7日閲覧。 外部リンク [ ]• shinnosuke. abe -• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の