親子 丼 下味 冷凍。 忙しい年末の時間節約にも!常備しておきたい「冷凍味付け肉」バリエ

親子丼&みそ汁が即つくれる!ラクする野菜の冷凍セット

親子 丼 下味 冷凍

下味冷凍とは、食材にあらかじめ調味料で下味をつけて冷凍保存すること。 スーパーで肉や魚が安くなっていたらまとめ買いし、下味冷凍をしておくことで、食費の節約や毎日の料理の時短につながります。 もしお持ちでない場合は、スーパーでの買物時に適度な大きさのものを一緒に購入しておきましょう。 それでは、以下からは簡単でおいしいおすすめ下味冷凍レシピを3つ紹介します。 今回のメイン食材: 鶏もも肉 安価で手に入りやすい鶏もも肉。 ジューシーでやわらかく、子どもから大人まで大人気の食材です。 我が家では特売日にまとめ買いをし、下味冷凍をして保存するようにしています。 今回は鶏もも肉をメイン食材にして、下味冷凍にチャレンジしましょう。 鶏もも肉の下味冷凍レシピ[1] : 「親子丼」 鶏もも肉レシピの1つ目は「丼といえばコレ! 」というほど大人気の親子丼。 下味冷凍して常備しておけば、食べたいときにすぐに作れてとても便利です。 今回は1人分をたまご1個で作るレシピですが、2個にする場合はすべての調味料を1. 5倍にして作ってください。 鶏もも肉は余分な脂肪を取り除き、包丁でひと口大に切る。 玉ねぎは薄切りにする。 3つ目は炊き込みご飯の「鶏めし」。 材料をすべて下味冷凍しておけば、解凍後スイッチポン! で、できてしまうのでとても簡単です。 具沢山なのでこれだけで立派な一品になりますよ。 きのこ類など他の具材を入れてもおいしくできるので、好みの具材でアレンジしてみてください。 鶏もも肉は余分な脂肪を取り除き、包丁でひと口大に切る。 ごぼうはささがきにし、酢水にさらしてアクを抜く。 人参は短めの千切りにする。

次の

【下味冷凍】節約と時短を叶える!鶏肉の下味冷凍レシピ | ガジェット通信 GetNews

親子 丼 下味 冷凍

忙しい年末の頼れる存在「冷凍味付け肉」 慌ただしく1年が過ぎようとしていますね。 年末はやることが多くて時間がいくらあっても足りないものですね。 忙しいとつい、外食や出来合いのもので済ませたくなってしまいますが、外食や総菜を家族分買うと痛い出費となります。 そんなときにおすすめなのが、 「冷凍味付け肉」です。 あらかじめ肉に下味を付けて冷凍しておき、使いたいときに冷蔵庫で解凍をしてから、加熱調理をするだけでメインのひと品を作ることができます。 今回は、作りおきしておくと便利な冷凍味付け肉のバリエーションをご紹介します。 塩だれチキン 塩だれチキンは、家にある調味料で簡単に作ることができます。 焼いた後に刻んだ長ネギを加えてネギ塩チキンにしてもいいですね。 子供も大人も大好きな親子丼。 休日のお昼にもどうぞ。 下味冷凍のバリエーションを増やしておくことでマンネリ化しにくくなり、肉や野菜と一緒に冷凍をすれば食材も長持ちして、買い物時間や調理時間も短縮することができます。 また、ジッパー付き保存袋で下味冷凍をすれば、袋は軽く洗って分別ごみへ。 調理器具を洗う手間も省けます。 忙しい年末こそ、冷凍味付け肉で上手にやりくりをしましょう。 クックパッドにはたくさんの冷凍味付け肉レシピが掲載されていますので、参考にしてみてくださいね。 丸山晴美さん 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。 節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。 食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」は こちらの記事もご参考ください.

次の

時短!簡単!みきママの下味冷凍作りまわし術

親子 丼 下味 冷凍

今回は鶏もも肉で作りました。 それでは材料から作りかたを紹介していきます。 下味冷凍の材料 できあがり量はたっぷり2人分くらいです。 我が家はこの量で大人2人+子供1人分です。 鶏もも肉…1枚• 玉ねぎ…1個• めんつゆ…50ml• さとう…大さじ1 めんつゆはキッコーマンの本つゆを使っています。 4倍濃縮タイプなので、3倍や2倍のタイプを使う場合は、調理時に入れるお水の量を調節してくださいね! 下味冷凍の作り方• 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る• 玉ねぎは薄切りにする• 鶏肉と玉ねぎをジップロックタイプの保存袋に入れて、めんつゆとさとうを加えて軽く振ってなじませる。 水…100ml• 卵…3個• ごはん…どんぶり2杯分 調理方法• フライパンに下味冷凍を解凍したもの、水を入れて煮立てる• 卵は割ってといておく• 鶏肉に火が通ったら卵を流し入れて卵とじにする• ごはんにのせてできあがり わたしはずぼらなので、フライパンで煮てそのまま卵を入れて卵とじにしていますが、卵でとじる前に1人前ずつ別の小鍋などに分けて仕上げるとよりキレイに仕上がると思います。 卵とじの方法は、卵を流し入れたら少し全体をかき混ぜて、あとは揺らすようにします。

次の