会社 行きたくない 吐き気。 仕事(会社)に行きたくない、行けない朝は休むべき!吐き気や涙は精神的病気のサイン│ジョブシフト

吐き気がするほど会社行きたくないは末期症状

会社 行きたくない 吐き気

あぁ、まるで今月一杯でやっと辞めてくれる産業医に言わせると「うつ病っぽい」いう話の使えない入社二年目の小僧みたいだな。 そいつも、吐き気がする、毎朝会社に行きたくない気持ちが強いと言ってたな。 しかし、別に仕事がきついわけでもないし、職場で苛めとかパワハラ行為が繰り返されていた訳でもない、単に結果が求められるそいつの職務が、本人の弱過ぎる頭と心と低すぎる能力が起因していただけだと思っている。 そいつは、営業職なんで、当然そいつが一年でやらなきゃならない「営業目標 =予算 」があり、営業部としてはそれらの目標を積み上げ、最終的に会社として、「利益」を追求する訳だが、そんなクダラン理由で半年もやれ、長期休暇だ、病気療養で休みだとやられると、会社としてはそいつの分を他の皆でやり切るしかなくなる訳だ・・・。 辛いのは、うつ病とか寝言を言ってる、「そいつ」では無い。 代わりのしわ寄せを食う「他のまともな他人」だよ? 吐き気を抑える方法だ? 決まってる。 会社をまず辞めて、自分に合う転職先を探しなさい。 他の人に迷惑をこれ以上かける前にな。 ・・・多分、君の場合は転職先など無いとは思うけど、最近、そういう「うつ病 のような状態になった 」という便利な言葉をつかって逃げてるゆとりなガキがここ3年くらい前から私の職場に来るようになってこのような問題を起こしては他のベテランの仕事を邪魔している事例が多いと感じる。 本当に仕事で心が病んでうつ病になってしまって、自分とその家族の人生が壊れてしまった人も沢山知っているけど、そういう人に限って「吐き気がした」とかは言わないものだ。 ギリギリまで自分で抱え込んで傍から見て「おかしいぞ、コイツ」となって初めて病院に連れて行ったらそうだったというパターンが殆どで、泣き事は言わない頑張屋な奴が苦しむモノだ。 甘えるのもいい加減にしろ。 即刻辞表を書き、あすの朝は吐き気止めの薬をマツキヨにでも行って飲んでから会社に行き、上司に詫びつつ辞表を提出しろ。 吐き気を本当に止めるとかの話は、それからだな。 一時的なものかもしれません。 もしも2週間以上前からならば、精神科 心療内科 を受診して下さい。 もしも仕事に関係なく吐き気がして、それが2週間以上続いているのであれば、精神科 心療内科 を受診して下さい。 ただし精神科 心療内科 を受診すると、休職になるかもしれません。 本当にどうしようもない程辛いのでしたら休職せざるを得ませんが、休職はご質問者様の今後のサラリーマン人生にとってハンディキャップとなりますので、ご注意下さい。 お大事になさって下さい。 一番はあなたのメンタル面のトレーニングでしょうね、でもなかなか難しいと思われますので…… 会社に行きたくない理由を考えてみましょう。 はっきりとした理由があるのであれば解決する方向で検討してみてはいかがかと 人間関係かな? あなたの味方になってくれる同僚はいますか? つらい事や悩みは人に話すと 相談にのってもらう だいぶ楽になるはずです。 行動に移せるのであれば協力してもらいましょう。 一応吐き気止めの様な薬もありますが、薬に頼るのはオススメしませんし、心からくる吐き気に効くのかも不明ですので、 まずは誰か相談出来る人に話てみましょう。 あまり思い続けるないで、気楽に。 体あってのあなたの人生です。

次の

会社に行きたくないほど吐き気がするから辞めるのは逃げではない|転職応援サイト

会社 行きたくない 吐き気

1.会社に行く仕事前の吐き気・倦怠感はストレス? 吐き気の原因として、病気からの吐き気、妊娠、暴飲暴食、寝不足、生活習慣の乱れなどが考えられます。 でもどこにも原因が見当たらないという場合には、心因性の吐き気の可能性が高いと思われます。 ましてや朝、会社に行く仕事の前になると仕事にいきたくないという気持ちからいつも倦怠感や吐き気が朝でてしまう、学校へ登校する前に行きたくない気持ちからいつも吐き気や倦怠感が・・というのはかなりの確率でストレスからくる自律神経の乱れと推測されます。 吐き気や倦怠感だけでなくストレスから自律神経が乱れさまざまな病気を引き起こすのは周知の事実。 そこで労働安全衛生法に基づきストレスチェック制度というものができました。 2.ストレスチェックとは ストレスチェックとは 「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答) に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレス がどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。 平成27年12月より施行のストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげる取組です。 mhlw. また下記についてグラフ化されます。 ストレスの原因因子• ストレスによる心身反応• ストレス反応への影響因子 A あなたの仕事についてうかがいます。 そうだ 2. まあそうだ 3. ややちがう 4. ちがう 1. 非常にたくさんの仕事をしなければならない 2. 時間内に仕事が処理しきれない 3. 一生懸命働かなければならない 4. かなり注意を集中する必要がある 5. 高度の知識や技術が必要なむずかしい仕事だ 6. 勤務時間中はいつも仕事のことを考えていなければならない 7. からだを大変よく使う仕事だ 8. 自分のペースで仕事ができる- 9. 自分で仕事の順番・やり方を決めることができる 10. 職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる 11. 自分の技能や知識を仕事で使うことが少ない 12. 私の部署内で意見のくい違いがある 13. 私の部署と他の部署とはうまが合わない 14. 私の職場の雰囲気は友好的である 15. 職場の作業環境はよくない(騒音、照明、温度、換気など) 16. 仕事の内容は自分にあっている 17. 働きがいのある仕事だ B 最近1 か月間のあなたの状態についてうかがいます。 ほとんどなかった 2. ときどきあった 3. しばしばあった 4. ほとんどいつもあった 1. 活気がわいてくる 2. 元気がいっぱいだ 3. 生き生きする 4. 怒りを感じる 5. 内心腹立たしい 6. イライラしている 7. ひどく疲れた 8. へとへとだ 9. だるい 10. 気がはりつめている 11. 不安だ 12. 落着かない 13. ゆううつだ 14. 何をするのも面倒だ 15. 物事に集中できない 16. 気分が晴れない 17. 仕事が手につかない 18. 悲しいと感じる 19. めまいがする 20. 体のふしぶしが痛む 21. 頭が重かったり頭痛がする 22. 首筋や肩がこる 23. 腰が痛い 24. 目が疲れる 25. 動悸や息切れがする 26. 胃腸の具合が悪い 27. 食欲がない 28. 便秘や下痢をする 29. よく眠れない C あなたの周りの方々についてうかがいます。 次の人たちはどのくらい気軽に話ができますか? 1. 非常に 2. かなり 3. 多少 4. 全くない 1. 上司 2. 職場の同僚 3. 配偶者、家族、友人等 あなたが困った時、次の人たちはどのくらい頼りになりますか? 4. 上司 5. 職場の同僚 6. 配偶者、家族、友人等 あなたの個人的な問題を相談したら、次の人たちはどのくらいきいてくれますか? 7. 上司 8. 職場の同僚 9. 配偶者、家族、友人等 D 満足度について 1. まあ満足 2. 満足 3. やや不満足 4. 不満足 1. 仕事に満足だ 2. 家庭生活に満足だ 3.吐き気・倦怠感の対処法 吐き気の対処にはまずは衣服をゆるめて安静にする。 これにつきます。 そのうえで、胃薬を服用したり、ミントなどの香りをかいだりするのもすっとして気持ちがいいですね。 薬の選び方についてはに書いてありますので、参考になさってください。 吐き気や倦怠感そのものをなくすにはそれが会社に行く仕事前の仕事にいきたくないという気持ちからくる吐き気であればストレスからくる自律神経の不調だと思われるため、ストレスをためないことが大切ですね。 ではストレスをためないために、また解消するのにはどのような方法があるのでしょうか? 4.ストレス解消して自律神経を整える 吐き気や倦怠感だけでなくストレスからさまざまな不調がおきます。 日頃からご自分にあうストレス解消方法をみつけておいて、自律神経を整えておきましょう。 4-1.ゆとりのある時間を作り好きなことをする 仕事で、残業が多くて忙しい方もときには残業をしない日を作り会社を早く退社する。 家事や育児でバタバタしていても、たまには息抜きが必要ですね。 家事を代行サービスなど頼む、人に任せる。 割り切って時には楽をする。 ということも必要だと思います。 ある程度のあきらめは必要ですよね。 趣味がある方は趣味の時間を意識して確保すると良いですね。 忙しいとつい趣味の時間は後回しになりがちですが、ストレスの対処法には好きなことをするのが一番ですから、趣味の時間をぜひ確保してストレスを軽減しましょう。 歌うの好きなかたはお風呂で歌ったり、一人カラオケなんていうのもいいですね。 4-2.規則正しい生活 仕事のある日は規則正しい生活を送っている人もお休みのときは不規則になったり、また仕事の都合で不規則な生活を送っている方もいらっしゃると思います。 休みだからと普段よりたくさん寝すぎると倦怠感を引き起こすこともあります。 適度な睡眠をとることはストレスをためないためにも大事ですね。 また朝陽を浴びることは自律神経を整えるのに有効です。 朝おきたらカーテンを開ける習慣をつけて朝陽を浴びるといいですね。 でも天候や季節によって朝は暗いこともありますし仕事によっては朝おきるとも限りません。 光目覚まし時計という便利なものもあります。 こういうものもうまく取り入れて適度な睡眠をとり、ストレスに対処していきたいですね。 4-3.運動やストレッチ 運動は疲労を回復したり、倦怠感をなくのに必要な睡眠や栄養と並んで大切な要素の一つです。 運動しよう、しなくちゃと思うとそれもストレスになってしまいますよね?まずは無理なく続けられるのが理想です。 そのためにはジムに通うとか何かを習わないと・・というのでなく手軽に取り入れられるのが良いと思います。 家でできるエクササイズや家でできるヨガなどでも良いですね。 普段エスカレーターを使っているなら、階段を使う。 一駅手前で降りて目的地まで歩く。 車での買い物を自転車に変更する。 これくらいなら取り入れやすいですよね? 4-4.お風呂でゆっくりリラックスする ついシャワーで済ませがちな方もきっと多いと思いますが、好みの入浴剤を利用して、ゆっくりと湯船につかるとストレス解消に役立ちますし血行も促進されますので寝つきもよくなり倦怠感も和らぐでしょう。 4-5.アロマ アロマを試してみてはいかがでしょうか?今は¥100ショップで買えるものもあります。 ラベンダー : 心と体をリラックスする効果あり。 安眠効果も。 オレンジスイート : 気分を明るくする・リフレッシュ、リラックス効果• : 鎮静作用があるのでストレス軽減に• プチグレイン : 心を落ち着かせる効果があるので不安やプレッシャーを感じている方に ほかにも女性向けのなんていうのもあるそうですので、自分の悩みと好みで選ぶといいですね。 4-6.人と話しをする 人と何気ない会話をしたり、自分の思っていること、悩みを相談すると、話しただけで楽になった、すっきりしたという経験がある方もいると思います。 話しをすることで、自分の考えがまとまったり、気づきがあったり、悩んでいることが悩みでなくなったり・・人と話しをすることはストレス解消に有効ですね。 5.まとめ 朝、会社に行く 仕事前、仕事に行きたくない・・登校前にいつも吐き気や倦怠感・・これはきっと心因性のストレスから自律神経が乱れておきる現象だと思います。 普段からストレス解消する術を身に着けて元気に仕事や学校に行きたいですね。 ストレスからくるものかどうか迷ったり気になるようでしたらまずは診察を受けることをおすすめします。 をご覧ください。 こちらの記事もご覧ください。

次の

会社に行こうとすると吐き気や頭痛めまいがするのは鬱病の始まり!原因と治し方と対処法まとめ

会社 行きたくない 吐き気

このような理由で「会社(仕事)に行きたくない」と思っている場合は長期化することが多く、 長期化すると精神が崩壊してしまうこともあるので自分を守るために適切に対処をすることが大切です。 なお、既に「仕事に行きたくない」でなく、「仕事に行けない」となっている方は、今すぐ転職でなく退職をした方がいいです。 そのまま無理をして耐え続けようとしても取り返しの付かない事態になってしまう可能性が高いです。 理由1. 上司や同僚との人間関係がストレス 【上司や同僚との人間関係がストレスで毎日辛い…】 職場の人間関係は非常につらいものがあります。 好きで集まっているメンバーではなく、性格や価値観も違いますよね。 しかし 1日8時間週5日という長い時間を一緒に過ごさなくてはいけません。 気の合うメンバーでもずっと一緒にいると不満が出てきたりするものなのに、苦手な人や高圧的な人とずっと一緒にいるのはとてもストレスになりますよね。 しかもそれが毎日続くのでストレスが限界に達すると 「疲れた…」「もう会社に行きたくない」となってしまいます。 理由2. 仕事上のトラブルやプレッシャー 普段はそんなに「会社行きたくない」とは思わないのに、仕事上のトラブルやプレッシャーがあるときは気分が憂鬱になって「行きたくない…」となってしまいがちです。 大きなストレスとプレッシャーが一気にかかっている状態なので、会社に行くとそのトラブルの対応や叱責・評価が待っているかと思うとよほどの鋼の精神を持つ人でない限り「会社に行くのが憂鬱…」となるのは当たり前のことですよね。 この場合は トラブルの解決や大きなプロジェクトが終わるなどで解消されることが多いです。 理由3. 蓄積した疲れによる意欲の低下 【朝になると仕事行けないのは疲れがたまってやる気が出ないから?】 ストレスや疲れが日常的に溜まっていると週末だけでは疲れが取れず、疲れが取れないとなかなかやる気を出すことができません。 仕事が忙しい繁忙期などは特に残業や休日出勤も多く精神的にも肉体的にも疲れが溜まりやすいです。 疲れている状態では「会社に行きたい!」とはなりませんよね。 理由4. 月曜日(休み明け)で面倒くさい 【月曜日になるとやってくる「仕事行きたくない病」】 週末を楽しく過ごしたあとの月曜日(休み明け)は特に 「行きたくない病」が発症しやすいときです。 幼稚園や小学校でも新学期が始まって緊張状態が続いたあとの最初の大型連休であるゴールデンウィーク明けが「行きたくない病」の一番多い時期です。 新入社員の場合でも4月に入社して緊張状態が続いたあとの連休明けは「行きたくない病」にかかる人が多いようです。 人間は誰でも、辛いことや面倒くさいことよりも自分の好きなことや楽しいことをしたいものです。 楽しい時間を過ごしたあとの「現実」を受け入れられずに憂鬱になってしまうんですね。 理由5. 長時間労働や過重労働 【長時間労働や過重労働は身体だけでなくメンタルも破壊する】 長時間労働や過重労働は、肉体的にも精神的にもボロボロになってしまいます。 「会社に行きたくない」どころか「会社辞めたい」となってしまっても当然の原因です。 一時的なものならまだしも、 それが当たり前になっている会社や継続的に続く可能性がある会社は早々に見切りをつけるのがよいでしょう。 理由6. 社内イジメや上司のパワハラ 【会社内でのイジメや上司からのパワハラ…怒られるのが怖い】 これは「会社行きたくない」となるのは当たり前、当然のことです。 毎日行く会社でのイジメや上司からのパワハラは精神的ダメージがとても大きく、 長く続くとうつ病などの精神疾患を患うリスクもあります。 学校などでイジメが起こった場合は親や教師が助けてくれますが、会社内でのことは誰も助けてくれないのです。 一時的なものではなく長く続くようなら改善が難しいことが多いので会社を辞める・転職するなどの選択が必要になってくるでしょう。 私も上司からパワハラを受けていました。 でも、先輩も同僚もかばってくれません。 仕事上の利害関係が時には、友人関係をも壊してしまいます。 誰だって楽をして評価されて出世してお金をたくさんもらいたいのです。 そのためには、いくら他人がパワハラなどのひどい目に遭っていても、自分を守るために何もできないんです。 ターゲットが自分になったら困りますからね。 ですので、自分の身は自分で守らなければいけません。 出世コースから外れる?いや、脳が壊れてしまったら人生そのものがおかしくなってしまいます。 とにかくこの場合の「休みたい」という気持ちは自分からのSOSです。 理由7. 仕事・会社が合っていない そもそもその仕事や会社が自分に合っていない場合もあります。 仕事内容や会社の雰囲気・社風は自分に合っているのでしょうか?仕事内容が自分の苦手なことなら、仕事自体が苦痛になってしまします。 その仕事をするのが嫌で働く意味を見出せず「会社に行きたくない…」となってしまうのです。 会社の雰囲気や社風も自分に合っていないと自分と価値観の違う集団の中でずっと過ごすことになってしまうので精神的ストレスも大きいですよね。 その会社・仕事が自分に合っているのか、一度考えなおしてみましょう。 会社(仕事)行きたくない状態から抜け出す8つの対処法 次は対処法についてご説明します。 「会社に行きたくない…」「会社に行くのが嫌で嫌で仕方ない…」というときは一度ためしてみてください。 対処法1. どうしても会社に行きたくないなら会社を休む 【どうしても会社に行きたくないときは思い切って休むべき】 まずどうしても仕事・会社に行きたくないときは思い切って会社を休んでみましょう。 どうしてもどうしても行きたくなくて、会社に電話するときのモヤモヤを乗り越え嘘の理由を言ってでも休んだとき、 一気に心が解放されて突然元気になった経験はありませんか? 心が解放されてリフレッシュすることでまたやる気が戻ることもあります。 しかし解放感よりも罪悪感が強い場合はかえって逆効果になることもあるので要注意です。 休んだからには仕事のことは一切考えずに好きなことをしてエネルギーを蓄えましょう。 無理は禁物。 自分の心に従って辛いときには休みましょう。 限界まで頑張ってしまわないこと。 実はこれはとても大切なことなんです。 私の場合は上司が怖くて休むことすらできませんでした。 毎日通勤途中で「いっそ交通事故にでもあえば会社に行かなくて済むのに…」などと考えながら出勤していました。 それぐらいじゃないと休めないような環境…いや、そう思うように「洗脳」されていたのだと今は思います。 しかし今考えたらなぜあのときはあんなに「会社を休んではいけない」と思い込んでいたのか不思議です。 あのとき、ちゃんと休んでいれば…と後悔しています。 辛いときには休んでもいいんです。 対処法2. 朝にリフレッシュ!通勤方法を変えてみる 会社への行きかえり、朝と夕方の通勤ラッシュには辛いものがありますよね。 ぎゅうぎゅうの電車にすし詰め状態での数十分はストレス以外のなにものでもありません。 会社に行きたくないときにはこの通勤時のストレスも余計に気持ちが滅入る原因になりかねません。 自転車で行ける範囲なら自転車通勤に変えてみてはいかがでしょうか?気持ちのいい朝に自転車で景色を見ながらの短いサイクリングは、 意外と気持ちのリフレッシュになるものです。 知らなかったお店やカフェを見つけたり、季節の移り変わりを肌で感じることで毎朝の小さな楽しみを見つけることができるかもしれません。 軽い運動にもなるので、会社に着く頃にはすがすがしい気持ちになることができます。 対処法3. 意識改革!考え方を変えてみる 【物事をポジティブに捉え前向きな気持ちになれる考え方をしてみる】 「仕事なんてお金のためにやってること」と開き直った考え方をすることも効果があります。 自分の人生において「今の会社(仕事)」を重く考えすぎるとしんどくなってしまします。 本当に無理だと思えば辞めればいい。 その会社を辞めたところであなたの人生が終わるわけではないのです。 「今の会社(仕事)」を辞めて一歩外の世界に出てみれば、驚くほどいろんな会社・いろんな仕事があるはずです。 日本には380万を超える企業と1万7千以上の職種があるのです。 一つの会社・一つの仕事にとらわれなくても良いのです。 対処法4. 自律神経を整えてセロトニンの分泌を促す 【涙が止まらない時は…自律神経を整えてセロトニンの分泌を促進する】 セロトニンは「幸せホルモン」といわれていて「仕事がんばるぞ!」という前向きな気持ちになるのに欠かせないホルモンです。 しかしこのセロトニンは自律神経の乱れや体内リズムが乱れると分泌されにくくなってしまいます。 セロトニンをきちんと分泌させるポイントは 体内リズムを整えて 朝ごはんをきちんと食べること。 朝食を食べることでも体内リズムが整いますし、セロトニンの材料であるたんぱく質が摂取できるのでセロトニン分泌促進にも効果大です。 【セロトニンを分泌させるポイント】 ・早寝早起きを心がける ・毎日決まった時間に起きる ・朝起きたらカーテンを開き太陽の光を必ず浴びる ・一日の活力の源である朝ごはんはバランスを心がけてしっかり食べる 対処法5. 会社に行きたくない原因と向き合う 【ちゃんと向き合えば意外と早期に解決できる場合もあるかも】 会社に行きたくない 原因がある場合はそれが解消することで気持ちは元に戻ります。 会社での人間関係・仕事上のトラブル・仕事には関係なく私生活の方でのトラブルが原因かもしれません。 原因になっているトラブルが解決されれば自然と「会社(仕事)行きたくない」という気持ちは消えていくはずです。 仕事上のトラブルやミスは潔く謝って早期解決に努めましょう。 社内の人間関係のトラブルも長引くと厄介なので早めに話し合いの場を作り解決できることは解決する方向で動きましょう。 対処法6. 職場の環境や長所短所を冷静に見直す 【今の職場環境に問題はない?客観的に見つめ直してみよう】 今の職場に 長時間労働や 過重労働はないでしょうか? 上司からのパワハラはないでしょうか? 一度冷静になって職場環境を見直してみましょう。 今の職場のよいところ・悪いところを紙に書きだしてみるのもオススメです。 書き出すことで頭の中を整理でき 「今の職場のいいところが一つもない…なんのために働いてるの?」 「あれ、意外といいところもある。 こことここを解決できればいい環境になるかも」 など新しい発見もあるかもしれません。 異動で解決できる場合は異動願いを出してみるのもひとつです。 自分の力で改善が見込めない場合は転職することも視野に入れましょう。 対処法7. 会社に行きたくない状態が続くようなら転職も視野に 【仕事行きたくない気持ちが強すぎて精神が壊れるくらいなら転職を考えよう】 その仕事・会社は自分に合っているのでしょうか? 今後もずっと続ける価値のある仕事や会社でしょうか? 仕事・会社に行きたくない原因が解決できないものであれば転職を考えてみるのもひとつです。 身体が拒否反応を起こすほど辛いなら続ける必要はないのです。 日本には380万を超える企業と1万7千以上の職種があるのです。 自分に合う仕事や会社を見つけて転職することは一番の解決方法になります。 まだ会社を辞めるのはためらうなあ…と思うときは、ネットで色んな求人をチェックしておきましょう。 自分に合う条件の良い転職先が見つかればすぐに転職できる「選択肢」になります。 今の会社だけでなく他の選択肢があると「まあ、この会社がダメなら辞めればいいんだし」と心が軽くなります。 対処法8. 毎朝の吐き気はうつ病かも?休職or退職を! 【毎朝吐き気がある…うつ状態やうつ病の疑いがあるなら休職するor会社を辞める】 すでにうつ状態やうつ病になっている疑いがある場合は なるべく早く専門医に診てもらいましょう。 診断書をもらえば休職することができます。 まだいけると思ってはいけません。 無理をせずに徹底的に休むことが必要です。 「もう休むのは飽きた」となってもさらに数か月何もせずに休むくらいではないと克服できません。 休職するのが金銭的にも一番いいですが、無理な場合や一切のしがらみが嫌な場合は退職を考えてもよいでしょう。 退職する場合生活するのに金銭的な不安はありますが一番大事なのは自分の身体です。 実家を頼ったり貯金を崩したりしてでも休養が必要な場合は休養しましょう。 とはいえ、会社に行くたくないと思わせるような企業は、そもそも正当な手段で退職をしようとしても「許さない」「やめるなら訴える」などと言ってくる可能性が高いです。 真面目な人ほど「これは甘えだ」と思って我慢してしまう場合が多い。 みんなこれぐらいは我慢しているものだと自分を押し殺し、限界まで耐えてしまう。 すると ある日突然、朝起きて身体が動かなくなった…なんてことも実際にあるということを覚えておいてほしい。 「会社(仕事)に行くのが辛い…行きたくない…」 これは甘えなのか?それとももしかして「うつ」なのか?この気持ちに対してどう対処すればいいのか分からなくなりますよね。 今の自分がどんな状態なのかをしっかり判断することで、それに応じた対処や身の振り方を考えることができるのです。 ここでは「今の自分がどんな状態なのか」をチェックしていきましょう。 まずは自分の今の状態を上の図に当てはめてみてください。 「サザエさん症候群」とおなじような言葉で「ブルー・マンデー」という言葉があります。 世界的に広く使われている言葉で「連休明けの月曜日は憂鬱になる」という意味です。 日本だけでなく世界中の人が月曜日の憂鬱を感じているということですね。 社会人になって新しい人間関係の中に放り込まれ、周りの人たちと上手くやっていきつつ仕事を覚え、日々の任務をこなしていく。 人間関係で悩むことや上司に怒られること、仕事がうまくいかないスランプの時期もあるでしょう。 気持ちに波があるのは普通のことです。 私の場合も最初に現れたのが日曜日や月曜日の憂鬱でした。 しかしそれが一時的なものであるなら「正常範囲内」といえるでしょう。 この場合は原因が解消されたり(忙しい時期が終わる・大きなプロジェクトが終わる・人間関係が修復されるなど)時間とともに治まる場合が多いので、リフレッシュしたり自分を奮い立たせて乗り切れるでしょう。 もしくは原因がずっと解消されないなどの理由で症状が一時的でなく継続的に続く場合は吐き気や頭痛などの身体症状はないものの、その前段階として注意が必要な状態といえるでしょう。 自律神経が乱れはじめ、ホルモンの分泌がうまくいっていない可能性があります。 ストレスを継続的に受け続けると自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてきます。 自律神経の乱れはよくあることでストレスを軽減することで自然に治りますが、放っておくとうつ病の入り口になります。 あまり続くようなら注意が必要です。 私の場合は原因が上司のパワハラ・モラハラだったので原因が解消することがなく、ずっと継続して憂鬱な日が続きました。 今思えばこの段階で対処しておくべきだったと思います。 この状態では吐き気止めや頭痛薬はあまり効果がありません。 例えば吐き気の場合、通常の吐き気は胃腸に問題があり、消化しきれずにもたれる、食当たり、水当たりになるなど明確な原因があり、吐き気という結果が出るのですが、行きたくない&吐き気の場合は、お腹に問題があるのではなく、 自律神経や交感神経がすでにおかしくなっている可能性があります。 つまり、お腹の状態は正常なのに、脳や神経がおかしくなっているため、「気持ち悪い」と感じてしまうんですね。 そうなると、うつ病などの 精神疾患の入口です。 早急に会社を休むことが必要です。 少なくとも数日休むのが大事。 なお、この段階でも 「仮面うつ病」と言ってすでにうつ病に羅患している可能性もありまったく油断できません。 体の症状が治まれば、徐々に行ってもいいという気持ちは戻ってくるかもしれませんが、そうではない場合専門医にかかるレベルだと思ってください。 これを放置すると、動けなくなる可能性もあります。 「行きたくない」という気持ちだけではなく、体そのものがSOSを出していて、休むことを求めています。 最悪の事態にならないためにも休みましょう。 これでは会社に殺されてしまいます。 生活するために働いているのに、その結果として生活できない体になるのは明らかにおかしいですよね。 朝になると吐き気がして気持ち悪くなり、通勤途中会社が近づくとまた吐き気がして、毎日なんとか会社までたどり着くという感じでした。 ここまできてもまだ私は「仕事とはこんなもの」と思っていました。 しかしこの段階までくると早急な対処が必要だったと思います。 一度うつ病になってしまうと、物理的に脳が「動け」という信号を出せなくなるので「行きたくない」どころかそういうことすら考えられなくなります。 両足を骨折した人に「気合で走れ」というのは無理な話ですよね。 うつ病は脳がやる気や体を動かすエネルギー、信号を出せなくなっているので、もう気合とはそういう次元ではなく、体そのものが活動できなくなっているのです。 うつ病になると不可逆的に動けなくなりますが、前段階、「うつ状態」ならば改善が可能です。 だから、「行きたくない」と思えるうちにしっかりと休むことが大切です。 行きたくない気持ちに加えて、なんともいようがないドキドキ感、不安感、焦燥感を感じたらそれが「うつ」です。 最初の段階で手を打てば「うつ病」前段階で踏みとどまることができます。 自分でもおかしいと思いながらも、会社での評価や今後のキャリアを気にして「無理をしてでも行かなければ」と無理を続けた結果、ついに身体が動かなくなりうつ病と診断されました。 私の場合は結局3年以上の完全療養を余儀なくされ、退職となってしましました。 そうなる前に、早めの対処が必要です。 「急に会社にいけなくなった!」そうなる前に仕事は休むべき 【心のエネルギー(やる気)の限界がくる前に:辛いときには会社を休むべき理由】 人はなぜストレスを受けると憂鬱になったりやる気がなくなったりするのでしょうか? 人のやる気(心のエネルギー)は無限に湧き出てくるわけではありません。 このように、毎日使っては貯めてを繰り返して日々を過ごしています。 ストレスを受けると多くのエネルギーを消費しますが、また貯めることができます。 このサイクルがうまくバランスを保っている間は、心のエネルギーの貯蓄があるので多少のストレスがあっても耐えることができます。 しかし、 長期間にわたり毎日強いストレスを受けていると貯めるのが追い付かなくなり、エネルギー不足になってしまいます。 エネルギー不足の状態では辛くしんどいですが、まだエネルギーが尽きたわけではないのでがんばることができます。 しかし エネルギー不足の状態で無理をしすぎると、やがて心エネルギー(やる気)は尽きてしまします。 これが「うつ」です。 重要なのは「尽きる」前に「貯める」ことです。

次の